ウイイレ2020 アプリ fpランキング。 【ウイイレアプリ2020:最強FPメッシはどれ?】FPメッシに欲しいのは決定力・ボディコン・スピード瞬発・キック力?<随時更新>

FPガチャの当たりランキング!ポジション別にレベマ総合値で評価!~11月FP・CSガチャ~【ウイイレ2020】【ウイイレアプリ】

ウイイレ2020 アプリ fpランキング

スピードも81と最低限あることもプラスに作用してくれることでしょう。 さらに、 身長190cm、 ヘディング92と空中戦でも負けじと活躍してくれます。 総合値90まで達する金CB! レア度金ながら 総合値が最大で 90まで届く選手となっています。 一方で、ディフェンスセンス90、ボール奪取87と黒の強力なCBの選手と比較すると見劣りしてしまいます。 しかし、金としては 優秀な能力値を持ち、前日の通り フィジカルも優れているため、 金縛りのスカッドなどでの活躍が期待できます。 7位:FPマリオ パシャリッチ ポジション CMF プレースタイル 2列目からの飛び出し 最大総合値 91 最大レベル 34 スタミナ 91 ボールコントロール 91 フィジカルコンタクト 89 攻守に渡って活躍できるCMF! 攻守の能力の バランスが優れており、 幅広い活躍に期待ができる選手です。 中でも優れているのは 足元の技術で、ボールコントロール91、ドリブル86と ドリブルのしやすい選手となっています。 加えて パス能力も高いため、 ドリブルとパスでチャンスを演出してくれます。 強靭な肉体を持つ2列目からの飛び出し! 強力かつ人気のプレースタイル 「2列目からの飛び出し」を持っている彼は、フィジカルコンタクト89、身長188cmという 屈強な身体を誇ります。 そのため、相手選手との 競り合いに強く、ゴール前で抜け出したあとも 簡単にボールを奪わることはありません。 6位:FPピエルルイージゴッリーニ ポジション GK プレースタイル 守備的GK 最大総合値 91 最大レベル 33 GKセンス 99 クリアリング 95 キャッチング 94 スピード・瞬発力に長けた守備的GK! スピード・瞬発力がともに 77となっています。 最強格の守備的GKである オブラクや ハンダノヴィッチのスピード・瞬発力はだいたい60台の中盤〜のため、 ゴッリーニが優れていることがわかります。 この能力を活かして 俊敏な動きでセーブしてくれることでしょう。 GKセンスはカンストするが… GK能力値を見ると、 GKセンスは 99とカンストするものの、他は95以下と少し物足りない数値となっています。 加えて、スキルは何も持っておらず、コンディション安定度も5と安定感に欠けるため 優秀なGKが揃っている方からすると出番は少なそうです。 5位:FPロビン ゴセンス ポジション LMF プレースタイル 攻撃的サイドバック 最大総合値 92 最大レベル 32 スピード 94 スタミナ 93 フライパス 92 バランスのとれた万能選手! 攻撃から守備まで 万遍なく能力値が高い選手となっています。 スピード94、 瞬発力90と速さが1つの長所となっており、それを活かした 突破が大きな武器です。 また、 スタミナも93あるため、 1試合フルでも問題なく活躍してくれることでしょう。 LMF起用がおすすめ! メインポジションは LMFながら プレースタイル「攻撃的サイドバック」と一風変わった選手ですが、 LMFでの起用がおすすめです。 プレースタイルこそ発動しなくなりますが、 速さや 攻撃力を 最大限活かすことができます。 ロングパスも92と得意としているため、サイドから駆け上がって 鋭いクロスを上げてくれます。 4位:FPルイス ムリエル ポジション CF プレースタイル ラインブレイカー 最大総合値 92 最大レベル 26 キック力 92 スピード 91 瞬発力 91 テクニックに長けた「ダブルタッチ」持ちラインブレイカー! ボールコントロール91、ドリブル87と 確かな足元の技術を持っており、スキル 「ダブルタッチ」を存分に活かすことができます。 ラインブレイカーとして 積極的に裏に抜け出し、チャンスを作り出してくれるでしょう。 スピードを武器に前線で活躍! スピード・瞬発力は 両方91のため、 スピード感のある攻撃で一気に攻め立てることができます。 さらに、アグレッシブネスも90と優れているため、 前線からボールを刈り取ることができ、相手の隙きをつく いやらしいプレーのできる選手となっています。 3位:FPアレハンドロ ゴメス ポジション ST プレースタイル チャンスメイカー 最大総合値 94 最大レベル 23 瞬発力 95 ドリブル 94 ボディコントロール 94 スキル豊富なユーティリティープレイヤー! 前線のポジションをほぼ全てこなす ユーティリティー性の高さと、「ワンタッチシュート」「ピンポイントクロス」を筆頭とした 豊富なスキルを武器に 多彩なプレーで攻撃に貢献してくれます。 特に スピードと 瞬発力が優れているため、 一瞬でゴール前までボールを運びます。 高精度のキックを両足から繰り出す! パス数値、 キック力が 90近くあり、なおかつ、 両足頻度・精度が4となっているため、 両方の足から正確なパス・シュートを放つことができます。 特に、サイドからの 高精度のクロスや、中に切り込んでの 豪快なミドルは相手にとって脅威となるでしょう。 2位:FPヨシップ イリチッチ ポジション OMF プレースタイル チャンスメイカー 最大総合値 94 最大レベル 23 ボールコントロール 96 キック力 95 カーブ 94 身長190cmの長身ドリブラー 190cmという長身の選手としては珍しく、 ボールコントロール96、 ドリブル93を筆頭に 足元の技術に長けています。 それでいて フィジカルコンタクト86と 身体の強さもあるため、相手からすると 厄介なドリブラーとして躍動してくれます。 ゴールを切り裂く強烈なミドルシュート! 95ある キック力と、 「ドロップシュート」 「ライジングシュート」をはじめとした 豊富なシュート系スキルは、 強烈なミドルシュートを放つことを可能にします。 カーブも 94あるため、 大きく巻いた芸術的なコントロールカーブも相手にとって 驚異となります。 1位:FPドゥバンサバタ ポジション CF プレースタイル ポストプレイヤー 最大総合値 94 最大レベル 23 フィジカルコンタクト 99 オフェンスセンス 94 決定力 93 パワー溢れる最強ポストプレイヤー! 身長193cm、フィジカルコンタクト99という 類稀な身体の強さと、スピード88という 速さを活かして、 相手陣内をゴリゴリ攻め上がることができます。 そして、92を誇るキック力を活かして 強烈なシュートを叩き込むことができる 非常に破壊力のある選手となっています。 優秀なスキルを活かして相手の守備を崩せ! スーパーサブ、 ワンタッチパス、 ワンタッチシュートといった優秀なスキルを多数持っており、 パスとシュート両方で攻撃に貢献してくれます。 これは、 「ポストプレイヤー」というシュートだけでなくパスも求められる彼にとって 大きな武器となってくれます。 まとめ:フィジカルやスピードが武器の長身選手がアツい! Club Selection — ATALANTAガチャのFP選手の当たりランキングをご紹介、それぞれのFP選手の特徴を解説致しました。 身長193cm、フィジカルコンタクト99という体格の良さを活かしたプレーに期待できるFPドゥバンサバタや、 ボールコントロール96、ドリブル93を筆頭に足元の技術に長けた長身ドリブラーのFPイリチッチなどのオフェンス選手が勢揃いです。

次の

ガチスカ監督ランキング 使用感最強監督判明か!?

ウイイレ2020 アプリ fpランキング

スピードも81と最低限あることもプラスに作用してくれることでしょう。 さらに、 身長190cm、 ヘディング92と空中戦でも負けじと活躍してくれます。 総合値90まで達する金CB! レア度金ながら 総合値が最大で 90まで届く選手となっています。 一方で、ディフェンスセンス90、ボール奪取87と黒の強力なCBの選手と比較すると見劣りしてしまいます。 しかし、金としては 優秀な能力値を持ち、前日の通り フィジカルも優れているため、 金縛りのスカッドなどでの活躍が期待できます。 7位:FPマリオ パシャリッチ ポジション CMF プレースタイル 2列目からの飛び出し 最大総合値 91 最大レベル 34 スタミナ 91 ボールコントロール 91 フィジカルコンタクト 89 攻守に渡って活躍できるCMF! 攻守の能力の バランスが優れており、 幅広い活躍に期待ができる選手です。 中でも優れているのは 足元の技術で、ボールコントロール91、ドリブル86と ドリブルのしやすい選手となっています。 加えて パス能力も高いため、 ドリブルとパスでチャンスを演出してくれます。 強靭な肉体を持つ2列目からの飛び出し! 強力かつ人気のプレースタイル 「2列目からの飛び出し」を持っている彼は、フィジカルコンタクト89、身長188cmという 屈強な身体を誇ります。 そのため、相手選手との 競り合いに強く、ゴール前で抜け出したあとも 簡単にボールを奪わることはありません。 6位:FPピエルルイージゴッリーニ ポジション GK プレースタイル 守備的GK 最大総合値 91 最大レベル 33 GKセンス 99 クリアリング 95 キャッチング 94 スピード・瞬発力に長けた守備的GK! スピード・瞬発力がともに 77となっています。 最強格の守備的GKである オブラクや ハンダノヴィッチのスピード・瞬発力はだいたい60台の中盤〜のため、 ゴッリーニが優れていることがわかります。 この能力を活かして 俊敏な動きでセーブしてくれることでしょう。 GKセンスはカンストするが… GK能力値を見ると、 GKセンスは 99とカンストするものの、他は95以下と少し物足りない数値となっています。 加えて、スキルは何も持っておらず、コンディション安定度も5と安定感に欠けるため 優秀なGKが揃っている方からすると出番は少なそうです。 5位:FPロビン ゴセンス ポジション LMF プレースタイル 攻撃的サイドバック 最大総合値 92 最大レベル 32 スピード 94 スタミナ 93 フライパス 92 バランスのとれた万能選手! 攻撃から守備まで 万遍なく能力値が高い選手となっています。 スピード94、 瞬発力90と速さが1つの長所となっており、それを活かした 突破が大きな武器です。 また、 スタミナも93あるため、 1試合フルでも問題なく活躍してくれることでしょう。 LMF起用がおすすめ! メインポジションは LMFながら プレースタイル「攻撃的サイドバック」と一風変わった選手ですが、 LMFでの起用がおすすめです。 プレースタイルこそ発動しなくなりますが、 速さや 攻撃力を 最大限活かすことができます。 ロングパスも92と得意としているため、サイドから駆け上がって 鋭いクロスを上げてくれます。 4位:FPルイス ムリエル ポジション CF プレースタイル ラインブレイカー 最大総合値 92 最大レベル 26 キック力 92 スピード 91 瞬発力 91 テクニックに長けた「ダブルタッチ」持ちラインブレイカー! ボールコントロール91、ドリブル87と 確かな足元の技術を持っており、スキル 「ダブルタッチ」を存分に活かすことができます。 ラインブレイカーとして 積極的に裏に抜け出し、チャンスを作り出してくれるでしょう。 スピードを武器に前線で活躍! スピード・瞬発力は 両方91のため、 スピード感のある攻撃で一気に攻め立てることができます。 さらに、アグレッシブネスも90と優れているため、 前線からボールを刈り取ることができ、相手の隙きをつく いやらしいプレーのできる選手となっています。 3位:FPアレハンドロ ゴメス ポジション ST プレースタイル チャンスメイカー 最大総合値 94 最大レベル 23 瞬発力 95 ドリブル 94 ボディコントロール 94 スキル豊富なユーティリティープレイヤー! 前線のポジションをほぼ全てこなす ユーティリティー性の高さと、「ワンタッチシュート」「ピンポイントクロス」を筆頭とした 豊富なスキルを武器に 多彩なプレーで攻撃に貢献してくれます。 特に スピードと 瞬発力が優れているため、 一瞬でゴール前までボールを運びます。 高精度のキックを両足から繰り出す! パス数値、 キック力が 90近くあり、なおかつ、 両足頻度・精度が4となっているため、 両方の足から正確なパス・シュートを放つことができます。 特に、サイドからの 高精度のクロスや、中に切り込んでの 豪快なミドルは相手にとって脅威となるでしょう。 2位:FPヨシップ イリチッチ ポジション OMF プレースタイル チャンスメイカー 最大総合値 94 最大レベル 23 ボールコントロール 96 キック力 95 カーブ 94 身長190cmの長身ドリブラー 190cmという長身の選手としては珍しく、 ボールコントロール96、 ドリブル93を筆頭に 足元の技術に長けています。 それでいて フィジカルコンタクト86と 身体の強さもあるため、相手からすると 厄介なドリブラーとして躍動してくれます。 ゴールを切り裂く強烈なミドルシュート! 95ある キック力と、 「ドロップシュート」 「ライジングシュート」をはじめとした 豊富なシュート系スキルは、 強烈なミドルシュートを放つことを可能にします。 カーブも 94あるため、 大きく巻いた芸術的なコントロールカーブも相手にとって 驚異となります。 1位:FPドゥバンサバタ ポジション CF プレースタイル ポストプレイヤー 最大総合値 94 最大レベル 23 フィジカルコンタクト 99 オフェンスセンス 94 決定力 93 パワー溢れる最強ポストプレイヤー! 身長193cm、フィジカルコンタクト99という 類稀な身体の強さと、スピード88という 速さを活かして、 相手陣内をゴリゴリ攻め上がることができます。 そして、92を誇るキック力を活かして 強烈なシュートを叩き込むことができる 非常に破壊力のある選手となっています。 優秀なスキルを活かして相手の守備を崩せ! スーパーサブ、 ワンタッチパス、 ワンタッチシュートといった優秀なスキルを多数持っており、 パスとシュート両方で攻撃に貢献してくれます。 これは、 「ポストプレイヤー」というシュートだけでなくパスも求められる彼にとって 大きな武器となってくれます。 まとめ:フィジカルやスピードが武器の長身選手がアツい! Club Selection — ATALANTAガチャのFP選手の当たりランキングをご紹介、それぞれのFP選手の特徴を解説致しました。 身長193cm、フィジカルコンタクト99という体格の良さを活かしたプレーに期待できるFPドゥバンサバタや、 ボールコントロール96、ドリブル93を筆頭に足元の技術に長けた長身ドリブラーのFPイリチッチなどのオフェンス選手が勢揃いです。

次の

【ウイイレアプリ】国代表FPエデンアザール(7/13)の能力

ウイイレ2020 アプリ fpランキング

ウイイレ2020で11月に登場したFP選手、CS(クラブセレクション)選手をポジション別に、完全に独断と偏見でランキング化しました。 11月は4回のFPガチャ44名と、12クラブのCS選手96名の総勢140名のFP選手が登場しましたので、その中から選出です。 それぞれレベルマックス能力値をもとに、選考しました。 FPガチャの当たりランキング!ポジション別にレベマ総合値で評価!~11月FP・CSガチャ~【ウイイレ2020】【ウイイレアプリ】 FP・CS FW当たりランキング ベスト3 第1位 クリスティアーノ・ロナウド レベルマックスにすると 総合値が100。 もはや、ゲームバランスブレーカー。 超強力なディフェンダーつけさせても 振り切ってフィニッシュまでもっていきます。 体格などフィジカル的にも、技術的にも、彼を超える選手はもう出現しないでしょう。 説明不要の文句なしの強すぎる選手。 やはり、 一番活躍できるのは、CF。 中央に配置して、どんどん遠目からでもゴールを狙っていくことで脅威が増します。 CFに配置すると総合値が101になります。 文句なしの1位 FPクリスチアーノ・ロナウドの詳細は下記の記事でご確認ください。 11月21日に登場したFPガチャの選手です。 第2位 リオネル・メッシ 説明不要の最強、最高の選手。 中盤より前ならどこに配置しても、超一流の仕事してくれます。 ライブアップデートも、好調が多いのでチームに1人はほしいです。 とにかく、 コントロールカーブが強い! 理不尽にゴール決まると言っていいくらい、コンカ決まります。 ダブルダッチからのコントロールカーブは、無敵。 僅差の2位。 FPリオネル・メッシの詳細は下記の記事でご確認ください。 11月14日に登場したFPガチャの選手です。 第3位 ホアキン・コレア 189センチという長身で、フィジカルが強く、ドリブルが上手く、スピードもある。 このサイズ感の選手が、 「スーパーサブ」として、後半から出場されると手がつけられない。 また、コレアは、ポジション適正が豊富。 前線にも中盤にも配置できるうえに、中央とサイドどちらでも驚異となる能力値となっている。 FPホアキン・コレアの詳細は下記の記事でご確認ください。 11月14日に登場したFPガチャの選手です。 FP・CS MF当たりランキング ベスト3 第1位 ロマン・ソブニン 他のハードプレスの選手たちと比較しても、かなり強い。 カンテの攻撃能力を強くしたような選手。 スピードがあり、危険察知能力も高く、しっかり攻撃の芽を積んでくれます。 またカンテに比べて、 背も高くフィジカルも強いので守備での安心感が全然違います。 サイドに流れて、 正確なクロスを上げることができるのも高評価。 このサイズでここまでできる選手はいません。 この先、一番スカッドに入れやすい選手ということで、1位。 FPソブニンの詳細は下記の記事でご確認ください。 11月14日に登場したFPガチャの選手です。 第2位 エルジフ・エルマス ドリブルよし、スピードもあり、ミドルからも充分狙えます。 ドリブルの小刻みなタッチと、素早い切り返しも強い!ミドルシュートも強い! しかも、 スーパーサブ持ちなので、後半から出場すれば、 攻撃系やスピードの能力が90を超えた状態でのプレイになります。 さらにすごいのが、 逆足精度3。 なおかつ、 コンディション安定度が7。 ポジション適性も、超優秀。 もう、文句なしの最後まで使える、スーパーサブです。 スタメン起用はライバルが多く、なかなか難しいということで、2位。 FPアラスカエタの詳細は下記の記事でご確認ください。 11月18日に登場したCSガチャの選手です。 第3位 ファビーニョ ハイレベルで、アンカーとRSBをこなせるのは、バリオスとファビーニョくらい。 バリオスほどの守備力と軽さはないが、 188センチというサイズ感が強い。 なおかつ、 バリオスよりも攻撃力が格段に上。 ビルドアップの際の安心感がぜんぜん違う。 FPとなりスタミナが強化されて、とてもスカッドに組みやすい選手になった。 FPファビーニョの詳細は下記の記事でご確認ください。 11月4日に登場したCSガチャの選手です。 FP・CS DF当たりランキング ベスト3 第1位 マタイス・デ・リフト スピードも87と高く、 ドリブルやパス能力値も80を超えてきます。 守備に関するスキルも 「ヘッダー」「マンマーク」「インターセプト」を完備。 操作感もとても軽く、フィジカルも強い。 「キャプテンシー」もありがたい! ここまでできる選手は、この人しかいない。 とにかく、超ハイレベルで何でもできる選手。 速いし、体強いし、攻撃もうまい! FPデリフトの詳細は下記の記事でご確認ください。 11月7日に登場したFPガチャの選手です。 第2位 マティアス・ギンター センターバックの選手としては、 ボールを持ってもとても動きが軽い。 ボールを受ける動作も秀逸。 この選手は、センターバックも一流だが、 DMFに配置しても強い! 上背もあり、速さもある、スタミナも98、そしてパスが超一流。 ギンターほどの軽さと強さを併せを持ったDMFはなかなかいない。 ディフェンダーはもちろん、DMFにしてもRSBにしても最強クラスになった。 コンディション安定度が高いのも高評価。 FPギンターの詳細は下記の記事でご確認ください。 11月21日に登場したFPガチャの選手です。 第3位 ダヴィド・アラバ 最高峰のマルチプレーヤー。 もちろん、サイドバックとしては超一流。 ポジション適正がかなり優秀で センターハーフに配置してもかなり強い。 ドリブルうまいし、パスもうまい。 スピードもあって、守備もできる。 プレースキッカーとしても優秀。 本当に、どこに置いても活躍できるし、コンディション安定度も高いので、常にスカッド入りさせて、チームのバランスをとってもらいたい。 FPダヴィド・アラバの詳細は下記の記事でご確認ください。 11月21日に登場したFPガチャの選手です。 FP・CS GK当たりランキング ベスト3 第1位 エデルソン・モラエス キーパー能力値のすべてが99!カンスト。 身長が188と、少し物足りなさがあるが、能力値完璧の唯一無二の選手。 しかも、コンディション安定度が7! もう、文句なし!堂々の1位。 11月4日に登場したCSガチャの選手です。 第2位 ヤン・オブラク キーパー能力値、クリアリング以外はカンスト。 守備的GKの最高峰。 当然、安心して1年間ゴールマウスを守れる選手。 僅差の2位。 11月21日に登場したFPガチャの選手です。 第3位 ジャンルイジ・ドンナルンマ キーパー能力値、キャッチング、クリアリング以外はカンスト。 キーパー能力値的に、3位に。 あと、育成がかなり大変。 11月18日に登場したCSガチャの選手です。 まとめ 11月は4回のFPガチャ44名と、12クラブのCS選手96名の総勢140名のFP選手が登場しました。 4回のFPガチャで、1200円の課金。 12クラブのCSガチャで、3600円の課金。 10月を全部引けば、合計4600円の課金になります。 今月はなんといっても、 クリスチアーノ・ロナウドという、ぶっ壊れ選手がウイイレ界を震撼させました。 リオネル・メッシもかなり強烈でしたが、その他には攻撃系の選手で、ずば抜けたFPは少なかったのかなというのが個人的な印象です。 その反面、守備系の選手は、地味ですが間違いなく強い選手が多数輩出されていた印象です。 前回までのFP選手ランキングは下記の記事をご覧ください。 先月(10月)各ポジションの1位は FW レヴァンドフスキ MF カイ・ハフェルツ DF ファン・ダイク GK テア・シュテーゲン でした!.

次の