チョコボール 当たり。 【金のチョコ玉】何個目で当たる?大玉チョコボール

チョコボール当たり判別「仲間外れの法則」とは | ガジェット通信 GetNews

チョコボール 当たり

子どもから大人まで、チョコボール「金のエンゼル」を出すこと、そして、金のエンゼル1枚か銀のエンゼル5枚でもらえる「おもちゃのカンヅメ」をもらうことは、永遠の憧れではないでしょうか。 実は、金のエンゼルや銀のエンゼルの出し方って「コツ」があるんです。 この記事では、「エンゼルを出すコツ」と、実際に僕がもらった「おもちゃのカンヅメの中身」をご紹介します。 キョロちゃんおもちゃのカンヅメの当て方 チョコボールを買う時、「 パッケージの微妙な印刷の違い」に着目しましょう。 この理由は、チョコボールの「はずれ」と「当たり」の生産ラインが異なるため、 生産ライン毎の印刷の違いが出るためです。 パッケージ印刷の色の違い 線の重なり方 などなど。 実際、銀のエンゼルが当たったパッケージとはずれのパッケージを比較したら 写真の通り、銀のエンゼルが当たったとき、2つのチョコボールを購入していたので、当たりとはずれのパッケージを比較してみました。 右が銀のエンゼルが当たったパッケージ、左側がはずれのパッケージです。 見てわかるとおり、右の当たりの方が印字位置が下にずれています。 ただ、お店で見たときに「他の比べて印字が下にあるから当たり」というわけでなく、印字位置に違いを発見したら、両方とも購入するのが当たりへの近道だと思います。 僕の想定では、工場で当たりの生産ラインとはずれの生産ラインで、パッケージ組み立てにわずかなずれが生じることで、パッケージ組み立て後の印字位置に差異が出ているものと思われます。 キョロちゃんおもちゃのカンヅメの中身公開! では、我が家で実際に当選したキョロちゃんおもちゃのカンヅメの中身を、写真と共に公開します。 キョロちゃんエアラインバルーン 空気でふくらませるおもちゃです。 キョロ・スプラッシュ くちばしに小さな穴が開いていて、水鉄砲になります。 お風呂で遊ぶのにいいですね。 キョロちゃんふりかけプレート このプレートをごはんの上に置いて、その上からふりかけを掛けると、ごはんの上にキョロちゃんが現れるんです。 お子さんのお弁当に喜ばれます。 さんもくならべ 子供でも楽しめる三目並べ。 大人でも意外にはまります。 キョロちゃんメッセージシール お子さんが描いた絵に貼ってあげると喜ばれますね。

次の

【金のチョコ玉】何個目で当たる?大玉チョコボール

チョコボール 当たり

キョロちゃんを見ると当たりが分かる チョコボールの当たりを見分けるポイントは印刷のズレ。 ただし、印刷ラインは複数存在するため、チョコボールのパッケージ側面のビニールに押印された英数字でグループ分けするのが最初の作業です。 チョコボールをグループ分けしたら、当たり箱とハズレ箱の間に生じている 相違点を探すという作業。 同じグループであるにもかかわらず、印刷などの部分に違いがある箱=仲間外れの箱を探すのです。 この仲間外れの箱こそが、当たり判別の足掛かりになります。 そして、当たり箱とハズレ箱に分かりやすい差異があるのは、チョコボールのピーナッツ。 なんとキョロちゃんを見ると当たりが分かるのです。 キョロちゃんのくちばしの横にゴミ ちなみに、チョコボールのピーナッツには「AA8」と「BA8」の2種類の印刷ラインが存在。 そして「AA8」のラインのハズレ箱には、非常に分かりやすい特徴があります。 パッケージ正面に印刷されたキョロちゃんのくちばしの横に、小さなゴミが付着しているのです。 ちなみに「BA8」のラインのハズレ箱には、キョロちゃんの目の下辺りに同様のゴミが付着していました。 すなわち、チョコボールのピーナッツはキョロちゃん部分に付着したゴミでハズレ箱を判別できるということ。 キョロちゃんにゴミが付着していなければ、当たりの可能性が大ということです。 キョロちゃんを主人公としてアニメ なお、キョロちゃんはチョコボールのマスコットキャラクター。 鳥がモチーフであり、公式設定では「架空の鳥」とされています。 キョロちゃんを主人公としたテレビアニメが製作されたこともありました。 そんなキョロちゃんのゴミでチョコボールの当たりを見つける方法は、「ピーナッツ・キャラメル・いちご」がレギュラー商品よりも、季節限定商品を狙った方が有効です。 というのも、チョコボールのエンゼルは「くちばし」と呼ばれる、パッケージの上部を引き上げた取り出し口のサイド部分に印刷されています。 パッケージに直接、エンゼルを印刷する必要があるため、はずれの商品とは別のラインで製造しなければなりません。 キョロちゃんで見破られない対策 だからこそ、チョコボールのエンゼルはパッケージのキョロちゃんのゴミで見分けることが可能でした。 ただし、メーカー側も当たりを見分けられないように対策。 はずれのパッケージにも複数のラインの製品を混ぜ合わせることで、当たりをキョロちゃんのゴミで簡単に見分けられないようにしています。 実際、チョコボールのレギュラー商品である「ピーナッツ」「キャラメル」「いちご」を検証してみると、1つの味につきパッケージのキョロちゃんの差異は数種類存在。 簡単に当たりのキョロちゃんを見分けることはできなくなっています。 このように、メーカーはチョコボールのレギュラー商品に関しては、キョロちゃんのゴミでエンゼルを見破られない対策に力を入れているのでした。 エンゼルと同じキョロちゃんの差異 一方、チョコボールの期間限定商品に対しては、メーカーはそこまでの対策は取っていません。 期間限定のチョコボールをキョロちゃんのゴミで検証すると、はずれのパッケージは1種類のみでした。 これが、チョコボールの当たりをキョロちゃんのゴミで探すなら、期間限定商品を狙った方がよい理由。 多くのはずれとは異なる部分を持つキョロちゃんを探し出す「仲間外れの法則」でエンゼルを攻略できます。 チョコボールの期間限定商品は、半年ほどのスパンで登場しています。 なお、チョコボールのエンゼル対策としてダミーの存在にも注意が必要。 ダミーは意図的に封入してくるエンゼルと同じキョロちゃんの差異を持つ少数のはずれのことです。 キョロちゃんが初登場したのは1967年 チョコボールの当たり判別でも注目されるキョロちゃんですが、キャラクターとしてのチョコボールのパッケージにキョロちゃんが初登場したのは1967年。 登場した頃は、おまけの「まんがのカンヅメ」や「おもちゃのカンヅメ」の方が注目され、あまり人気が出ませんでした。 1991年にはパッケージにキョロちゃんの名前が初めて印刷されます。 2013年にチョコボール誕生から46年をむかえ、チョコボールのマスコットキャラクター「ピーナッツキョロちゃん」「キャラメルキョロちゃん」「いちごキョロちゃんの3人組ユニット「キョロちゃんズ」がデビューしています。

次の

チョコボール当たり判別「仲間外れの法則」とは | ガジェット通信 GetNews

チョコボール 当たり

チョコボールの当たりの裏ワザ対策 チョコボールの当たり攻略の起源は1995年で、銀のエンゼルの当たり分布図を紹介したことに始まります。 とはいえそれは、攻略法とは程遠いものでした。 本格的な攻略法の第1歩となったのが1996年。 パッケージを見比べて、印刷のズレや濃淡の差、印刷面に付着したゴミと呼ばれる細かい白点の有無、パッケージを切り抜くためのバリ位置の違いなどを調べ、他のパッケージと異なる「仲間外れ」の製品が銀のエンゼルであることを見抜いたのです。 お菓子の当たりが裏ワザのジャンルとして定着していったのです。 そして、ついに森永製菓は当たりと誤認させるダミーを封入して、裏ワザ対策に乗り出したのです。 それから17年、仲間外れの法則は一進一退を繰り広げながら、今なお続いています。 チョコボールは季節限定商品が狙い チョコボールシリーズで当たりを引くために1番大事なことは、同じ製造ラインのものを集めること。 製造ロットとデザインバリエーションを確認する必要があります。 チョコボールの当たりを攻略するテクニックは同一の製造ラインで作られたもの同士でグループ分けし、そのグループ同士の特徴を比較することです。 ただし、ズレがあったのにはずれだったものは「ダミー」見られます。 森永製菓はそれだけチョコボールのエンゼルを見破られないように力を入れているわけです。 一方、期間限定商品に対してはそこまでの対策は取っていません。 レギュラー商品は数種類のパッケージを出しており攻略は困難。 しかし、期間限定モノは1種類のパッケージで、しかも印刷の精度にスキがあります。 このためチョコボールの当たりを見破れる可能性があるのです。

次の