ジャパネット 電気圧力鍋。 Amazon|ショップジャパン クッキングプロ 最新モデル 電気圧力鍋 285×273×295㎜ シルバー 圧力調理 蒸し スロー調理 煮込み 無水調理 炒め 温め直し 炊飯 1台8役 【正規品】|圧力鍋 オンライン通販

電気圧力鍋の使い方

ジャパネット 電気圧力鍋

サイズ:28. 8通りの調理がこれ1台、かんたん電気圧力鍋「クッキングプロ」• 圧力調理はもちろん、炊飯、無水調理、蒸す、スロー調理、温め直し、煮込み、炒めまで1台8役• 使い方は材料を全部入れて蓋を閉めボタンを押すだけ!自動調理だから、あとはほったらかしでOK• 秘密は、素材や調理に適した温度と時間をあらかじめ設定した自動調理機能「クイックタッチテクノロジー」• 火を使わずに調理してくれるので 安心、目を離してもOK• 普通の圧力鍋と違い「シュー」という音もせず、面倒な火力調整も不要• しかも時短!おでんは加圧約15分、イカの煮物は加圧約8分、ご飯は加圧約6分で炊き上がるんです! カートに入れる カートに入れる カートに入れる カートに入れる カートに入れる カートに入れる カスタマー評価 5つ星のうち4. 0 5つ星のうち5. 0 5つ星のうち3. 7 5つ星のうち4. 2 5つ星のうち4. 3 5つ星のうち4. 5 価格 ¥16,170 ¥4,400 ¥3,850 ¥3,909 ¥4,973 ¥21,999 販売者 Amazon. jp Amazon. jp Amazon. jp Amazon. jp Amazon. jp カラー シルバー クリア 情報が提供されていません マルチ マルチ シルバー パッケージ寸法 32. 89 x 30. 09 x 30. 09 cm 29. 99 x 26. 99 x 8. 39 cm 15. 99 x 15. 99 x 5. 49 cm 36. 49 x 22. 49 x 20. 49 cm 40. 59 x 27. 19 x 21. 79 cm 37. 33 x 33. 27 x 33. 01 cm パッケージの重さ 4. 42 kg 0. 78 kg 220. 00 グラム 2. 63 kg 3. 57 kg 7. 09 kg 素材 アルミニウム ガラス 情報が提供されていません ステンレス ステンレス 18-8 Steel.

次の

電気圧力鍋おすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

ジャパネット 電気圧力鍋

By: IH方式の電気圧力鍋は、電磁誘導を利用し、鍋自体を発熱させることで加熱調理を行います。 消費電力が大きい1200W程度の製品が主流で、食材をムラなく加熱できるのが魅力です。 マイコン方式と比べて細かい温度調節ができるのもメリット。 煮込み料理はもちろん、炊飯にもぴったりです。 製品によっては、温度調節機能を利用して、チーズや塩麹、白味噌や甘酒などの発酵食品を作れます。 汎用性の高さを重視する方にもおすすめです。 ただし、一般的なコンセントは一口あたり1500Wまでしか使えないのが懸念点。 配線においても、手持ちの調理家電との兼ね合いを考慮する必要があります。 また、消費電力が大きいため、同時にほかの調理家電を複数使用すると、ブレーカーが落ちるおそれもあるので注意しましょう。 フタの種類をチェック プッシュ式 By: 電気圧力鍋の多くには、材料と調味料を投入し、スイッチを押すだけで料理ができる「プリセットメニュー」を搭載しています。 炊飯や煮物などの調理を自動で行えるので、忙しい方にもおすすめです。 タイマー機能付きの製品なら、朝に食材をセットしておき、帰宅の時間に合わせて料理を仕上げることも可能。 一部のモデルでは、煮込み料理だけでなく、蒸し料理や発酵料理にも対応しています。 パンやヨーグルトなどを作りたい方も、ぜひチェックしてみてください。 プリセットメニューによる自動調理が行えるのは、直火式の圧力鍋にはない、電気圧力鍋ならではの機能です。 自動調理機能を使用したい方は、プリセットメニューの数や内容を確認しておきましょう。 保温・あたため直し機能 By: 圧力調節機能を搭載している電気圧力鍋なら、食材を好みの柔らかさに調理可能。 製品によっては、加圧と減圧を交互に行って食材に味を染み込ませたり、一定の圧力をかけて柔らかい食材の食感を残して仕上げたりといった調理もできます。 なお、手軽に使える電気圧力鍋を探している場合は自分で圧力を調節するよりも、自動調理のプリセットメニュー機能を活用するのがおすすめです。 スロー調理 By: 「スロー調理」とは、低温で長時間かけて加熱する調理法のことです。 通常の鍋を火にかける加熱法で行うのは難しいため、電気圧力鍋ならではの機能として人気。 おでんや肉じゃがなどの、煮込み料理を作る際にもおすすめ。 切った食材と調味料を投入するだけで、味の染み込んだ本格的な煮物が作れます。 タイマー機能 65種類もの「自動メニュー」を搭載した電気圧力鍋です。 圧力調理のほか、低温調理や蒸し調理、炊飯や無水調理、発酵などが可能。 材料を入れてボタンを押すだけで、料理が完成します。 液晶画面で見やすく、調理メニューを簡単に選択できるのも特徴です。 調理容量は2. 2Lで、グリル鍋としても活躍します。 背が低くテーブルへ置くのにちょうどよいサイズなので、パーティなどにもおすすめです。 また、予約調理に対応しているため、朝出かける前に夕飯の調理をセットすることも可能。 さらに、最大12時間自動で保温できるのも魅力です。 家族で食事の時間が異なっても、皆があたたかい料理を食べられます。 本製品はフタが取り外せるので、お手入れも簡単です。 そのほか、煮沸洗浄する「お手入れモード」を搭載しており、ニオイ残りなどを防げます。 モダンなデザインでインテリアとしても映え、コストパフォーマンスのよい製品です。 料理の幅を広げたい方におすすめの電気圧力鍋です。 炒め物や煮込み料理、蒸し料理や無水料理などを含む、210のレシピを内蔵。 多彩なレシピで、每日の献立を作るのにも役立ちます。 6Lの大容量を備えているのも魅力。 炊飯は10合まで、料理は6人分まで調理できます。 家族の人数が多い方にもおすすめです。 さらに、使用後のお手入れも簡単。 鍋の内側にはセラミックコーティングが施されているため、汚れを簡単に落とせます。 ニオイ移りもしにくいので、煮込み料理などにもぴったりです。 本体サイズは幅約38cmとやや大きめですが、モダンなデザインでインテリア家電としても映えます。 そのほか、前面に搭載されたカラーの液晶画面は見やすく、操作も簡単です。 圧力調理のほか、低温調理・煮込み・炊飯・無水調理に対応した電気圧力鍋です。 調理容量は2Lで、一人暮らしの方におすすめ。 本体サイズが幅29. 自動調理機能を搭載しているのもポイント。 カレーなど7種類のメニューを内蔵しています。 「ヘルシースープコース」を利用すれば、ミネストローネなどのスープを手軽に調理可能。 また、自動調理の一部は予約と保温に対応しており、好きな時間にあたたかい料理を食べられます。 さらに、「ふた開閉検知機能」や「温度過昇防止機能」を搭載しているのも魅力。 安全性に配慮しながら使用可能です。 鍋の内側にフッ素加工が施されているため、お手入れも簡単にできます。 便利な予約タイマー機能を備えた電気圧力鍋です。 朝食や夕食に合わせて設定可能。 「お好みキー」で加圧時間の設定もできるため、好みの柔らかさに調理できます。 最大調理容量は約2Lで、一人暮らしの方にもおすすめ。 また、8種類のオートメニューを内蔵し、スロー調理や蒸し調理にも対応しているので、料理の幅も広がります。 調理後に自動で保温されるのも魅力。 さらに、「追加熱キー」が備わっているので、あたため直しや加熱時間の追加も手軽にできます。 「非ロック時の加熱防止機能」に対応しているのもポイント。 ロック時のみ調理を開始する仕様のため、安心して使えます。 そのほか、フタなどを取り外せるので、お手入れも簡単。 鍋の内側には全面フッ素樹脂の「ノンステイック加工」が施されており、汚れも簡単に落とせます。 食材に味を染み込ませられる電気圧力鍋。 加圧と減圧をくり返す「可変圧力」により、少ない出汁でもしっかり調理できます。 手羽先や角煮など、分厚い肉の調理にもおすすめです。 また、無水調理や発酵、蒸し調理、煮込み調理などにも対応。 付属のレシピブックに掲載された150のメニューから、食べたい料理を選んで調理できます。 さらに、予約調理もできるので、夕食や朝食の仕込みに便利。 最大12時間の保温機能も搭載されており、帰宅時間が遅くなってもあたたかいご飯を食べられます。 内鍋はフッ素加工済みで、「クリーニング」機能を使えばニオイ残りが抑えられるのも魅力。 そのほか、電気圧力鍋のなかでは珍しいプッシュ式のフタを採用しているため、開け閉めしやすく炊飯器のように扱えます。 ダイヤル操作で使いやすい電気圧力鍋。 価格が比較的安く、機能が充実しているので、エントリーモデルとしておすすめです。 消費電力が700Wに抑えられているため、電気代も節約できます。 本製品には、煮込み調理や炊飯など、6種類の自動メニューを内蔵。 また、手動メニューも付属のレシピブックに55種類掲載されており、簡単に料理のレパートリーを増やせます。 5段階の圧力調節に対応し、肉の厚さや料理に合わせて圧力を変更できるのも魅力です。 さらに、予約機能や最大12時間の保温機能を搭載。 調理後に時間が経っても、あたたかいご飯を食べられます。 調理容量は約2Lで、一人暮らしの方にもおすすめです。 そのほか、締め忘れを通知するブザーなどの安全機能も搭載しており、さまざまな調理を手軽に楽しめます。 圧力調理のほか、煮込み調理・炊飯・無水調理・蒸し調理・スロー調理・炒め調理に対応した電気圧力鍋。 100以上のレシピを掲載した、専用レシピブックが付属しています。 料理のレパートリーを増やしたい方におすすめの製品です。 本体のメニューボタンにはイラストが描かれており、直感的に操作可能。 調理後は自動で保温するため、時間が経ってもアツアツの状態をキープします。 また、タイマー機能が搭載されているので、夕食や朝食の仕込みにも便利。 あたため直し機能も備わっており、家族で食事の時間が異なる家庭にも適しています。 カレーなどを最大約6人分調理できるのも魅力。 大容量ながら、本体サイズが幅約28. 5cmとコンパクトなため、キッチンに省スペースで設置できます。 本体価格もリーズナブルで、プレゼントやエントリーモデルとしても人気です。 リーズナブルな価格の電気圧力鍋です。 圧力調理・炊飯・スロー調理・蒸し調理・甘酒・発酵調理に対応。 さまざまなメニューを簡単に調理できます。 納豆やヨーグルトなど、食材に適した温度で調理できます。 本製品の調理容量は約2Lで、一人暮らしの方にぴったりのサイズ。 保温やあたため直しにも対応しているため、帰りが遅くなったときも、あたたかい料理を楽しめます。 フタや鍋は取り外せるので、お手入れも簡単。 鍋にはフッ素加工が施されており、ニオイ残りを軽減できます。 本体価格が安いため、コストをかけずに料理のレパートリーを増やしたい方や、調理時間を短縮したい方におすすめです。 業務用機器を多く取り扱う、大手キッチン家電メーカー「クイジナート」の電気圧力鍋です。 満水容量は4Lで、調理容量が2. 6Lの大容量モデル。 シンプルな機能のみを搭載しているため、機械の操作が苦手な方にもおすすめです。 本製品に搭載されたモードは、高圧力・低圧力・強火・弱火・煮込み・保温の6種類。 焼き色を付けたいときやしっかり煮込みたいときなど、料理や使用シーンに合わせて調節できます。 調理後は自動で保温モードになるのも魅力。 調理後に時間が経過しても、あたたかさをキープします。 最大24時間まで保温でき、好きな時間にあたたかい料理を楽しめるのがポイントです。 本体は幅33cmとやや大きめですが、複数人でのパーティでも活躍するサイズ。 大型モデルのなかでは価格が安く、電気圧力鍋を初めて使う方にもぴったりです。 キッチンに馴染みやすい、おしゃれなデザインが魅力的な電気圧力鍋です。 一人暮らしの方に適した、調理容量1. 5Lのコンパクトサイズ。 インテリア性を重視する方にもおすすめです。 本製品には「ワンタッチメニューモード」が搭載されており、ごはん・スープ・カレー・煮込み・肉じゃがといった5種類の基本料理をワンタッチで調理できます。 簡単に操作でき、圧力鍋が初めての方でも使いやすい設計です。 また、加圧時間を1分単位で設定できる「マニュアルモード」や、じっくり煮込んで味が染み込む「スロー調整モード」などを搭載しているのも魅力。 本格的な調理でも活躍します。 さらに、最大12時間の保温機能が備わっているので、調理から時間が経ってもあたたかさをしっかりキープ。 あたため機能も搭載しており、好きな時間にあたたかい料理が楽しめます。 番外編:電気無水鍋のおすすめ シャープ SHARP ヘルシオホットクック KN-HW16D 食材に含まれる水分を活用して調理する電気無水鍋です。 圧力を使用しないため時短はできないものの、朝セットして放置するだけで調理できます。 かき混ぜや火加減をすべて自動でコントロールするのも、魅力のひとつです。 容量は1. 6Lで、1〜2人分の調理にぴったり。 付属のレシピブックに掲載されている自動調理メニューは126種類、手動調理メニューは19種類。 また、無線LAN経由でクラウドサービス「COCORO KITCHEN」に接続すれば、メニューの検索や提案を音声と画面で案内します。 さらに、調理履歴からおすすめのメニューを提案したり、メニュー占いや調理ランキングを表示したり、オプション機能が豊富しているのもポイント。 電気圧力鍋と同様に、毎日の調理をサポートするおすすめ製品です。

次の

電気圧力鍋 KPC

ジャパネット 電気圧力鍋

シンプルで、充実した機能がおすすめポイント。 圧力をかける時間を1分以下にもできるので、どんな野菜も煮崩れしません。 手頃でコンパクトな炊飯器サイズは、キッチンで場所もとらず、扱いが楽です。 少人数分の調理はもちろん、圧力を使わない調理もできます。 このシリーズには、容量や機能などのバリエーションが豊富です。 選ぶポイントは、プリセット(自動)メニューが多いか少ないか、スロー調理ができるかでしょう。 電気圧力鍋 SP-4D151の詳細 メーカー siroca タイプ マイコン 調理容量 2. 3cm プリセットメニュー数 10 参考価格 32,400円(税込) 2. 電気圧力鍋とは 画像: 圧力鍋は、時間がかかる煮込み料理などの調理時間を短縮できる便利な調理器具。 一般的な圧力鍋はガスコンロで加熱しますが、この加熱工程を電気で行います。 電気炊飯器タイプですから、キッチンに置いてもさほど場所を取りません。 電気であることのメリット 画像: 鍋を密閉して圧力をかけることで鍋内部が高温になり、より短い時間で調理することができるという仕組みは、電気圧力鍋でも通常の圧力鍋も同じです。 ただ、コンロの火加減や加熱時間を調整したり、圧力がかかった蓋の開け閉めに苦労するなど、圧力鍋で懸念材料だったデメリットを電気圧力鍋は解消してくれます。 まず第一に、電気圧力鍋はつきっきりで見たり、火加減を調整したりする必要がありません。 センサーによる自動調理ですから失敗することもなく、食材のうまみや栄養を逃がさずに食すことができます。 また、やけどの危険や調理中の大きな音などもないため、安全性が高く、安心して使うことができる万能調理器具です。 3.電気圧力鍋の選び方 ここからは、電気圧力鍋を選ぶときのポイントについてご説明します。 機能面をチェック 画像: スイッチ一つで目的の料理が仕上がる便利なアイテムですから、機能面での多彩なバリエーションが展開されています。 搭載されているものを確認してみましょう。 プリセットメニュー プリセットメニューは、自動調理できるメニューのこと。 パネルのボタンを押したり、レシピ番号を入力したりと、簡単操作で調理ができます。 製品の性能にもよりますが、5~10種類くらいのプリセットメニューが付いたものがおすすめです。 スロー調理 スロー調理は、小さなエネルギーで長時間加熱し続けることで、食材をじっくり柔らかくする調理法。 肉なら箸で割けるほど、ほろほろに仕上がります。 調理時間をたっぷりとれるときには、スロー調理がおすすめです。 無水調理 水を加えず、食材にもともと含まれている水分や油分を活かして調理するのが無水調理です。 食材に含まれるビタミンやミネラルなどの流出を防ぎ、栄養そのままに旨味や香りを逃がしません。 優れた熱効率と短い時間で食材に火を通すことができます。 蒸し調理 蒸し機能があれば、茶碗蒸しなどの蒸し料理のほか、魚や肉、野菜などの食材を蒸すことも可能。 魚や肉は、余分な脂を落としてヘルシーに仕上げることができます。 炊飯機能 通常の炊飯器のように使えます。 白米や炊き込みご飯はもちろん、玄米も手間をかけずにふっくらとおいしく炊き上げてくれます。 保温機能 シチューやカレーなどの煮込み調理したものをそのまま保温できます。 家族の食事の時間が異なる場合でもその都度温める必要がないため、毎日の食事の支度を楽にしてくれます。 温め直し機能 休日などにまとめて料理しておけば、平日帰りが遅くなっても素早く夕食が食べられます。 まとめて作って冷蔵庫に保管していたものを、食べる分だけ再加熱できるのは、うれしい機能ですね。 調理容量と本体サイズは要チェック 画像: 電気圧力鍋には調理容量1. 2Lほどの小型のものから、約6Lの大容量のものまで、バリエーションが揃っています。 1人~2人用であれば2リットルくらいまでの小さめのもので十分でしょう。 ひとり暮らしでも自動調理機能等をうまく使えば、料理の幅も広がり、活躍すること間違いなしです。 小型のものは比較的構造や機能がシンプルなものが揃っており、価格もリーズナブル。 3人~4人の家庭でも、電気圧力鍋初心者が手始めに購入するのであれば、小さめサイズを選んでみるのもおすすめです。 電気圧力鍋の本体は、平均的なもので炊飯器の一回り大きめサイズ。 製品によってはかなりコンパクトなものもあります。 置き場所を確保する際に、本体サイズを確認するのもお忘れなく! 電気代は消費電力で決まる? 画像: 電気圧力鍋にはIHタイプとマイコンタイプがあります。 IHタイプは、電磁調理器の加熱原理をそのまま電気圧力鍋に用いたものです。 消費電力は1200W程度のものがほとんど。 細かく温度調節することができるため、煮込み料理や炊飯のほか、発酵食品などを作ることもできます。 一方、マイコンタイプはヒーター式。 消費電力は600~800W程度とIHタイプに比べて少ないですが、IHタイプほど細かく温度調節することはできません。 IHタイプはマイコンタイプより定格電力が大きいので、基本的には消費する電気量も多くなりがちです。 ただし、火加減制御が細やかなので電気代はマイコンタイプとほとんど変わらないか、効率のよさでIHタイプの方が安い場合もあります。 電気圧力鍋を選ぶときは、消費電力を確認するのはもちろん、時間あたりの電気代が表示されているものはチェックしてください。 お手入れのしやすさで選ぶ 画像: 本来圧力鍋は通常の鍋よりも重く突起部分が多いため、洗いにくさが欠点でした。 しかし、現在販売される電気圧力鍋の多くは、お手入れのしやすさに配慮されています。 内鍋や蓋は取り外しが可能ですから、洗うのも楽です。 フッ素樹脂加工などで汚れが落としやすく、できるだけ軽いものを選ぶとよいでしょう。 安全装置は必須 画像: 圧力調理の際に蓋のロックが外れたり、温度制御装置が働かなかったりするなどの事故が起きては危険です。 蓋のロックが音や目で確認しやすいもの、ロックがされていなければ圧力がかからないものを選ぶようにしましょう。 また、マグネット式のコンセントは、万が一、コンセントをひっかけてもはずれるので、鍋を倒したりすることがなく、安全です。 製品安全協会のSGマークや、経済産業省のPSCマーク、圧力なべ協議会によるJPCC基準認定品マークなどは、それぞれが製品の安全性を認めた証です。 このような、安全性への十分な配慮がなされたものをおすすめします。 参考: 『siroca』のこのモデルは、圧力調理と無水調理、蒸し調理、炊飯ができます。 長時間かかる料理もほったらかしたまま時短調理できる、シンプル機能設計です。 マイコン制御だから、材料を入れてボタンを押すだけのわずか3ステップで、プロ級の料理ができあがります。 1人暮らしや2人用にぴったりのサイズ。 レビューでは、「ダイヤル式で使いやすい」「時間もかからず出来上がりが全て美味しい」と、使い勝手がよいと評判です。 9cm 調理容量 1. 3L 参考価格 19,440円(税込).

次の