多発 性 骨髄 腫 余命。 ステージ3の多発性骨髄腫:症状、進行および平均余命

劇的に生存率が改善した多発性骨髄腫の治療法:がんナビ

多発 性 骨髄 腫 余命

骨髄腫の症状とは?多発性骨髄腫の症状について解説〜高齢者の生活習慣病 骨髄腫の症状 -多発性 骨髄腫の症状について解説。 骨髄腫症状 当サイトでは、様々な生活習慣病の中でも高齢者に見られる病気を中心に解説紹介しています。 このページでは、がん(ガン・癌)の中でも多発性骨髄腫 (たはつせい こつずいしゅ)について解説しています。 がんは誰でもなりうる病気ですが、特に高齢になってくると起こりやすくなる病気です。 そして誰もがとても怖い病気であると感じているでしょう。 しかし、だからこそガンについてしっかり目をむけて、多発性骨髄腫の様々な種類や、症状・原因・治療、さらに気になるがんについての色々な情報から、多発性骨髄腫をできるだけ早期発見できるようにしましょう! がんにならないように、そしてガンに負けないように、当サイトが少しでもお役にたてると幸いです。 トップページ > 一覧へ > 多発性 骨髄腫の症状 スポンサーリンク 多発性骨髄腫の症状 の症状は、 初期ではほとんど症状がありません。 他の病気の検査や定期検査などで見つかる場合もあります。 多発性骨髄腫では様々な症状が現れます。 それらの症状は、「 骨髄腫細胞による骨髄の障害」、「 Mたんぱくによる障害」、「 骨の障害」に分類されます。 多発性骨髄腫では「 骨の痛み」が特徴的は症状です。 全身の骨がおかされるので、全身が痛みますが、特に、胸、背中、腰、などの痛みが続きます。 ただ、多発性骨髄腫での骨の痛みが出てくるのは、病気がかなり進んでからになります。 病状がさらに進行すると、骨折などが起こるようになります。 骨折の治療のため医者に行き、病気が発見されることもあります。 また、正常なグロブリンが減少することで、だるさ、息切れ、めまい、そして感染症に対する抵抗力の低下による発熱、出血、などが起りやすくなります。 また、神経が圧迫されることにより、手や足の麻痺 (まひ)、視力障害、腎臓の障害による食欲不振・むくみ、が出る場合もあります。 骨の痛みと 貧血がある場合には、多発性骨髄腫の可能性があります。 背中や腰の痛みが出ることが多いので、十分に注意しましょう。 スポンサーリンク 次のページ「」へ進む 前のページ「」へもどる 一覧へ トップページへ 高齢者の生活習慣病 脳卒中 心筋梗塞・狭心症 がん(癌) 種類別のがん 種類別 女性のがん 種類別 男性のがん Copyright C All Rights Reserved.

次の

多発性骨髄腫のステージ・病気の進み方・悪化の仕方

多発 性 骨髄 腫 余命

これらの結果をもとに、米国ではボルテゾミブの使用が承認されました。 出典 New England Journal of Medicine誌、2008年8月28日号()続けて、最新の結果はJournal of Clinical Oncology誌、電子版2010年4月19日号() 背景 多発性骨髄腫は、骨髄で形質細胞(白血球の一種)の増殖が抑制できなくなることで発症します。 この疾患は滅多に治癒はしませんが、充分に治療は可能です。 化学療法により、大抵はこれら骨髄腫細胞の数を減らすことが可能であり、自家幹細胞移植に体力的に耐えられない患者にとっては最初の選択肢の治療法となります。 この中には65歳以上の患者のほとんどが含まれており、これは、この病気と診断されることが最も多い年齢層です。 ここ数年の標準的な化学療法は、メルファランとプレドニゾンを併用したものですが、他のいくつかの新規の薬剤でも有望な結果が出てきています。 これらにはデキサメタゾン、サリドマイド、レナリドマイドなどの、さまざまな組み合わせも含まれます。 ここで記述された試験に基づき、2008年6月20日、米国食品医薬品局(FDA)はボルテゾミブを多発性骨髄腫の一次治療薬として承認しました。 試験 VISTA試験(多発性骨髄腫において、ベルケイドを最初の標準的治療として用いる試験)において、新たに多発性骨髄腫と診断されて、治療を受けていない患者で、幹細胞移植を伴う高用量療法の対象でない人が、無作為化により2つのグループに分けられました。 344人の患者はメルファランとプレドニゾンに加えてボルテゾミブの投薬を受け、338人の対照群はメルファランとプレドニゾンのみの投薬を受けました。 患者の年齢の中央値は71歳で、30%が75歳以上でした。 2004年12月から2006年9月の間に、ヨーロッパ、アジア、南北アメリカ22カ国の151のセンターから募集された患者は、自分がどの組み合わせの投薬を受けたかを知っていました。 すべての患者が6週間サイクルの標準治療を9回受けるようスケジュールが組まれ、ボルテゾミブのグループは静脈注射による投薬も受けました。 3週間ごとに血液と尿サンプルを採取して病気の進行具合が調べられ、有害事象は継続的に監視されました。 治療後は、少なくとも12週間ごとに予後観察が行われました。 San Miguel医師です。 結果 2007年6月、ボルテゾミブ群の優位性が明らかになったため、データ安全性モニタリング委員会が試験を中止させました。 これ以降、奏効率や病気の進行時間、病気が進行せず生存した率などの追加データは収集されませんでした。 しかし、全生存率、その後の治療の有無、その後の治療による反応は、2009年3月まで追跡されました。 ボルテゾミブ群の患者は、いかなる時期においても死亡リスクが35%減少していました。 治療の3年後、ボルテゾミブ群患者の全生存率は68. 5%で、メルファランとプレドニゾンのみを投与された患者群では54%でした。 両グループの患者の大多数が結果的に追加の治療も受けていました。 次の治療が必要になるまでの時間はボルテゾミブ群患者の方が長く、中央値が28. 1ヶ月でしたが、最初にメルファランとプレドニゾンのみを投与された患者群では19. 2ヶ月でした。 重要なことに、ボルテゾミブによる治療は、再発に伴う追加の治療に対し、より耐性を示すということはありませんでした。 再発後に投与されたサリドマイドとレナリドマイドの薬剤による奏効率は、両グループで似通っていました。 最初の治療の一部としてボルテゾミブを投与された患者は、再発後に投与された患者よりも長生きしました。 治療による副作用率は2つのグループの間でやや異なりました。 深刻な(グレード3または4の)神経系の障害や痛みはボルテゾミブ群患者の13%で発症し、標準治療群では見られませんでした。 しかし、これらの神経系の問題のほとんどは数ヶ月で完全に解決しました。 全体的には、53%で神経系の障害や痛みが発生したのに比べて、標準治療群では16人でした。 深刻な胃腸障害は、対照群でより頻繁に見られました。 全体的には、53%のボルテゾミブ群患者が何らかの重篤な有害事象を経験したのに対し、標準治療群患者では44%でした。 制限事項 最近の試験では、レナリドマイドと低用量のデキサメタゾンや、メルファランとプレドニゾンの標準治療にサリドマイドあるいはレナリドマイドを加えたものでも、同等の結果が出ています。 これらの結果に伴って、ロサンゼルスにあるSamuel Oschin Comprehensive Cancer InstituteのBrian Durie医師は、「これら4つの併用療法は有望に見えるが、どの治療法を選択するのが最適かを決められるような、各治療法を別のものと比較したランダム化試験のデータは入手できていない」と論説に記述しました。 コメント 「この40年間、多発性骨髄腫の治療に関してはほとんど進歩が見られなかった」と、米国国立癌研究所、癌の疫学・遺伝学部門のOla Landgren医師は述べました。 「なので、過去数年に進歩が見られているのは励みになる。 」そして、今回の試験で示されたように、ボルテゾミブの使用を標準治療に加えることも含めて「明らかに、我々が患者にできることはまだあるはずだ。 」と言いました。 一般的な集団においては、多発性骨髄腫を発症する平均年齢は70歳前後です。 したがって、多発性骨髄腫の患者の多くはさらに高齢で、大抵は幹細胞移植の厳しさには耐えられないと彼は説明しました。 「彼らにとって — そして人々が長生きするに従って、その数は増えているのだが — 新たな治療薬のメニュー数が増えることは、未来のためにわくわくするような選択肢を提示することになる」、そして、これらの薬剤の多くは有害事象がより見られるわけではなさそうだ、とLandgren医師は述べました。 現時点では治癒ではないものの、かつては平均で3〜4年以上生存できなかった病気において、これは非常に有望な研究の軌跡であると言えます。

次の

多発性骨髄腫(MM)の正確な診断と予後予測に基づく治療

多発 性 骨髄 腫 余命

多発性骨髄腫に対する治療は、骨髄腫細胞に関連する臓器障害(腎機能障害、骨折など)や疼痛(とうつう)などの症状が出現した場合に検討されます。 このような臓器障害や自覚症状を有する骨髄腫を「多発性(症候性)骨髄腫」と呼びます。 骨髄腫と診断された場合であっても、症状があらわれない「くすぶり型(無症候性)骨髄腫」や「意義不明の単クローン性ガンマグロブリン血症(MGUS)」と呼ばれる病態の場合は、直ちに治療を行う必要はありません。 定期的に検査を行い、経過を観察し、「多発性(症候性)骨髄腫」に移行した時点で治療の対象となります。 骨髄腫は血液細胞に由来する悪性腫瘍であり、治療は薬物療法が中心となります。 現在では、従来用いられているメルファランなどの細胞障害性抗がん剤(以下、)とステロイド剤に加えて、さまざまな薬剤 ボルテゾミブ、レナリドミド、サリドマイド、ポマリドミドなど が保険承認されており、これらを適切に組み合わせた薬物療法を行います。 骨髄腫の病態によっては、治療開始前から重大な合併症 骨折による脊髄[せきずい]圧迫や、腎不全など を併発していることがあり、骨髄腫そのものに対する治療よりも合併症への治療を先行させることもあります。 図6は、症状のある多発性骨髄腫(症候性骨髄腫)に対する治療方法を示したものです。 担当医と治療方針について話し合うときの参考にしてください。 一般に、重要な臓器の機能が保たれている65歳以下の患者さんに対しては自家移植を考慮します。 自家移植を行う前に、骨髄腫細胞を減らす目的で薬物治療が行われます。 これを導入療法と呼びます。 導入療法を施行後、各種検査によって、治療効果を判定し、自家移植が行えるかどうかを検討します。 治療効果の判定には、骨髄腫細胞が産生する「Mタンパク」を指標とします。 治療開始前と比較して、血液中あるいは尿中のMタンパクが一定程度以上減少した場合には、「奏効した」と判定されます。 導入療法が奏効した場合は、造血幹細胞採取という処置を行い、造血幹細胞を十分量採取した上で、自家移植を行います。 自家移植ではメルファランという抗がん剤を大量に使用(大量メルファラン療法)することで、高い抗腫瘍効果が期待されます。 初期治療によっても奏効状態に至らなかった場合には、他の導入療法に切り替えます。 導入療法にはさまざまな種類があり、どの導入療法を選択するかは、患者さんの全身状態や合併症の有無、予後不良な染色体異常の有無などを考慮して決定します。 推奨される導入療法としては、高い奏効割合が期待できるボルテゾミブとデキサメタゾン ステロイド剤 併用の導入療法(BD療法)を3~4コース施行したあとに、シクロホスファミド大量療法にG-CSF(顆粒球コロニー刺激因子)というをふやす薬を併用、またはG-CSFのみを使用して、患者さんの末梢(まっしょう)血から造血幹細胞を採取します。 より高い効果を期待できる導入療法として、前述のBD療法にシクロホスファミドやドキソルビシンを加えた治療もありますが、同時に毒性も増強することに留意する必要があります。 レナリドミドとデキサメタゾンを用いた併用療法も選択可能ですが、4コースを超えて使用すると造血幹細胞の採取が難しくなる場合があります。 (2)自家造血幹細胞移植 造血幹細胞移植は、大量の抗がん剤を投与して(大量化学療法)可能な限り骨髄腫細胞を殺し、そのあとで患者さん自身の造血幹細胞(血液細胞のもととなる細胞)を点滴することにより、正常な骨髄細胞の機能を取り戻すという方法で、患者さんの生存期間を延ばす効果が期待できます。 造血幹細胞移植には、自分の組織を移植する自家(じか)移植と、他の人の組織を移植する同種移植がありますが、骨髄腫に多く行われる移植は安全性の高い自家造血幹細胞移植(特に自家末梢血幹細胞移植)です。 寛解導入療法後、早期に自家造血幹細胞移植を行うことが勧められています。 移植の前処置として、2日間にわたり大量メルファランの投与を行い、その翌々日に凍結しておいた自家造血幹細胞を急速解凍して静脈から体内に注入します。 (3)維持療法 治療方法は、すべて担当医に任せたいという患者さんがいます。 一方、自分の希望を伝えた上で一緒に治療方法を選びたいという患者さんも増えています。 どちらが正しいというわけではありません。 自分の生活や人生において何を大切にするのか、自分で考えることが大切です。 まずは、病状を詳しく把握しましょう。 わからないことは、担当医に何でも質問してみましょう。 診断を聞くときには、病型分類と病期を確認しましょう。 治療法は、病型や病態によって異なります。 医療者とうまくコミュニケーションをとりながら、自分に合った治療法であることを確認してください。 担当医と話すときの助けとして「」もご参照ください。 「患者必携 わたしの療養手帳」はさまざまな場合で必要なことを書きとめることができる手帳になっています。 印刷もできますので、自分で記入してみて、わからないことや聞いてみたいことを整理してみましょう。 診断や治療法を十分に納得した上で、治療を始めましょう。 担当医以外の医師の意見(セカンドオピニオン)を聞くこともできます。 ここでは、(1)診断の確認、(2)治療方針の確認、(3)その他の治療方法の確認とその根拠を聞くことができます。 聞いてみたいと思ったら、「セカンドオピニオンを聞きたいので、紹介状やデータをお願いします」と担当医に伝えましょう。 担当医との関係が悪くならないかと心配になるかもしれませんが、多くの医師はセカンドオピニオンを聞くことは一般的なことと理解しています。 納得した治療法を選ぶために、気兼ねなく相談してみましょう。 セカンドオピニオンについては「」もご参照ください。 担当医以外でも、看護師など他の医療スタッフやがん相談支援センターのスタッフに相談することができます。 あなたの抱えている問題点を整理し、一緒に考えてくれるでしょう。 がん相談支援センターについては「」もご参照ください。

次の