野菜 炒め 水っぽい。 もやしを炒めると水っぽくなります。水が出ない方法は??

野菜炒め、水分を捨てないでも、シャキシャキにするコツ!料理初心者でもできるよ!だった

野菜 炒め 水っぽい

はじめに 秋から冬にかけては、かぼちゃが美味しい季節ですね。 実は、かぼちゃは夏に収穫のピークを迎える野菜。 しかし、固い皮のおかげで貯蔵性が高く、保存方法の少ない時代には野菜の採れなくなる冬に食べることが多かったそうです。 かぼちゃは十分に完熟していなかったり、収穫適期であってもとれたてのものは、水っぽい・甘味が少ないなど一般的にあまり美味しくないのだそうです。 完熟した美味しいかぼちゃかどうかは、「皮が固い」「ずっしりと重い」「果肉の色が濃く、ぎっしり詰まっている」「種がぷっくり太っている」「軸が太く、乾いてコルク状になっている」などの点をポイントに選ぶと良いと言われています。 どんなかぼちゃもホクホク!?ベチャベチャかぼちゃの水分を飛ばす裏ワザ こちらでご紹介するのは、茹でてから水分を飛ばす方法です。 粉吹き芋を作る要領で、とっても簡単にできますよ。 皮を下にして、鍋に敷き詰める。 水を1. 5cmほど入れる。 蓋をして、初めは中火・沸騰後は弱火で約10分煮る。 途中で水がなくなった場合は足す。 10分後に蓋を取り、水が5mm以上ある場合は少し水を捨てる。 超弱火で、鍋に残った水分を10~12分かけてゆっくり飛ばす。 焦げやすいので、時々鍋を軽く揺するか杓文字などでかぼちゃを動かす。 火を消したら、鍋に入れたまましばらく置いておく。 そうするとさらに水分が飛んでホクホクのかぼちゃに!! (出典:) この方法で、多くのかぼちゃがホクホク食感になるそうですが、それでも水っぽい場合は次項からご紹介する救済レシピを試してみてくださいね。 チーズをたっぷり加えることで、コクが増します。 飾り用に数切れ残しておくとよい。 飾り用のかぼちゃ、お好みでパルメザンチーズをのせて完成。 さつまいもを加えることで、水っぽいという短所を補ってくれます。 かぼちゃも角切り。 水が白くなったら、水からあげる。 お好みで潰してもOK。 ポイント ・余分にでんぷんが流れないよう、さつまいもは水が白くなったらすぐ取り出す。 ゆすってもプルプルしなくなったら完成。

次の

シャキシャキとした音が聞きたい!水っぽくない野菜炒めのコツ

野菜 炒め 水っぽい

はじめに 秋から冬にかけては、かぼちゃが美味しい季節ですね。 実は、かぼちゃは夏に収穫のピークを迎える野菜。 しかし、固い皮のおかげで貯蔵性が高く、保存方法の少ない時代には野菜の採れなくなる冬に食べることが多かったそうです。 かぼちゃは十分に完熟していなかったり、収穫適期であってもとれたてのものは、水っぽい・甘味が少ないなど一般的にあまり美味しくないのだそうです。 完熟した美味しいかぼちゃかどうかは、「皮が固い」「ずっしりと重い」「果肉の色が濃く、ぎっしり詰まっている」「種がぷっくり太っている」「軸が太く、乾いてコルク状になっている」などの点をポイントに選ぶと良いと言われています。 どんなかぼちゃもホクホク!?ベチャベチャかぼちゃの水分を飛ばす裏ワザ こちらでご紹介するのは、茹でてから水分を飛ばす方法です。 粉吹き芋を作る要領で、とっても簡単にできますよ。 皮を下にして、鍋に敷き詰める。 水を1. 5cmほど入れる。 蓋をして、初めは中火・沸騰後は弱火で約10分煮る。 途中で水がなくなった場合は足す。 10分後に蓋を取り、水が5mm以上ある場合は少し水を捨てる。 超弱火で、鍋に残った水分を10~12分かけてゆっくり飛ばす。 焦げやすいので、時々鍋を軽く揺するか杓文字などでかぼちゃを動かす。 火を消したら、鍋に入れたまましばらく置いておく。 そうするとさらに水分が飛んでホクホクのかぼちゃに!! (出典:) この方法で、多くのかぼちゃがホクホク食感になるそうですが、それでも水っぽい場合は次項からご紹介する救済レシピを試してみてくださいね。 チーズをたっぷり加えることで、コクが増します。 飾り用に数切れ残しておくとよい。 飾り用のかぼちゃ、お好みでパルメザンチーズをのせて完成。 さつまいもを加えることで、水っぽいという短所を補ってくれます。 かぼちゃも角切り。 水が白くなったら、水からあげる。 お好みで潰してもOK。 ポイント ・余分にでんぷんが流れないよう、さつまいもは水が白くなったらすぐ取り出す。 ゆすってもプルプルしなくなったら完成。

次の

シャキシャキとした音が聞きたい!水っぽくない野菜炒めのコツ

野菜 炒め 水っぽい

一人暮らしで炒め物をよく作るのですが上手く作るコツみたいなものはありますか?(大学3年生・男性) 野菜炒めを美味しく作るコツは、「強火で一気に!」とは知っているものの、 なかなか家庭のコンロの火力では思うようにいかないのではないでしょうか? しかし、3つのポイントを押さえれば自宅でも簡単に、 シャキッとした美味しい野菜炒めを作ることができます。 コツその1・火の通りにくいものは、事前にレンジで加熱! 野菜は長く炒めれば炒めるほど水っぽくなります。 中華料理でもニンジンや玉ねぎを油通しして軽く火を通すように、 自宅でも火の通りにくいものは事前に加熱しておきましょう。 ニンジンなどを皿に盛ってラップをし、レンジで30~1分加熱し、 あとはそのまま他の野菜を切るなりの支度をしておけば、余熱でじんわり火が通ります。 お皿にラップの代わりとして、耐熱性のビニール袋でも可能です。 その際は袋の口は閉じず、ふんわりと軽く捻るだけにしておくと袋が破裂しません。 コツその2・フライパンのフタを活用しよう! フライパンのフタを閉める事で野菜から出る水分を美味く利用して、 蒸し焼きで火を通しましょう。 より短時間で炒めることが出来、結果として水っぽくなりづらいのです。 特にキャベツなどの葉物に有効です。 最初に肉を炒めてあらかた火が通ったら、その上にキャベツや先ほどのニンジンを乗せます。 肉と野菜を混ぜる必要はありません。 すぐにフタをして、30秒から1分の間、中強火で放置します。 その間に野菜から水分が出て蒸し焼きになりますし、 肉はフライパンと接したままなので程よく焼き付けられます。 一度フタを開けざっと混ぜ、それでもまだ火の通りが甘ければもう30秒を数回繰り返します。 フタを開ける回数が少ないのでフライパンの内部はより高温に保たれ、 水っぽくなるのを防げます。 早い段階で調味料を加えると塩分が長い時間野菜に触れることになり、 どうしてもベチャッとしやすくなります。 しかし、コツ2の後なら野菜の表面は肉や炒め油でコーティングされているので、 調味料が野菜に直接かかるのを防げます。 火を止める直前に調味料を加えることで水分が出るのも最小限で済み、 味がぼやけずに仕上げることが出来るのです。 応用編【一手間で…絶品もやし炒め】 もやしの雑身はひげ根含まれています。 これをしっかり取り除くことで、食感もグンと良くなります。 しかし…問題は時間がかかること。 おススメは、テレビを見ながらの作業です。 台所でまじめにやっていたのでは、とてもじゃないですが飽きてしまいます。 しかし、ひげ根を取ったもやしは、本当に美味しいのです。 お時間のある時は、ぜひお試しください。

次の