ニコル アス カルト。 【はめふら】乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった4話ネタバレ無料動画

「悪役令嬢 破滅フラグ」ネタバレ・wiki風登場人物紹介

ニコル アス カルト

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』より、ニコルの妹で主人公カタリナと仲良くなる女の子・ ソフィアを大特集! 作中で言われている「呪われた子」が果たして本当なのか、そして彼女の 正体は誰なのか、その真相を徹底検証します! ソフィア・アスカルト キャラクター紹介 『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』に登場する女の子。 この世界においては珍しい 真っ白な髪と肌、そして 赤い瞳を持っています。 幼少期はワンポイントの緑の髪留めを愛用していましたが、成長してからは前髪の左右を長いリボンで留めています。 乙女ゲーム「FORTUNE LOVER」の登場キャラクターで、 アスカルト伯爵家の長男ニコル・アスカルトの妹。 ゲーム内においてはニコルルートのライバルキャラとして配置されていますが、主人公がカタリナに転生した世界ではカタリナを慕うようになり、ライバルではなく 友人としての関係を築いています。 性格は穏やかで物静か。 人見知りで、人前に出るのが苦手なので、慣れのために出席していたお茶会でカタリナと知り合いました。 ロマンス小説を好んでおり、共通の趣味を持っていたカタリナと意気投合したことで、彼女には 格別の想いを抱くようになります。 成長後はカタリナだけでなく、彼女と仲の良いハント侯爵家の令嬢メアリとも親しくしている様子。 担当声優は 水瀬いのり(みなせ いのり)さん。 「呪われた子」の真相 ソフィアとカタリナの出会いは、カタリナが異世界生活に慣れて破滅フラグを順調にへし折っていったことで生活にゆとりが生まれ、 新たな趣味を発掘したことに起因します。 そこで出会ったのが ロマンス小説。 ロマンス小説というのは、基本的には恋愛小説ですが、異性同士・同性同士を問わない点、通俗的な内容という点が特徴的なカテゴリーで、狭義的には「海外の恋愛作品の翻訳版」を指すこともありますが、純国産の作品も含むのが一般的です。 カタリナが転生した異世界の貴族社会では、ロマンス小説は下世話な本という認識らしく、同じ趣味を持つ人間が周りにいないことを寂しく思っていました。 そんな折、婚約者のジオルドとその弟のアランが主催するお茶会の席で出会ったのが ソフィアでした。 自分の好きな作品のセリフを無意識に口走る妙な癖があるカタリナは、彼女が激ハマリ中のロマンス小説「エメラルド王女とソフィア」の登場人物であるソフィアとそっくりだったこともあり、思わず作中のセリフを呟いてしまいます。 すると、ソフィアはそれを「エメラルド王女とソフィア」のセリフだと即座に理解。 彼女もまた、 ロマンス小説が大好きな女の子だったのです。 ついに共通の趣味を持つ子を見つけたカタリナは歓喜し、ソフィアを家に招きます。 彼女は後日、兄ニコルと共にカタリナの待つクラエス公爵家を訪問。 そこでカタリナはソフィアが 「FORTUNE LOVER」の攻略対象の男性・ニコルの妹だと気付きました。 一緒に楽しい時間を過ごし、ソフィアの真っ白な髪を気に入ったカタリナは、思わず 「触ってもいいですか?」と尋ねます。 その一言でソフィアから笑顔が消え、 困惑した表情を見せました。 本作の舞台である異世界では、金髪、銀髪、赤髪など様々な髪の色が混在していますが、白い髪と赤い目は珍しく、 気味が悪いと認識されているようで、ソフィアは周囲から 「呪われた子」と言われていました。 これはソフィアが実際に呪われている訳ではなく、周囲のソフィアの父の功績や名家のアスカルト伯爵家を妬む者達がソフィアの外見の評判を利用し、「呪われている」と 中傷を広めたのが原因でした。 幸い、兄のニコルや両親はソフィアをとても大切に思っており、彼女を大事にしています。 とはいえ、彼等がソフィアの風評を否定すると、周囲はますますソフィアへの中傷を強めることになり、彼女が更に傷付いてしまうため、手の施しようがなかったようです。 そういう意味では、彼女は本当に呪われた子だったのかもしれません。

次の

【はめふら】ボイスドラマ第6弾「ニコル編」

ニコル アス カルト

クラエス家の令嬢。 女子高生だったが、事故で死亡してしまい自分が乙女ゲームの悪役令嬢「カタリナ」に転生してしまったことに気づく。 乙女ゲームの中ではゲームの主人公であるヒロインや、攻略対象である男子キャラクターたちに意地悪をしまくり、「国外追放」か「死亡」するかの運命。 8歳で前世の記憶を取り戻すと、それまでコテコテのわがまま令嬢だった性格から、前世のさばけた人格に。 また、国外追放や死亡エンド対策として、国外追放されても1人で生きていくよう農業に勤しんだりと突拍子のないことを始める。 そのため本来は嫌われまくるはずのカタリナだったが、ライバルになるはずの主人公や他のメインキャラクターたちと友情を育み、好意を寄せられるようになる。 悲惨な結末の回避のため、主人公の恋を応戦しようとするが自分に向けられる好意には無頓着で鈍感なところがある。 ジオルド・スティアート 一見さわやか王子キャラクターだが、中身は腹黒気味。 王国の第3王子。 攻略対象の1人。 本来のゲームルートでは、幼少期にカタリナがぶつかり、額に傷を作った責任を負わせるため無理やり婚約者におさまり、主人公とジオルドの仲に嫉妬した挙句に国外追放か返り討ちにあい死亡する結末が待っている。 カタリナが前世の記憶を取り戻したため、無理やり婚約を攻めることをせず、むしろ潔く自分の非を認め誤る。 それを好感に思ったジオルドは逆に婚約を申し込む。 キース・クラエス カタリナの義理の弟。 魔力が強く、分家から引き取られカタリナの弟として迎えられる。 攻略対象の1人。 本来のゲームルートでは、分家から引き取られるがカタリナやカタリナの母から冷たく扱われ、孤独な幼少時代を送る。 その反動でチャラ男に。 お色気担当キャラ。 そんな孤独を主人公に癒され、恋に落ちるがカタリナは、公爵である弟に近く庶民の主人公が気に入らずに嫌がらせし、やはり国外追放か死亡が待っている。 カタリナが前世の記憶を取り戻したため、引き取られたジオルドは可愛がられる。 結果、たまに気候に走る姉を諌めるしっかり者の優しい弟に。 アラン・スティアート ジオルドの双子の弟。 攻略対象の1人。 ニコル・アスカルト.

次の

「はめふら」第8話、ニコル(CV:松岡禎丞)の意外な欲望に「本心はそうでしたか」

ニコル アス カルト

この記事の目次• ゲーム上では腹黒王子設定。 ゲーム上では女たらし。 メアリの婚約者として通っている。 本人は気付いていないが、きっとカタリナラブその3。 カタリナラブその4。 胸がでかい。 カタリナラブその5。 カタリナラブその6。 フワフワ天使。 闇の魔力を持っていた過去があり、魔力で人を操っていた事も。 現在は魔法省にいる。 生徒会主催の舞台の役者1人が急病になってしまい、カタリナが急遽出る事になったのでした。 カタリナの役は、主人公のマリアをいじめる義理の姉役。 まさか、舞台とはいえマリアをいじめる事になるとは思っていませんでした。 カタリナの出番になり、セリフを言おうとしますが、あまりの緊張でセリフを書いたカンペを落としてしまい固まってしまいます。 焦るカタリナ。 その時、「ゲームの中」のヒロイン・マリアに意地悪をする「悪役令嬢」のカタリナのセリフを思い出します。 (舞台の上で)悪役令嬢カタリナ・クラエスをお披露目します。 ゲーム本来の悪役令嬢っぷりに、マリアも義母役のメアリも唖然としてしましますが、何とか舞台は成功して終わりました。 なんか悪役令嬢のカタリナ様すてきだな~と思うのは私だけだろうか(笑) ゲーム上のカタリナは嫌な悪役令嬢なんだろうけど、あのするどい目つき素敵と思ってしまう…! カタリナ、誰かに誘拐される!!? ちょっとちょっとちょっと!! 最後の展開なんですか!! 舞台も終わって、後は学園祭の舞踏会だけなのにカタリナ誘拐されちゃった!! だ…誰がこんなことを!!! (個人的にはに出てきたあの人が怪しい…と思っている) 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった27章の展開予想 の予想展開は、舞踏会の役も意地悪の義理の姉役で外れていたし、最後の展開は全く読めなかった…!.

次の