渋谷 西武。 渋谷駅の歴史そして東急vs西武の攻防

トータルビューティ&スパ ネクストソシエ 西武渋谷店【公式】

渋谷 西武

渋谷駅の歴史 渋谷駅は1885(明治18)年に日本鉄道品川線の駅として開業しました。 当時の駅は現在の位置より約300m南にありました。 現在の位置へは1917(大正6)年に移動しています。 当時まだ現在の山手線は全線開通していませんでした。 品川線とは、赤羽から現在の赤羽線(運行上は埼京線と呼称)で池袋に、池袋から現在の山手線で新宿、渋谷を通って品川に至る路線でした。 1901(明治34)年に品川線は豊島線と統合して山手線という呼称になりました。 当時はまだ現在の東京駅ができてなく、山手線は上野-池袋-新宿-渋谷-品川、赤羽-池袋-新宿-渋谷-品川という二通りの運行がある路線で、環状線ではありませんでした。 その後の渋谷駅の発展の様子 1907(明治40)年 玉川電気鉄道玉川線の渋谷駅開業(現在は地下に潜って田園都市線となっていますが、当時 は路面電車でした) 1927(昭和2)年 東京横浜電鉄(現在の東急電鉄)東横線の渋谷駅が開業 1933(昭和8)年 帝都電鉄渋谷線(現在の京王電鉄井の頭線)渋谷駅と東横百貨店(現在の東急百貨店東横店)が開業 1938(昭和13)年 玉川電気鉄道が東京横浜電鉄に吸収合併、東京高速鉄道線(現在の東京メトロ銀座線)渋谷駅が開業 1969(昭和44)年 東急玉川線廃止 1977(昭和52)年 東急新玉川線(現在の田園都市線)渋谷駅開業 1978(昭和53)年 営団地下鉄 現在の東京メトロ)半蔵門線渋谷-青山一丁目間開業、東急新玉川線と直通運転を開始 2008(平成20)年 東京メトロ副都心線渋谷駅開業 当初は後に国有化された日本鉄道の駅として開業した渋谷駅ですが、東横線開業を機に東急の色が濃くなっていき、東横百貨店が開業すると渋谷は東急の街になります。 しかし、東京の私鉄のもう一つの雄、西武鉄道も百貨店関連で渋谷に進出してきます。 1968(昭和43)年 西武百貨店渋谷店開業 1973(昭和48)年 渋谷パルコ開業 1975(昭和50)年 パルコパート2開業 1986(昭和61)年 西武百貨店シード館開業 1987(昭和62)年 西武百貨店ロフト館開業 公園通り、スペイン坂などの新しいネーミングも行われ、東急の街に楔を打ち込みました。 これに対し東急も開発を加速します。 1967(昭和42)年 東急百貨店本店開業 1979(昭和54)年 ファッションコミュニティ109開業 1988(昭和63)年 Bunkamura開業 それ以前、東急と西武は箱根と伊豆で激しく対立しました。 1947年に始まった箱根での開発競争は、箱根山戦争と呼ばれ、1961年まで続きました。 また同時期に勃発した伊豆東海岸での開発競争は、伊豆戦争と呼ばれました。 これらの競争が、渋谷に引き継がれるかたちとなったのです。 1984(昭和59)年には東急が池袋に東急ハンズ池袋店を開業し、西武のターミナルに楔を打ち返しました。 渋谷駅周辺の歴史は、東急と西武との競争の歴史という一面もあります。 この競争のおかげで、渋谷の商業施設はファッション性の高い、いわゆるオシャレなものになっています。 やはり競争のあるところ、サービスの質が上がります。 地下で広がった渋谷駅 渋谷駅は、何年もかけて駅の改修工事を行い、昔とは全く違う様相となりました。 特に変わった点は、東横線が地下に入ったことで、昔は地上にあった東横線へのホーム乗り口がなくなってしまい、これは話題にもなりました。 さらに、副都心線と東横線が完全につながり、横浜市から埼玉県まで、乗り換えなしで1本で行けるようになり、便利になりました。 ところが、渋谷駅が変わってから、正直何度利用しても混乱状態です。 というのも時刻表を見ながら渋谷駅に着いても駅構内はあまりにも出口が多すぎて駅構内図を見てもいつも自分がどこに出ればよいのかわからないのと、線路が東横線に関しては1本ではなくいくつかあり、どの場所に着くのか違うだけで自分がどこにいるのか理解できなくなってしまうからです。 私の場合は迷ったらまずハチ公口を目指し、駅周辺のよく待ち合わせに使うカフェを目印にしてから目的地まで行っています。 以前外人さんに渋谷のホテルの場所を聞かれた時も全く分からず交番の行き方を教えました。 地図を見ながらにしてもまだまだ分からない道が多いので早く覚えたいものです。 とはいえ今まで東横線をよく使っていたのですが、雨の時は場合によっては電車から降りるとびしょびしょになっていましたが、地下に入ったことで、線路もフルカバーされています。 なので、雨にぬれたり寒い思いをする必要がなくなったのと、色々な所に地下の通りを抜けていくことができるので、傘いらずになったのは荷物を持つことが大嫌いな私にとってはかなり良いなと思いましたし、せっかくキメたファッションも台無しにならずに済むのでうれしいです。 JR東日本渋谷駅構内図の公式ホームページはこちら.

次の

西武渋谷店アートミーツライフ|アート&カルチャー|株式会社そごう・西武

渋谷 西武

ドイツ式フットケア フスフレーゲとは フットケア、即ちフスフレーゲ Fuss・pflege は、18世紀ドイツを中心としたヨーロッパ諸国で、貴族の足を美しく保つために誕生しました。 足の健康美容法として、足専門の治療士によって始まり、いまでは各国に広まり、ポドローゲ Podologe 、キロポジスト Chiropodist 、ポダイアトリィ Podiatry などとして広がりをみせています。 足を美しく保つことは、女性にとってオシャレと健康の基本。 足のマメ・魚の目・タコや爪のトラブルをケアし、骨の関節や筋肉の緊張をほぐし、気持ちまでリラックスさせる効果があります。 足専門の健康美容法「フスフレーゲ」をお試しください。 フスフレーゲ・スペシャルケアコースのご紹介 1. フットバス 足をお湯で2~3分ほど温め、うっ血をほぐして血行を良くして、皮膚を清潔でうるおいのある状態にもどします。 バブルバスは保温・保湿効果や殺菌作用、さらに角質を柔らかくするカモミールハーブ入り。 足の緊張をやわらげます。 角質・魚の目の除去 フィットしない靴で皮膚が強くこすられると「靴ずれ」がおきます。 これをくり返すと皮膚が厚く固くなって「タコ」になります。 また細身の靴で圧迫されてできる痛い「魚の目」。 乾燥や代謝の低下によって角質化した皮膚も美しくありません。 これらを丹念に取り除きます。 足爪のお手入れ 靴の爪先が薄すぎたり細すぎると、趾(ゆび)を圧迫し爪が変形します。 変形が進むと爪の両側が肉に食い込み、化膿して激痛を伴うことがあります。 「巻き爪(陥入爪)」や圧迫による爪の変色は、自然な足の美しさをそこないます。 ドイツ独特の「ナチュラルケア」で時々お手入れしましょう。 トリートメント カモミールが主成分のクリームを取揃え、お客様に合わせて使用。 天然成分なのでアレルギー体質の方もご安心です。 コースメニュー プライマリーコース フットバス 足爪のお手入れ トリートメント 30分 5,000円(税別) ベーシックケアコース フットバス 角質・魚の目の除去 トリートメント 45分 7,000円(税別) スペシャルケアコース フットバス 角質・魚の目の除去 足爪のお手入れ トリートメント 60分 9,000円(税別) 3TO VHO ケア 巻爪のケアを致します。 特殊なワイヤーを用いて、 変形した爪を整える最新の技術です。 30分 18,000円(税別) 3TO VHO メンテナンス 装着した3TO VHO を締直し、爪の形を整えます。 45分 8,000円(税別) サロンのご案内 Eメールによるご予約の受付は行っておりません。 ご予約・お問い合わせは、下記店舗でお受けしています。 直接下記店舗にご連絡をお願いいたします。 〒111-0043 東京都台東区駒形2-5-7 営業時間:10:00~18:30 定休日:年中無休 年末年始を除く TEL:03-5806-3393 予約優先 池袋店 〒171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店2階(北ゾーンB2 婦人靴売場フットケアルーム TEL:03-5979-2151(直通) TEL:03-5949-2168(シューズステーション) 予約優先 渋谷店 〒150-8330 東京都渋谷区宇田川町21-1 西武渋谷店A館M2階コスメティック・サロン フスフレーゲ TEL:03-5784-1092(直通) 予約優先 横浜店 〒220-8510 神奈川県横浜市西区高島2-18-1 そごう横浜店地下1階婦人靴売場フスフレーゲ TEL:045-465-3141(直通) 予約優先.

次の

西武百貨店

渋谷 西武

西武渋谷店は1968年に開店しその歴史は半世紀を超えました。 開店当時から西武渋谷店は常に先進性を追い求め、渋谷を新たなクリエーティブな文化の街に築き上げてきました。 当時のパリ駐在事務所の力により、「エルメス」や「イヴ・サンローラン」など海外ブランドを次々と日本に導入。 さらに後日「DCブランド」と呼ばれる事になる日本人デザイナーの多くを世界に発信した伝説のセレクト売場「カプセル」の創造など多くの冒険を行い、西武渋谷店発の情報が日本中で注目を集めました。 また1986年には現在のモヴィーダ館の前身シード館を開設。 国内外の新進気鋭のデザイナーコラボレーション売場を立ちあげ、翌87年には現在全国に展開する「生活雑貨」ロフト館を渋谷で立ち上げました。 80年代からは現代アートの企画展示や販売を強化。 伝統芸術や有名アーティストではなく、自ら時代性のある若手アーティストを発掘起用してきました。 近年の具体的アート活動としては、「シブヤスタイル」や「現代茶会」などお客さまの生活に文化・アートを取り入れる「アート啓蒙活動」の展開、毎年東京国際フォーラムで開催される「アートフェア東京」への出展、少数民族・先住民写真のヨシダナギ、アクリル樹脂による立体金魚アートの深堀隆介、気鋭の日本画家大竹寛子などの展示イベントの開催とそれらの作品を全館に編集展開した「全館プロモーション」などを実施。 全館プロモーションでフィーチャーされた気鋭の作家の展示イベントは西武渋谷店だけでなく、そごう・西武の各店や地方の競合店へも巡回展示されており、西武渋谷店発の時代性あるコンセプト「Art Meets Life」は日本の多くの都市で歓迎され多くのお客さまを集めています。

次の