決壊エンデュランス。 照月湖

メインストーリー

決壊エンデュランス

損保ジャパン日本興亜本社ビル(「Wikipedia」より) 「 3メガ損保」の一角を占める SOMPOホールディングスは、3年前に買収したばかりの英損保子会社SOMPOキャノピアスを米投資会社、センターブリッジ・パートナーズに9億5200万ドル(約1051億円)で売却する。 売却手続きは2018年1月以降の予定。 キャノピアスは、損害保険ジャパン(当時)が14年5月、1000億円を投じて買収した。 年間4兆円の保険料を集めるロイズ(ロンドンにある世界的な保険市場)で10位の中堅損保で、米国や欧州の企業向けの保険や再保険に強みを持つ。 キャノピアスの売却に伴い、SOMPOは事業会社の損害保険ジャパン日本興亜(損保ジャパン)単体で7億円の利益を計上する一方、連結ベースでは140億円の損失を見込む。 損失が出るとわかっているにもかかわらず、なぜ売却するのだろうか。 損害保険ジャパン日本興亜は17年3月、米エンデュランス・スペシャルティ・ホールディングスを6800億円で買収。 SOMPOの海外事業持ち株会社であるSOMPOインターナショナルホールディングスの傘下に収め、海外保険事業の中核に位置付けた。 外資系通信社ブルームバーグは、9月1日付記事でこう報じた。 「海外事業の展開を目指すSOMPOは、米英両社の統合か併存などを検討していたが、キャノピアスが独立経営を求めていることもあり、人材流出や企業価値の毀損を考慮し売却を決めた。 極言すれば、海外M&A戦略に一貫性がなかったということになる。

次の

【ツイステッドワンダーランド攻略】エピソード4・ジャミルの倒し方!勝てない時は?

決壊エンデュランス

イギリス領フォークランド諸島とサウスジョージア島を、かねて領有権を主張していたアルゼンチンが軍事占領したのに対して、サッチャー政権がイギリス遠征軍を派遣し、それら領土を奪還したのがフォークランド戦争である。 この戦争からは、島嶼国家日本の国防にとり有用な軍事的教訓を数多く引き出すことができる。 そしてこの戦争でのサッチャー首相の行動は、現在尖閣諸島をはじめ領土・領海を巡るトラブルに直面している日本にとっては、とりわけ日本の政治指導者たちにとっては、肝に銘じなければならない貴重な政治的教訓を示してくれているのである。 本稿ではそれら数多くの学ぶべき教訓のうち、「断固たる姿勢こそ国家主権を護る」という教訓と「同盟国に多くを期待するな」という教訓を取り上げる。 断固たる姿勢こそ国家主権を守る アルゼンチン軍が行動を起こす8カ月ほど前の1981年6月末、イギリス政府は財政上の理由により軍備の縮小を決定した。 その一環として、フォークランド諸島を本拠地としていたイギリス海軍砕氷パトロール船「エンデュランス」の撤収が決定された。 アルゼンチンでは、同年12月に、軍事独裁政権下で政敵支持勢力の弾圧を指揮してきたガルチェリ将軍が大統領に就任すると、国民の不満を緩和するためにフォークランド諸島領有権問題を煽りたて「島嶼奪還運動」を盛り上げた。 翌3月にはフォークランド諸島から1000キロメートルほど東方海上のサウスジョージア島でアルゼンチン側が不穏な動きを見せたため、イギリス海軍は南大西洋に原子力潜水艦を派遣する許可を政府に求めた。 しかし、事態がこれ以上深刻化することはないと見なしていた外務大臣キャリントン卿は、この要請を却下した。 しかしながらサウスジョージア島の情勢はますます悪化しただけでなく、イギリス国防当局はアルゼンチン軍によるフォークランド奪還作戦計画の情報までも入手した。 3月28日にはアルゼンチン艦隊の出動を確認したため、サッチャー首相とキャリントン卿は原潜の出動に同意した。 しかし4月2日には、アルゼンチン軍上陸侵攻部隊がフォークランド諸島の首都ポートスタンレーを急襲し、イギリス総督は降伏した。 こうしてフォークランド諸島はアルゼンチンにより占領された。

次の

人気絶頂だった2ストエンジンのオフロードモデル(バイクのニュース)

決壊エンデュランス

エンデューロ、つまり「エンデュランス=耐久性、持久力」を競う2輪レースのことで、日本では主に、山間部やオフロードコースなどを長時間走行して順位を決める競技を指しています。 当時の2輪専門誌(雑誌)を見て気づかされるのは、エンデューロの記事やイベントがやたら多いこと! 今ではロードバイクのみを取り上げる雑誌も、かつてはオフロードバイクの記事が多くの割合を占めていました。 『ジャパンスーパークロス』を筆頭に、観る競技としてのモトクロスも人気が高かった時代ですが、一方で、長時間自分のペースで走ったり、仲間と組んで楽しめるエンデューロが一大ブームになりました。 そのブームを支えていたのが、国内メーカーから発売されていた2ストロークエンジンを搭載するトレールバイクです。 カワサキ「KDX200SR」やスズキ「RMX250S」、ヤマハ「DT200WR」、ホンダ「CRM250R」と、国内全メーカーから発売されており、公道走行可能な車両でありながらハイパワーかつ軽量で、保安部品を外しただけでかなりの走破性を誇っていたのです。 スズキは「オートリメッサ」、ホンダは「無限」など、レーシング系のアフターパーツも揃っており、チャンバーやサイレンサー(排気系部品)、レース専用CDIなどを装備する手法もありました。 CRM250Rは、新開発された水冷2ストローク排気量246ccの単気筒エンジンを搭載し、ホンダ独自の可変排気孔バルブシステムなどが搭載される一方で、エンジン振動を低減するバランサーも配置されました。 ちなみにライバル車のスズキ「RMX250S」は1人乗りの専用設計で、バランサーを排除した極めてモトクロッサー「RM250」に近いマシンでした。 今では考えられませんが「街を走ることができるレーサー」的な、過激なマシンでもあったのです。 同時にエンデューロレーサーの「RMX250」も発売されています。

次の