血液 検査 結果 の 見方。 血液検査でわかること…数値の読み方と結果の活用法 [健康診断・検診・人間ドック] All About

B型肝炎の血液検査。検査結果の数値・記号があらわす意味

血液 検査 結果 の 見方

B型肝炎の血液検査。 検査結果の数値・記号があらわす意味 肝炎の症状はどれも似通った過程をたどりやすいです。 原因によって「ウイルス性肝炎」とか「アルコール性脂肪性肝炎・肝障害」など種類と呼び方は変わりますが、肝炎は肝炎であり、肝障害は肝障害です。 だから症状自体は似ている部分があるのです。 ウイルス性肝炎となると、目に見えない上に感染経路もよくわからないといった事態も想定されます。 そこで重要な意味を持つのが検査です。 今回はB型肝炎の検査について詳しく解説していきます。 保健所で血液検査…B型肝炎の検査は手軽に受けられる B型肝炎やC型肝炎など主要なウイルス性肝炎は、日本で最大約280万人にもおよぶといわれます。 しかし 驚くべきは感染者数ではなく、「そのうち3割は感染に気付いていない」という事実です。 だからこそ、生命の危険も十分考えられるウイルス性肝炎の検査は有効性が高いのです。 A型肝炎のように症状が出てからでないと受けられない検査もありますが、B型肝炎はそういった厳しいしばりはなく、 40歳以上の方で健康保険など法的な部分に問題がなければだれでも受けることができます。 ただし、仮にB型肝炎ウイルスに感染している場合、感染直後だとより正確な結果が出ないことが多いので、この点については要注意です。 知識に関する説明はそんなに難しくありませんので、さっそくまとめます。 B型肝炎の検査について必要な知識• 各市町村の住民基本健診もしくは各自治体の保健所にて実施 という具合に、比較的わかりやすく、手軽にB型肝炎の検査を受けることができます。 B型肝炎の検査結果をどう読むか?難しい専門用語の見方 検査をしたからそれで安心ということでは当然ありません。 検査結果を見て「異常なし」であることがわかってはじめて安心を得ることができるわけです。 しかし検査によっては、結果の読み方が難しいこともあります。 B型肝炎の検査もまさにその典型で、検査結果が少し専門的な用語で記されることが多いです。 検査結果をしかるべき医療機関に持参すれば、もちろん担当のお医者さんからの解説をもらえるとは思います。 しかしいきなりB型肝炎の検査結果を病院に持ち込むのも少々気が引けるという人いると思いますので、ここではB型肝炎検査の結果の読み方について、簡単に説明しておきます。 B型肝炎の検査は「抗原・抗体検査」です。 これは、HBs抗原 B型肝炎ウイルス HBV そのもの と、HBVに対するHBs抗体の陰性 - ・陽性 + を判定する検査です。 まずは抗原の検査を実施し、現状の感染状態を確認します。 HBV感染状況を判定する抗原検査 自治体の健診・保健所 の結果• HBs抗原陰性 - ・・・HBV感染はない。 何らかの自覚症状があれば再検査・精密検査を実施する• HBs抗原陰性 + ・・・HBV感染が認められ、速やかな精密検査と治療が必要 上記の検査結果を受けて、さらに詳細な検査 精密検査 や治療が必要になることもあります。 この場合、しかるべき医療機関で検査・治療が実施されます。 ここからの検査は医療機関における「抗原・抗体検査」です。 抗原・抗体検査項目 検査結果とその解釈 HBs抗原 陽性 + でHBV感染を認める。 HBs抗体 陽性で過去の感染を認め、その後の治癒を示す。 ただしHBVワクチンを接種した場合にも陽性を示す。 HBc抗体 陽性でHBVに感染を認める。 HBVワクチン接種でも陰性 - を示す。 HBc-IgM抗体 HBV感染を認めるが、ごく最近の感染であることを示す。 HBe抗原 陽性の場合、感染したHBVの増殖が非常に活発である可能性が高いことを示す。 HBe抗体 陽性の場合、感染したHBVの増殖力が低下している可能性が高いことを示す。 HBV-DNA HBVのウイルス量の測定値。 参考:肝炎ウイルス検査とは? 国立研究開発法人 国立国際医療研究センター 肝炎情報センターより B型肝炎の抗原・抗体に関する詳細な説明は「」に掲載してありますので、興味がある方はご覧ください。 感染すると厄介なB型肝炎ウイルス!だからこそ検査が重要 A型肝炎でもC型肝炎でもその他の肝炎でも同じですが、ウイルス性肝炎は感染すると非常に厄介です。 特にB型肝炎とC型肝炎は、生命の危険に瀕することも多い肝炎だけになおさらでしょう。 しかし検査をすることによってHBV感染を早期に発見し、早期に治療すれば、改善の余地は十分です 完治は少し難しいところがあります。 では何が厄介なのかというと、HBVが増殖してからの治療が厄介なのです。 だからこそ、思い当たるフシがあるならできるだけ早い段階でB型肝炎の検査を実施し、悪化 HBVの増殖 を食い止めることが重要なのです。 今回はそのことをよくご理解いただきたいと思います。

次の

血液検査結果の見方

血液 検査 結果 の 見方

【生化学】 項目 略名 性 基準値 単位 項目の説明 総蛋白 TP 6. 5~8. 総ビリルビン T-Bil 0. 3~1. これが上昇すると黄疸が現れます。 直接ビリルビン D-Bil 0. 軽度の上昇の場合はアルコールの多飲や過食、運動不足による脂肪肝などが考えられます。 大幅な上昇は急性肝炎などが考えられます。 アルコール性・薬剤性肝障害、脂肪肝でも上昇します。 激しい運動後でも高値を示します。 トロポニン-T定性 - 健常者ではほとんど認められず、心筋障害時に著しく上昇しますので,急性心筋梗塞を鋭敏に検出できます。 急性膵炎、慢性活動性膵炎ではこのP型が顕増してきます。 今は、総コレステロール値よりもLDLコレステロール値が重要視されています。 また、中性脂肪の増加は脂肪肝の原因にもなります。 6~7. F 2. 7~7. C反応性蛋白 CRP 0. 食事の影響を大きく受けます。 ヘモグロビンA1c HbA1c 4. 6~6. カリウム K 3. 5~5. 6~10. 副甲状腺機能亢進症などで高値、副甲状腺機能低下症、ビタミンD欠乏症などで低値を示します。 貧血は、様々な基礎疾患により二次的におこることがありますので、その原因を調べる必要があります。 MCV,MCH,MCHCは他の項目から計算で求められる数値で、これだけが多少基準値を外れる程度であれば大きな意味がないケースがほとんどです。 F 376~516 ヘモグロビン Hb M 13. 6~18. 2~15. 2 ヘマトクリット Ht M 40. 4~51. 9 % F 34. 3~45. 2 血小板 PLT 14. 0~37. 【凝固】 項目 略名 性 基準値 単位 項目の説明 プロトロンビン時間 PT 10~13 秒 心筋梗塞や脳梗塞などの血栓症、心臓弁膜症、心臓手術のあとに、血の塊を溶かしたり、固まりにくくする薬(抗凝固剤:ビタミンK拮抗薬(ワーファリンなど))を用いますが、過剰に投与すると血液が固まらなくなってしまうため、薬の量をどの程度使用したら良いかを調べるために検査します。 また、手術前の検査として、血液の止まりやすさを見るときにも検査します。 プロトロンビン活性 80~120 % INR 0. 90~1. 13 ヘパプラスチンテスト HPT 70~130 % 活性部分トロンボプラスミン時間 APTT 26~38 秒 延長すると血友病、肝障害などが疑われます。

次の

自分の免疫力がわかる血液検査のデータの見方 | 富田林で薬局をお探しなら気軽に相談することができる「とおやま薬局」へ

血液 検査 結果 の 見方

血液検査結果の見方 血液検査は誰でも1回はしたことがあると思います。 血液検査の紙に基準値や説明文も書いてあったりするんですが見ますか?? 多くの人が値が高いか低いかしか見ないと思います。 今回は一般的な血液検査の項目・基準値・説明をまとめてみました。 また、ここに表記している基準値は測定方法や測定機器などにより基準値に違いが見られる場合があります。 気になることがあれば 病院で相談しましょう。 血液学検査 <白血球数(WBC > 白血球は細菌やウィルスなどから感染を防ぐ役割。 ヘモグロビンは赤血球中にある鉄を含む血色素。 体中に酸素を運ぶ役割がある。 ヘマトクリットは血液中の赤血球が占める割合。 3つとも貧血の検査の指標。 アルブミンは血液中で最も多い蛋白質で肝臓で作られる。 グロブリンは細菌やウィルスからの感染防止、血液の凝固因子、鉄や銅などの運搬をする蛋白の総称。 TP(総蛋白)基準値:6. 5~8. 8~5. 最初に間接型となり肝臓で直接型に代わり胆汁中に排泄。 血液中には両方が存在し、 直接型と間接型を合わせて総ビリルビンといいます T-Bil(総ビリルビン)基準値:0. 3~1. 1~0. 肝臓や心臓機能の検査。 主に各種疾患の有無を調べるためのふるい分け検査。 LDH 基準値:115~229IU 高い時:肝臓、閉塞性黄疸などの肝臓や胆道の病気、肺や腎臓の病気等 <ALP(アルカリフォスファターゼ)> アルカリ化でリン酸化合物を分解する酵素。 肝臓や骨・小腸に多く含まれ、肝臓から胆汁中に排泄されるため 肝臓やその流出経路に異常があるかどうかわかる。 アルコールに敏感に反応。 作られた後は血液中に放出され、その量は肝臓の蛋白合成量と比例。 6~1. 筋肉に障害があると高くなる。 膵臓や唾液腺に多く含まれる酵素。 食事により血糖値は大きく変化。 血糖値が高くなると増加。 過去1~2か月の血糖値の平均的な状態を見ることができる。 カリウムは筋肉や神経の働き。 クロールは体内の各組織に酸素を供給する上で役割を持っている。 この検査では、体液中のイオン濃度を調べバランスの崩れを見る。 5~4. CRP 基準値:0~0. <TG(中性脂肪)> 高くなるとコレステロールと同様、 動脈硬化の危険因子となる。 食事の影響を受けやすく、早朝空腹時に検査することが必要。 善玉コレステロールのHDLコレステロールと悪玉コレステロールのLDLコレステロールに分かる。 高くなると動脈硬化などの生活習慣病の危険因子となる。 腎臓の機能を見る検査。 BUN(尿素窒素) 基準値:7. 腎臓の働きが正常かどうかを見る。 CRE(クレアチニン) 基準値:男:0. 6~1. 4~0. 5~7. 5~6. 濃度が高くなると関節などに尿酸が沈着し 痛風発作が起きやすくなる。 UA(尿酸) 基準値 M:3. 5~7. 5~6. 鉄は赤血球のヘモグロビンを構成する元素。 欠乏すると貧血を起こす。

次の