クレア 眠り 判別。 クレアの秘宝伝2 設定判別 確定演出 打ち方 演出法則 解析まとめ

%page_title%

クレア 眠り 判別

目次(タップで該当箇所に飛びます)• キラキラカード出現率 設定 ノーマル 銀 金 赤 1 87. 5回目以降は繰り返しで9回全て成功すると「ねぇすごいでしょ」が発生。 なお、「RT中ボーナス成立後のハズレ」と「BIG成立後の強チャンス目」はサンプルから除きましょう。 天井は存在しません。 前作同様、プチRTが存在します。 チャンス目成立時の一部で移行し、継続ゲーム数は5G固定。 「高確率<超高確率<極高確率」の順にボーナス期待度がアップします。 高確率 通常時のチャンス目から突入するプチRT状態。 RTの純増は約0. ノーマル機の時代が来る来ると言われていましたが、この流れはまさに本流ですね。 本機は評判が高かった前作の基本要素をそのまま踏襲しているようです。 クレアの秘宝伝の代名詞と言えば、「プチRT」。 プチRTの存在により、強小役出現後の次ゲームに「ノーチャンスの出目」が出現し、演出が台無しということがない点は評価できるポイントだと思います。 出玉率を含めたスペックも魅力ですよね。 設定6は超積極的に狙いたいレベル! ノーマル機種の中でも最高峰の出玉率となっています。 ホール登場が非常に楽しみな機種です。 クレアの秘宝伝2 PV・動画 公式PV.

次の

設定判別/立ち回りポイント:クレアの秘宝伝 ~眠りの塔とめざめの石~

クレア 眠り 判別

ALL RIGHT RESERVED. 秘宝伝シリーズから、A+RTタイプとして「クレアの秘宝伝 ~眠りの塔とめざめの石~」が登場。 このRTは、かつての大都マシンの世界観を楽しめる7種もの演出が用意されている。 ボーナスは、最大純増304枚のBIGと、最大純増106枚のREGの2種類。 どちらも多少の技術介入要素があり、一度だけ2コマ目押しが必要となってくる。 何度かチャンスがある上、失敗してもダメージはないので、目押しが苦手な人も是非チャレンジしよう! 通常時には、もちろん高確率演出も搭載。 高確率は5G固定となっており、秘宝伝シリーズお馴染の演出が繰り広げられる。 そして、高確率中にチャンス目が出現すればボーナス確定だ。 また、スペックの高さも要注目。 設定6の機械割が114. 天井/設定変更/ヤメ時 - [クレアの秘宝伝 ~眠りの塔とめざめの石~] 【天井】 天井は存在しない。 【設定変更時】 特に影響は無し。 【ヤメ時】 高確率中でなければいつヤメてもOK。 左リールにスイカが出現した場合は、中リールに青いピラミッド図柄を狙ってスイカをフォロー。 その他の場合は、中リール適当打ちでOK。 一度成功した後は、順押し適当打ちでOK。 最近出たノーマルタイプ(北斗・めぞん・偽物語等)の中では、初週・2週目共に一番良い動きはしている。 ただ、ぶっちぎりで良い訳でもない。 初週が、IN枚数18000枚の粗利2000円程度。 2週目が、IN枚数14000枚の粗利5000円程度。 落ち幅も悪くないので、ホールの使い方次第といったところか。 個人的には、RT中は楽しいものの通常時がやや単調、といった印象。 まあ、初打ちでいきなり1200とかハマったから印象が悪かったというのもあるかもしれないが・・・ 高設定なら勿論楽しいと思うので、ホールには是非大事に使ってくれる事を期待している。 後は、ホールの使い方次第といったところだろう。 ノーマルタイプコーナーとして北斗の将や偽物語、プラネット、等と一緒に上手く使っているホールもチラホラ見受けられる。 結局は薄利でやらなきゃいけないので、ある程度稼働のあるホールじゃないと運用は難しそうだ。 ただ、初代程の機械力はないと思う。 BIG後のRTが良い方にも悪い方にも出ている。 それでも最近出たノーマルの中では一番良い結果が出ているので、なるべく長生きさせて欲しい。 払い出し枚数が347枚を超えると終了、最大純増枚数は304枚。 終了後は、必ず30GのRTに突入する。 払い出し枚数が113枚を超えると終了、最大純増枚数は106枚。 78 各RTについて/RT中の設定示唆演出 - [クレアの秘宝伝 ~眠りの塔とめざめの石~] 【概要】 BIG終了後は、必ず30GのRTに突入する。 RT中の1Gあたりの純増枚数は約0. 16枚~0. 11枚で、低設定ほど純増枚数が多くなる。 RTには、演出の異なる7つのタイプが存在。 各RTの詳細については以下の通り。 【クレアRT】 ストーリーBIG/秘宝伝の曲選択時に突入する。 秘宝伝の演出が満載の王道RT。 【番長RT】 轟/操の曲選択時に突入する。 番長の特訓演出が再現されており、鉄塊を積み上げるほどボーナス期待度アップ。 10グラム到達でボーナス期待度MAX! 消化中は、「たいまつ演出が2連以上」・「次回予告発生」などでボーナス期待度大。 なお、「456グラム」の金の鉄塊が落ちてくれば設定4以上確定。 【鏡RT】 鏡の曲選択時に突入する。 7をテンパイさせる気持ちよさに特化した仕様。 ボーナスに当選した状態で7をテンパイさせれば、必ず「COME ON」演出が発生する。 レア役後は、積極的に7テンパイを狙ってみよう。 なおRT開始画面にて、設定の偶奇示唆が行われる。 吉宗の高確率演出が再現されており、家紋アタックでの家紋の大きさによってボーナス期待度を示唆する。 大家紋2連続ならばボーナス確定!? RT終了画面で「特殊終了画面」が多い程高設定の可能性が高まる。 ぷっしゅボタン押下時の上乗せゲーム数によって、ボーナスの種類や設定が判別可能。 背景の色によってボーナス期待度を示唆。 背景が赤まで昇格すればゲキアツ! なお、ステージアップ時にピンク高確率へ突入すれば設定4以上が確定する。 ボーナス完全告知タイプとなっており、ボーナス当選時は必ず「キーン告知」が発生する。 ウェイト時にスピーカーランプが点灯すればレア小役 or ボーナス。 キーン!と鳴ればボーナス確定。 なお告知発生時に、「キキキキキキキキーン」というスペシャル告知音が発生すれば設定2以上確定となる。 高確率は5G固定。 消化中に「超高確率」「極高確率」「無限高確率」とランクアップしていくほどボーナス期待度アップ。 なお、以下のパターンはボーナス確定となる。 各小役成立時のボーナス当選率は以下の通り。 0 一度引けたくらいでは安心できないが、2~3回引ければ低設定の可能性は低くなると考えていいだろう。 【ボーナス出現率】 ノーマルタイプなので、判別のメインはボーナス出現率となる。 REGの方が若干設定差が大きいので、基本はボーナス合成を見つつも、ややREG出現率を重視していこう。 【RT中のハズレ確率】 高設定ほど、RT中のハズレが出現しやすい。 44 【REG中の出現カードの色】 REG消化中に、以下の2つのカードが出現すれば高設定の可能性が高まる。 【REG中の出現カードの色】 REG消化中に、赤カードが出現すれば 設定4以上確定。 大人クレアボイスが発生すれば、その時点で 設定5以上が確定する。 ビタ押し成功時の大人クレアボイス発生率は以下の通り。 もちろん、今作もそれを期待したのですが・・・。 それが見たい為に打っています。 RT中にハズレが出る事もあるのでRT後の獲得枚数表示が300枚届かない事がしばしばある。 まぁ、ゲーム数は稼げるので、それでチャラなのかと。 こんなパターンをよく見かけます。 結果、チャンス目重複に見放され 通常の半分程度でしか当たらず 大敗…。 それでもなかなか楽しいと思えました。 ハズレなら高速消化に切り替えられます。 今のところ、こんな風に思っています。 通常時も個人的には好きです。 ちょっと熱そうな演出があるたびに変則押しにハマっているため通常時も飽きません。 そしてなによりBB中に過去のスロット台のBGMを聞けるのは熱い! そしてRTも過去の台を彷彿させる演出が嬉しい。 確率も悪くないので遊べる台だと思います。 BIG後のRTで歴代大都の曲聞けるのは面白いと思います。 シェイクや忍魂など懐かしの曲もありますし。 通常時は多少退屈な感はありますが、基本はチャンス目待ちですね。 ただそのチャンス目から高確率行かずに普通に発展するとまず当たらないのがちょっと減点ですかねぇ。 いい点として、ボナ率と小役率見ると設定に忠実に数字として表れてくれる点がいいですね。 確定演出見れていなくても、その2点で追いかけると大体その通りの動きになってくれてます。 Aタイプの中ではこのクレアとめぞんで立ち回りますが、ボナ率小役率でみれるのは明らかにクレアのほうですね。 高設定など使われる事は無く、低設定なのはしょうがないとしても、合算300以上がゴロゴロ。 ひどいと400とか500とか。 と、言うか合算200以下見たことない。 チャンス目での同時当選の低下がひどい。 10連続スルーは当たり前。 しかも、高確率にほとんど行かない。 行ったところで、超高確率も外す。 前作同様、チェリーとスイカは空気。 演出は増えたし、RTも色々あるが、それを楽しめる台じゃない。 失敗作。 期待していただけに残念。

次の

クレアの秘宝伝 ~眠りの塔とめざめの石~

クレア 眠り 判別

2 REG確率に大きめの設定差 BIG・REG確率ともに設定が上がるにつれて出現率がアップしますが、REG確率により大きめの設定差が付けられており、 設定6のみBIG・REG比率が1:1になります。 同時導入となったスーパープラネットDXの設定判別まとめにも同じことを書きましたが、設定状況に期待が持てる上でREGが先行しているなら、設定狙いで粘ってみる価値はあるでしょう。 また、クレアの秘宝伝2は全体的に機械割が甘めなので、設定4以上の数値を目安にして押し引きを見極めていくのがいいと思います。 設定1と設定6を比較した場合、約3. 5倍の差が付けられていることになります。 分母が大きくサンプルが取りづらい要素ですし、1回や2回程度確認できたくらいではまだまだ安心できませんが、それ以上確認できれば高設定に期待が持てますね。 ボーナス重複 設定 ベル チェリー 1 0. ボーナス重複確率の詳細が判明すれば、改めて追記していこうと思います。 「クレアの秘宝伝2」はチャンス目確率が高いので、ボーナス当選契機を正確に見極められないことも多いですが、スイカやチェリーからのボーナス当選を確認できればできるほど高設定期待度アップと覚えておきましょう。 通常時の出現率に設定差が付けられている小役は、 「ベル・チェリー・スイカ・強チャンス目」の4役で、「ベル<チェリー<スイカ<強チャンス目」の順で設定差が大きくなっています。 中でも分母が小さくサンプルの取りやすいベルと、そこそこサンプルが取りやすくて設定差が大きめなスイカが肝になりそうですね。 そして、RT中は ハズレ確率もあわせてカウントしておきましょう。 ただし、RT中のボーナス成立後のハズレはサンプルから除外するように。 また、強チャンス目に関しては、BIG成立後にリーチ目としても出現することがあるので、その場合もサンプルから除外して下さい。 REG中のカード 設定 ノーマル 銀 1 87. クレアの秘宝伝2の場合も、「ノーマル<銀<金<赤」の順で高設定に期待が持てる可能性が高いですね。 やはりカードの高設定期待度は見た通りで、ノーマルよりも銀、銀よりも金の方が期待が持てます。 銀カードには大きな設定差は付けられていませんが、金カードは設定1と設定6で 約4. 5倍の差が付けられています。 一度確認できたくらいでは油断できませんが、複数回確認することができれば粘る要素になりますね。 現時点ではそれ以外の情報が分かっていないので、とりあえずは参考程度に覚えておきましょう。 鏡RTは開始画面のロゴ色で奇数or偶数設定を示唆しているとのことで、サンプル自体は比較的稼ぎやすいですね。 爺サマーRT中のSPキーン告知は 設定2以上確定演出となっているため、設定別の発生率次第では高設定示唆要素として活用できるかもしれません。

次の