知らなくていいコト 無料。 知らなくていいコト 尾高(柄本佑)が離婚しプロポーズも破局でラストシーンが切なすぎる!

【ドラマ】知らなくていいコトを無料視聴する方法!吉高由里子/柄本佑/佐々木蔵之介/秋吉久美子

知らなくていいコト 無料

また、他にもhuluでは話題のドラマ・アニメや人気映画なども視聴することができます! 登録も数分で終わるので是非気軽に登録してみて下さい! 目次• huluの無料会員登録方法 huluの無料会員登録ですが数分かからずにできちゃいます! 入力するのは• E-mailアドレス• パスワード• 名前、生年月日• お支払方法 だけです。 たったのこれだけで会員登録が完了します。 をクリックすると下記のような画面が表示されるので、 「今すぐ無料でおためし」をクリックします。 するとメールアドレス、パスワード、生年月日、名前、お支払方法を入力する画面に遷移しますので、ここで必要な情報を入力してください! 入力後、「2週間の無料トライアルを開始」をクリックすれば無料会員登録完了です! とても簡単ですよね! 契約の解除もかなり簡単にできます。 翌日、高熱を出した黒川(山内圭哉)に代わりデスク代理に指名されたケイトは校了前日の編集部で激務に追われる。 そんな中で編集部には次々とトラブルが発生!マネージャーの恫喝を記事にされた演歌歌手(小沢真珠)が殴り込みに訪れたと思ったら、右トップを飾る予定だった政治記事の告発者が突然掲載の撤回を要求しスクープ記事が飛ぶピンチに! 連載を抱える大物作家の接待に駆り出された岩谷(佐々木蔵之介)が不在の中、編集部は一丸となってトラブル解決に駆け回る。 一方、岩谷は気難しい作家との食事会を盛り上げると後を連載班に任せて急いで編集部へ向かうが……。 さらに、疲労と活気と混乱が渦巻く編集部には、あることでケイトに恨みを抱いた人物が刃物を手に近づいていた……!週刊イースト始まって以来の大惨事、襲撃事件が発生する!ケイトは襲撃者に刺され……!!そして、ケイトと尾高の関係に屈折した思いを抱く春樹(重岡大毅)は、ケイトの父が殺人犯・乃十阿徹(小林薫)であることをある相手に漏らそうとしていた……。 知らなくていいコト ドラマ 第7話のネタバレは? ケイトは、尾高と人には言えない恋に落ちてしまいました。 その日は、朝からいろんなことがありました。 笹身れいかが怒鳴り込んできて編集長が平手打ちされたり、告発記事が飛びそうになったり、丸山先生の会食があったり。 編集長の差し入れのお寿司をみんなで囲んでいるとき、ケイトに恨みを持つ女が入ってきて、ケイトは刺されてしまいます。 倒れたところを、真上からナイフを振り下ろそうとされた時、尾高がケイトを庇って背中を刺されてました。 犯人は取り押さえられましたが、二人は救急車で運ばれ、編集長は、この事件を次のトップ記事にすると宣言。 ふたりの様子に、複雑な気持ちを持っていた春樹は、他の週刊誌の記者に、ケイトが乃十阿の娘であることを、バラしてしまいました。 次回は野中のことを糾弾すると思います。 ワイドショーで乃十阿徹の娘であることが公になってしまったのですが、それを見た尾高はすぐに野中がバラしたと合点が行くと思います。 それこら尾高は野中に会い話を聞くと全然悪びれた様子のない野中に顔面パンチをお見舞いすると思います。 それから野中は尾高とケイトが不倫しているかもしれないという事実も知っていて殴られた後に話してきそうです。 やっぱり野中には何かしらの天罰が下って欲しいと思っています。 知らなくていいコト ドラマ 第7話をhuluで無料視聴しよう! 今回は「知らなくていいコト」第7話の無料動画・見逃し配信やネタバレ・感想について調査しました! 調べたところ「知らなくていいコト」はテレビ放送後、huluでの見逃し配信されるので、ドラマを視聴したい方はhuluに登録しましょう! そして、huluであれば2週間の無料会員期間があり、期間内に解約すれば料金は一切かかりません! 他にもhuluでは人気ドラマやアニメ・映画なども視聴できるのは嬉しいですね! 是非この機会にhuluに登録して、「知らなくていいコト」を無料で楽しんでください!•

次の

知らなくていいコトいつから放送日?期間や地域・時間と回数も紹介

知らなくていいコト 無料

ネット上の架空の人物に恋をして大金を貢ぎながら、自分は騙されていないと信じる高齢女性・多賀笑子 たがえみこ(倍賞美津子)に取材をするべく、笑子が営む茶道教室に入門するケイト。 しかしガードの固い笑子を前に取材は難航。 そんな中、海外出張から戻った動物カメラマンでケイトの元カレの尾高由一郎おだかゆういちろう(柄本佑)が線香を上げにケイトの家に訪れる。 尾高はその帰り、ケイトには言えない3年前のある出来事を思い出していた……。 翌日、詐欺取材に行き詰まるケイトは、母の遺品からある物を見つける。 その先には自分のルーツに関わる衝撃の事実が隠されていた……!! (引用: 公式サイト) [ 第2話 ]まさか私があの殺人犯の娘だったなんて…!? 1月15日放送分 母・杏南あんな(秋吉久美子)の遺品から、 自分の父親がかつて世間を騒がせた殺人犯・乃十阿徹のとあとおる(小林薫)かもしれないことを知った ケイト(吉高由里子)。 事前にDNAを調べた上で相性のいい相手を紹介してくれるという結婚相談所について胡散臭く感じるものの、早速ケイトは実際のDNA婚活イベントの取材へ・・・・・・。 見た目や収入に関係なくDNAのマッチング率だけを頼りにしたグループ見合いが始まる中、司会者のテンションに洗脳めいたものを感じるケイト。 しかし10組中9組のカップルが一番DNAの相性のいい相手を選ぶという結果に……! イベント終了後、ケイトは1組だけカップル成立しなかった男性参加者・山際やまぎわ(えなりかずき)が結婚相談所事務局の女性・笹野ささの(市川由衣)と訳ありな様子を目にするが……。 一方、編集部ではケイトとの関係が気まずくなった春樹が編集長の岩谷いわたに(佐々木蔵之介)に異動の相談をしていて……。 その夜、遺伝学の教授から『親の経験が子供に遺伝する』というマウス実験について聞いたケイトは、殺人犯・乃十阿のDNAが自分の中に生きているかもしれないと陰鬱な気分で家路につく。 撮影に向かう尾高おだか(柄本佑)と鉢合わせたケイトは、かつて出所時の乃十阿の写真を撮った尾高が自分に何かを隠していることを確信し、尾高に迫るが……!? (引用: 公式サイト) [ 第3話 ]『殺人犯の父と対面! 』 ケイトは自分の真実に立ち向かう! 1月22日 放送分 殺人犯・乃十阿徹のとあとおる(小林薫)の娘だと知りながら、かつて尾高おだか(柄本佑)がプロポーズしてくれていたことを知ったケイト(吉高由里子)は、当時何も知らずに春樹はるき(重岡大毅)に心を移した自分を悔やんでいた。 そんな中、週刊イーストでは年末年始合併号の準備が進む。 早速取材に出るケイトだが、ネット上で拡散した10年前のタツミーヌの動画が炎上したことで急遽取材中止の連絡が入る!問題の動画には老人に向かって暴言を放つ世間のイメージとはかけ離れたタツミーヌの姿が映っていて……。 編集長の岩谷いわたに(佐々木蔵之介)は記事の内容をタツミーヌの才能ではなく、本性に迫るものに方向転換して取材続行を指示。 ネットの後追いで10年も前の出来事を掘り返すことに反対するケイトに取り合わず……。 仕方なく本人直撃を狙うケイトだが、タツミーヌ叩きの報道が過熱する中、本人は沈黙を貫いたまま消息を絶ってしまう……。 一方、編集部には尾高が年末の挨拶に現れる。 春樹は、あることを話すため、尾高を屋上に呼び出すが……。 タツミーヌ探しが難航する中、ケイトはかつてタツミーヌがアルバイトをしていた店で意外な真相へと繋がる証言を聞く……。 (引用: 公式サイト) [ 第4話 ]尾高が衝撃告白! 父の殺人事件の意外な事実とはー? 1月29日 放送分 正月休みに乃十阿のとあ(小林薫)のいる街を訪ねたことで心を乱されたケイト(吉高由里子)。 しかし校了直後に起きた事故の緊急取材に駆り出され、相変わらずの忙しさの中で仕事モードに切り替える。 予備校は対外的には『70%』と公表しているのだが……。 早速黒川くろかわ(山内圭哉)にネタを上げたケイトはジーザス周辺の取材へ。 一方、編集長の岩谷いわたに(佐々木蔵之介)とデスクたちの会議では連載班がジーザスの新刊インタビューを企画していることが発覚。 岩谷は翌日春樹はるき(重岡大毅)が行く予定だったインタビューにケイトも同行させることに。 そんな中、尾高おだか(柄本佑)のスタジオを訪ねたケイトは、30年も前の乃十阿の事件に尾高が興味を持ったきっかけについて意外な話を聞く……。 さらに、ジーザス周辺のスクープを狙って特集班総出の張り込み計画がスタートする……! (引用: 公式サイト) [ 第5話 ]父の犯した殺人事件の動機が知りたい…! 抑えられないケイトは父の元へ… 2月5日 放送分 30年前に乃十阿のとあ(小林薫)が事件を起こしたキャンプ場を尾高おだか(柄本佑)と共に訪れたケイト(吉高由里子)。 未だに動機不明の事件に思いを馳せ、複雑な気持ちを抱く……。 翌週、記事のネタを求めて元警察署長・沖田秀則おきたひでのり(勝野洋)がスパルタ教育の末に実の孫を殺害したとされる事件の判決を傍聴したケイトは、罪を認め反論しない沖田の姿に直感的に引っかかるものを感じる。 ケイトは沖田本人に面会を取り付けることを黒川くろかわ(山内圭哉)に宣言し、早速事件の周辺取材へ。 近隣住民から沖田のスパルタを裏付ける証言がある一方で、『孫を甘やかしすぎだった』という報道とは逆の証言にも行き当たる。 そんな中、編集部では連載班の小泉こいずみ(関水渚)が春樹はるき(重岡大毅)に交際を申し込んでいた!春樹はケイトと尾高の関係が気になるが……。そして、沖田に殺された孫・弘人ひろとの周辺を取材していたケイトは、事件の新たな情報を手にする。 さらにスクープへと繋がる糸口は意外なところに隠されていて……。 岩谷いわたに(佐々木蔵之介)は沖田本人と話す機会を得るため弁護士の接見について行くようケイトに指示するが、真実への道のりは甘いものではなかった……。 (引用: 公式サイト) [ 第6話 ]予告 2月12日 放送分 自分が杏南あんな(秋吉久美子)の娘だと乃十阿のとあ(小林薫)に告げたケイト(吉高由里子)。 そんな中、次週の記事のネタを探すケイトは実力派人気棋士・桜庭洋介さくらばようすけ(田村健太郎)の妻・和美かずみ(三倉茉奈)から、女優の吉澤文香よしざわふみか(佐津川愛美)と夫が不倫していると直々のタレコミを受ける。 二人のラブラブな不倫メールを証拠として差し出し、桜庭が社会的制裁を受けて自分のもとに戻ってくるようにしてほしいと話す和美。 しかし密会場所の連絡には将棋の棋譜を使った奇妙な暗号が使われていて……。 早速二人を尾行するケイトたちだが不倫現場を押さえるのに難航。 そんな中、和美が入手した新たな暗号メールを見たケイトは、高校時代に将棋部主将だった春樹はるき(重岡大毅)に棋譜の解読を頼むが……。 その夜、和美から続々送られてくる不倫の証拠メールを自宅で一人見ていたケイトは、『会いたい』という言葉の応酬に、自分の中の尾高に会いたい気持ちを強く自覚する……。 翌日、岩谷いわたに(佐々木蔵之介)によって桜庭の不倫が次週のネタに本採用され、不倫現場を狙った特集班のチームワークが本格始動するが……!?.

次の

【ドラマ】知らなくていいコトを無料視聴する方法!吉高由里子/柄本佑/佐々木蔵之介/秋吉久美子

知らなくていいコト 無料

【第1話ネタバレあらすじ】ケイトは同居する母の杏南が倒れ、杏南は父がキアヌリーブスだと言い残し亡くなる。 真壁は恋人の野中に相談するも冗談だろうと言われる。 ところが母の書斎から若い頃の杏南とキアヌ・リーヴスとの写真を見て驚く。 11月20日、真壁は編集長にネット上のチャールズという架空人物に恋し2500万円を振り込んだ多賀に取材する為に茶道教室に入門する。 するとカメラマンの尾高が撮った写真が杏南の遺影になり真壁の家に線香をあげに来る。 キアヌ・リーヴスと杏南の写真にいい話だと言って真壁を励ます。 尾高には真壁には言えない3年前の出来事があった。 木更津刑務所を出所した乃十阿の写真を撮影した。 真壁は多賀の家に行くとチャールズから100万円欲しいというメールが来たが真壁が振り込め詐欺だと言うと多賀は怒る。 ケイトが指輪を見つけると、乃十阿徹と杏南が1985年に作っていた。 真壁がネットを調べると無差別殺人の犯人が乃十阿だった。 真壁は野中に乃十阿の子供だと言うが、野中は結婚しようと言う。 乃十阿が杏南と同じ大学に通っていたとわかる。 真壁は多賀にILOVEYOUにお金を買ったと言う。 お金を使い果たすのも多賀の自由だと言う。 嘘と判りながら買う恋を記事にさせて欲しいと了解を貰う。 年寄りでも恋をして構わない金が全てではないと編集長が言い、記事になった。 真壁は尾高が乃十阿の出所の写真を見つける。 野中は真壁に結婚出来ないと言い、謝る。 (男性60代) 【第2話ネタバレあらすじ】ケイトは父親が殺人犯かも知れないということで、春樹に振られるがよりを戻そうと努力するのである。 しかし、春樹にその気は全くないようで、社内での異動を希望するのだ。 そして、ケイトはDNAの相性を参考にして婚活を行うDNA婚活の取材をすることになるのである。 その時に一組だけカップルにならなかった男女がいて、その男性が婚活の事務局の女性に話しているのを目にするのである。 ケイトたちは追いかけ勤務先を突き止め、乗り込むと男性と事務局の女性がいたのである。 その女性はDNAの相性が悪いことで付き合いをためらい、男性に良い相手を探すように言っていたのである。 しかし、ケイトはDNAの相性は関係ないと説得するのである。 (男性40代) 【第3話ネタバレあらすじ】尾高はケイトが犯罪者の娘かもしれないと分かった上で過去にプロポーズしていた。 そうとは知らずにその時にプロポーズを断ったケイトは後悔して尾高に心配される中、涙を流す。 ケイトは記者として働き始めたばかりのことを思い出していた。 まだまだ記者として新米だったケイトは尾高と組んで仕事をしていた。 そして尾高と仕事をしていくうちに尾高を好きになってしまったケイト。 それからしばらくケイトと尾高は交際していたが、付き合うのは長続きせず、尾高は別の女性と結婚してしまったのだった。 ケイトは気持ちも切り替えて仕事に専念していた。 春樹のことも名字で呼ぶようになり、仕事仲間として割り切っていた。 そんなある日のこと、有名ダンサーのタツミーヌの取材の仕事が舞い込んでくる。 (女性30代) 【第4話ネタバレあらすじ】乃十阿の居場所の間に行ったケイト。 目が合ったものの自宅を訪ねはせずに、結局帰ってきてしまった。 相変わらずの編集部の忙しさの中でもケイトはバリバリと働き成果を上げていた。 たまたま知った情報から、世間で人気の講師ジーザス富岡が不正行為をしているのでないかと潜入捜査を始める。 そんな中、乃十阿の写真を撮った後に尾高が報道カメラマンを辞めたのをケイトは気にしていた。 尾高自身に問いただすと、尾高の優しさを感じることになり、またしても別れたことを悔やむケイトがいた。 記者達の連携プレーで見事に医大の試験問題の取引き現場を押さえ、イーストは特ダネをモノにして売り上げを伸ばすことに成功した。 喜ぶケイトだったが、私には知らなくていいことなんかないと、尾高に乃十阿の事件現場に連れて行ってもらうのであった。 (女性40代) 【第5話ネタバレあらすじ】ケイトは、元警察署長・沖田秀則が起こした事件の裁判を傍聴する。 沖田は、自分の孫を殺害してしまったのだ。 その後、ケイトは、沖田家周辺を調べることにした。 そして、ケイトは、沖田と面会を試みるが断られてしまう。 ケイトは、考え方を変えて被害者側を取材することにした。 小泉に交際を申し込まれた春樹は、仕事終わりに小泉を食事に誘った。 ケイトは、沖田と接触するために弁護士に会う。 その後、ケイトが飲食店で飲んでいると、岩谷と尾高がやってくる。 ケイトと岩谷は、陽気に会話をして時間を過ごす。 後日、ケイトは、尾高に納骨完了のメッセージを送る。 ケイトは、沖田と面会することができた。 ケイトの問いかけに対して、沖田は「終わりにしてください」と言って面会室を出て行ってしまった。 (男性40代) 【第6話ネタバレあらすじ】ケイトは、乃十阿に会いに行くが、ホースで水をかけられてしまい相手にされなかった。 ケイトが歩いていると、尾高がやってくる。 その後、尾高とケイトは、乃十阿の元弁護士・高村に会いに行く。 ケイトは、棋士・桜庭洋介の妻・和美から相談を受ける。 洋介は、女優・吉澤文香と不倫をしているということだった。 和美は、夫を取り戻したいという気持ちでいっぱいだった。 その後、ケイトは、黒川に相談をする。 ケイトたちは、証拠をつかむために洋介と文香を追跡する。 ケイトは、将棋経験者の春樹に相談をする。 ケイトは、何かの暗号である将棋の棋譜の解読を依頼した。 編集部では、春樹は将棋盤に将棋の駒を置いて解読をしていた。 その後、春樹は、解読に成功する。 春樹は、編集部スタッフに説明を始める。 ケイトたちは、再び洋介と文香を追跡する。 (男性40代) 【第7話ネタバレあらすじ】編集部では、黒川が熱を出してしまう。 そして、告発者による記事が差し替えになってしまうという事態になってしまう。 スタッフたちは、別の記事を探し始めていて、忙しい時間を過ごす。 岩谷たちは、小説家・丸山シゲオと会う。 岩谷は途中で退席してしまい、その場の雰囲気は重くなってしまう。 ケイトは、黒川の代理を担当することになった。 岩谷は編集部へ戻って、現場をまとめ上げた。 そして、岩谷は編集部を出て行くが、再び戻って出版局長・江川直之と言い合いになってしまう。 ケイトは、記事の写真を見ながら尾高の事を思い出していた。 怪しげな女性が編集部内に入っていく。 女性は、刃物を持ってケイトへ向かっていった。 女性は、ケイトを刺してしまう。 編集部内は、緊張感が漂う。 (男性40代) 【第8話ネタバレあらすじ】ケイトが刺されて数日が経っていた。 ケイトが不在の間も週刊誌にケイトの記事が取り上げられたりして、良くも悪くも目立ってしまっていたケイト。 また刺してきた女のことにも注目されていた。 しかしケイトは早々と退院して出版社に戻ってくる。 なんでも退院してすぐにラーメン屋に行って、そこの記事を書きたいというのだ。 ケイトは右手を負傷していたが、利き手は左手だから大丈夫だと心配する上司たちに明るくふるまう。 しかし彼らはケイトのサポートをするように部下たちに言うのだった。 ケイトは刺されたショックから見知らぬ女性も刺してきた女に見えるようになってしまっていた。 思い通りに動かない自分の体にいら立ちを感じるケイト。 そんなある日のことケイトが出社してくると、週刊誌の記事にケイトの父が犯罪者だったという記事が載っていると上司に言われるのだった。 (女性30代) 【第9話ネタバレあらすじ】ケイトが殺人犯の娘だと週刊誌に掲載されたため、乃十阿のところにも記者が殺到していた。 尾高さんは退院後ずっと乃十阿を張っていたので、記者の目を盗んで東京へ連れ出した。 弁護士事務所に連れていき、尾高さんのスタジオでかくまうことになった。 尾高さんは、ケイトに乃十阿をスタジオでかくまっている話をし、真実を知りたいなら今しかないと言った。 ケイトは出社前に乃十阿に会いに行ったが、結局、話を切り出すことができなかった。 でも、乃十阿に、また来るからここにいてくださいと言い残した。 弁護士から連絡があり、尾高さんとケイトは会いに行った。 弁護士はケイトが渡した名刺を乃十阿が持っていたから、ケイトの父親だと思ういい、乃十阿は犯人ではないかもしれないといい、幼い息子をかばっていたんじゃないかと言った。 尾高は、ケイトに乃十阿の記事を書くことを勧めるとともに、ケイトとの結婚を申し出る。 編集長の岩谷は、ケイトに乃十阿の記事を明かせるため、情報収集と説得を試みる。 ケイトは記事を書くことになるが、社長命令によって記事はボツにされる。 ケイトは、自分の子供を大事にして欲しいという理由で、尾高からの求婚を断る。 尾高は、妻と離婚し、ケイトとも別れ、一人で息子を育てることになった。 ケイトは乃十阿の所へ行き、乃十阿が無実であることの記事を乃十阿に読んでもらう。 ドラマのタイトル「知らなくていいコト」とは、乃十阿が当時3歳の息子をかばって無差別殺人の罪を全てかぶったことなのである。 しばらくして、岩谷は局長に昇格し、ケイトはデスクに昇格した。 そして、ケイトとの関係で精神を崩した野中は小説家として成功した。 (男性40代).

次の