古希祝い 酒。 ブランド和酒器 古希お祝いプレゼント 人気ランキング2020

新潟地酒専門店・幻の酒

古希祝い 酒

インターネットでのご注文は年中無休で受付しております。 【定休日中のご指定日について】 定休日中のご注文に関しては、翌営業日から発送の準備をさせていただきますので、指定日発送ご希望の場合はご注意いただくよう願います。 何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。 【お問い合わせ先】 電話番号でのお問い合わせは: 025-378-2631 月〜金:9:00〜18:00 メールでのお問い合わせは: お気軽にお問い合わせください。 しかし、昔は70歳おろか「還暦」の60歳すらもそうとうな長生き。 そのため、古代中国では40歳から10年ごとに長寿を祝っていた時代もあったようです。 その習慣が日本にも伝わり、次第に寿命が延びていった後も、還暦後10年目の70歳を祝う習慣は残りました。 但し、実際に「70歳=古希祝い」とされたのは、室町時代の頃ではないかとされています。 古希の由来 「古希」の「古」は、古来の「古」、「希」は「まれ」と読み、めったにはない珍しいことの意。 つまり「古希」とは、「珍しいほどの長生き」ということです。 これは、古の中国の詩人・杜甫の「曲 江」という漢詩の中の次の一節に基づいています。 『人 生 七 十 古 來 稀』 しかし、この言い回しははるか昔からあったという説も…。 現に、古代中国に生きた思想家・孔子の言葉を表した「論語」の中に『人、齢 よわい 七十、これ稀 まれ なり』という記述があります。 とはいえ、日本の一般庶民にまでこの言葉が伝わった理由としては、やはり詩人・杜甫の存在を忘れるわけにはいきません。 とりわけ、世の中が安定していった江戸時代は、人々の間で学問や文芸に対する熱意が高まっていった時期。 論語や漢詩などを読み下せることは、武士だけでなく町人にとっても、教養や「粋 いき 」の証にもなっていきました。 そんな時代ですから、ご先祖様の時代から読まれ続けてきた有名な詩人・杜甫のことが知られていないはずがありません。 その漢詩はさまざまな形で多くの人々の目にもふれていきました。 かくして古希を祝う習慣は、杜甫の詩とともに庶民の生活にもすっかり根付いていったのです。 古希のお祝いは 還暦のお祝いでは「赤色」がキーワードですが、古希では、「紫色」がキーワードとなります。 では、なぜ「紫色」なのでしょう。 実は紫色は、古くから特別な意味を持つ色と考えられてきました。 たとえば、聖徳太子の時代。 貴族の冠位は紫色が最上位の地位を表す色でした。 僧侶でも紫の衣を身につけることができるのは最高位の僧侶に限られていたほど。 その後、こうした考え方は一般にも広がり、紫は気品や風格を備えた色として尊ばれるようになっていきました。 また紫色は、心と体のいやし効果がある色。 先人達はそれを経験から知っていて、不安な気持ちの時には身近に紫色のものを置いていたといいます。 だから、古希のお祝いには、長寿への敬意といたわりの心が込められた紫色をキーワードにお祝いを。 もちろん、紫色にこだわらなくても、その心を大切にしてお祝いをしましょう。 職人が染め上げた薄紫に透き通る一升瓶と 職人が精魂込めて造り上げた本物の手すき和紙に あなたからの気持ちを乗せてお届けします。 そのお酒はどこにも売ってない、 世界でたったひとつだけ。 初めておじいちゃんになった日、 お父さんが過ごしたあの頃の思い出。 お母さんと出会い、過ごした日々。 いつかの人生のあの瞬間。 全国で約1500ある酒蔵の中でもわずかに数蔵と数少ない全量純米酒を 醸す新潟の港近くに位置する酒蔵です。 国内外で金賞受賞歴も多い、 純米酒おいては燗酒の部分でも金賞を受賞しております。 今回、お届けするには、全量新潟産の純米大吟醸酒です。 金賞受賞蔵が特別な味わいをお届け致します! 蔵元が全力を注ぎ込んで醸した日本酒は グラスに注いでみてもなんとも華やか。 ゴージャスにきらめく純金箔とお酒の香りに、 心から酔ってしまいます。 ギフト包装、熨斗(のし)につきましては全て無料サービスとなります。 直送の場合でも、手渡しの場合でも包装の上お届け致します。 納品書等について お相手に直接ギフトにてお届けする場合は、 領収証・納品書などお値段のわかるものはもちろん、 当店の名前も一切明記せずお届け致します。 領収証をご希望のお客様には、別途郵送にてお届け致します。 記念日の新聞は、お父さんやお母さんが生まれた日はもちろんのこと、ご両親の結婚記念日、ご両親へのプレゼントならば自分を生んでくれた日など、全ての記念日において喜んでいただけると思います。 本商品は、還暦のお祝いの他に、定年退職のお祝いや感謝のギフト、結婚披露宴にて、ご両親への感謝の贈呈品としても多くのご注文をいただいております。 もちろん配送指定も2ヶ月先までお受けしております。 (新聞日付を選ぶ際の参考にご覧ください。 また、戦後約10年間 昭和30年初期まで は、新聞文字サイズが最も小さい時期でもあり、読み辛い箇所もございます。

次の

古希プレゼントおすすめランキング。今人気の贈り物特集

古希祝い 酒

1、古希祝いのプレゼントに悩んだらお酒がおすすめ! 長寿祝いといえば60歳の還暦祝いが有名です。 還暦祝いの次に訪れるのが70歳の古希祝い。 還暦に比べると影は薄いですが、れっきとした長寿祝いです。 長寿国で知られる日本では還暦よりも古希の方が長寿祝いとして適した年齢かもしれません。 古希祝いは中国発祥の長寿祝いといわれています。 元々は中国の有名な詩人の一節が由来しており、日本でも古希祝いとして祝われるようになりました。 昔は古「稀」と書きましたが、現在は常用漢字である「希」が使われるようになっています。 そんな古希祝いのテーマカラーは紫。 還暦の赤に比べると大人っぽく上品な色です。 紫は昔から高貴な色として知られていて、70歳を迎えた方にぴったりの色といえるでしょう。 ・古希祝いにはお酒のプレゼントがいい? 古希祝いのプレゼントを選ぶときに悩む方は多いです。 還暦から10年経っているので同じようなものをプレゼントするのも気が引けますよね。 もし古希を迎えた方がお酒好きなら日本酒のプレゼントがおすすめです。 日本酒は古くから神事にも使われることが多く、縁起が良いお酒として知られています。 縁起が良い70歳のお祝いである古希祝いには最適なお酒ですね。 日本酒などのお酒はその場にいる人と一緒に飲むことができ、お祝いムードを一層高める効果もあります。 好きな銘柄やブランドの日本酒も良いですが、せっかくの古希祝いなので特別なプレゼントをしましょう。 そこでおすすめしたいのが 名入れの日本酒です。 名入れ日本酒はラベルの部分にお祝いのメッセージや相手の名前を入れられます。 普通の日本酒に比べて特別感があるので古希祝いに限らず、長寿祝いの人気プレゼントになっています。 お酒は祝いの席でプレゼントしてすぐ味わえるプレゼントです。 食事会と一緒にお酒を飲めば喜んでくれること間違いなしですよ。 家族や親族とその場で飲んでも楽しめますし、飲み終わった後は部屋に飾ることができる、それが名入れの日本酒の魅力です。 部屋に飾ってみるたびに古希祝いの日のことや贈ってくれた相手のことを思い出して、笑顔になってもらえるでしょう。 ・お酒の相場はいくらくらい? お酒をプレゼントする際に気になるのが相場です。 日本酒と聞くと価格が気になりますよね。 主に日本酒は銘柄によって相場が異なります。 一般的な日本酒なら 720ml程度で数千円から購入できるので相場はそこまで高くありません。 ただ銘柄によっては数千円から数万円程度になることもあるので、事前にどんな銘柄が好きなのか調べておきましょう。 古希祝いの一般的な相場は1万円~3万円程度なので、相場を目安に選ぶと相手に気を遣わせずに済みます。 ちなみに 名入れ日本酒は1万円から2万円程度で購入できるのでリーズナブルです。 中身もしっかりと作られているのでお酒好きな方にも喜ばれます。 相場はあくまで目安となる金額ではありますが、相手に気を遣わせない金額のものを選んで贈るというのも大切です。 一般的な古希祝いの相場を意識しながら、相手の好みに応じた日本酒を選んでみてくださいね。 2、古希祝いのプレゼントにぴったりな日本酒5選を紹介 日本酒といってもさまざまな種類があってどれを古希祝いに贈ったらよいのか迷われる方も多いでしょう。 それでは古希祝いのプレゼントに適した日本酒を5つ紹介します。 日本酒のおすすめ度、特徴、価格帯を紹介するのでぜひ参考にしてください。 八海山は新潟を代表する日本酒です。 あまりお酒を飲まない方でも八海山という名前は聞いたことがあるのではないでしょうか? 八海山は日本酒の定番であり、とにかくバラエティ豊かな品揃えが魅力的です。 定番の種類ならワンカップから一升瓶まで用意されているので、プレゼントする前に試しに飲みたい方にもぴったり。 八海山の中でも基本的な種類が清酒、本酒造、吟醸、純米吟醸、大吟醸です。 この中でも古希祝いにプレゼントするなら 「八海山 大吟醸」がいいでしょう。 八海山の中では上位ランクに位置する銘柄で価格は1万円前後で購入できます。 最高品質の山田錦を中心に 選び抜かれた米を使い、低温長期発酵もろみ技法で醸されているため香りも味も一級品。 お酒好きな方にこそ喜んでもらえる日本酒です。 久保田は八海山と同じく新潟を代表する名酒です。 日本酒の主原料である米と米麹に徹底してこだわっており、常に品質向上の研究、開発を行っています。 久保田を生産している朝日酒造では、二代酒米のひとつである「五百万石」や高度精米が可能な「たかね錦」「千秋楽」などを使用。 また主原料と同じく日本酒造りに大切な水にもこだわっています。 朝日酒造では地域に流れる雑味の少ない軟水を使っていて、久保田の口当たりの良さを生み出しています。 本来日本酒は軟水よりも硬水を使うことが多いです。 一方、 久保田は口当たりや風味のために軟水を使いキレのある辛口の日本酒に仕上がっています。 そんな久保田にはいくつかの種類が存在します。 代表的なのは「久保田 萬寿」「久保田 碧寿」「久保田 紅寿」「久保田 千寿」「久保田 百寿」の5種類。 この中でもおすすめなのが久保田の最高クラスの日本酒である 「久保田 萬寿」です。 濃厚な香りと味わいが特徴的な「久保田 萬寿」は 純米大吟醸ながら720mlを3,000円台から購入できます。 常温でも冷酒でも美味しいのでお刺身や焼き鳥などと一緒に味わいたいですね。 フルーティーな香りとすっきりとした飲み心地は誰にでもおすすめできます。 その希少価値の高さから幻の日本酒と呼ばれる黒龍。 1804年から創業された福井県の黒龍酒造にて作られています。 日本酒の中でも一際輝く黒龍という名前は、蔵の近くにある福井県最大の河川「九頭竜川」の旧名・黒龍川が由来。 一度聞いたら忘れられないネーミングも魅力のひとつです。 黒龍は指定産地から厳選された東条地区の「山田錦」と福井県大野産の「五百万石」を使用。 日本酒造りに大切な水は白山山系の雪解け水を使っていて、自然豊かな環境だからこそできる日本酒といえるでしょう。 黒龍は日本酒の中でも 癖のない味わいが特徴です。 これまで多くの人に愛されてきた理由は癖のなさ。 黒龍だからできるちょうどいい香りや甘みは一度飲んだら忘れられません。 黒龍は誰にでも飲みやすい代表的な「黒龍 大吟醸」、フレッシュな香りや味わいが楽しめる「黒龍 特選吟醸」、そしてバランスの良い「黒龍 純米吟醸」が有名です。 さらに黒龍は高級な銘柄も用意しており、古希祝いのプレゼントにはこれらの銘柄がおすすめです。 特に火入れをしない生酒の 「黒龍 火いら寿」、袋吊りで絞った 「黒龍 雫」、黒龍の中でももっとも入手しにくい 「黒龍 石田屋」は手に入ったらぜひプレゼントしたい一品。 南部美人は岩手で生まれた日本酒です。 南部美人を製造している久慈酒造では岩手県で生産されたお米を使用。 主に使われているのは「美山錦」「吟ぎんが」「トヨニシキ」などです。 水は中硬水を使っていて味のバランスが良くすっきりとした後味が特徴的となっています。 南部美人は毎年国内外問わず多くの賞を受賞。 米から水までこだわった味わいは日本だけでなく、海外でも評判が高いです。 そんな南部美人は幅広いラインアップが特徴的な日本酒でもあります。 南部美人は修理が多く純米タイプでは純米大吟醸、純米吟醸、特別純米、純米。 本酒造タイプでは大吟醸、吟醸、本酒造、普通種が用意されています。 注目すべきは 「純米吟醸ビューティーシリーズ」。 南部美人の純米大吟醸ビューティーシリーズは、精米歩合やアルコール分、酵母、麹菌などの造り方の条件を揃えて異なる酒米を使ったお酒で贈り物にも人気があります。 きれいで美しいお酒をより体言化したシリーズであり、酒米の違いによって変わるほのかな香りと洗練された味わいが特徴的です。 お酒好きなお母様なら よりすっきりと飲みやすいお酒を目指したこちらのシリーズがおすすめです。 古希祝いだからこそ普段とは違った日本酒をプレゼントしましょう。 鳳凰美田は1872年に創業された栃木の小林酒造で製造されています。 小林酒造のある小山市は栃木県内でも人口の多い地域です。 川が多く豊富な水源と水田があるためお酒を造ることに適した地域といえます。 鳳凰美田という特徴的な名前は小山市の美田と呼ばれる地域を由来に命名されました。 鳳凰美田は「舟絞り」または「しずく絞り」と呼ばれる方法で製造。 一般的な酒造では自動圧縮機と呼ばれる機械を使って一気に絞りますが、鳳凰美田は機械の圧力によるデメリットを回避するため手間をかけて絞ります。 舟絞りは伝統的な絞り方のひとつで布袋にもろみを入れて横に寝かせながら重ねます。 その後上から圧縮して数日かけて絞るので、雑味がなくすっきりとした味わいを実現できます。 一方しずく絞りは酒袋にもろみを入れて自然に落ちてくる雫を集める製法です。 こちらは手間がかかり生産数が少ないため、大会などの出品用のお酒として使われます。 鳳凰美田には純米吟醸や大吟醸をはじめとしてさまざまな種類があります。 その中でもおすすめなのが 「鳳凰美田 純米吟醸」。 もっともスタンダードな鳳凰美田でバランスのとれた味わいが魅力的です。 コスパもいいので初めて長寿祝いにお酒を送る人にもぴったりですよ。 有名銘柄のほかにも多くの日本酒が存在します。 なかでもおすすめなのが名入れの日本酒。 ラベル部分に祝いのメッセージや名前を入れられる日本酒で長寿祝いのプレゼントとして人気が高いです。 フルオーダーでラベルに名前やメッセージを入れることができるだけあって、 見た目のインパクトが強く、サプライズプレゼントにおすすめです。 株式会社 幻の酒では名入れ日本酒の 「純米大吟醸 紫龍」を発売しています。 古希祝い用の紫色の瓶、桐の箱と紫の風呂敷に包まれた高級感あふれるデザインが特徴的。 お酒の瓶の色と風呂敷の色が紫色なので、古希祝いのテーマカラーの紫色が取り入れられたお酒を贈りたいと思っている方におすすめの一品です。 ラベルには特別な言葉を入れられるので世界にひとつだけの日本酒がプレゼントできます。 日本酒を味わっている間も嬉しいものですが、飲み終わった後は好きなところに飾って楽しんだり、包装ごと残して大切に保管したりする方が多く、古希祝いの記念品にピッタリです。 また名入れ酒には 生まれた日の新聞が付いてきます。 生まれた日に何があったのか祝いの席の話題になること間違いなしです。 名入れ酒は品質にもこだわっています。 1767年に創業された新潟県新潟市の今代司酒造は醸造アルコールの添加を一切行わない日本でも珍しい純米酒造。 新潟の名水を仕込み水として使い料理に合う味わいに仕上げています。 見た目や味わいはもちろん、日本酒自体に金箔が入っており祝いの席をさらに盛り上げてくれます。 一生に一度の古希祝いだからこそ名入れ酒で盛大にお祝いしましょう。 まとめ 古希祝いにプレゼントしたい必ず喜ばれる厳選日本酒5銘柄を紹介しました。 これから古希祝いのプレゼントにお酒を検討している方はぜひ参考にしてください。 今回紹介した銘柄はどれも素晴らしい日本酒ばかりです。 またいつも有名銘柄をプレゼントしている方はオリジナリティ溢れる名入れ酒のプレゼントをおすすめします。 記念に残る1本で一生に一度の古希をお祝いしましょう。 本記事を参考に素敵な古希祝いを迎えてくださいね。

次の

古希祝いに、モンドセレクション5年連続金賞受賞酒に書家手書きの名入れラベル酒

古希祝い 酒

3他では手に入らない、世界でたった一つの特別な贈りもの。 お父さんの70年間の人生は唯一無二であり、壮大なドラマがそこにあります。 「お誕生日新聞オンラインショップ」は、生まれた日の新聞はもちろん、記念日などの新聞をご提供致します。 それは、おそらく今までもらったことのない希少価値のある特別なプレゼント。 表紙に名入れできる商品も数多く取り揃えておりますので、特別なオリジナル感を演出します。 おくつろぎの時間に。 ご家族と一緒の賑やかな時間に。 いつでも「お誕生日新聞」を広げて、当時の思い出を懐かしんでいただけます。 人生で一度の大切な70歳の古希祝いに、これまでの思い出を振り返るきっかけをプレゼントしてみませんか? プレゼントを渡すタイミングとオススメの場所 古希のお祝いをする場所でプレゼントを渡すのが一般的とされています。 古希祝いに限らず、長寿祝いをおこなうタイミングは、お祝いされる人の誕生日前後が一般的にようです。 一方で、全員が集まりやすい日取りを考え、お正月に親族一同集まってお祝いの席をもうける家庭も少なくありません。 古希祝いは自宅やレストラン、料亭や近場のホテルで開催する人が多いようですが、旅行に出かけるのもおすすめです。 最近は70歳でも元気な長寿者が増えていますが、体調をうかがいながら旅行の計画を立ててみてはいかがでしょうか。 旅行先でお祝い会を開き、その際にプレゼントを渡すとすてきなサプライズになりますね。 お祝いする側にとっても、される側にとっても忘れられない思い出になるでしょう。 プレゼントには名入れ商品がオススメ 古希祝いのプレゼントに迷っている人は、名入れをしたオリジナルプレゼントを選んでみてはいかがでしょうか。 一般的なプレゼントよりも特別感があり、きっと喜んでもらえるでしょう。 人とは違うプレゼントを贈りたいと考えている人におすすめです。 名入れ商品の中では、Tシャツやストールといった衣類、普段使いできるマグカップや湯飲みなどの食器、またオリジナルラベルを貼ったワインや日本酒などのお酒が人気です。 オリジナルプレゼントを贈りたいけれど、ハンドメイドは苦手という人は名入れサービスを行っているさまざまなオンラインショップのお店を比較してみてはいかがでしょうか。 なかには発送に1カ月以上かかる商品もあるので、スケジュールには余裕を持ってオーダーするようにしましょう。 古希祝いのプレゼントで 気をつけるポイント おじいちゃん・おばあちゃんの古希祝いのプレゼント。 せっかくなら喜ばれるモノを贈りたいですよね。 ここで気を付けたいのは、「縁起の悪い贈り物」を選ばないようにすること。 お茶 年配の方はお茶好きな方が多いのでプレゼントしたくなりますが、 「香典返し」のイメージが強いため避けた方が無難です。 クシ クシは「苦」と「死」を連想するため、昔からお祝いにタブーとされています。 靴 靴や靴下は「人を踏む」という意味があります。 古希祝いのような目上の方に贈るケースでは避けましょう。 老眼鏡 実用性があり良さそうですが、貰う側からすると老いを感じて傷つくことも。 お祝いとは別に贈る方が良いでしょう。 時計 時計や筆記用具など「勤勉」なイメージのあるモノは、目上の方に贈らない方が良いとされています。 ベルト 締め付けるベルトは「気を抜くな」という意味に取られます。 目上の方には贈らないようにしましょう。

次の