森山 愛子 ブログ。 森山愛子は結婚してる?(旦那・子供)カップと本名は?かわいい(画像)

森山愛子は結婚してる?(旦那・子供)カップと本名は?かわいい(画像)

森山 愛子 ブログ

9月20日(日) 9月18日(金)に行われました 森山愛子さんのキャンペーンレポです。 昨年の7月23日に『恋酒』で当店初のキャンペーンでしたので今回で2回目ということで自身の等身大の歌とも言える8月5日に発売になったばかりの「『東京挽歌』でのキャンペーンとなりました。 まず朝、開店前にお越しくださったのは、珍しく女性のお客様のみで普段とは違う雰囲気かな?と感じつつも開店後はいつも通り熱烈男性陣が来てくださいました、2時スタートは珍しいので時間に戸惑っていたようでした そんなこんなでとりあえず、愛子さんは1時半前に到着。 そして町田の複雑な地形に困惑するマネージャーさんも何とか無事到着。 慌ただしく音合わせ等々の確認事項を済ませ、あっという間にスタートの時間に 仕切りはマネージャーさんです。 「お忙しい中お集まりいただきましてありがとうございます。 短い時間ではございますがお付き合いのほどよろしくお願い致します。 そしてご挨拶 「まずはデビュー曲の『おんな節』お聴きいただきました。 改めまして・・・こんにちは〜。 今日はお忙しい中、そして涼しくなったとはいえ、まだまだお暑い中、お越しいただきましてありがとうございます。 今日は新曲『東京挽歌』のキャンペーンでこちら鈴木楽器さんでは2回目のキャンペーンをやらせていただいております、 前回は昨年7月2日に発売になりました『恋酒』という歌で先程階段に貼ってあったポスターを見ましたら7月23日にこちらにお邪魔させていただいてキャンペーンやらせていただきました。 なので1年以上その日から経っておりますけど見た目は特に変わったところは無いと思いますけど(笑)自分のオリジナル曲、昭和の名曲などを交えながら短い時間ではありますけれども届けてまいります。 皆様どうぞ最後までご声援よろしくお願い致します。 鹿児島で美味しい物をたっぷりいただきましたので元気いっぱいです、それでは次の曲は前回こちらでキャンペーンでお世話になりました、 『恋酒』お聴きください」とお話をしてから歌っていただきました。 「私の恩師の水森英夫先生の元では3年9ケ月間のレッスン期間がありました。 その中で昭和の名曲を約300曲近くレッスンをしていただいたんですけれども、毎回こうして新曲キャンペーンをやらせていただく際に昭和の名曲も何曲か歌わせていただいております。 今日も2曲ほど歌わせていただきたいなぁと思いますけどまずは、春日八郎さんの『赤いランプの終列車』そしてもう1曲は全曲集の中にも入っております『宗右衛門町ブルース』を聴いていただきたいと思います。 まずは 『赤いランプの終列車』からお聴きください」とお話して歌っていただきました。 「続きましては、ご存知の方は一緒に歌ってください 『宗右衛門町ブルース』」と曲紹介をして歌っていただきました。 「2曲続けてお届けしました。 自分のオリジナル曲『東京挽歌』を歌わせていただきました、来月の18日に放送になりますので是非ご覧になってください、BSが見られない方は見られる方のウチに行って見て下さい(笑)」 「それではここで新曲のカップリング曲をお届けいたします。 今回カップリング曲に『恋草紙』という歌をいただきました。 今までの私の曲の中でもしっとりとした艶っぽい曲調の歌で、歌詞の内容も少し大人っぽいんですけど、24歳の私には少〜し大人っぽいところがありますが、そういった点は背伸びをして歌わせていただいております。 この歌を10年20年と歌わせて頂く中で、味のある歌い方ができるようになるんじゃないかなぁと思っております。 それでは8月5日発売になりました、新曲『東京挽歌』のカップリング曲で 『恋草紙』聴いてください。 」とお話をして歌っていただきました。 「『東京挽歌』よりこっちの方が歌い易いとか、カップリング曲にしとくには勿体ないとか、そういったお声をいただいておりまして、どうしてもTVなどでは歌う機会が少ないのでこういったキャンペーンの際に歌わせていただいて、皆様にA面と言われる『東京挽歌』同様に応援をいただければと思っております。 それでは最後に・・・もう1曲だけお付き合いいただければと思います、もちろん最後は『東京挽歌』で歌わせていただきます。 この歌をいただいた時、私は運命を感じました大げさに聞こえるかも知れませんが、これは私の歌だ!と思いました。 理由とかを抜きにして直感的にこれはイケるんじゃないかと!本当に自分を奮い立たせるような、そんな1曲だなぁと感じました。 この歌は故郷を離れて都会に出てきて夢に向かって頑張る心情、姿を歌っているんですけど私も高校を卒業と同時に栃木県の宇都宮市から上京しまして、水森先生のところにはレッスンに通わせていただいていたんですけれども、歌手になれる保証は無いものだったのでアルバイトをしながら歌のレッスンに行っておりました。 今こうしてデビューさせていただくことになりまして、今年でデビュー6年目を迎えることになりました。 そんな中で、素晴らしい曲をいただくことができて今、森山愛子の歌い手としての道のりは順調に進んでいけてるんじゃないかと自身を持って皆様に言えます。 是非この『東京挽歌』は森山愛子の代表曲にできるように、どうか皆様、『東京挽歌』そして森山愛子熱いご声援をいただきましてたくさんのお力添えをいただければと思っております。 ご声援よろしくお願い致します」 「それでは今私が頑張っている新曲です 『東京挽歌』お聴きください」と曲紹介をしてフルコーラス熱唱していただきました。 サイン会、撮影会にもたくさんお並びいただきました、愛子さんのハジケる笑顔に皆さんの2ショットも笑顔満開で、ワンショットも大変アツい感じでした。 そしてこの後、昼カラオケのキャンペーンにご一緒させていただきましたがそちらも店内いっぱいで足の踏み場もないほどのお客様に囲まれて、おおいに盛り上がったキャンペーンとなりました。 森山愛子さんは本当に魅力満載ですね、24歳のハジケる笑顔、そしてカワイイ声、何といってもそう行った印象からは想像できない素晴らしい歌唱力。 これら三位一体の魅力はこういったキャンペーンでこそ感じることができるのではないでしょうか。 もちろん私も応援させていただきます。 なんせ母が栃木出身で宇都宮もなじみ深いところという要素もおおいにありますが・・・ (演担K) ブログランキング2箇所に登録しました 励みになりますので クリックお願いいたします 励みになりますので クリックお願いいたします 1日1回 クリックで各ランキングにカウントされます。 ご協力ありがとうございました 当店ホームページでは 演歌&歌謡曲の新曲試聴 もできます•

次の

森山愛子は結婚してる?(旦那・子供)カップと本名は?かわいい(画像)

森山 愛子 ブログ

9月20日(日) 9月18日(金)に行われました 森山愛子さんのキャンペーンレポです。 昨年の7月23日に『恋酒』で当店初のキャンペーンでしたので今回で2回目ということで自身の等身大の歌とも言える8月5日に発売になったばかりの「『東京挽歌』でのキャンペーンとなりました。 まず朝、開店前にお越しくださったのは、珍しく女性のお客様のみで普段とは違う雰囲気かな?と感じつつも開店後はいつも通り熱烈男性陣が来てくださいました、2時スタートは珍しいので時間に戸惑っていたようでした そんなこんなでとりあえず、愛子さんは1時半前に到着。 そして町田の複雑な地形に困惑するマネージャーさんも何とか無事到着。 慌ただしく音合わせ等々の確認事項を済ませ、あっという間にスタートの時間に 仕切りはマネージャーさんです。 「お忙しい中お集まりいただきましてありがとうございます。 短い時間ではございますがお付き合いのほどよろしくお願い致します。 そしてご挨拶 「まずはデビュー曲の『おんな節』お聴きいただきました。 改めまして・・・こんにちは〜。 今日はお忙しい中、そして涼しくなったとはいえ、まだまだお暑い中、お越しいただきましてありがとうございます。 今日は新曲『東京挽歌』のキャンペーンでこちら鈴木楽器さんでは2回目のキャンペーンをやらせていただいております、 前回は昨年7月2日に発売になりました『恋酒』という歌で先程階段に貼ってあったポスターを見ましたら7月23日にこちらにお邪魔させていただいてキャンペーンやらせていただきました。 なので1年以上その日から経っておりますけど見た目は特に変わったところは無いと思いますけど(笑)自分のオリジナル曲、昭和の名曲などを交えながら短い時間ではありますけれども届けてまいります。 皆様どうぞ最後までご声援よろしくお願い致します。 鹿児島で美味しい物をたっぷりいただきましたので元気いっぱいです、それでは次の曲は前回こちらでキャンペーンでお世話になりました、 『恋酒』お聴きください」とお話をしてから歌っていただきました。 「私の恩師の水森英夫先生の元では3年9ケ月間のレッスン期間がありました。 その中で昭和の名曲を約300曲近くレッスンをしていただいたんですけれども、毎回こうして新曲キャンペーンをやらせていただく際に昭和の名曲も何曲か歌わせていただいております。 今日も2曲ほど歌わせていただきたいなぁと思いますけどまずは、春日八郎さんの『赤いランプの終列車』そしてもう1曲は全曲集の中にも入っております『宗右衛門町ブルース』を聴いていただきたいと思います。 まずは 『赤いランプの終列車』からお聴きください」とお話して歌っていただきました。 「続きましては、ご存知の方は一緒に歌ってください 『宗右衛門町ブルース』」と曲紹介をして歌っていただきました。 「2曲続けてお届けしました。 自分のオリジナル曲『東京挽歌』を歌わせていただきました、来月の18日に放送になりますので是非ご覧になってください、BSが見られない方は見られる方のウチに行って見て下さい(笑)」 「それではここで新曲のカップリング曲をお届けいたします。 今回カップリング曲に『恋草紙』という歌をいただきました。 今までの私の曲の中でもしっとりとした艶っぽい曲調の歌で、歌詞の内容も少し大人っぽいんですけど、24歳の私には少〜し大人っぽいところがありますが、そういった点は背伸びをして歌わせていただいております。 この歌を10年20年と歌わせて頂く中で、味のある歌い方ができるようになるんじゃないかなぁと思っております。 それでは8月5日発売になりました、新曲『東京挽歌』のカップリング曲で 『恋草紙』聴いてください。 」とお話をして歌っていただきました。 「『東京挽歌』よりこっちの方が歌い易いとか、カップリング曲にしとくには勿体ないとか、そういったお声をいただいておりまして、どうしてもTVなどでは歌う機会が少ないのでこういったキャンペーンの際に歌わせていただいて、皆様にA面と言われる『東京挽歌』同様に応援をいただければと思っております。 それでは最後に・・・もう1曲だけお付き合いいただければと思います、もちろん最後は『東京挽歌』で歌わせていただきます。 この歌をいただいた時、私は運命を感じました大げさに聞こえるかも知れませんが、これは私の歌だ!と思いました。 理由とかを抜きにして直感的にこれはイケるんじゃないかと!本当に自分を奮い立たせるような、そんな1曲だなぁと感じました。 この歌は故郷を離れて都会に出てきて夢に向かって頑張る心情、姿を歌っているんですけど私も高校を卒業と同時に栃木県の宇都宮市から上京しまして、水森先生のところにはレッスンに通わせていただいていたんですけれども、歌手になれる保証は無いものだったのでアルバイトをしながら歌のレッスンに行っておりました。 今こうしてデビューさせていただくことになりまして、今年でデビュー6年目を迎えることになりました。 そんな中で、素晴らしい曲をいただくことができて今、森山愛子の歌い手としての道のりは順調に進んでいけてるんじゃないかと自身を持って皆様に言えます。 是非この『東京挽歌』は森山愛子の代表曲にできるように、どうか皆様、『東京挽歌』そして森山愛子熱いご声援をいただきましてたくさんのお力添えをいただければと思っております。 ご声援よろしくお願い致します」 「それでは今私が頑張っている新曲です 『東京挽歌』お聴きください」と曲紹介をしてフルコーラス熱唱していただきました。 サイン会、撮影会にもたくさんお並びいただきました、愛子さんのハジケる笑顔に皆さんの2ショットも笑顔満開で、ワンショットも大変アツい感じでした。 そしてこの後、昼カラオケのキャンペーンにご一緒させていただきましたがそちらも店内いっぱいで足の踏み場もないほどのお客様に囲まれて、おおいに盛り上がったキャンペーンとなりました。 森山愛子さんは本当に魅力満載ですね、24歳のハジケる笑顔、そしてカワイイ声、何といってもそう行った印象からは想像できない素晴らしい歌唱力。 これら三位一体の魅力はこういったキャンペーンでこそ感じることができるのではないでしょうか。 もちろん私も応援させていただきます。 なんせ母が栃木出身で宇都宮もなじみ深いところという要素もおおいにありますが・・・ (演担K) ブログランキング2箇所に登録しました 励みになりますので クリックお願いいたします 励みになりますので クリックお願いいたします 1日1回 クリックで各ランキングにカウントされます。 ご協力ありがとうございました 当店ホームページでは 演歌&歌謡曲の新曲試聴 もできます•

次の

森山愛子さんキャンペーン

森山 愛子 ブログ

9月20日(日) 9月18日(金)に行われました 森山愛子さんのキャンペーンレポです。 昨年の7月23日に『恋酒』で当店初のキャンペーンでしたので今回で2回目ということで自身の等身大の歌とも言える8月5日に発売になったばかりの「『東京挽歌』でのキャンペーンとなりました。 まず朝、開店前にお越しくださったのは、珍しく女性のお客様のみで普段とは違う雰囲気かな?と感じつつも開店後はいつも通り熱烈男性陣が来てくださいました、2時スタートは珍しいので時間に戸惑っていたようでした そんなこんなでとりあえず、愛子さんは1時半前に到着。 そして町田の複雑な地形に困惑するマネージャーさんも何とか無事到着。 慌ただしく音合わせ等々の確認事項を済ませ、あっという間にスタートの時間に 仕切りはマネージャーさんです。 「お忙しい中お集まりいただきましてありがとうございます。 短い時間ではございますがお付き合いのほどよろしくお願い致します。 そしてご挨拶 「まずはデビュー曲の『おんな節』お聴きいただきました。 改めまして・・・こんにちは〜。 今日はお忙しい中、そして涼しくなったとはいえ、まだまだお暑い中、お越しいただきましてありがとうございます。 今日は新曲『東京挽歌』のキャンペーンでこちら鈴木楽器さんでは2回目のキャンペーンをやらせていただいております、 前回は昨年7月2日に発売になりました『恋酒』という歌で先程階段に貼ってあったポスターを見ましたら7月23日にこちらにお邪魔させていただいてキャンペーンやらせていただきました。 なので1年以上その日から経っておりますけど見た目は特に変わったところは無いと思いますけど(笑)自分のオリジナル曲、昭和の名曲などを交えながら短い時間ではありますけれども届けてまいります。 皆様どうぞ最後までご声援よろしくお願い致します。 鹿児島で美味しい物をたっぷりいただきましたので元気いっぱいです、それでは次の曲は前回こちらでキャンペーンでお世話になりました、 『恋酒』お聴きください」とお話をしてから歌っていただきました。 「私の恩師の水森英夫先生の元では3年9ケ月間のレッスン期間がありました。 その中で昭和の名曲を約300曲近くレッスンをしていただいたんですけれども、毎回こうして新曲キャンペーンをやらせていただく際に昭和の名曲も何曲か歌わせていただいております。 今日も2曲ほど歌わせていただきたいなぁと思いますけどまずは、春日八郎さんの『赤いランプの終列車』そしてもう1曲は全曲集の中にも入っております『宗右衛門町ブルース』を聴いていただきたいと思います。 まずは 『赤いランプの終列車』からお聴きください」とお話して歌っていただきました。 「続きましては、ご存知の方は一緒に歌ってください 『宗右衛門町ブルース』」と曲紹介をして歌っていただきました。 「2曲続けてお届けしました。 自分のオリジナル曲『東京挽歌』を歌わせていただきました、来月の18日に放送になりますので是非ご覧になってください、BSが見られない方は見られる方のウチに行って見て下さい(笑)」 「それではここで新曲のカップリング曲をお届けいたします。 今回カップリング曲に『恋草紙』という歌をいただきました。 今までの私の曲の中でもしっとりとした艶っぽい曲調の歌で、歌詞の内容も少し大人っぽいんですけど、24歳の私には少〜し大人っぽいところがありますが、そういった点は背伸びをして歌わせていただいております。 この歌を10年20年と歌わせて頂く中で、味のある歌い方ができるようになるんじゃないかなぁと思っております。 それでは8月5日発売になりました、新曲『東京挽歌』のカップリング曲で 『恋草紙』聴いてください。 」とお話をして歌っていただきました。 「『東京挽歌』よりこっちの方が歌い易いとか、カップリング曲にしとくには勿体ないとか、そういったお声をいただいておりまして、どうしてもTVなどでは歌う機会が少ないのでこういったキャンペーンの際に歌わせていただいて、皆様にA面と言われる『東京挽歌』同様に応援をいただければと思っております。 それでは最後に・・・もう1曲だけお付き合いいただければと思います、もちろん最後は『東京挽歌』で歌わせていただきます。 この歌をいただいた時、私は運命を感じました大げさに聞こえるかも知れませんが、これは私の歌だ!と思いました。 理由とかを抜きにして直感的にこれはイケるんじゃないかと!本当に自分を奮い立たせるような、そんな1曲だなぁと感じました。 この歌は故郷を離れて都会に出てきて夢に向かって頑張る心情、姿を歌っているんですけど私も高校を卒業と同時に栃木県の宇都宮市から上京しまして、水森先生のところにはレッスンに通わせていただいていたんですけれども、歌手になれる保証は無いものだったのでアルバイトをしながら歌のレッスンに行っておりました。 今こうしてデビューさせていただくことになりまして、今年でデビュー6年目を迎えることになりました。 そんな中で、素晴らしい曲をいただくことができて今、森山愛子の歌い手としての道のりは順調に進んでいけてるんじゃないかと自身を持って皆様に言えます。 是非この『東京挽歌』は森山愛子の代表曲にできるように、どうか皆様、『東京挽歌』そして森山愛子熱いご声援をいただきましてたくさんのお力添えをいただければと思っております。 ご声援よろしくお願い致します」 「それでは今私が頑張っている新曲です 『東京挽歌』お聴きください」と曲紹介をしてフルコーラス熱唱していただきました。 サイン会、撮影会にもたくさんお並びいただきました、愛子さんのハジケる笑顔に皆さんの2ショットも笑顔満開で、ワンショットも大変アツい感じでした。 そしてこの後、昼カラオケのキャンペーンにご一緒させていただきましたがそちらも店内いっぱいで足の踏み場もないほどのお客様に囲まれて、おおいに盛り上がったキャンペーンとなりました。 森山愛子さんは本当に魅力満載ですね、24歳のハジケる笑顔、そしてカワイイ声、何といってもそう行った印象からは想像できない素晴らしい歌唱力。 これら三位一体の魅力はこういったキャンペーンでこそ感じることができるのではないでしょうか。 もちろん私も応援させていただきます。 なんせ母が栃木出身で宇都宮もなじみ深いところという要素もおおいにありますが・・・ (演担K) ブログランキング2箇所に登録しました 励みになりますので クリックお願いいたします 励みになりますので クリックお願いいたします 1日1回 クリックで各ランキングにカウントされます。 ご協力ありがとうございました 当店ホームページでは 演歌&歌謡曲の新曲試聴 もできます•

次の