カミラカベロ 人 種 差別。 カミラ・カベロ、心の病気を隠していた理由を告白「弱いと感じていることを悟られたくなかった」

カミラ・カベロ、過去の「人種差別的な言動」を謝罪【コメント全訳】

カミラカベロ 人 種 差別

2018年に活動を休止した国民的人気歌手グループ、フィフス・ハーモニーのメンバーで、現在はソロとして人気急上昇中の歌手カミラ・カベロ(23)。 そのカミラが過去に投稿した人種差別的な発言が非難を浴び、謝罪をしたのは記憶に新しい。 同じフィフス・ハーモニーのメンバーで黒人歌手ノーマニ・コーディ(23)は、当時カミラの言動に反応を示さなかったが、このほど心に深い傷を残していたことを明らかにした。 カミラ・カベロは、ローレン・ハウレギ、アリー・ブルック、ダイナ・ジェーン、そして黒人のノーマニ・コーディで構成された5人組グループ「フィフス・ハーモニー」のメンバーとしてとして注目されていた。 しかし2016年12月に高い人気を誇るカミラがソロ活動表明とともに脱退、残った4人でグループ活動を続けたものの2018年3月に活動を休止し、それぞれソロ活動専念の道へと進んだ。 同誌にはノーマニが寄せたメールの内容も掲載されており、その中でカミラが過去にTumblr上で発信した人種差別的な投稿内容に対して言及している。 「あまり触れたくない内容だけど、誤解を招かないように自分の手で書いて伝えたいと思う。 自分の話になるからこれを話すべきか悩んだけど、ひとりの黒人女性として公表するわ。 」 「私は長年、自分の肌の色に嫌悪さえ感じてきた。 この出来事(カミラの投稿内容)に対して傷ついていないかといったら嘘になるわ。 しかも信頼していた仲間からのものと知ったときは酷く悲しくなった。 だって私なら、もし仲間が同じような状況に陥った時、心の支えになってあげるから。 彼女(カミラ)のことで私がネットで差別的な攻撃を受けていたことを、彼女は数日後には気づいていたわ。 でも最近になって彼女の人種差別的な発言が暴露されて初めて、カミラは謝罪したの。 それまでに数年もかかっているのよ。 彼女の一連の行為は私のことよりもファンを気にかけ、私はファンの二の次のように感じたわ。 彼女はそういうつもりじゃないかもしれないけどね。 」 ノーマニは、カミラだけでなくほかのメンバーからの救いの手がなかったという複雑な心境も記している。 そしてフィフス・ハーモニーとして活動していた当時、自分一人だけが黒人であることからグループ内で壁を感じていたことも明かした。 グループ活動休止の原因にはメンバーの不仲説が浮上していたが、ノーマニの綴った内容から彼女らの軋轢の一端がうかがえる。 昨年12月、カミラが当時14歳だった2012年に自身のTumblr上で、黒人やアジア人に対する差別発言をした投稿が一部のユーザーによってTwitter上で暴露された。 その投稿は削除されているが、「ニガー」といった黒人を侮辱する用語や黒人やアジア人を軽蔑するような画像が用いられており、その内容から黒人であるノーマニが人種差別主義者の誹謗中傷ターゲットとなり、エスカレートしていくネット中傷に悩まされたという。 カミラは「わたしは無知だった。 当時の自分は教養がなく、歴史的背景も知らずにひどい差別用語を使ってしまったことを深く反省し後悔している」と昨年12月18日に謝罪している。 画像は『Rolling Stone 2020年2月27日付Instagram「@normani is a superstar in the making who counts Rihanna and Janet Jackson as fans. 」』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 MIE).

次の

【イタすぎるセレブ達】カミラ・カベロの人種差別発言に「信頼していたのにひどく悲しんだ」フィフス・ハーモニーメンバーが胸中明かす

カミラカベロ 人 種 差別

- 2020年 6月月13日午後2時56分PDT カミラはこの投稿の中で、ドナルド・トランプ米大統領が 「オバマ前大統領時代に成立した、医療におけるトランスジェンダーの患者に対する差別を排除するための条項の削除」を決めたことにも言及している。 アメリカ政府は現地時間6月12日、医療現場や保険の適用に関連して、LGBTQ+の人々を差別することを禁止する条項を削除することを発表していた。 「私たちはまだ正しい場所に到達できておらず、私たちはやり返す必要があります!」とカミラは綴り、支援すべき慈善団体のリストを掲載した上で、個人的にトランスジェンダーの権利のための活動を行なっているTransgender Law Centerに寄付をしたことを発表した。 アメリカ政府の決定に多くの批判 6月12日は、4年前の同日にアメリカで悲劇的な事件が起きた日となっている。 フロリダ州オーランドにある同性愛者向けのクラブで2016年6月12日、銃乱射事件が発生。 49人が亡くなり、さらに50人を超える人が負傷するという痛ましい事件が発生した。 This is the 150th attack and counting against LGBTQ Americans from this cruel administration. — GLAAD glaad また、セレブたちもアメリカ政府によるこの決定に言及。 同性愛者であることを公言している『エレンの部屋』のは「これは酷すぎる」とツイート。 「必ず11月の選挙に事前登録して」と綴り、反対を示すために、今年の11月に行なわれる大統領選挙で投票してほしいと呼びかけた。 This is appalling. — Ellen DeGeneres TheEllenShow (フロントロウ編集部).

次の

【イタすぎるセレブ達】カミラ・カベロの人種差別発言に「信頼していたのにひどく悲しんだ」フィフス・ハーモニーメンバーが胸中明かす

カミラカベロ 人 種 差別

カミラ・カベロと、ノーマニ・コーディ 現在活動休止中のガールズグループ「 フィフス・ハーモニー」のメンバーで、現在ソロアーティストとして活躍する ノーマニ・コーディが、元メンバーで歌手の カミラ・カベロの過去の人種差別発言について、ついに言及した。 過去にカミラ・カベロは、犯罪者を示す言葉遣いやアフリカ系アメリカ人に対する差別表現、貧困層が多い地域の住人を表す言葉を使用し、大バッシングを受け、その後クールな言葉だと勘違いして使っていたことを謝罪。 2019年の終わりに、自分の発言がいかに幼く、人を傷つけるものであったかを改めて認識し、長文の謝罪文を投稿した。 This a good and very elaborate apology. This is PLENTY. Thank you and I appreciate you — Melissa worIdwidemila これまで何度も謝罪してきたカミラを許す声や、成長した証だという声もあれば、「2012年の時だってすでに15歳なんだから、それくらいの分別はついたはず」「カミラは一度じゃなくて、何度も差別発言したから許せない」といった厳しい声もあがっていた。 そんな中、元同じグループのメンバーで、自身もこれまで人種差別を受けてきたことを明かしているノーマニ・コーディが、カミラの差別発言とカミラが炎上してしまったことについて言及した。 先日、雑誌「Rolling Stone」の表紙を飾ったノーマニ。 その中のインタビューで、このカミラの差別発言の炎上について「最初にはっきり言っておきたいんだけど、過去のこの炎上事件について語るのは気持ちのいいものではないわ。 ただ過去の経験も踏まえて誤解を招きたくないの。 だから、あえて自分の気持ちをしっかりと言葉にすることにしたわ。 できることなら騒動に巻き込まれるようなことはしたくないから、話をするかどうか本当に悩んだ。 でもどうしても、黒人女性として伝えておきたいことがあったの」と、自身の想いを語り始めた。 ノーマニは、カミラの謝罪が人種差別発言から7年後という遅い対応となったことにも失望したそうだ。 「まるで妹のように接していて、決して私を攻撃してくるようなことはしないと信じていた存在からあのような発言が出たことには、ただただ悲しみしかないわ。 もし逆の立場であれば、私は彼女を全力で守るもの。 彼女は自分の発言の軽々しさに気づくのに数日かかっていたし、きちんと責任を取って謝罪するまでさらに何年もかかった。 それが彼女の意図だったのかもしれないけれど、彼女にとっては、私よりもファンとの関係の方が大切で、私のことは二の次ということね」 「でも私は、彼女がこの経験から大切なことを学んでくれるのが1番だと思ってる。 どうしてここまで炎上してしまったのか、理解して受け止めてほしいの。 今回、私は自分の気持ちに正直に話したわ。 もう、この件について口を開くことは一切ない。 私たち黒人は、唯一無二の存在よ。 独自の文化に裏打ちされた誇りがあるわ」と締めくくった。

次の