国家 総動員 法 まとめ。 5分でわかる国家総動員法!制定された理由、内容、問題点をわかりやすく解説

国防動員法

国家 総動員 法 まとめ

第2次世界大戦期の日本の体制の根幹となった法律で,1938年 昭和13 に第1次内閣のもとで制定され 4月1日公布,5月5日施行 ,戦時国家総動員,すなわち〈戦時 戦争に準ずるを含む に際し国防目的達成の為国の全力を最も有効に発揮せしむる様人的及物的資源を統制運用する〉広範な権限を政府に与えた。 その各条は総動員業務のための国民の,従業者の労働条件との予防と解決,物資の生産,修理,,使用等,や輸入とそれらの制限,総動員物資の使用・,会社の設立・・や利益処分等の制限や禁止,・事業場・の管理や収用,設備投資の・拡張とその制限禁止,出版物の記事の制限禁止,さらに国民登録,技能者養成,物資備蓄,総動員業務の計画と,試験研究など広範な分野にわたって必要な命令を出しうるとし,損失補償やも規定していた。 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について の解説 日中戦争後、第二次世界大戦中に行われた網羅的動員統制法で、1938年(昭和13)4月公布、5月施行。 日中戦争勃発 ぼっぱつ 直後、第一次近衛文麿 このえふみまろ 内閣は臨時資金調整法、輸出入品等臨時措置法などの経済統制法規を制定し、さらに戦争拡大に伴って臨戦体制を強化し、国民精神総動員運動を展開、企画院を設置した。 その企画院を中心に立案された国家総動員法案は、電力国家管理案とともに38年の第73議会に提出され、衆議院では民政党の斎藤隆夫、政友会の牧野良三 りょうぞう ら自由主義者といわれた議員が「前例のない広範な委任立法で政府は猛省を必要とする」「非常時に名をかりた天皇大権干犯 たいけんかんぱん の法案である」などと厳しい批判的な質問を行ったが、軍の圧力に押し切られて全会一致で通過した。 社会大衆党が法案の実現を強く主張して注目をひいた。 貴族院では一部議員が反対したが、多数で通過となった。 法案審議中、政府説明委員として発言した陸軍省軍務局軍務課員佐藤賢了 けんりょう 陸軍航空兵中佐が、議員から出された同中佐の発言資格を問う疑義に対して、「だまれ!」と一喝して問題となり、杉山陸軍大臣が遺憾の意を表した。 この法律は、戦時においてすべての資源、資本、労働力から貿易、運輸、通信その他あらゆる経済部門に国家統制を加え、国民の徴用、争議の禁止、言論の統制など、国民生活を全面的に国家の統制運用に服せしめる権限を政府に付与した授権法であり、いわば政府への白紙委任状であった。 日中戦争中に、同法に基づく勅令として、国民徴用令、国民職業能力申告令、価格等統制令、生活必需物資統制令、新聞紙等掲載制限令その他の統制法規がつくられ、41年3月大幅な改正が行われて罰則なども強化された。 太平洋戦争に突入すると、その適用は拡大され、国民生活を全面的に拘束した。 [長 幸男] 【ファシズム】より … こうした新しい伝達手段に裏打ちされて,国民の文化生活は,管理され抑圧されたものでありながら,しかし活力ある充実の様相をしばしば呈することができた。 イタリアや日本の国家総動員法,ドイツの帝国文化院法,さらには日本の大政翼賛会や文学報国会など,文化生活にかかわる法律や機構は,異分子を排除し〈協力〉を強要するための制度には違いないが,そうした制度は,必ずしも〈上から〉強圧的に制定されたものではなかった。 1938年4月1日施行の日本の国家総動員法は,戦争と侵略の遂行に不可欠な基本法であったが,一般国民に対する強制や罰則を含まず,これら国民にはもっぱら自発的な協力が期待されていたにすぎなかった。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の

国家総動員法(こっかそうどういんほう)とは

国家 総動員 法 まとめ

概要 [ ] に設置されたによってに提出され、2010年2月26日に開かれた中華人民共和国第十一届常務委員会第十三次会議で決定、から施行された。 経緯 [ ] 1994年の委員会設置から国防動員法の成立までの間に、新たな国防基本法となる 1997)が施行され、同年も施行、にはが改正され、にを修正した。 また、にはが新たに成立、にはを修正し他国への世論戦などを規定した。 には行政部局を統廃合しを設立し宇宙航空部門と国有企業の監督を集約させた。 は中国の特許法となるを改正し、有事の際には登録された特許の無承諾での徴用が可能となっている。 これらの法令群の一斉改正の言わば集大成として、国防動員法が制定された。 なお、法案提出機関でもある国防動員委員会が、同法によって権限を規定され、具体的な動員令の実務調整に当たる。 内容 [ ] 同法は主に以下の内容を含んでいる。 中国国内でが発生した際に、の決定の下、動員令が発令される• 国防義務の対象者は、18歳から60歳の男性と18歳から55歳の女性• 、が動員工作を指導する• 個人や組織が持つ物資や生産設備は必要に応じて徴用される• 有事の際は、、、、は必要に応じて政府や軍が管理する。 また、中国国内に進出している系企業もその対象となる• 国防の義務を履行せず、また拒否する者は、罰金または、刑事責任に問われることもある 関連項目 [ ]• 参考文献 [ ]• 田代秀敏『中国「国防動員法」:その脅威と戦略と』、2011年。 岡村志嘉子「海外法律情報 中国 国防動員法案の審議始まる」『』第1379号、2009年6月。 宮尾恵美「」『外国の立法』第246号、2010年12月。 外部リンク [ ]• (中国語) この項目は、に関連した です。 この項目は、分野に関連した です。

次の

配給制、切符制の違いとは?国家総動員法が関係しているぞ

国家 総動員 法 まとめ

第2次世界大戦期の日本の体制の根幹となった法律で,1938年 昭和13 に第1次内閣のもとで制定され 4月1日公布,5月5日施行 ,戦時国家総動員,すなわち〈戦時 戦争に準ずるを含む に際し国防目的達成の為国の全力を最も有効に発揮せしむる様人的及物的資源を統制運用する〉広範な権限を政府に与えた。 その各条は総動員業務のための国民の,従業者の労働条件との予防と解決,物資の生産,修理,,使用等,や輸入とそれらの制限,総動員物資の使用・,会社の設立・・や利益処分等の制限や禁止,・事業場・の管理や収用,設備投資の・拡張とその制限禁止,出版物の記事の制限禁止,さらに国民登録,技能者養成,物資備蓄,総動員業務の計画と,試験研究など広範な分野にわたって必要な命令を出しうるとし,損失補償やも規定していた。 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について の解説 日中戦争後、第二次世界大戦中に行われた網羅的動員統制法で、1938年(昭和13)4月公布、5月施行。 日中戦争勃発 ぼっぱつ 直後、第一次近衛文麿 このえふみまろ 内閣は臨時資金調整法、輸出入品等臨時措置法などの経済統制法規を制定し、さらに戦争拡大に伴って臨戦体制を強化し、国民精神総動員運動を展開、企画院を設置した。 その企画院を中心に立案された国家総動員法案は、電力国家管理案とともに38年の第73議会に提出され、衆議院では民政党の斎藤隆夫、政友会の牧野良三 りょうぞう ら自由主義者といわれた議員が「前例のない広範な委任立法で政府は猛省を必要とする」「非常時に名をかりた天皇大権干犯 たいけんかんぱん の法案である」などと厳しい批判的な質問を行ったが、軍の圧力に押し切られて全会一致で通過した。 社会大衆党が法案の実現を強く主張して注目をひいた。 貴族院では一部議員が反対したが、多数で通過となった。 法案審議中、政府説明委員として発言した陸軍省軍務局軍務課員佐藤賢了 けんりょう 陸軍航空兵中佐が、議員から出された同中佐の発言資格を問う疑義に対して、「だまれ!」と一喝して問題となり、杉山陸軍大臣が遺憾の意を表した。 この法律は、戦時においてすべての資源、資本、労働力から貿易、運輸、通信その他あらゆる経済部門に国家統制を加え、国民の徴用、争議の禁止、言論の統制など、国民生活を全面的に国家の統制運用に服せしめる権限を政府に付与した授権法であり、いわば政府への白紙委任状であった。 日中戦争中に、同法に基づく勅令として、国民徴用令、国民職業能力申告令、価格等統制令、生活必需物資統制令、新聞紙等掲載制限令その他の統制法規がつくられ、41年3月大幅な改正が行われて罰則なども強化された。 太平洋戦争に突入すると、その適用は拡大され、国民生活を全面的に拘束した。 [長 幸男] 【ファシズム】より … こうした新しい伝達手段に裏打ちされて,国民の文化生活は,管理され抑圧されたものでありながら,しかし活力ある充実の様相をしばしば呈することができた。 イタリアや日本の国家総動員法,ドイツの帝国文化院法,さらには日本の大政翼賛会や文学報国会など,文化生活にかかわる法律や機構は,異分子を排除し〈協力〉を強要するための制度には違いないが,そうした制度は,必ずしも〈上から〉強圧的に制定されたものではなかった。 1938年4月1日施行の日本の国家総動員法は,戦争と侵略の遂行に不可欠な基本法であったが,一般国民に対する強制や罰則を含まず,これら国民にはもっぱら自発的な協力が期待されていたにすぎなかった。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の