スペイン 風邪 歴史。 コロナウイルス対策 100年前のスペイン風邪から学べ!

スペインかぜのパンデミック、中国起源説とその教訓

スペイン 風邪 歴史

1919年当時の日本の総人口は約5500万人なので、一時は人口の4割近くが感染した計算になる。 もっとも、統計によって数字にバラツキがあるので、正確性については多少、割り引いて考える必要があるが、広範囲に感染が拡大したのは間違いない。 ただ、全期間を通しての死亡率は1. 6%なので、当時の衛生状態を考えると、それほど危険とまでは言えないかもしれない。 では、当時の経済はどのような状況だったのだろうか。 1917年の実質GDP(当時はGNP)成長率は9. 0%、1918年は8. 6%、1919年は5. 0%と高成長が続いていた。 感染が終息した後の1920年はマイナス成長に転じているが、総じて経済は好調だった。 当時の日本は新興国なので基本的に高成長だったが、それでもこの成長率はほかの時期と比較してかなり高い。 実は、この頃の日本経済は、第1次世界大戦特需によって絶好調という状況だった。 大戦の勃発によって欧州の企業活動が大幅に縮小したことで、戦争とはほぼ無縁だった日本企業には数多くの注文が舞い込んだ。 各社は空前の好業績となり、株価も急騰。 賃金も上昇したことから、雰囲気的には1980年代のバブル経済のような状態になった。 株長者が続出し「成金」という言葉がメディアを飾った。 スペイン風邪はこうした中で発生したので、初期段階では景気に対してそれほど大きな影響を与えなかった。 アメリカも日本と同様、戦争による直接的な被害を受けなったので、経済は順調に推移していた。 欧州は大戦による被害が大きかったが、英国経済は何とか横ばいを保っていた。 景気には直接影響を与えなかったが… 図は日本国内における、スペイン風邪の死亡者数と株価の推移を示したものである。 当時は日経平均のような株価指数は存在しておらず、東京株式取引所(東株)の株価が指数代わりに用いられていたので、新株分を調整した株価を指数として用いた。 それによると感染による死者が急増した1918年には、2回目となる株価バブルがスタートしており、スペイン風邪の影響はあまり見られない。 ところが、株価バブルの頂点と、感染ピークの2回目はほぼ一致しており、感染爆発と同時に株価は暴落し、その後、長い不況に突入する結果となった。 第1次世界大戦後の不況はかなり長引き、10年間のデフレを経て昭和恐慌へとつながっていく。 当時の日本政府は、今と同様、学校の一斉休校を実施したり、イベントの自粛を呼びかけるといった施策を行っている。 また、マスクの着用やうがい手洗いの実施が呼びかけられており、これも今の施策と近い。 だが、一連の対策が極めて有効に作用したのかというとそうでもなく、結局のところ、多くの人が感染し、集団免疫を獲得することで、終息に向かったと見てよい。

次の

インフルエンザ流行の歴史と公衆衛生の役割 /逢見 憲一 (国立保健医療科学院生涯健康研究部)

スペイン 風邪 歴史

ちょうど100年前、1918年に、医学の歴史上、最悪の大惨事があったんだけど、何かわかりますか。 それは、いわゆるスペイン風邪の流行です。 1918年といえば、第一次世界大戦の最中。 もちろん戦争自体も大変なことだったけど、スペイン風邪の猛威は戦争の悲惨さをはるかに上回るものだった。 1918年から1919年の間に世界人口の20%が罹患し、そのうち6000万人が死んだ。 これは第一次世界大戦の死亡者の約3倍にあたる。 戦争のドンパチで死んだ人より、スペイン風邪のせいで死んだ人のほうが断然多かったわけ。 また、この数字は、第二次世界大戦の死亡者数に匹敵する。 たとえば、癌は怖い病気ってされてるけど、人類規模の目線で言えば全然怖くない。 個人が散発的に亡くなるような疾患は、種全体の存続を脅かすようなことにはならない。 本当に恐るべきは、感染症だ。 癌で人類が滅亡する、ということは考えにくいけど、ある種の感染症ではそういうことが普通に起こり得る。 これほどまでに多数の命を奪った感染症なんだけど、1919年以後、同様のパンデミックは起こっていない。 大惨事から百年が経ったが、スペイン風邪とは何だったのか。 たまたま世界戦争中に起こった不幸な流行病だったのか。 それとも、、、 以下はHenry Makowという人の文章から、僕がテキトーに訳したものです。 真偽のほどは知りません。 1948年、ゲシュタポの元長官ハインリヒ・ミュラーはCIAの取り調べに対し、「1918年のインフルエンザ・パンデミックは人工的に起こされたものだ」と語った。 「1918年3月カンザス州ライリーで米軍による細菌実験が行われていた。 兵士をウィルスに感染させる人体実験をしていたのだが、何らかのミスがあったのか想定外だったのか、細菌部隊の『手に負えなくない』事態になってしまった」 スペイン風邪は、世界を裏で操るエリート層の人口削減計画の一端だったとの声もある。 こうした計画は今も一部で着々と進行しており、スペイン風邪の原因ウィルスと鳥インフルエンザウィルス(2005年)の類似性が指摘されている。 スペイン風邪(Spanish Flu)と言われているが、それは世界で最初の報告例がスペインだったからである。 アメリカ、イギリス、ドイツなど各国でこの流行病の死者が記録されていたが、戦時下にあるこれらの国が正確なデータなど公表するはずもない。 中立国だったスペインがバカ正直に症例を報告したがために、自国の名称を冠した不名誉な病気の名前を付けられた、というだけのことである。 また、いわゆる現在我々が言うところのインフルエンザという疾患概念は1933年に成立したものであって、1918年当時の人々にとっては、インフルエンザが流行している、という認識はなかった。 米軍の軍事施設から制御不能となったパンデミックであるから、アメリカ国内で猛威をふるったのは当然である。 当時の米国民の28%が罹患し、50万人から67万5千人が死亡した。 しかし被害は米国にとどまらなかった。 英国で20万人、フランスで40万人が死亡した。 アラスカや南アフリカでは村の部落の全員が死亡し、村そのものが消滅した、との報告がある。 オーストリアでは1万人、フィジー諸島ではわずか2週間の間に全島民の14%が死亡した。 実に、1918年のパンデミックは空前の事態であり、デング熱、コレラ、チフスなどと誤診されることが多かった。 特筆すべき症状としては、粘膜(特に鼻、消化管)からの出血である。 耳からの出血や皮膚の点状出血もしばしば観察された。 また、この病気に特徴的なのは、死亡者の99%が65歳以下、特に20歳から40歳の若年成人であったことである。 こんな感染症は他に例がない。 というのは、通常インフルエンザで命を落とすのは小児(特に2歳以下)や高齢者(70歳以上)だからである。 1944年ベルリンで行われたナチスの細菌戦対策会議で、ドイツ陸軍衛生部隊の主任ウォルター・シュライバー将軍は、ミュラーにこう語った。 「1927年に私はアメリカに2か月ほど滞在し、米軍の衛生部隊の責任者と話したのだが、そこで彼らははっきりこう言っていた。 『我々は二重攻撃ウィルス double blow virus の開発に成功し、1914年の戦争で使用した。 当初は降伏したドイツ兵の殺傷を目的としていたのだが、その病原体は細菌部隊にも制御不能の事態になった』とのことだ。 」 CIAベルン支局の所長ジェイムズ・クロンタールは、「double blow virusとは何だ」と尋ねた。 ミュラーは「ご存知のように、私は医者でも科学者でもないが」と前置きした上で、以下のように答えた。 「double blowとは、ボクサーのパンチのように効くウィルスだ。 最初の一撃で、まず、免疫系を攻撃する。 これにより、二発目の打撃に対する防御力を低下させる。 そして二発目の打撃は、肺炎だ。 しかし免疫力の低下した状態では、致命的となる。 シュライバーから、この細菌兵器を実際に開発したのはイギリスの科学者だと聞いた。 この細菌兵器の恐ろしいところは、病原体がそれ自身、変化することだ。 最初は制御可能なものだったとしても、すぐに変化して、開発者にも手が付けられなくなってしまう」 上記のスペイン風邪についての会話は、チフスについて話しているときにたまたま言及されたのだった。 ナチスは収容所のロシア人捕虜にチフス菌を注射し、300万人を殺した。 チフス感染はアウシュビッツおよびその他の収容所にも広まった。 米ソ冷戦のさなか、ミュラーはこう語った。 「もしスターリンがヨーロッパを侵略するなら、スターリンの兵士のなかに病原菌をばらまけばいい。 それだけで軍は崩壊し、ヨーロッパは守られるだろう。 小さな病原菌の一瓶と、原爆一個、どちらが安上がりかは明らかだろう。 おまけに、スターリンの側は、兵士を食わせ、服やら弾薬やらを支給しないといけないが、こちら側の持つ病原菌の一瓶は、何万人もの兵士に匹敵する働きをするのだ。 一方、戦争の不安があるおかげで、経済には大変な恩恵があるのも事実だ」 生物兵器?そんなもの、本当にあるのか?というのが世間一般の普通の反応だろうと思います。 個人的には当然あると思っています。 2006年の鳥インフルエンザも、米軍による意図的な病原体の散布によるものだと思います。 でも、生物兵器の存在を信じない人を説得しようとかは全然思いません。 ただ、ひとつ、以下に科学的なデータを提示します。 生物兵器の存在を肯定する人、否定する人、どちらにも有用な情報だと思います。 鳥インフルエンザの症状として特徴的なのは、鼻出血や歯肉出血など、粘膜からの易出血性です。 これは、壊血病の症状と同じです。 つまり、鳥インフルエンザウィルスが感染すると、感染者の体内ではビタミンCが急速に消費され、急性の低アスコルビン酸血症を呈します。 治療法は、可能な限りすぐにビタミンCを投与することです。 50gのアスコルビン酸を静脈点滴で行い、これを4時間ごとに繰り返します。 同時に経口からもビタミンCのサプリメント 5gを1時間おきに 摂取します。 これで数日で回復します。

次の

感染症

スペイン 風邪 歴史

キャプション:フランスの風刺雑誌「La Baionnette」。 スペイン風邪がはやった1919年に発行されたもの 画像提供:アフロ 新型コロナウイルスが猛威を振るっている。 世界保健機関(WHO)は、肺炎の感染拡大に対処するとして「緊急事態」を宣言した。 今のところ治療法もワクチンもなく、中国に拠点を持つ日本企業は緊急体制に入っている。 感染が短期間で世界的に拡大し、多数の人々が年齢を問わず感染する「パンデミック」。 人類はこれまで何度もこうした状況を経験してきた。 近現代においてその中で最も世界を脅かしたものは、「スペイン風邪」だろう。 インフルエンザの一種であり、第1次世界大戦のさなかに瞬く間に世界中に広がった。 20世紀初頭は「ウイルス」という概念がまだ新しく、抗生物質も発見されていない。 手洗いやうがい、患者の隔離といったことしか手だてがなかった。 約5億人、世界の人口の約50%が感染し、25%が発症。 死者は5000万人ともそれ以上ともいわれている。 日本では1918年の11月に全国的に流行し、3年間で人口の約半数の2380万人がかかり、約39万人が死亡したと報告されている。 インフルエンザの名前の 由来は「星の影響」 そもそも「インフルエンザ」はいつから人類を脅かしているのか。 起源について調べてみると、平安時代の歴史書『日本三代実録』内に、「京都だけではなくほぼ全国にわたって多くの人が『咳逆』を患い、多数の死者が出ている」といった内容の記述がある。 さらにさかのぼると、紀元前412年に古代ギリシャの医者、ヒポクラテスが「突然、住民たちが高熱を出し、震えや咳が止まらなくなった。 たちまち村中にこの症状が広がり住民たちは怯えたが、すぐに去っていった」という記録を残している。 しかしインフルエンザという概念の成立はここ100年。 いずれも実際にインフルエンザだったかどうかの真偽は不明だ。 インフルエンザの言葉の由来は「Influentiacoeli」という単語。 ラテン語で「星の影響」を意味する。 毎年、冬から春にかけて流行するという周期性から、16世紀にイギリスの占星術師がこのように呼んだとのことだ。 これまで何度もパンデミックは世界の歴史に大きな影響を与えてきた。 前述のスペイン風邪は戦力不足を招き、第1次世界大戦の終結を早めたという。 今回の新型コロナウイルスは米中貿易戦争にどのような影響を与えるのだろうか。 「日本史」も「世界史」もない そこにはただ「歴史」があるだけ の第1特集は、「世界史でわかる 日本史」です。 本特集は、「世界史から日本史を捉え直す」ことで、歴史を「つまらない」とか「興味はあるけど遠い」と思っている人たちの思い込みを覆すことを目指しています。 「群盲象を表す」というインドの寓話があります。 象の一部分だけを各々が触っても、それが象とはわからずに意見が食い違うというものです。 お互いの話をよく聞いて組み合わせてみると像であることがわかったとか、あるいは第3者から指摘を受けたことでわかったとか、様々な形で世界中にこの話は広がっています。 歴史も同じです。 日本史を知るためには世界史を学ばなければなりません。 日本は独自に歴史を積み重ねてきたわけではなく、直接的にも間接的にも世界と連動しています。 本来は「日本史」も「世界史」も存在しません。 そこにはただ「歴史」があるだけです。 「日本史」「世界史」という区分けは本来存在せず、教育システムや受験勉強のために便宜上、分けられたにすぎません。 それが歴史を学ぶ意欲を失わせているのです。 「想定外」という言葉は、歴史の不勉強による想像力の欠如から発せられます。 日常でもビジネスでも何が起こるか分からないこの時代。 本特集をきっかけに、あらためて歴史を学んでみてください。 読み終える頃にはきっと歴史に対する見方が変わっていることでしょう。 何より、あなた自身も「歴史」の執筆者であることを意識しているはずです。 製薬業界関係者から20日早朝に届いたメールの件名を見て、飛び起きました。 コロナ治療薬として企業治験中のアビガンに関し自信満々の経営者インタビュー記事を、ダイヤモンドオンラインで配信したばかりだったからです。 メールの内容は企業治験とは別に行われている医大などの臨床研究で、「現時点では十分な科学的根拠を得られていない」とする各種報道を紹介するもの。 安倍晋三首相は5月4日、月内の薬事承認を目指すと表明しましたが、メールの送信者は「このままいくと科学的根拠のない薬剤を政府判断で承認する前代未聞の大事件になる」と警戒します。 治療薬の登場は渇望しますが、エビデンスに基づいた冷静な対応を願います。

次の