おとめ 座 今週。 乙女座の誕生日はいつからいつまで?

おとめ座

おとめ 座 今週

予感と杞憂 今週のおとめ座は、「戦慄のかくも静けき若楓」(原民喜)という句のごとし。 あるいは、 ある種の予感に貫かれ、底まで引き込まれていくような星回り。 作者は広島で被爆した体験をベースにした小説『夏の花』などで知られる小説家・詩人ですが、掲句は原爆が投下される数日前に詠まれたもの。 「若楓(わかかえで)」は初夏の季語であり、楓の木は少年時代から作者の夢想の対象として親しまれてきたもので、既にそこに漂う嵐の前のような静けさから、暗い予感を受けとっていたのでしょう。 作者は俳号を「杞憂」といいましたが、義弟の評論家・佐々木基一によれば「原には危機に対する神経的なまでの予感があり、恐怖があった。 そういう自分の性格をよく知って、自ら諧謔的に杞憂なる号をつけたのであろう」とのことでした。 予感や杞憂といえば、大抵は幻影として「気にし過ぎだよ」の一言で受け流れるものと相場は決まっていますが、作者の場合は、手で触れられるような夢のごとき、確かなリアリティーを持っていたのかも知れません。 6月28日に「展開力」の火星がおとめ座から数えて「自己の弱まり」を意味する8番目のおひつじ座へと移っていく今週のあなたもまた、 考えうる最悪のシナリオや展開からいかに目をそらさずに直視できるかが鍵となってくるはず。 諦めと治癒 今はもう使われていない表現ですが『分裂病者と生きる』(1993年)という本があって、その中で編者のひとりである加藤清がまだ若い精神科医だった頃のエピソードとして次のような話が語られています。 いわく、壁面に頭を打ちつけて自傷行為をやめない患者を前にして、誰も何もなす術がなくなり、無力感にかられてみな呆然として立ち尽くしていたと。 そのとき、加藤は突然、病室の隅にあったゴミ箱の中に入って土下座した。 すると、それまで誰が何を言おうとしようと自傷行為をやめなかった患者が動きを止めて、加藤に注意を向けた。 そして、その瞬間から治療行為が進み始めていったというのです。 加藤はなぜ、わざわざゴミ箱に入って土下座したのか。 あえて言いきるならば、ここにはあらゆるレベルの治療や治癒という現象の秘密が現れているように思いますし、それは今のおとめ座にとっても重要な指針になってくるでしょう。 加藤のしたことは、患者や同僚に対するある種の「超越」行為と言えますが、同時にそこには「自分ではどうにもならない」「救えない」といった患者の苦悩に対する諦めの深さと祈りの切実さがあるという点で、権力構造を伴なう操作や圧倒、マウンティングなどとは決定的に異なっているのです。 今週のおとめ座もまた、 自分を取り巻く現実全体をぼんやりと見つめつつ、そうした<諦め>ということに心を留めていくといいかも知れません。 今週のキーワード 諦めはある地点までいくと祈りへと変ずる.

次の

乙女座の誕生日はいつからいつまで?

おとめ 座 今週

総合運 いつでもどこでもちゃんとしていなくちゃ、何が起こってもしっかりしていなくちゃ……と、基本的に、優等生のあなた。 人の役に立ちたい、求められたいという気持ちも強く、四六時中、他人に気を回しているのではないでしょうか。 そんなまじめすぎるあなたが、ドカンと派手に弾けるのが、2020年。 プライドや責任感、他人からの評価などから解放されて一気に自由となり、のびのび自分らしく、ラクに生きられるようになるでしょう。 この年、あなたが手にするのは、いい意味でのうぬぼれと勘違い。 こうした根拠なき自信があなたの創造力を刺激し、自己表現へと駆り立てるはず。 これまでは、「恥ずかしい」「どうせ認められないから」などと、せっかくの才能を出せずにいたあなたですが、2020年は、クリエイターとして多方面で大活躍。 大いに注目を集めそうです。 ターニングポイント 6月 仲のいい友人とケンカになり、距離を置くことに……。 悪いのは相手だと、お互い折れる気ゼロ。 しばらく冷戦状態が続きそうです。 でも、ケンカは常に、両成敗。 あなたにも少なからず非があるので、率先して謝るべき。 自分から「ごめんなさい」を言うことで、物事がすべて、いいほうへと回り始めます。 恋愛運 自信にあふれ、心の底から恋を楽しめる2020年。 「私なんか愛されるはずがない」と、これまでネガティブ一色だった人にも、明るく前向きな気持ちがムクムク。 どんな時でもはつらつとしているあなたの姿に、多くの異性が吸い寄せられるように集まってくるでしょう。 さまざまなタイプと出会い交流し、いろいろな経験をして、恋愛スキルを向上させるあなた。 相手を思いやる想像力、受け止める包容力などが格段にアップし、ますますモテ体質に。 そして最終的に、地位ある立派な男性との夢のような恋愛をゲットすることになりそうです。 カップルは、嫉妬や束縛など、さまざま苦しい経験の末、真の思いやりを学べる時。 相手を自由にしてあげられたならその先に、結婚が控えているはずです。 恋愛相性のいい星座 獅子座 山羊座 水瓶座 「いつもかわいいね」「今日もキレイだよ」と、あなたをいい気分にさせてくれるのが、獅子座。 大事にされて、しあわせいっぱいに過ごせそう。 山羊座は、いつでもどこでもあなたの味方。 たとえ周りが敵だらけになっても、あなたを一生懸命かばってくれるはず。 水瓶座は、ミステリアスな存在。 一緒にいてもわからないことだらけ。 でもだからこそ、互いに強く惹かれるはず。 仕事運 来る仕事拒まずが、2020年の正しい働き方。 やりたいことやできることだけこなしているのでは、収穫もなければ充実感もなし。 嫌いなことも大変なことも、できないこともやりたくないことも、巡ってきた仕事には文句を言わず、二つ返事で引き受けること。 苦手なことに楽しさを見出したり、うまくいくよう試行錯誤したり……そうした発見や工夫によってあなたは、大きく成長できるのです。 ただ、そうやって働くためにはまず、職種や会社選びが重要。 誰かに勧められたから仕方なくとか、お金のために渋々などといったチョイスでは、一生懸命働けないので、転職もあり。 おもしろそう、楽しそう、興味がある、ずっと憧れていたなど、ポジティブな理由で働く場所を選び直したほうがいいでしょう。 金運 やりたいことがたくさんあって、次から次へとお金が出ていく2020年。 足りなくなることはないけれど、貯金もままならず余裕のない状態。 常に不安を抱えることとなるでしょう。 でもだからといって、出し惜しみするのはNG。 お金は、覚悟そのもの。 これだということにドーンと費やせば腹が据わり、とことん精進できるようになるのです。 そうして、たくさんの経験やスキルを得たあなたはやがて、多くのお金を得るポジションに……。 2020年、潔く出したお金はその勢いに乗じ、必ず大きく膨れ上がって、あなたのもとへ。 近未来への有益な投資であることを、しっかり肝に銘じておきましょう。 その他、家族や恋人など、身近な存在からの援助も期待できる2020年。 困った時は意地を張らず、素直に相談してみて。

次の

おとめ座

おとめ 座 今週

「庭造りの名人」も、 一朝一夕に美しい庭を造ることは なかなか、難しいものだろうと思います。 勿論、一時的に美しい見ためを演出する、 ということなら可能かもしれませんが、 大地に根を張る立派な樹木や、 生き生きした草花を伸び伸びと咲かせるには、 植物が根付き、育つ時間が どうしても必要です。 2020年は乙女座の人々にとって、 「花園ができあがっていく年」 と言えます。 これまでじっくり育ててきたものが、 一気に花をつけ始める時間となるだろうと思うのです。 「何も育ててきたおぼえはない」 という人も、 あなたが日々選んできたこと、 考えてきたこと、 日常的に何気なく取り入れてきたこと、 なによりあなたの「審美眼」にかなって、 あなたの生活に入り込んできたことが、 すべて、 今のあなたの世界の土壌を豊かにしているはずなのです。 豊かな土壌に種を蒔けば、 すぐに芽が出て、花が咲きます。 痩せた土地をここまでゆたかにするために、 2017年の終わり頃から、 あるいは2008年頃から、 あなたはずっと、 意識的にか、または無意識に たゆみない作業を続けてきているはずなのです。 「いつか読もう」と思って積み重ねてきた本の山や、 「いつか作品にしよう」と集めた材料、 「そのうち創ってみよう」とメモしてきたレシピなど、 「いつか・そのうち」のために用意してきたものがあれば、 2020年はそれらを実行に移せる時期です。 「いつかやろう」が「いまだ!」になるのです。 「いつか画家になりたい」ではなく、 今、描き始めるのです。 「いつか、なる」のではなく 「いま、やる」のです。 そういう機が熟すのが、 この2020年なのだろうと思います。 乙女座の2020年は とても創造的な年です、と あちこちで書いてきました。 この「創造的」の意味は、 具体的には、上記のようなことです。 すでに創造的な活動を続けてきている人は、 その花園の花が一斉に開花するでしょう。 まだ何もしていないという人も、 2020年は、なにかに着手できます。 これは、趣味のようなことだけではありません。 仕事でも、勉強でも、 その他あらゆることに関して、 「やりたいな」と思っていたことを 「もうやってしまう」ことができるのです。 やらない理由を全て排除して、 「やる」方向に自分を持っていけます。 すると、あなたが生みだしたものが、 この時期は確実に、 誰かの心にヒットします。 あなたの創ったものを見て 「それ、ほしいです!」 と言う人が現れます。 2020年、「誰か」の欲が、 あなたの創造性をじっと見つめているのです。 あなたの内側から溢れてきた「アクション」が、 誰かの望みにドカンと響くのです。 2020年のあなたの愛と情熱は、 誰かの愛と情熱に共鳴します。 一人で黙々と取り組んでいたのに 周囲にいつのまにか、 たくさんの人が集まってきます。 これは、突然こうなったのではなく、 あなたが長い時間をかけて、 静かに準備してきたことが花開いた結果です。 2019年の中で計画してきたことを、 一気に実行に移す! ということになるのかもしれません。 あるいは、2019年の中で創ってきた「居場所」に、 みんなで集まってパーティーを開く! というようなことなのかもしれません。 いずれにせよ、 ここまでに創ってきた「場」の強度を、 ここで実感できるだろうと思います。 さらに1月半ばから2月頭は、 「人」に恵まれる時期でもあります。 公私共に素敵な出会いがあるでしょう。 また、2月は「再会」の気配も濃厚です。 2月半ばから3月は 2020年のテーマである 「愛と情熱の季節」が 早くもピークに達します。 好きなこと、やりたいこと、 愛と情熱の赴く方向にガンガン進んで、 素晴らしい達成感を味わえるでしょう。 特に、温めていたアイデアがある人、 「自分にはこういう才能がある」 という密かな確信がある人は、 大胆に、勇敢に行動できる時期となっています。 3月末から6月は、 どちらかと言えば 「やりたいこと」よりも 「やるべきこと」へと 意識が向かうかもしれません。 任務遂行への乙女座の人の意志は非常に固く、 一時的に「やりたいこと」が 棚上げになってしまう気配もあります。 ただ、ここでも、 楽しむ気持ちや、 自分自身のこだわり、審美眼、 「今はこれがいいはずだ!」 というセンスなどは、 忘れずに持っていたいところです。 というのも、 4月から8月頭には、 素敵なチャンスが巡ってきやすいからです。 この「チャンス」は、 どちらかと言えば華やかで、 楽しい雰囲気に包まれています。 一般に「チャンス」には、 ずしっと重いようなものとか、 リスクが伴うようなもの、 スリリングなものもあるわけですが、 この時期のチャンスはそうではなく、 気軽に掴める、軽やかな感触があります。 でも、それを掴んでみると、 意外に大きな話へと発展していく気配もあるのです。 遊びゴコロやセンスなどは、 その「キラキラしたチャンス」に不可欠です。 5月半ばから6月は、 人と少し「対決」することになるかもしれません。 刺激的な出会いがあったり、 タフな交渉事に臨んだりする場面もあるでしょう。 人と真剣勝負して得るものが多い時期です。 ただ、ここでの「戦利品」は、 少し時間をおいてからもたらされる気配もあります。 6月末から年明けにかけて、 経済関係が大きく動く時期となっています。 パートナーの経済活動に変化が起こったり、 あなた自身の経済的役割が変わったりするかもしれません。 中には 「資金を借り入れて起業する」 「ローンを組んで新しいことを始める」 「投資を始める」 「人のお金を管理する」 というふうに、 経済活動を拡張する人もいそうです。 8月から9月頭は、 友だちと過ごす時間が楽しく感じられるでしょう。 仲間ともスムーズにコミュニケーションできますし、 人脈が広がる時期です。 10月はとても楽しい時期ですが、 仕事ややるべきことがなかなか、 片付かないかもしれません。 任務が「さくさく進む」事を求めすぎず、 この時期は優先順位をランダムにしておくと、 より物事を深く楽しめそうです。 10月末から11月にかけて、 もたつく感じから解放され、 さわやかな流れを感じられそうです。 経済面でも嬉しいことが多いでしょう。 11月半ばから12月頭は、 外出の機会が多くなります。 面白い対話が出来そうです。 12月は、身近な人や家族との時間が とてもゆたかなものとなるでしょう。 さらに、12月後半、 あなたの新しい「任務」に出会えそうです。 これまで好きでやってきたことが、 いつの間にか自分の役割として 皆から求められるようになる、 といった展開も考えられます。 新しい意欲が胸に満ちてくる、 素敵な年末となるはずです。 乙女座の人の多くが、 大恋愛に飛び込んで行くことになるのではないかと思います。 ただ、乙女座の人々は、 誰よりもロマンティックな妄想族でありながら、 何故かものすごく愛情表現に関して不器用、 という、 不思議な性質を抱えています。 その点、 2020年は愛情表現の機会が盛りだくさんなので、 「なんだかやりにくい」 という感じも、 もしかしたらちょっと、 出てきてしまうのかもしれません。 ですが、不器用でも何でも、 愛情表現は素晴らしい体験です。 また、愛の世界では、 ヘンに器用だと、 気持ちがちゃんと伝わらない、 ということもあります。 あなたの愛情表現に関する不器用さ、 緊張感や照れてしまう感じなども、 2020年はあなたの魅力として輝きます。 「ありのままを受け入れてほしい」 というのは、多くの人の願いですが、 「ありのままを受け入れてもらう」 ために、 少しのムリが必要となる場合もあります。 これは矛盾しているようですが、 「少しムリをする」とき、 破綻する部分が見えて初めて、 「ああ、この人のありのままは、こうなんだ」 と解ってくるものなのだろうと思うのです。 ありのままがありのまますぎると、 「それは、変更可能なのでは?」 という疑いが拭えないのです。 2020年、 あなたの「愛に関する不器用さ」は、 そういうわけで、 ちっとも弱点になりません。 思い切って、いつもはしないような愛情表現を、 どんどん繰り出していくとき、 愛の世界が大きく広がっていくでしょう。 愛に特に強い追い風が吹くのは、 1年全体を通してなのですが、 その中でも1月半ばから3月、 7月、10月、そして年末に、 ひときわ大きな動きが起こりそうです。 そう考える人も、たくさんいます。 でも、実際には、 なにか活動を続けていった先に、 何者かとしての自分がたちあらわれる ことのほうが、 多いのではないかと思います。 2020年のあなたの「活動」「取り組み」は、 2021年以降のあなたの「役割」につながります。 ヒーローになったから戦うのではなく、 戦っていたらヒーローと呼ばれた、 というような展開が、 今年から来年の流れだろうと思います。 多くの人が 「選ばれし者」 になることを夢想します。 でも「選ばれ」なくとも、 できることは手元に、 けっこうたくさんあります。 「できること」を積み重ねて行った先で、 不意に「選ばれる」ことのほうが、 現実的な夢の叶えかたなのだろうと思います。 もちろん、 「やりたいことなど何もない」 「クリエイティブと言われても、 何をすればいいかわからない」 という人もいるはずです。 そういう人にも、 2020年の3月くらいまでの中で 「何か」が見つかる可能性が高いと思います。 そして、その「何か」のほうに飛び込んで行った先で、 2021年から数年の中、 「何者か」になっている、 という流れができているだろうと思います。 この「何者か」とは、 世の中で何か名声を得る と言うようなことももちろん、含まれます。 ですがその他にも、 自分で納得できる生き方をする、とか 愛し愛される存在になる、とか そういったことも含まれます。 今のあなたが、 何らかの存在に「なりたい」と思っているなら、 そこに向かって行くための具体的なアクションが、 ちゃんと目の前に見えてくるのが、 2020年という時間帯なのだと思うのです。 この「具体的なアクション」に、 「客観的正解」は、ありません。 「クリエイティブ」というのは、 そういう意味なのです。

次の