海上 自衛隊 横須賀 音楽 隊。 『海上自衛隊 東京音楽隊 中川 麻梨子さん♡♡』おおおおおさんの日記 [食べログ]

海上自衛隊大湊音楽隊第39回定期演奏会リハーサルむつ市FaceBook

海上 自衛隊 横須賀 音楽 隊

のセントラルバンドであるは、直轄部隊です。 といっても、特別の意味があるわけではありません。 大臣直轄部隊は他にもたくさんあります。 というか、すべての部隊は当然、の指揮下にあるのですが、大臣命令の「あて先」となる部隊、つまり、大臣の直下に位置している部隊のことを直轄部隊と呼んでいます。 ちょっと分かりづらいでしょうか? 具体的には、隊、横須賀• 大湊の各地方隊、教育航空集団、隊、、等が大臣直轄部隊です。 から見れば、(海軍中将)であるも、2等(海軍中佐)である長も、同じ「大臣直轄部隊の長」であり、直接命令を伝える相手なのです。 大臣直轄部隊以外の部隊は、いずれかの大臣直轄部隊の隷下部隊として編成されています。 例えば、隊・航空集団・潜水艦隊などは隊の隷下部隊ですし、横須賀・呉・・・大湊の各音楽隊は、それぞれの地方隊の隷下部隊です。 このような指揮系統を通じて、大臣の命令は末端の部隊にまで及ぶわけです。 そして大臣によるの部隊に対する指揮を補佐する幕僚機構(スタッフ・オフィス)が二つあります。 もっぱら部隊の作戦・運用に関する指揮を補佐するのが(統幕)であり、部隊の練成訓練、後方支援、隊員の教育訓練、広報などに関する指揮を補佐するのが()です。 もっとも、運用にかかるものでも、のみで完結するようなものについては、が補佐をする場合があります。 先般ご紹介したしらせによる南極観測支援業務や、遠洋練習航海などがこれにあたります。 前置きがずいぶん長くなりましたが、は、その固有の任務が「隊員の指揮高揚のための演奏」「儀式・式典における演奏」そして「広報のための演奏」ですので、もっぱらのコンを受けて活動を行っています。 でや地方の音楽隊にかかる施策を管轄しているのは、広報室です。 音楽隊は広報活動の強力なツールですから、音楽隊を充実させ、それを活用して広報戦略を展開していくのは彼らの任務の一つです。 とはいえ、扱うものは音楽ですから、大くくりな広報戦略は広報室が描くにしても、演奏内容に関しては、プロ集団である音楽隊、特にの意見や考え方というものが色濃く反映されているはずだと思います。 そのような観点で、の演奏活動を見ていくと、なかなか興味深いものがあります。 例えば、「我は海の子」です。 に投稿された動画で辿る限り、この曲が最初に公の場で演奏されたのは、前回の観艦式が行われていた10月10日、観艦式及び横須賀製鉄所(造船所)創設150周年を記念して、に楽隊が集結して行われた「バンドフェスティバル」であったと思われます。 「我は海の子」は、私の世代ならば小学校の音楽の教科書にも載っていた、いわゆるです。 でも、私も知らなかったのですが、戦後、3番までしか教科書に掲載されなくなってしまったこの歌の歌詞は、本来は7番までありました。 そして、7番では「いで大船を乗り出して、我は拾はん海の富、いで軍艦に乗り組みて、我は護らん海の國」と歌われていたのです。 つまり、海の国である日本の民としての心意気が歌われた7番こそが、この歌のまさに真髄であろうと思うのですが、ここを切り落とした歌唱が罷り通っているわけです。 は、この点に注目し、7番の歌詞を取り入れた演奏活動が必要であると考えたのだと思います。 そして、その翌年(平成28年)、この曲に関して、最も感動的な演奏が、柏原神宮の神武祭で披露されたと考えています。 「さんのおじぎと敬礼」という記事でも取り上げていますので、よかったら読んでみてください。 このようにして、練り上げてきた「我は海の子」の仕上げとして演奏されたのが、昨年(平成28年)の音楽まつりにおけるのドリル演奏でした。 この場で、川上良司さんとさんは、見事に、「我は海の子」の7番を歌い上げました。 しかも、制約のある中で、とても感動的に。 このように、は、それまでタブーとされていたことや、国内世論に強い影響力を持ちながら、日本人の誇りを挫き、日本を貶めるような活動を展開してきた勢力に抗うような演奏活動を徐々にではありますが、展開しているように思えるのです。 今年の活動を見てみましょうか。 の音楽隊が、演奏会の最後に、行進曲「軍艦」を演奏するのは、お約束のこととなっています。 でもそこにも変化が出てきています。 今年の4月29日、が初めて、超音楽祭に出演し、様々な演奏を披露した後、いつものように、行進曲「軍艦」を演奏しましたが、何と、「」のパートから、川上良司さんとさんの歌が入り、さらに男性4人のヴォーカルを加えて、「軍艦」の1番を歌い上げました。 と言ってもなかなかピンとこないかもしれませんね。 では、行進曲「軍艦」の歌詞をみてみましょう。 1.護るも攻むるも黒鉄(くろがね)の浮かべる城ぞ頼りなる 浮かべるその城日の本の、皇国(みくに)の四方を護るべし 鋼(まがね)のその艦日の本に仇(あだ)なす国を攻めよかし 2.石炭(いわき)の煙はわだつみの龍かとばかり靡くなり 弾撃つ響きは雷(いかづち)の声かとばかりどよむなり 万里の波涛を乗り越えて皇国(みくに)の光輝かせ 水(み)づく屍(かばね) 山ゆかば草むす屍 大王(おおきみ)の 辺(へ)にこそ死なめ 長閑(のど)には死なじ このように、字に起こしてみるとわかりますが、行進曲「軍艦」は、の正式な曲であり、行進曲ですが、その歌詞は、たる帝国海軍の立場で書かれているため、公の場で歌として披露するのは大変な勇気を要することです。 私が若い頃に、この歌詞を公の場で披露するなどとても考えられないことでした。 そんなことをすれば、それこそ揚げ足取りな人々の餌食となり、おそらく国会で「大問題」として取り上げられたことでしょう。 まず、大変影響力のあるの世界で、このタブーに挑戦し、そして、今年、平成29年の音楽まつりのドリル演奏における、締めの行進曲「軍艦」で、ついに最初から歌を入れてきました。 ひょっとしたら、やるかもしれないとは思っていましたが、正直言って、感動しました。 特に、曲の終盤、このチームが一丸となって前進を始めるシーンは、まさにこのチャレンジの心意気を示しているようで、感動の極みです。 このように、は、少しづつ、でも着実に、我が国における謂れのないタブーに挑戦し続けているのだと、私は理解しています。 日本のため、そして日本国民の誇りのため、の今後ますますのチャレンジに期待しますし、絶大な支持を表明します。 がんばれ、!! RetCapt1501.

次の

『海上自衛隊 東京音楽隊 中川 麻梨子さん♡♡』おおおおおさんの日記 [食べログ]

海上 自衛隊 横須賀 音楽 隊

海上自衛隊と歌。 ここ数年でいっきに有名になりました。 その立役者が三宅由佳莉さんです。 歌と海上自衛隊をつなぐもうひとりの方が登場されました。 今回は中川麻梨子さん。 中川さんは海上自衛隊に誕生した新しい歌姫です。 「軍隊はかくあるべし!」みたいなことを書かない、ゆる~い感じです。 各社の保存期限によりリンク切れの場合があります。 ありがとうございました! 日時:平成26年9月7日 場所:甲州市民会館 海上自衛隊横須賀音楽隊ふれあいコンサート 演奏:海上自衛隊横須賀音楽隊 曲名:ふるさと 歌唱:中川麻梨子1等海士 海上自衛隊の新しい歌姫が誕生しました。 その方は中川麻梨子さんです。 中川さんは… ・愛知県立芸術大学大学院修了(音楽研究科)。 ・声楽家。 ・去年(2014年3月)に海上自衛隊の練習員(任期制隊員)として入隊する。 ・大阪の泉佐野市出身。 ・書道10段。 ・2014年8月22日に声楽家として横須賀音楽隊に採用される。 ・抱負としては「音楽隊員として歌うことで、たくさんの人々に少しでも感動や癒やしを与えたい」 とのことです。 海上自衛隊の声楽家というと三宅由佳莉(東京音楽隊)さんがすでに有名ですが、中川さんの実力は相当のものだと感じました。 軍隊と音楽は切っても切れない深い関係。 世界各国の軍隊のほとんどは軍楽隊を持っています。 軍隊で音楽が必要とされるわけは…• 集団での行動をしやくする。 (音楽に合わせると歩調を合わせやすい)• 戦場での通信手段として使用される。 兵士の士気(モラール)を奮い立たせることができる。 部隊で行う儀式での演奏(軍隊の儀式と音楽は切り離せません) というもの。 軍楽隊(音楽隊)は、音楽は最良の友!ということで日常的に見ることができる存在です。 陸海空自衛隊もそれぞれに音楽隊を持っています。 【自衛隊の音楽隊が奏でる名曲のご紹介】.

次の

海上自衛隊大湊音楽隊第39回定期演奏会リハーサルむつ市FaceBook

海上 自衛隊 横須賀 音楽 隊

受付等の細部については、 お近くの自衛隊地方協力本部へお電話でのお問い合わせを お願いします。 ~お知らせ~ 平素から海上自衛隊への惜しみないご支援、ご協力を賜りありがとうございます。 この度、新型コロナウイルスの感染の拡大を防止するという観点から、 防衛省・自衛隊が主催する行事のうち部外の方の参加を前提とした行事について、 原則として引き続き中止、延期されることとなりました。 このため、誠に残念ながら横須賀地方隊が主催する各種行事(一般公開(艦艇見学、基地見学等)等)についても中止させていただくことと致します。 また、海上自衛隊横須賀地方総監部地区では、当面の間、OBを含む 部外の皆様によるフットサル場(逸見フィールド)、長浦プール及び体育館等の使用を ご遠慮いただいております。 私共としても、日頃お世話になっている皆様方に海上自衛隊をご理解いただく貴重な機会を中止することは苦渋の決断でありますが、目下の情勢に鑑み、ご理解いただけますよう宜しくお願い申し上げます。 急な中止となりましたことを皆様にお詫び申し上げますとともに、引き続き、変わらないご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。 横須賀地方隊SNSを始めました。 更新情報 更新情報 2020. 3 に任期付自衛官の採用を3件掲載 2020. 22 に横須賀音楽隊 日本応援メッセージ第4弾 「希望」を掲載 2020. 20 に「はたかぜ横須賀出港」を掲載 2020. 28 に「おおなみ出国行事」を掲載 2020. 22 に横須賀音楽隊 日本応援メッセージ第3弾 「この道」を掲載 2020. 6 に「しらせ帰国行事」を掲載 2020. 1 に横須賀音楽隊 日本応援メッセージ第2弾 「南風が吹いたら」を掲載 2020. 26 に横須賀音楽隊 日本応援メッセージ第1弾 「あすという日が」を掲載 2020. 10 に「ジョイントホリデー・コンサート」を掲載 2019. 23 に「横須賀地方総監交代」を掲載 2019. 19 の情報を追加.

次の