東洋大学 経済学部。 東洋大学経済学部/学部・学科

東洋大学経済学部/学部・学科

東洋大学 経済学部

満足していること:ネームバリューがある いわゆる「高学歴」とはとても言えないですが、ある程度名は知れていますし、人に聞かれて恥ずかしいというわけでもありません。 どこの大学を出ているかという話題は、結構よくあるネタだと思います。 そういう話になっても困らないというのは良い点ですね。 また、就職活動に関しても、よほどの大手企業でもない限り、学歴フィルターのようなものはなかったと感じています。 学歴が理由で弾かれた、と感じた選考は数えるほどしかありませんでした。 入学金等を除く、授業料だけ見ると国公立大学とほとんど変わりません。 それに加えて、卒業証書も昼間の学部と夜間の学部で違いはありません。 つまり、取れる単位数も、卒業後の肩書きも、教授も、昼間と夜間で変わることはありません。 違いがあるとすれば、講義の時間帯くらいではないでしょうか。 また、夜間の学生は一定条件を満たすと、昼間の講義も履修、受講できます。 さらに、その単位が認定されれば、卒業要件にカウントされます。 不満に感じていること:質が低い学生がいる 学歴コンプレックス、というのでしょうか。 私が在籍していた夜間の学部では、特にその傾向が強いように感じました。 また、周りに配慮が無い学生も気になりました。 モチベーションが低く、居眠りをしている程度なら全く気になりません。 むしろ、私もそういうときは多かったです。 しかしながら、ひたすら私語に明け暮れ、やかましい学生を色んな講義で見かけました。 気が散るというより、単にストレスでしたね。 また、そういった学生に対処しない教授もおりました。 私が通っていたキャンパスがあるあたりは、アップダウンの多い地域で、歩くのが少し疲れます。 通学路もそのような感じでした。 駅から歩いて教室に入るだけでも疲れてしまって、講義が始まっても、最初の10〜15分くらいはエンジンがなかなかかからないなんてこともありました。 これは自分の甘さもありますが。 また、大学の周りには何も無いので、遊びに行く時は必ず電車に乗らなければなりません。 大学の近くで、時間をつぶしたり、遊ぶということは難しいです。 東洋大学のおすすめ学部:経済学部 おすすめするというよりも、私はこの学部以外に在籍したことがないので、他をすすめようがありません。 比較対象がありませんので、私が通っていた学部をすすめるポイントを書きます。 一番は、やはり学費です。 親御さんの負担を減らし、なおかつ昼間はバイトをすることによって、経済的負担がだいぶ楽になると思います。 東洋大学に通って良かった?• 大学:東洋大学 経済学部• 状況:現在大学に通っている 大学3年生• 性別:女性• 志望校を決める際には国際系の学部を選びました。 例えば、明治大学国際日本学部、法政大学国際文化学部などです。 第一志望… 学んでいること 国際関係を学びたいと思っていましたが入学したのは経済学部でした。 この学部では経済の基本 マクロ経済、ミクロ経済学など はもちろん、英語で経済学を学ぶグローバルエコノミー… 満足している点 東洋大学のキャンパスは4つあります。 私が通っているのは1番メインの白山キャンパスです。 1~10号館まであり、とても広い作りになっています。 その中でも特に良いのが学食です… 不満に感じている点 東洋大学白山キャンパスには数多くの学部があります。 文系7つの学部と2部学生、大学院生もいます。 そのため通学時の電車がとても混雑しています。 大学:東洋大学 経済学部• 状況:現在大学に通っている 大学3年生• 性別:女性• また、クレープやタピオカドリンクを売っているカフェもあ… 不満に感じている点 コンピューター室がテスト前などになると大変混雑しており、使えるコンピューターを探すのがとても大変です。 また、それに伴い印刷機も混むため、多い時は1台の印刷機につき20-… おすすめ学部:経済学部 国際関係論は経済学の中ではまだ新しく、担当している講師の少ない学問です。 大学:東洋大学 経済学部 国際経済学科• 状況:現在大学に通っている• 性別:男性• 新品の、椅子とテーブルが一体になった机、きれいな黒板、十分な大きさのスクリーン、そして充実した空調があります。 トイレに関しては… 不満に感じている点 白山キャンパスは、そもそも沢山の学生で溢れていて、授業間などの移動時間になると非常に混雑します。 特に昼休みの時間の移動はフロアでさえも非常にストレスです。 エレベーターは… おすすめ学部:国際地域学部 本学で一番人気のある学部であり、偏差値も一番高いからです。 大学:東洋大学 経済学部 経済学科• 状況:大学卒業後、1年以内• 性別:女性• 大学学食で一番おいしいと有名です。 一番大きい白山キャンパスには4つ食堂があり、中でも6号館の食堂 6食 のメニューが種類豊富です。 メニューによ… 不満に感じている点 大学自体が大きいので授業の教室も広いのですが、人気な授業だと定員オーバーで受けたいものも受けられないことが多々あります。 定員を越えた場合、大抵が抽選で授業を受けられるか… おすすめ学部:情報連携学部情報連携学科 平成29年から新設された学部学科です。 新しいので私はあまり馴染みがないのですが、IT化や情報化社会と言われる今必要になってくる学部なのではないかと思います。 大学:東洋大学 経済学部 経済学科• 状況:大学卒業後、2年以内• 性別:男性• 学部により制度に違いはありますが、非常に充実しておりました。 大学生になって初めて海外へ行ったのですが、経済… 不満に感じている点 単位に関して不公平感があることと、授業内容の面白みのなさが不満です。 レジュメを配布し、ひたすら講義を受け身で受けさせる、昔からある授業形態。 レジュメに関しても、昨年度と… おすすめ学部:社会学部 社会学部はゼミの授業で実際に社会心理テストの実験を行い、市場調査など具体的な行動をしています。 大学:東洋大学 経済学部• 状況:大学卒業後、1年以内• 性別:男性• またアメリカシリコンバレーに行き行われた研修… 不満に感じている点 運動部は多く実績を上げていますが、自分はもっとビジネスに対して濃く学べる部活動があってほしいと思いましす。 個人的に運動が苦手なのもありますが、やはり自ら学びたい事を追及… おすすめ学部:経済学部 個人的には自分も通っていたので経済学部がおすすめですが、自分の興味がある学科に進むのが一番だと思います。

次の

私は東洋大学経済学部の学生です。よく周りから「東洋大学なの...

東洋大学 経済学部

研究活動情報 研究分野• 人文・社会, 金融、ファイナンス• 人文・社会, 公共経済、労働経済• 人文・社会, 経済政策• 人文・社会, 経済政策• 人文・社会, 理論経済学 研究キーワード マクロ経済理論の実証分析, 財政学 租税論) 論文• 「所得税の重税感~『日本版総合的社会調査』個票データによる諸要因の分析」, 大野 裕之, 一橋大学経済研究所 『経済研究』, 一橋大学経済研究所 『経済研究』, 第63, 第3 , 2012年07月25日• 「税制が家計の投資信託保有に与える影響について」, 大野 裕之, 林田実, 社団法人信託協会 『平成23年度 信託研究奨励金論集』, 社団法人信託協会 『平成23年度 信託研究奨励金論集』, 2011年11月• , Tokyo Center for Economic Research Working Paper J-2, March 2011. , 2011年03月02日• 25 1 , pp. 76-98, March 2011. , Journal of the Japanese and International Economies, Vol. 25 1 , pp. 76-98, March 2011. , 25, 1 76 - 98, 2011年03月• 4,, 日本応用経済学会編『Studies in Applied Economics応用経済学研究』, Vol. 4,, 161 - 175, 2010年12月• 「配当課税と株式投資~多年度マイクロデータによる家計の分析~」, 大野 裕之, 林田実, 『証券経済研究』 日本証券経済研究所 , 『証券経済研究』 日本証券経済研究所 , 第70 67 - 84, 2010年06月• 「配当課税と家計の株式投資行動~『証券貯蓄に関する全国調査』個票データにもとづく多年度分析~」, 大野裕之, 林田実, 『証券経済研究』, 『証券経済研究』, 70 67 - 84, 2010年• "Comparing public attitudes towards providing for the livelihood of the elderly in two aging societies: Germany and Japan", Hiroyuki Ono, Bernd Hayo, Journal of Socio-Economics, Journal of Socio-Economics, 39, 1 72 - 80, 2010年• "Welfare cost of capital income taxation and initial state of the economy", 大野裕之, Studies in Applied Economics 『応用経済学研究』), Studies in Applied Economics 『応用経済学研究』), 3, 205 - 213, 2010年• 39 1 , Journal of Socio-Economics, Vol. 39 1 , 72 - 80, 2010年01月• 3, 日本応用経済学会編『Studies in Applied Economics応用経済学研究』, Vol. 3, 205 - 213, 2010年01月• ", 大野 裕之, 林田実, Journal of the Japanese and International Economies,Vol. 23 3 , Journal of the Japanese and International Economies,Vol. 23 3 , 23, 3 241 - 263, 2009年09月• 「配当課税が家計の株式投資行動に与える影響~『証券貯蓄に関する全国調査』個票データにもとづく実証分析~」, 大野 裕之, 林田実, 日本証券経済研究所 『証券経済研究』, 日本証券経済研究所 『証券経済研究』, 第64 89 - 104, 2008年12月• 「配当課税が家計の株式投資行動に与える影響~『証券貯蓄に関する全国調査』個票データにもとづく実証分析~」, 大野裕之, 林田実, 『証券経済研究』, 『証券経済研究』, 64 89 - 104, 2008年• 5,東洋大学現在社会総合研究所, 東洋大学研究プロジェクトレポートNo. 5,東洋大学現在社会総合研究所, 109 - 119, 2007年06月• 『株式譲渡益課税の個人投資家の投資行動に及ぼす影響に関する効果分析』, 大野 裕之, 林田実, 財 日本証券業協会, 財 日本証券業協会, 2006年09月• Critical Evaluations of Hayashi-Prescott Hypothesis on Japan's Lost Decade, 大野 裕之, 林田実, 寺尾建, The University of Kitakyushu Working Paper Series No. 2005-7, The University of Kitakyushu Working Paper Series No. 2005-7, 2006年03月• 「わが国株式市場の構造変化~ノンパラメトリック法による取引高の価格感応性の検証~」, 大野 裕之, 林田実, 東洋大学経済研究会『経済論集』, 東洋大学経済研究会『経済論集』, 31, 1 59 - 71, 2005年12月• A Turnover Tax, Transaction Costs and Stock Trading Volume: The Case of Japan, 大野 裕之, 林田実, The University of Kitakyushu Working Paper Series No. 2003-6, The University of Kitakyushu Working Paper Series No. 2003-6, 2005年06月• 資本所得課税の効用コスト-移行経路上の課税変更の分析, 大野 裕之, 東洋大学経済研究会『経済論集』, 東洋大学経済研究会『経済論集』, 30, 2 59 - 70, 2005年03月• FDI and Japan's Tax Policy: Keys to Attract More FDI, 大野 裕之, Marburg Univ. , Germany and Japan in Competition for FDI, pp. 66~76, Marburg Univ. , Germany and Japan in Competition for FDI, pp. 66~76, 66 - 76, 2005年03月• 「資本所得税の効用コスト~移行経路上の課税変更の分析~」, 大野 裕之, 東洋大学経済研究会『経済論集』, 東洋大学経済研究会『経済論集』, 30, 2 59 - 70, 2005年03月• 「消費税の簡素性~税務執行費用の推計と他税との比較~」, 大野 裕之, 芥川浩一, 東洋大学経済研究会『経済論集』, 東洋大学経済研究会『経済論集』, 29, 1 1 - 14, 2003年12月• 消費税の簡素性-税務執行費用の推計と他税との比較, 大野 裕之, 芥川浩一, 東洋大学経済研究会『経済論集』, 東洋大学経済研究会『経済論集』, 29, 1 1 - 14, 2003年12月• 「APT 自動支払取引 税構想とわが国へのインプリケーション」, 大野 裕之, 東洋大学経済研究会『経済論集』, 東洋大学経済研究会『経済論集』, 28, 2 81 - 98, 2003年03月• APT 自動支払取引 税構想とわが国へのインプリケーション, 大野 裕之, 東洋大学経済研究会『経済論集』, 東洋大学経済研究会『経済論集』, 28, 2 81 - 98, 2003年03月• Japanese Tax Reforms: Where Do They Lead? , 大野 裕之, 東洋大学経済学部 Strucutural Changes in the Japanese and German Economies:What can we learn from one another? , 東洋大学経済学部 Strucutural Changes in the Japanese and German Economies:What can we learn from one another? , 22 - 33, 2002年12月• 「電子商取引の課税問題とグローバルな租税調和」, 大野 裕之, 日本国際問題研究所『国際問題』No. 497, 日本国際問題研究所『国際問題』No. 497, 42 - 50, 2001年08月• 電子商取引の課税問題とグローバルな租税調和, 大野 裕之, 日本国際問題研究所『国際問題』No. 497, 日本国際問題研究所『国際問題』No. 497, 42 - 50, 2001年08月• 「国際税務協力とエージェンシー関係, 大野 裕之, 東洋大学経済研究会『経済論集』, 東洋大学経済研究会『経済論集』, 26, 1・2 1 - 14, 2001年03月• 「国際投資・課税帰着・二重課税の調整」, 大野 裕之, 東洋大学経済研究会『経済論集』, 東洋大学経済研究会『経済論集』, 25, 2 25 - 40, 2000年03月• 「金融市場と経済発展:韓国の事例による実証研究」, 大野 裕之, 貯蓄経済研究センター『理論研究会年報』, 貯蓄経済研究センター『理論研究会年報』, 15, 1 - 24, 1999年12月• 「わが国財政の持続可能性と『政府』の範囲」, 大野 裕之, 西日本理論経済学会編『現在経済学研究』第7号,勁草書房,, 西日本理論経済学会編『現在経済学研究』第7号,勁草書房,, 第7 3 - 20, 1998年12月• 「国際資本移動と動学的利子課税負担」, 大野 裕之, 北九州大学経済学会『商経論集』, 北九州大学経済学会『商経論集』, 34, 1 1 - 14, 1998年11月• 「政府財政の持続可能性に関する一考察:我が国財政を中心として」, 大野 裕之, 貯蓄経済研究センター『理論研究会年報』, 貯蓄経済研究センター『理論研究会年報』, 13, 1 - 12, 1997年12月• 「財政赤字,貨幣,インフレーション再論:代替的検証法による因果性の検証」, 大野 裕之, 西日本理論経済学会編『現在経済学研究』第6号,勁草書房, 西日本理論経済学会編『現在経済学研究』第6号,勁草書房, 第6 46 - 62, 1997年07月• Dissertation,Georgetown University, Ph. Dissertation,Georgetown University, 1996年09月 書籍等出版物• 講演・口頭発表等• 「税制が家計の投資信託保有に与える影響について」, 大野 裕之, 日本応用経済学会2011年度春季大会 中京大学 , 2011年06月• 「所得税の重税感~『日本版総合的社会調査』個票データによる諸要因の分析」, 大野 裕之, 日本財政学会2010年度大会 滋賀大学 , 2010年10月• 「配当課税と株式投資~多年度マイクロデータによる家計の分析~」, 大野 裕之, 日本経済学会2009年度秋季大会 関西学院大学 , 2010年09月• 「配当課税と家計の投資行動~『証券貯蓄に関する全国調査』個票データにもとづく多年度分析~」, 大野 裕之, 日本経済学会2009年度秋季大会 専修大学 , 2009年10月• 「所得税の重税感~『日本版総合的社会調査』個票データによる諸要因の分析」, 大野 裕之, 日本応用経済学会2009年度春季大会 名古屋大学 , 2009年06月• 「所得税の重税感~『日本版総合的社会調査』個票データによる諸要因の分析」, 大野 裕之, 日本応用経済学会2009年度春季大会 名古屋大学 , 2009年06月• 「老後生活保障は自助か公助か~国民意識調査の個票データによる要因分析~」, 大野 裕之, 日本財政学会第65回大会 京都大学 , 2008年10月• 「配当課税が家計の株式投資行動に与える影響~『証券貯蓄に関する全国調査』個票データにもとづく実証分析~」, 大野 裕之, 日本経済学会2008年度春季大会 東北大学 , 2008年06月• 「株式譲渡益課税の個人投資家に及ぼす影響の効果分析」, 大野 裕之, 日本経済学会2007年度春季大会 大阪学院大学 , 2007年06月• 「株式譲渡益課税の個人投資家に及ぼす影響の効果分析」, 大野 裕之, 日本応用経済学会2006年度秋季大会 広島修道大学 , 2006年11月• Critical Evaluations of Hayashi-Prescott Hypothesis on Japan's Lost Decade, 大野 裕之, 林田実, 寺尾建, 東京大学ワークショップ, 2005年11月• Critical Evaluations of Hayashi-Prescott Hypothesis on Japan's Lost Decade, 大野 裕之, 林田実, 寺尾建, 西日本理論経済学会第131回例会, 2005年09月• Critical Evaluations of Hayashi-Prescott Hypothesis on Japan's Lost Decade, 大野 裕之, 林田実, 寺尾建, Georgetown大学 セミナー, 2005年04月• Critical Evaluations of Hayashi-Prescott Hypothesis on Japan's Lost Decade, 大野 裕之, 林田実, 寺尾建, IMF 日本経済セミナー, 2005年03月• FDI and Japan's Tax policy: Keys to Attract More FDI, 大野 裕之, The 7th Marburg University-Toyo University International Symposium: Germany and Japan in Competition for FDI, 2004年11月• 株式譲渡益課税のロックイン効果:実証分析, 大野 裕之, 日本経済学会2003年度春季大会, 2003年06月• 「株式譲渡益課税のロックイン効果:実証分析」, 大野 裕之, 日本経済学会2003年度春季大会 大分大学 , 2003年06月• 「APT 自動支払取引 税構想とそのわが国へのインプリケーション」, 大野 裕之, 西日本理論経済学会123回例会 九州大学 , 2003年02月• APT 自動支払取引 税構想とそのわが国へのインプリケーション, 大野 裕之, 西日本理論経済学会第124回例会, 2003年02月• 流通税・取引コストと株式市場-可変パラメータモデルによる分析, 大野 裕之, 林田実, 九州経済学会第52回大会, 2002年12月• 「流通税・取引コストと株式市場~有取税廃止・手数料自由化の検証~」, 大野 裕之, 日本経済学会2002年度大会 広島大学 , 2002年10月• Japanese Tax Reforms: Where Do They Lead? , 大野 裕之, The 6th Marburg University-Toyo University International Symposium: "Structural Changes in the Japanese and German Economies: What Can We Learn From One Another? ", 2002年10月• 流通税・取引コストと株式市場~有取税廃止・手数料自由化の検証~, 大野 裕之, 日本経済学会2002年度大会, 2002年10月• 「取引コストと株式市場」, 大野 裕之, 西日本理論経済学会119回例会 北九州市立大学 , 2002年02月• 取引コストと株式市場, 大野 裕之, 西日本理論経済学会第119回例会, 2002年02月• 「金融取引の税敏感性-株式市場と取引コストによる実証分析」, 大野 裕之, 日本財政学会第58回大会 関西大学 , 2001年10月• 金融取引の税敏感性-株式市場と取引コストによる実証分析, 大野 裕之, 日本財政学会第58回大会, 2001年10月• 「課税帰着・国際投資・内生成長」, 大野 裕之, 西日本理論経済学会第113回例会 久留米大学 , 2000年02月• 「政府財政の持続可能性:再論」, 大野 裕之, 日本財政学会第54回大会 東洋大学 , 1997年10月• 2012年11月, 公益財団法人租税資料館, 第21回租税資料館(著書の部)(共著者・林田実氏との共同受賞), 『株式税制の計量経済分析』• 2010年11月, 公益財団法人租税資料館, 第19回租税資料館賞(論文の部), 「所得税の重税感~『日本版総合的社会調査』個票データによる諸要因の分析」• 2009年11月, 公益財団法人租税資料館, 第18回租税資料館賞 (論文の部)(共著者・林田実氏との共同受賞) 競争的資金• 『株式税制の計量経済分析』 課題番号235172 , 科学研究費 研究成果公開促進費(学術図書)• 株式税制度の計量経済分析, 井上円了記念研究助成金(刊行の助成)• 金融税制が家計の資産選択に与える影響の研究』 課題番号22530316 , 科学研究費 基盤研究(C)(一般)• 『流通税の研究』 課題番号22530321 , 科学研究費 基盤研究(C)(一般)• 『金融政策の産業別効果と物価変動の相対価格変動仮説~わが国へのアプリケーション』, 財 日本経済研究奨励財団• 『2003年証券税制と株価のボラティリティ』, 財 全国銀行学術研究振興財団・研究助成• 『相対価格変動仮説と貨幣ショック』, 財 東京経済研究センター・個人プロジェクト研究助成• 株式税制が家計の株式保有に与える影響の研究〜個票データによる分析, 科学研究費 基盤研究(C)(一般)• わが国のデフレの実証分析• 『税制が投資信託の取引・保有に与える影響の計量経済学的研究』, 財 信託協会・信託研究奨励金• 税制の実証分析• 『老後の生活保障に関する国民意識の実証分析』, 財 ユニベール財団・研究助成• 『株式譲渡益課税の個人投資家の投資行動に及ぼす影響に関する効果に関する研究』, 財 日本証券経済研究所・委託研究• 「三位一体改革」と地方分権-受益と負担の一致の視点から-, 研究所プロジェクト• 社会保障(年金)制度の実証分析• 『1990年代以降の日本経済の低成長に関する実証研究』, 甲南大学平生太郎基金・科学研究奨励助成金• 等価負担原則と財政構造改革, 研究所内プロジェクト• 証券税制の計量経済分析• 『日独経済の構造変化:お互いから何を学べるか』, 国際交流基金・日欧国際会議助成金.

次の

私立の東洋大学 偏差値 ランキング

東洋大学 経済学部

満足していること:ネームバリューがある いわゆる「高学歴」とはとても言えないですが、ある程度名は知れていますし、人に聞かれて恥ずかしいというわけでもありません。 どこの大学を出ているかという話題は、結構よくあるネタだと思います。 そういう話になっても困らないというのは良い点ですね。 また、就職活動に関しても、よほどの大手企業でもない限り、学歴フィルターのようなものはなかったと感じています。 学歴が理由で弾かれた、と感じた選考は数えるほどしかありませんでした。 入学金等を除く、授業料だけ見ると国公立大学とほとんど変わりません。 それに加えて、卒業証書も昼間の学部と夜間の学部で違いはありません。 つまり、取れる単位数も、卒業後の肩書きも、教授も、昼間と夜間で変わることはありません。 違いがあるとすれば、講義の時間帯くらいではないでしょうか。 また、夜間の学生は一定条件を満たすと、昼間の講義も履修、受講できます。 さらに、その単位が認定されれば、卒業要件にカウントされます。 不満に感じていること:質が低い学生がいる 学歴コンプレックス、というのでしょうか。 私が在籍していた夜間の学部では、特にその傾向が強いように感じました。 また、周りに配慮が無い学生も気になりました。 モチベーションが低く、居眠りをしている程度なら全く気になりません。 むしろ、私もそういうときは多かったです。 しかしながら、ひたすら私語に明け暮れ、やかましい学生を色んな講義で見かけました。 気が散るというより、単にストレスでしたね。 また、そういった学生に対処しない教授もおりました。 私が通っていたキャンパスがあるあたりは、アップダウンの多い地域で、歩くのが少し疲れます。 通学路もそのような感じでした。 駅から歩いて教室に入るだけでも疲れてしまって、講義が始まっても、最初の10〜15分くらいはエンジンがなかなかかからないなんてこともありました。 これは自分の甘さもありますが。 また、大学の周りには何も無いので、遊びに行く時は必ず電車に乗らなければなりません。 大学の近くで、時間をつぶしたり、遊ぶということは難しいです。 東洋大学のおすすめ学部:経済学部 おすすめするというよりも、私はこの学部以外に在籍したことがないので、他をすすめようがありません。 比較対象がありませんので、私が通っていた学部をすすめるポイントを書きます。 一番は、やはり学費です。 親御さんの負担を減らし、なおかつ昼間はバイトをすることによって、経済的負担がだいぶ楽になると思います。 東洋大学に通って良かった?• 大学:東洋大学 経済学部• 状況:現在大学に通っている 大学3年生• 性別:女性• 志望校を決める際には国際系の学部を選びました。 例えば、明治大学国際日本学部、法政大学国際文化学部などです。 第一志望… 学んでいること 国際関係を学びたいと思っていましたが入学したのは経済学部でした。 この学部では経済の基本 マクロ経済、ミクロ経済学など はもちろん、英語で経済学を学ぶグローバルエコノミー… 満足している点 東洋大学のキャンパスは4つあります。 私が通っているのは1番メインの白山キャンパスです。 1~10号館まであり、とても広い作りになっています。 その中でも特に良いのが学食です… 不満に感じている点 東洋大学白山キャンパスには数多くの学部があります。 文系7つの学部と2部学生、大学院生もいます。 そのため通学時の電車がとても混雑しています。 大学:東洋大学 経済学部• 状況:現在大学に通っている 大学3年生• 性別:女性• また、クレープやタピオカドリンクを売っているカフェもあ… 不満に感じている点 コンピューター室がテスト前などになると大変混雑しており、使えるコンピューターを探すのがとても大変です。 また、それに伴い印刷機も混むため、多い時は1台の印刷機につき20-… おすすめ学部:経済学部 国際関係論は経済学の中ではまだ新しく、担当している講師の少ない学問です。 大学:東洋大学 経済学部 国際経済学科• 状況:現在大学に通っている• 性別:男性• 新品の、椅子とテーブルが一体になった机、きれいな黒板、十分な大きさのスクリーン、そして充実した空調があります。 トイレに関しては… 不満に感じている点 白山キャンパスは、そもそも沢山の学生で溢れていて、授業間などの移動時間になると非常に混雑します。 特に昼休みの時間の移動はフロアでさえも非常にストレスです。 エレベーターは… おすすめ学部:国際地域学部 本学で一番人気のある学部であり、偏差値も一番高いからです。 大学:東洋大学 経済学部 経済学科• 状況:大学卒業後、1年以内• 性別:女性• 大学学食で一番おいしいと有名です。 一番大きい白山キャンパスには4つ食堂があり、中でも6号館の食堂 6食 のメニューが種類豊富です。 メニューによ… 不満に感じている点 大学自体が大きいので授業の教室も広いのですが、人気な授業だと定員オーバーで受けたいものも受けられないことが多々あります。 定員を越えた場合、大抵が抽選で授業を受けられるか… おすすめ学部:情報連携学部情報連携学科 平成29年から新設された学部学科です。 新しいので私はあまり馴染みがないのですが、IT化や情報化社会と言われる今必要になってくる学部なのではないかと思います。 大学:東洋大学 経済学部 経済学科• 状況:大学卒業後、2年以内• 性別:男性• 学部により制度に違いはありますが、非常に充実しておりました。 大学生になって初めて海外へ行ったのですが、経済… 不満に感じている点 単位に関して不公平感があることと、授業内容の面白みのなさが不満です。 レジュメを配布し、ひたすら講義を受け身で受けさせる、昔からある授業形態。 レジュメに関しても、昨年度と… おすすめ学部:社会学部 社会学部はゼミの授業で実際に社会心理テストの実験を行い、市場調査など具体的な行動をしています。 大学:東洋大学 経済学部• 状況:大学卒業後、1年以内• 性別:男性• またアメリカシリコンバレーに行き行われた研修… 不満に感じている点 運動部は多く実績を上げていますが、自分はもっとビジネスに対して濃く学べる部活動があってほしいと思いましす。 個人的に運動が苦手なのもありますが、やはり自ら学びたい事を追及… おすすめ学部:経済学部 個人的には自分も通っていたので経済学部がおすすめですが、自分の興味がある学科に進むのが一番だと思います。

次の