牛久大仏 食事。 これぞ茨城県牛久市名物グルメ★地元民おすすめ10選

牛久大仏の観光にかかる時間は?周辺のおすすめスポットも紹介!

牛久大仏 食事

スポンサーリンク 牛久大仏の芝桜の見頃はいつ? 120mの日本一の高さである牛久大仏様が見下ろしておられる芝桜、例年の見頃は4月初旬~4月中旬が、最も桜の綺麗な時期です。 この芝桜は、牛久大仏様の敷地内にある浄土庭園の中の「定聚苑(じょうじゅえん)」という庭園で、ここにこの芝桜が広がっています。 さらに、ソメイヨシノの数 120本程! 遠くから見ると、この芝桜のピンクじゅうたんの上に大仏様がたたずんでおられるように見えて、とても美しくインスタ映えしますよ! 120本程立ち並んでいる桜同様、芝桜とのコラボを楽しめますが、芝桜の方が咲いている期間が若干長いので、立ち並んだ桜が散った後でも芝桜で楽しめます! 牛久大仏の観光時間はどれくらい? 牛久大仏様の観光時間は、大仏様一つ見るだけでも時間が掛かりそうですよね? 巨大な大仏様を外部から見るだけでも、桜の時期と重なったりすると周りの桜や芝桜と合わせて見て廻ると2時間くらいは掛かりそうですね。 先の章でもご紹介した大仏様の敷地内に浄土庭園があり、その庭園の広さが約1万㎡あります。 そこにソメイヨシノが120本並び芝桜もあり、その他子供も遊べる動物と触れ合える広場もあります。 そして大仏様の内部にも入れて、何しろ巨大で内部も1階~5階まであるので、もう庭園内にいるだけで1日掛かりになります。 敷地内にはお食事処もあります。 初めて観光した際には大仏様と庭園だけ見るだけでも十分楽しんでいただけます。 牛久大仏様の周辺地図と基本情報はこちら スポンサーリンク 牛久大仏の付近で観光おすすめスポットは? 庭園内は1日掛かりで過ごせる他、その周辺にも観光スポットはたくさんあります。 大仏様だけで満足して帰らないでくださいね。 お花見の時期を過ぎても、是非見に来て欲しいのはアヤメの花です。 【牛久市観光アヤメ園】 ここは有り難い事に市営の公園なので、入園料や入園時間などの制限がありません。 ですから、心行くまでお花を観賞できます。 ここのお花はアヤメの他に、カキツバタがあり、紫や白、黄色など色とりどりの花を堪能できます。 花菖蒲は、例年6月初旬から下旬が見頃となります。 基本情報はから。 【牛久沼かっぱの小径(こみち)】 茨城観光百選に選ばれている牛久沼は、ウォーキングコースがあります。 ウォーキングコースには、アヤメ園の他に雲魚亭、牛久城址などがあり、冬の季節の夕暮れ時では牛久黒富士と呼ばれる富士山が見られます。 【雲魚亭】 ウォーキングコースにあるのが、雲魚亭。 雲魚亭は、小川芋銭という19世紀から20世紀に掛けて活躍した日本画家のアトリエ兼自宅で、ここで晩年を過ごしたと言われ、牛久市の指定文化財になっています。 【ポケットファームどきどき つくば牛久店】 農業の盛んな県としても有名な茨城県。 野菜の収穫量は全国でトップを誇っています。 レンコンや白菜、ピーマンなど、取れたての野菜はこの農業体験型施設であるポケットファームで是非お買い求めください。 他にも茨城県産のコシヒカリの精米所もありますし、お惣菜売り場もあります。 「どきどきレストラン」も併設されてますので、こちらでお食事もしていただけます。 まとめ いかがでしたか? 牛久大仏様や芝桜、菖蒲やカキツバタなどの見どころと、周辺の観光スポットと1日では廻り切れない程あります。 是非心もお腹もいっぱいにして楽しんでいただきたいスポットの一つです。

次の

【牛久大仏】胎内体験・御朱印・桜や庭園など魅力をご紹介・茨城県パワースポット

牛久大仏 食事

概要 [ ] 牛久大仏建設の事業構想は昭和58年度()に関係者によって着手された。 に工事が着工して、12月に完成した。 事業主体は浄土真宗東本願寺派本山東本願寺。 の霊園であるのエリア内に造られた。 その姿は同派のである像の形状を拡大したものである。 全高120m(像高100m、台座20m)を誇り 、(像高 14. 98m)が掌に乗り、にある(全高93m、手を掲げた姿勢の像高46. 05m)の実質的な像高(足元から頭頂までの高さ33. 86m)の3倍近くの大きさである。 地上高世界最大の"ブロンズ製"人型建造物(仏像)であり、には「世界一の大きさの製仏像」として登録されている。 地上高世界最大の人型建造物は、郊外ので、全高約129. 5m(像高約116m、台座13. 5m)の釈迦立像(ギネス未登録)である。 台座を含めた地上高世界最大の人型建造物は、全高約208m、像高約106mのにあるである。 なお、以前に造営されたものでは、のであるの像高59. 98mが世界最大である。 また、大型の人型建造物を含む長さの比較資料としては「」、「」が詳しい。 構造 [ ] 施工はによる。 建築にあたっては主に高層ビルで用いられる工法が採用された。 まず中央に、大仏全体の重量を支える役割を果たすの主架構を組み上げる。 次に、主幹の役割を果たすこの鉄骨の周囲に、枝を生やすように、あらかじめ地上で作っておいたブロックを組み合わせていく。 高さ100mの仏像本体は20段の輪切り状に分割して設計されており、さらにそれぞれの輪切りが平均17個のブロックに分割されている。 加えて、各ブロックは平均1. 5m四方の製のを9枚程度並べてし、下地となる鉄骨と組み合わせることで作成された。 この下地鉄骨が、複雑な形状をとりながら主架構と青銅板との間を繋ぎ、樹木でいうところの「枝」に相当する役割を果たしている。 仏像表面の青銅板は葉のように浮いているだけであり、巨大なを支える必要がないため、6mm程度の厚みしかない。 これは、板で全体の重量を支える奈良の大仏などとの大きな違いである。 特に形状が複雑な両手部分についても、別に地上で組み上げ、巨大クレーンを用いて吊り上げられた。 像の表面には、これを覆い尽くすための青銅板、その数6,000枚以上が用いられている。 そのため、像の表面を注意深く見れば正方形のタイル状の継ぎ目を確かめることができる。 これらブロックの継ぎ目部分には隙間があり、台風や地震、気象変化による板金の伸び縮みに対して構造上の余裕を持たせる役目を果たしている。 大仏の胸部にあたる地上85mまではでのぼる事ができ、周囲の景色を展望することができる。 ただし、像自体の美観の問題から広々とした展望台は設けられておらず、胸部からの景色は状に設けられた小窓から見ることになる。 施設の詳細 [ ] 像の基本情報 [ ]• 構造:青銅板張立像• 全高(地上高):120メートル• 像高(立像の場合、本体の長さ):100メートル• 台座の高さ:20メートル(うち、基壇部は高さ10メートル、は高さ10メートル・直径20メートル)• 総重量:4,000トン(うち、本体重量:3,000トン、外被青銅版の総重量:1,000トン)• 顔の長さ:20. 0メートル• 目の長さ:2. 5メートル 口の長さ:4. 0メートル 鼻の長さ:1. 2メートル 耳の長さ:10. 0メートル• 左掌の長さ:18. 0メートル• 親指の直径:1. 7メートル 人さし指の長さ:7. 0メートル• 足の爪の長さ:1. 0メートル• (らほつ。 総数:480個。 1個の直径:1メートル、1個あたりの重量:200キログラム)• 造営期間:1989年 着工、1993年6月• 存続期間:1993年 - 現存 内部構造と情報 [ ] 内部にはパネル展示等があり、歴史やの世界について学ぶ事ができる。 1階:光の世界(Infinite Light and Infinite Life)• 観想の間:浄土の世界を観想する(思い描く)空間。 2階:知恩報徳の世界(World of Gratitude and Thanksfulness)• 念仏の間:毎週土曜日、ここで法話がある。 阿弥陀如来への報恩感謝の気持ちを籠めてを行う空間。 写経席は77席。 3階:蓮華蔵世界(World of the Lotus Sanctuary)• 約3,300体の胎内仏に囲まれた金色の世界。 「蓮華蔵世界」とはのこと。 4・5階:の間(Room of Mt. Grdhrakuta)• ここには(の遺骨)が安置されており、参拝できる。 また、四方に窓があり、東西南北を見渡せる。 交通アクセス [ ] 牛久駅東口 鉄道・バス• 自動車• (圏央道)、より約3分。 フィクション [ ] 牛久大仏は、小説『』( 原作)の映画版(製)と小説『』( 原作)の映画版(製)に登場している。 『けものがれ、俺らの猿と』の劇中では、主要登場人物の一人・田島の父親が造ったが、趣味の悪い着色が施されているとの設定になっている。 主人公である・佐志はそれに対して批判的に意見する。 のライトノベル『誉められて神軍』第2巻に茨城エルフの聖域に有史以前より鎮座する全高120mの神像として「牛久女神像」が登場している。 脚注・出典 [ ] []• 奈良の大仏のように坐像の場合、本体と蓮華座の数値を合わせたものを「像高」としている例が多い。 (中国語)• (中国語)• 編著『超高層大仏をつくる』鹿島出版会、• 青銅板はの仏像専門会社によってされた。 2作は・が担当という共通点がある。 関連項目 [ ]• 茨城県内で最も高いは(116m)であり、牛久大仏の全高(120m)よりも低い。 長さの比較資料• (、奈良の大仏、の釈迦横臥像、、など)• (牛久大仏)• 外部リンク [ ]•

次の

【公式】牛久浄苑 » 施設のご案内[施設について]

牛久大仏 食事

概要 [ ] 牛久大仏建設の事業構想は昭和58年度()に関係者によって着手された。 に工事が着工して、12月に完成した。 事業主体は浄土真宗東本願寺派本山東本願寺。 の霊園であるのエリア内に造られた。 その姿は同派のである像の形状を拡大したものである。 全高120m(像高100m、台座20m)を誇り 、(像高 14. 98m)が掌に乗り、にある(全高93m、手を掲げた姿勢の像高46. 05m)の実質的な像高(足元から頭頂までの高さ33. 86m)の3倍近くの大きさである。 地上高世界最大の"ブロンズ製"人型建造物(仏像)であり、には「世界一の大きさの製仏像」として登録されている。 地上高世界最大の人型建造物は、郊外ので、全高約129. 5m(像高約116m、台座13. 5m)の釈迦立像(ギネス未登録)である。 台座を含めた地上高世界最大の人型建造物は、全高約208m、像高約106mのにあるである。 なお、以前に造営されたものでは、のであるの像高59. 98mが世界最大である。 また、大型の人型建造物を含む長さの比較資料としては「」、「」が詳しい。 構造 [ ] 施工はによる。 建築にあたっては主に高層ビルで用いられる工法が採用された。 まず中央に、大仏全体の重量を支える役割を果たすの主架構を組み上げる。 次に、主幹の役割を果たすこの鉄骨の周囲に、枝を生やすように、あらかじめ地上で作っておいたブロックを組み合わせていく。 高さ100mの仏像本体は20段の輪切り状に分割して設計されており、さらにそれぞれの輪切りが平均17個のブロックに分割されている。 加えて、各ブロックは平均1. 5m四方の製のを9枚程度並べてし、下地となる鉄骨と組み合わせることで作成された。 この下地鉄骨が、複雑な形状をとりながら主架構と青銅板との間を繋ぎ、樹木でいうところの「枝」に相当する役割を果たしている。 仏像表面の青銅板は葉のように浮いているだけであり、巨大なを支える必要がないため、6mm程度の厚みしかない。 これは、板で全体の重量を支える奈良の大仏などとの大きな違いである。 特に形状が複雑な両手部分についても、別に地上で組み上げ、巨大クレーンを用いて吊り上げられた。 像の表面には、これを覆い尽くすための青銅板、その数6,000枚以上が用いられている。 そのため、像の表面を注意深く見れば正方形のタイル状の継ぎ目を確かめることができる。 これらブロックの継ぎ目部分には隙間があり、台風や地震、気象変化による板金の伸び縮みに対して構造上の余裕を持たせる役目を果たしている。 大仏の胸部にあたる地上85mまではでのぼる事ができ、周囲の景色を展望することができる。 ただし、像自体の美観の問題から広々とした展望台は設けられておらず、胸部からの景色は状に設けられた小窓から見ることになる。 施設の詳細 [ ] 像の基本情報 [ ]• 構造:青銅板張立像• 全高(地上高):120メートル• 像高(立像の場合、本体の長さ):100メートル• 台座の高さ:20メートル(うち、基壇部は高さ10メートル、は高さ10メートル・直径20メートル)• 総重量:4,000トン(うち、本体重量:3,000トン、外被青銅版の総重量:1,000トン)• 顔の長さ:20. 0メートル• 目の長さ:2. 5メートル 口の長さ:4. 0メートル 鼻の長さ:1. 2メートル 耳の長さ:10. 0メートル• 左掌の長さ:18. 0メートル• 親指の直径:1. 7メートル 人さし指の長さ:7. 0メートル• 足の爪の長さ:1. 0メートル• (らほつ。 総数:480個。 1個の直径:1メートル、1個あたりの重量:200キログラム)• 造営期間:1989年 着工、1993年6月• 存続期間:1993年 - 現存 内部構造と情報 [ ] 内部にはパネル展示等があり、歴史やの世界について学ぶ事ができる。 1階:光の世界(Infinite Light and Infinite Life)• 観想の間:浄土の世界を観想する(思い描く)空間。 2階:知恩報徳の世界(World of Gratitude and Thanksfulness)• 念仏の間:毎週土曜日、ここで法話がある。 阿弥陀如来への報恩感謝の気持ちを籠めてを行う空間。 写経席は77席。 3階:蓮華蔵世界(World of the Lotus Sanctuary)• 約3,300体の胎内仏に囲まれた金色の世界。 「蓮華蔵世界」とはのこと。 4・5階:の間(Room of Mt. Grdhrakuta)• ここには(の遺骨)が安置されており、参拝できる。 また、四方に窓があり、東西南北を見渡せる。 交通アクセス [ ] 牛久駅東口 鉄道・バス• 自動車• (圏央道)、より約3分。 フィクション [ ] 牛久大仏は、小説『』( 原作)の映画版(製)と小説『』( 原作)の映画版(製)に登場している。 『けものがれ、俺らの猿と』の劇中では、主要登場人物の一人・田島の父親が造ったが、趣味の悪い着色が施されているとの設定になっている。 主人公である・佐志はそれに対して批判的に意見する。 のライトノベル『誉められて神軍』第2巻に茨城エルフの聖域に有史以前より鎮座する全高120mの神像として「牛久女神像」が登場している。 脚注・出典 [ ] []• 奈良の大仏のように坐像の場合、本体と蓮華座の数値を合わせたものを「像高」としている例が多い。 (中国語)• (中国語)• 編著『超高層大仏をつくる』鹿島出版会、• 青銅板はの仏像専門会社によってされた。 2作は・が担当という共通点がある。 関連項目 [ ]• 茨城県内で最も高いは(116m)であり、牛久大仏の全高(120m)よりも低い。 長さの比較資料• (、奈良の大仏、の釈迦横臥像、、など)• (牛久大仏)• 外部リンク [ ]•

次の