セールス フォース タブロー。 グーグル合同会社 「社員クチコミ」 就職・転職の採用企業リサーチ OpenWork(旧:Vorkers)

グーグル合同会社 「社員クチコミ」 就職・転職の採用企業リサーチ OpenWork(旧:Vorkers)

セールス フォース タブロー

ダウ平均は78. 74ドル高の26062. 68、ナスダックは81. 07ポイント高の7823. 17で取引を終了した。 トランプ政権がメキシコからの輸入品に対する関税引き上げの延期を発表し、アジア・欧州株が全面高となった流れを受け、米国株も買いが先行。 NYでヘリコプター衝突事故が発生し、一時下落する場面も見られたが、終日堅調推移となった。 セクター別では、半導体・半導体製造装置や小売が上昇する一方で電気通信サービスや公益事業が下落した。 メキシコへの関税引き上げが延期され、同国に工場を持つ自動車大手のフォード F やゼネラル・モーターズ GM が堅調推移。 ソフトウェアのタブロー・ソフトウェア DATA は、クラウドベースの顧客管理ソフトなどのセールス・フォース CRM による153億ドルでの買収に合意し30%を超す急騰。 電気自動車のテスラ TSLA は、一部アナリストによる投資判断引き上げを受け上昇。 一方で、機会関連複合企業のユナイテッド・テクノロジーズ UTX は、防衛企業のレイセオン RTN との統合を発表したものの、トランプ大統領が懸念を示し下落した。 不法移民を巡り合意に達したため、米国のトランプ政権が対メキシコ関税発動を見送ったことや、トランプ大統領が中国との貿易合意の可能性に言及したためリスク選好の円売り・ドル買いが優勢となった。 その後、米4月JOLT求人件数が予想を下回ったほか、マンハッタンでのヘリコプター墜落事故を受けテロなどの警戒感が浮上し、リスク選好の動きはやや後退した。 ユーロ・ドルは、1. 1291ドルまで下落後、1. 1325ドルまで反発し、1. 1312ドルで引けた。 ユーロ・円は、122円63銭から122円85銭のレンジで上下に振れた。 ポンド・ドルは、1. 2653ドルから1. 2705ドルまで反発。 タカ派で知られるイングランド銀行(英中銀)金融政策委員会のソーンダーズ委員が利上げの必要性を主張したため、ポンド買いが強まった。 ドル・スイスは、0. 9920フランまで上昇後、0. 9885フランまで下落した。 26ドル、利食い売りが上値を抑える NY原油先物7月限は反落(NYMEX原油7月限終値:53. 73)。 73ドルの53. 26ドルで通常取引を終えた。 時間外取引を含めた取引レンジは53. 84ドル。 主要産油国による減産体制は維持されるとの見方はあるものの、世界経済の減速によって原油需要は大幅に減少するとの懸念は消えていないことから、短期筋などの利食い売りが観測された。 96%) モルガン・スタンレー(MS) 43. 38%) ゴールドマン・サックス(GS)194. 27%) インテル(INTC) 46. 67%) アップル(AAPL) 192. 28%) アルファベット(GOOG) 1080. 35%) フェイスブック(FB) 174. 85%) キャタピラー(CAT) 125. 03%) アルコア(AA) 21. 65%) ウォルマート(WMT) 107. 38%) スプリント(S) 6. 99ドル -0. 11ドル(-1. 55%)《SF》.

次の

3大クラウドを比較!AWS(Amazon・アマゾン)、GCP(Google・グーグル)、Azure(Microsoft・マイク|ferret

セールス フォース タブロー

同社が第6のクラウドと位置づける分析サービスの存在を、CEOのマーク・ベニオフ(Marc Benioff)氏自身がTwitterで明かして話題になっていたものだ(参考記事:)。 同社は、「Wave」と呼ぶ分析プラットフォーム技術を次のように説明している。 「Waveはすべてがビジネスユーザーのために設計された分析プラットフォーム技術である。 だれでも簡単に必要なデータを調査でき、ビジネス上の新しい洞察を浮かび上がらせる。 得られた洞察は、ビジネスユーザーはいかなるデバイスからでも瞬時にアクションを起こすことができる」 Dreamforce 2014の会場内の至る所に掲げられたAnalytics Cloudの横断幕。 セールスフォースが「当社第6のクラウド」と位置づける戦略サービスだ このWaveを基盤に新たに提供される「Analytics Cloud」は、ビジネスユーザーがExcelのような容易な操作でアドホックな分析を可能にする、いわゆるセルフサービスBIやアジャイルBIと呼ばれるカテゴリーに属するクラウドサービスだ。 昨今のビッグデータ活用の潮流に乗って、米タブロー・ソフトウェアの「Tableau」や米クリックテックの「QlikView」など、新興ベンダーの製品が勢いづくホットな市場に、今回、クラウド大手のセールスフォースが割って入ることになる。 市場では最後発となるAnalytics Cloudのアドバンテージはどこにあるのか。 Analytics Cloudでは、「Service Cloud」や「Sales Cloud」、「Marketing Cloud」といった同社のクラウドサービスのユーザーが、自分の望む調査・分析を簡単に行うことができ、そのうえ、迅速な意思決定のためのカスタムモバイル分析アプリケーションを構築することができる。 もう1つのアドバンテージとして、セールスフォースは、Salesforceクラウドサービス以外の外部データソースも分析対象にでき、ビジネスユーザーのみならず、社内のアナリストの分析ニーズも満たす点を挙げる。 Salesforce Analytics Cloud部門のトップ、キース・ビゲロー氏 米セールスフォース・ドットコムでSalesforce Analytics Cloud部門のシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーのキース・ビゲロー(Keith Bigelow)氏によると、Analytics Cloudに外部データを取り込む方法は大きく2つあるという。 「1つ目の方法は、米インフォマティカをはじめとする、セールスフォースの6社のデータ統合パートナーからのサポート。 彼らのETL(抽出、変換、ロード)やコネクタの技術によって従来型のデータウェアハウスからAnalytics Cloudにデータを持ってくることができる」。 また、2つ目の方法として、ビゲロー氏はWaveプラットフォームに、分散キーバリューストア(KVS)を採用し、構造化データ/非構造化データを問わず、任意のデータソースを柔軟に分析対象にできることをアピールした。 10月20日より英語版が販売開始される(今後、追加の言語をサポート予定)。

次の

今週注目の3銘柄:ターゲット、セールスフォース・ドットコム、ホーム・デポ

セールス フォース タブロー

com) 新型コロナウイルスは中国以外の地域にも広がり続け、市場の関心を集めている。 コロナウイルスの感染者数は78000人を上回り、2400人余りが死亡している。 中国以外では、韓国やイラン、イタリアなどで死亡事例が報告されている。 イランでは過去2日間で18人の感染が確認され、そのうち4人が死亡している。 NYダウ平均株価は先週の金曜日(21日)、0. 78%安となった。 コロナウイルスが米国や世界経済に対して、予想を上回る悪影響をもたらすと見られている。 コロナウイルスが懸念される中、今週は一部の大企業が決算報告を行う。 以下の3銘柄に注目すべきである。 予想売上高は257億ドル、予想EPSは2. 11ドルとなっている。 堅調な個人消費支出を背景に、同社は過去数年間に渡って成長を遂げてきた。 しかし、前四半期の決算報告では、アナリスト予想を下回り、年間成長見通しを下方修正した。 同社の21日の終値は245. 34ドルとなっており、年初来で12%以上上昇している。 このことから、同社の業績への期待が高まっていることが窺える。 予想売上高は47億ドル、予想EPSは0. 56ドルとなっている。 同社は12月上旬の第3四半期決算以降、株価が約17%高となっている。 同社の強気な年間業績見通しが、株価を下支えしている。 RBCキャピタルマーケッツは1月「セールスフォースは2020年に大きく上昇する可能性がある」と述べ、同社をトップピック銘柄に指定した。 アナリストのAlex Zukin氏は、同社の売上増加率が2024年度には20%を超えると見ており、同株を「重要な戦略的資産」としている。 同社の成長を牽引する要因は、昨年に153億ドルで買収したタブローソフトウェアである。 買収は株式交換で行われ、同社にとって過去最大の買収であった。 この買収は、同社がビジネスインテリジェンスへ参入する一歩となった。 同社によると、今回の買収によって売上が増加したものの、マイクロソフト NASDAQ:MSFT やオラクル NYSE:ORCL とはこれまで以上に激しく競合するとのこと。 同社は昨年、レストランやスーパーマーケットを通じて急速な成長を実現してきた。 今後は、その成長を持続させるための新商品や広告を打ち出していく。 ビヨンドミートは現在、米国のカールスジュニアやハーディーズ、ダンキンドーナツと提携を結んでおり、最近はカナダのサブウェイとの提携を発表した。 タイソン・フーズ NYSE:TSN やスミスフィールド・フーズ OTC:WHGLY 、ネスレ OTC:NSRGY 、ケロッグ・カンパニー NYSE:K などの大手食品メーカーは、人口肉市場への参入を目論んでおり、ビヨンドミートにとって逆風となっている。 同株は5月1日に1株当たり25ドルで新規株式公開(IPO)を実施し、その後急騰した。 7月末には、過去最高値の239. 71ドルを記録した。 その後、株価は大幅に下落したものの、年初来では55%上昇した。 著者:ハリス アンワル (提供:Investing. comより).

次の