松浦正親。 敬天 白倉康夫氏 糾弾 3

高野山と安愚楽牧場と後藤組とひろゆきと朝堂院大覚と小池百合子と皇室に連なるベルハンドクラブ@ALBAライン 事件化か?

松浦正親

〈愛には愛で感じ合おうよ〉と訴えていたはずだった。 「奏はバンド活動と並行して、六本木で会員制カラオケバーを経営していた。 そこで『バカ親父』と言いながら、あんな歌を歌っていたんですよ」(常連のスタジオミュージシャン) もともとソリが合わなかった父子だが、決定打となったのは昨夏の「週刊文春」の覚醒剤報道から。 ASKAは報道を受け、10月17日号ではみずから記者に連絡して、胸中を語っている。 そして問題視されたのが以下の発言だ。 〈クスリで唯一心当たりがあるとしたら、文春でも薬物疑惑が書かれたエイベックス社長の松浦(勝人)君。 彼のパーティーなんかに呼ばれて行ったこともあるから、仲間だと思われたりしていたかもしれない。 松浦君ともクスリの話はしたことないけど、彼にそういう噂があるってことは知っていました〉 突然、とばっちりを食らった松浦勝人社長(49)の怒りは容易に推察できる。 当時、ASKAの長女も長男も、そのエイベックスに所属するアーティストだったのだ。 「長女は『宮崎薫』(25)の名で11年にエイベックスからデビュー。 長男の奏も同じ11年に『Little Blue boX』のギタリストとしてエイベックスからメジャーデビューしました。 前出の音楽ジャーナリストが続ける。 エイベックス広報課の回答は以下である。 「週刊文春10月17日号に掲載された松浦に関する記事については、何の根拠もないものであり、当社および松浦の名誉を棄損する内容ととらえ、ASKA氏所属事務所へ抗議し、謝罪を受けております。 また長女および長男の契約終了と本件については何の関係もございません」 それでも「通報したのが夫人だった」という報道を含め、ASKAが家族に与えた罪はあまりにも大きい。

次の

安愚楽牧場のバックがバレてしまった件

松浦正親

「Thinkstock」より 東証マザーズに上場する ストリーム株をめぐる金融商品取引法違反(相場操縦)事件で、関係者6人が警視庁捜査2課により逮捕された(逮捕者数は10月25日現在)。 背後に張り巡らされた複雑な人脈をたどっていくと、現在進行中のものも含め数多くの事件や不祥事、不審な動きが浮かび上がってくる。 ストリーム事件はそれらの氷山の一角にすぎない。 相場操縦はストリームの創業者である劉海涛前社長(10月17日付で取締役も辞任)の保有株も使い複数の手口で行われていた模様だ。 実際の売買を担当していたのは、笹尾明孝、高橋利典、本多俊郎の各容疑者、それらに資金を提供する側として松浦正親、佐戸康高、四方啓二の各容疑者が動いていたとみられている。 笹尾、高橋、本多の各容疑者は過去に経済事犯で摘発されたことがあり、仕手筋としてよく知られた面々。 笹尾容疑者は2004年に他の金融ブローカーと組み日本エルエスアイカード(05年7月に銀行取引停止)を乗っ取り、自らが社長に就任、翌年4月に当時流行りのMSCB(下方修正条項付き転換社債)を使った架空増資を画策し、06年2月に逮捕された。 高橋容疑者は08年に行われた井上工業(08年10月に破産)の架空増資を主導し、11年8月に逮捕。 本多容疑者はNFKホールディングスやクオンツ(09年1月に上場廃止)、シルバー精工(11年12月に破産)などで数十億円規模のファイナンスを次々と仕掛け、多額の報酬を荒稼ぎ、09年2月に脱税で在宅起訴された。 3人は「フィクサー」との異名もとる朝堂院大覚氏やその子息の松浦大助氏に近いことで共通しており、その周辺で数々の不審な動きが見られることから新手の仕手グループとして注目されてきた。 そして、そこには劉前社長をはじめとする中国人経営者のネットワークも絡み合っている。

次の

あの有名通販会社、株価操縦容疑で元社長逮捕へ

松浦正親

敬天新聞・撲滅サイト KEITEN SHINBUN・BOKUMETSU SITE 松浦正親は、関係無いですよ。 松浦と言う人物は 業界では結構有名人らしい。 この頃は青山メインランドの事件に絡んでよく名前を見る。 二人共、植田氏の京橋グループの仲間と聞く。 松浦正親氏の関連の会話の最中に、突然知人の、偶然にも「松浦」氏が店に現れて、昨日、東京地裁で開廷された「テキシア」の詐欺事件の経過を教えて戴いた。 マスコミ氏も興味がありそうだったので、松浦氏を紹介した。 マスコミ氏が驚いて「松浦正親さんですか?」となり、松浦氏が、大笑いして「向こうの松浦氏とは別人です」と答えて、事なきを得た。 朝堂院(松浦)氏の、ご子息の「松浦大介」氏と、「松浦正親氏」が、同一人物だとか、兄弟とか、案外世間が勘違いしている。 二人は赤の他人である。 大介氏とマイク氏は兄弟だが、松浦正親氏は他人だ。 正親氏が、朝堂院氏の高名にあやかり、世の中をうまく泳いで生きてきた事には、間違い無い。 正親氏が朝堂院氏のところに出入りしていた事も事実。 この頃、正親氏が世間をあまり騒がしすぎて、身辺が怪しくなってきたので、朝堂院氏から出入り禁止になった、と聞く。 今後も更にいくつかの大きな事件が起こる予感がする。 昨年から今年にかけて、東京地検特捜部が絡んだ大きな事件が起きている。 ニッサンのカルロス・ゴーンの事件を皮切りに、セキスイハウスの地面師事件や、黒木の事件など被害額の大きい事件が目立つ。 敬天に関係のある事件の事を訪ねてくる事の他に、未だに事件化していない事を訪ねて来られる事が目立つ。 過去の多くに事例を見ると、ネットで色々記事を書かれている案件は事件になる確率が非常に高い。 地検の情報収集の多くはネットの記事が発端と、以前聞いた事がある。 そして東京地検は全国どこの事件でも担当するそうである。 既にネットでも書かれている東京地検が現在捜査中の事件の件で、マスコミからの取材の申し込みを受けた。 もしこの件が事件になり、逮捕に至れば敬天はどうする? 今日から7月です。 来月はお盆で、後、半年で正月です。 ジャニーズ事務所の創業者であるジャニー喜多川氏は戦前はロサンゼルスで過ごし、戦後通訳として来日し、その後音楽活動に転向。 初代ジャニーズを結成し1952年の来日以来、実に67年間、音楽業界、タレント業界に君臨している。 生きるためには金が必ず必要である。 金が無ければこの世の中、生きていけない。 誰もが、それぞれ生きてきた人生、経験の延長で残りの人生を生きて行くしか選択の余地はないのが現状である。 と、言う事は、「書き屋」がいて「消し屋」がいる。 記事を書かれる者、金を払う者、ブローカー、弁護士、事件になれば、警察、検察とくる。 誰かが払った金は、ほとんどが形を変えて社会の潤滑油として世の中を潤わして行く。 記事を消す、消さないのトラブルで金が動いた。 多くの事件にもなり、弁護士が動いたり、警察が動いたりした。 被害者が払った金が、敬天新聞に金が渡ろうが、渡るまいが、世の中に金が出まわる原因を敬天新聞が作っている事は事実である。 中には毎日、自分に関連する記事をチェックてしている連中もいるだろうけど。 記事を書かれて困った連中は一般的に、弁護士か、警察に相談に行くかもしれないが、基本的に解決は難しい。 サーバー会社に苦情をいっても、又書かかれば解決にならない。 人づてに記事を書いたところに「記事消し」を頼むしかない。 頼む方は必死だから、ここで金が動く。 金は、記事を書いた書き主に渡る場合と渡らない場合がある。 そして、記事を書かれた会社か個人の処に直接か、知人の縁故を頼って会いに行く。 「私は記事を書いた処に太いパイプがある」とか、「私の知人が書いた人を知っている」とか言って金額を提示する。 仮に1000万円で話がついた場合、今度は記事を書いた人間に交渉する。 直接か人づてに500万で交渉を持ちかける。 更に、話を持ちかけられた人間が300万円で、直接書いた処に「記事消し」を頼む。 この時、人間関係が書き主と近ければ、只で頼む事もある。 その時は「消し屋」が金額の調整を双方に掛け合い調整をする。 当然金額の折合いがつかずに破断になるケースもある。 中には手付け詐欺のように金だけ取られる場合もある。 消し屋を使い記事を消した事をネタに、金銭を要求されるケースもよくある。 消し屋のMの場合は、先に敬天に行き金額を決めて、記事を書かれた小野塚氏の処に行き断られたケースである。 小野塚さんが、又。 小野塚さんも何かに付け有名なお方である。 業界の方からの問い合わせで驚いた。 この前会った時はヒゲもすっきりして若がえった風態で、いたって元気そうであった。 確認したらすぐ出てくるとの事。 業界であまり評判のよくないMというブローカーが仕組んだ仕事だった。 この男は記事の消し屋のブローカーのような仕事もしていたらしい。 よくある話である。 Mが小野塚氏とあった時、敬天新聞に書かれている小野塚氏の記事が話題になり、小野塚氏はひどく憤慨していたらしい。 その事を聞いたMは人づてに白倉社主に記事消しの値段交渉をしたらしい。 最終的に白倉氏との間で5000万円で記事を消す事に合意した。 絶対に」と答えた。 しかし金の匂いのする話だから「本人に聞いてもらえませんか」と頼まれ、小野塚氏に聞くと大笑い。 「あいつが不動産の相談でやってきた時、世間話の中で、敬天新聞を告訴する弁護士を紹介してくれ」との相談をしただけ。 「俺が白倉から金貰いたいよ。 あいつ、ソバ食わして一万円貰って帰っていったよ」。 白倉氏の落胆した顔が浮かぶ。 この記事は相当におかしい。 仇敵扱いして言いたい放題の事を書いてきた山岡氏を完全に擁護をしてまで、この記事を書く理由が垣間見えている。 青山メインランドから1000万円を貰ったのか、脅して取ったのか知らないが、松浦氏の正当性を必死に書いている。 仮に山岡氏が逮捕されれば、松浦氏逮捕という事になるので大変な事になる。 京橋グループと称する処でうろついている。 しかし、以前の反社の関係でパシリをしていた時代から比べれば、付き合いは一流である。 京橋グループのメンバーの中で、毛並みがよく、資金的にもいいスポンサーは松浦氏かもしれない。 同じく山岡氏とも松浦氏は仲良くはない。 しかし、奥村は、金が絡めば話は別だ。 己の意地を捨てて山岡擁護に一時的に方向転換した。 しかし、それを見越して奥村は世間に対して、松浦氏のスマホの画面まで載せて、松浦氏との親密性と松浦擁護を同時にやって退けた。 奥村の本性ははっきりしている。 誰が逮捕されても関係ない。 記事を書いて金を貰い、万一この事件で松浦氏が逮捕されなければ、奥村の記事がお上の目に止まり逮捕が免れた、という事になる。 少し金が楽になれば、高級マンションへの引越しと、健康の回復に頑張ればいい。 山岡氏が掲載した青山メインランドの記事に関連して、山岡氏が警視庁原宿警察署で事情聴取された事に関連して、山岡氏が事件の内訳と事件関係者の概略を書いている。 山岡氏はアクセスジャーナルの記事において、安倍首相の「山岡潰し」の国策捜査ではないのか?アクセスジャーナルの「安倍首相重大疑惑記事」に頭を痛め、山岡潰しが画策されているのではないか?と、論じている。 敬天新聞の記事は、山岡ジャーナルの記事をベースに、総会屋の竹之内正虎氏を絡めて書いている。 中々興味のある記事ではあるが、最後の部分で「三崎が暗躍している、という情報がある」と書いた事で全て台無しである。 早くその情報屋と縁を切らないと敬天新聞の値打ちが下がる。 それとも、情報屋からのネタとしながら、白倉社主自身の考えを書いたのか?それなら、まだ白倉氏の病気が治っていない事になる。 二人の関係は良好だし、三崎氏が「山岡潰し」に協力するメリットは全くない。 山岡氏は「相当三崎さんは、敬天に嫌われていますね」、そして、三崎氏は「あ〜あ、又ですか」と一言。 なんでも三崎氏に関連付けて「三崎」の文字を入れれば、記事の閲覧数が上がると勘違いをしているのか分らないが、それこそ白倉社主の大きな勘違いである。 しかし、この頃藤元先生も姿が見えない。 白倉社主の過去の人間関係の流れを見ると、多くの著名人との付き合いがあるが、入れ替わりが激しい。 最悪の場合は、過去にお世話になった人間でも平気で記事に書いて罵倒するケースも多く見受けられる。 しかし金銭トラブルが原因かどうかは分らないが、その後疎遠になり、敬天新聞で本間氏の酷評記事を書いた事がある。 一昨年、新橋第一ホテルで、本間氏のご子息と土井淑雄氏が開いた「本間吉氏を偲ぶ会」にも白倉氏は顔を見せていない。 毎日記事を書いているから、書かれた側はたまらない。 書けば書くほど少なからずの敵が増えている事は当然かもしれない。 問題は敬天新聞の社会的評価があるか、ないか、である。 さらに暴力団との付き合いを全面に出しているから文句をいう連中も少ない。 現役の暴力団、右翼団体の主催者の多くが付き合いを求めてきたのかもしれない。 一般の人間は怖くて逆らえないのは当然である。 そこには当然金が動いた。 敬天新聞社の街頭演説会のブログに掲載されている多くの業界の有名人の写真が敬天との付き合いを誇示し、記事削除の依頼を受ける。 さらに敬天は多くの業界の有名人との交流を示す事により、敬天の存在価値を高める。 結果として、敬天新聞社の本社が襲撃されたり、白倉氏自身も襲撃される事となる。 白倉氏への襲撃以降、白倉氏は街頭演説会では常に防弾チョッキのベストを身につけている。 白倉氏もまだ命が惜しいらしい。 しかし、もう70年も生きてきたから、そろそろ素敵なスーツ姿の白倉氏の街宣活動を見たいものである。 (2019・6・2) 5月の閲覧数のベスト5は以下の通りです。 3, 敬天新聞社関係者を名乗る者から記事削除の話を持ちかけられた方! 4, 全て匿名で大丈夫です。 氏名等は一切公表致しません。 敬天新聞・撲滅サイト KEITEN SHINBUN・BOKUMETSU SITE E-mail:bokumetsu. site gmail. com 白倉康夫#白倉一史#相続税逃れ#敬天新聞#敬天ブログ#敬天撲滅サイト#地面師グループ#恐喝道.

次の