退職金 ゆうちょ。 中小企業退職共済事業本部(略して中退共)をゆうちょで受け取る

退職金がみるみる蒸発する「2大理由」 定年退職者に狙い定めた手口・後編

退職金 ゆうちょ

退職金の受取方法には、「年金形式」または「一時金」がありますが、一定の金額までは税金がかかりません。 年金形式の場合は、公的年金と合わせて、65歳未満なら70万円/年を超えた分、65歳以上なら120万円/年を超えた分が、雑所得として課税されます。 一方、一時金の場合は、税制面での優遇が大きく、勤続年数に応じた非課税枠があり、長く勤めた方ほど税金がかからないしくみです(下表)。 さらに、非課税枠を超えた金額については、その半分だけが課税されます。 勤務先に「退職所得の受給に関する申告書」を提出すれば、非課税枠を考慮された所得税・住民税が天引きされて振り込まれます。 申告書を提出しない場合は、20. 42%の所得税が源泉徴収され、後から確定申告が必要になりますので、注意しましょう。 退職金だけではなく、これまで貯めてきた金融資産も合わせて、預け先や運用方法をみていきましょう。 まず、使う時期によって、短期資金(1年以内に使う予定のお金)、中期資金(1年~5年以内に使うお金)、長期資金(5年以上使う予定のないお金)に分けて考えます。 例えば、1年以内に使う生活費の取り崩し費用や、住宅ローンを一括返済するための費用などは、短期資金に含まれます。 短期資金は元本が約束され、いつでも引き出せることが大切ですので、銀行の普通預貯金などに預けます。 退職後の生活圏をイメージして、ATMが便利な場所にあったり、手数料が安いなど、使い勝手がいい金融機関を選ぶといいでしょう。 中期資金も減らしたくないお金ですから、安全性を重視します。 普通預貯金よりも多少金利の高い5年以内の定期性預貯金や国債などを活用するといいでしょう。 老後資金の一番の心配は、長生きした時に資金が底をついてしまうことです。 そのため、お金の寿命を延ばすための資産運用にも取り組みたいところです。 しばらく使う予定のない長期資金の一部は、収益性が期待できる投資信託などの金融商品を活用します。 これらに投資する金額の割合は、元本割れなどのリスクにどの程度耐えられるか(リスク許容度)を考慮して決めましょう。 一般的に、退職して年金収入だけになると、リスク許容度は低くなるため、収益性商品の割合が大きくなり過ぎないように注意が必要です。 リスク許容度と資産配分の考え方については、「」もご覧下さい。 退職一時金などのまとまった資金を受け取ると、「少しでも早く投資しなければ…」と、価格が変動する金融商品に一度に投資してしまう方がいます。 ですが、マーケットの状況によっては大きく価格が下がることもあるため、一度に同じ対象に投資するのはおすすめできません。 タイミングを分けて投資すること(時間の分散)、複数の対象に投資すること(資産の種類の分散)によってリスクを抑えることが大切です。 この分散投資を手軽に実現できるのが、投資信託による積立投資です。 投資信託は、多くの投資家からお金を集めて大きな資金にし、株式や債券、不動産などさまざまな対象に投資するため、資産の種類の分散が可能な金融商品です。 さらに、投資信託を定期的に積み立てれば、手間なく時間の分散も行うことができます。 投資信託の運用は投資の専門家が担っている点や、少額から積み立てられる点などは投資の初心者にとって心強く感じられる特徴でしょう。 さらに、2018年1月からスタートした「つみたてNISA(ニーサ)」(少額投資非課税制度)を活用すると、毎年40万円の投資額に対して、最長20年間(最大800万円まで)、売却益や普通分配金など利益に対して本来20. 315%かかる税金が非課税というメリットがあります。 また、つみたてNISAで用意される投資信託は、シンプルでコストが安いなど長期投資に向く商品だけが用意されているため、投資初心者でも選びやすいのが特徴です。 一方、従来の「NISA」なら、年間120万円、5年間で最大600万円までの投資が非課税になりますので、もう少しまとまった資金で投資したいという方には、NISAがおすすめです。 退職金で初めて資産運用を経験する方は、少額から、半年~1年くらいは価格の変動に慣れるつもりで、まずは一歩を踏み出してみましょう。 (2018年2月現在).

次の

退職金定期預金の賢い運用、2番目の銀行に移動させる 実践編

退職金 ゆうちょ

「銀行に入れば一生安泰」 という時代は既に終わりつつあり、一生安泰という言葉に疑問を感じ始めてきている行員も多いのではないでしょうか。 銀行で長年勤めてきた50歳以降の行員というのは、出世コースに乗ってきたかどうかで、その後の処遇にかなり大きな差があります。 男性行員は定年を迎える人もいますが、女性行員の場合は、今はまだ定年を迎える人は少ないです。 ですが、これからは女性も長く働き続ける人が増えてくることが予測されます。 銀行員の定年・退職金事情について記載しているので、ぜひ目を通してみてください。 目次でパッとみる見出し• 銀行員の定年は何歳? 銀行員の定年は一般的に『60歳』と定められている銀行が一般的です。 三大メガバンクと呼ばれる三井住友、三菱東京UFJ、みずほの三行も60歳定年となっています。 ただし、みずほ銀行については、2018年中に定年を65歳まで引き上げると発表されています。 ですが、65歳定年制にすると言われていますが、銀行の定年事情は特殊で、60歳まで同じ条件で働き続けられるわけではありません。 一般的に「役職定年」「職位定年」と呼ばれるような制度と、出向・転籍の多さにより、銀行員の実質的な定年は『55歳前後』とよく言われます。 銀行員は55歳で定年!?その内情とは? 一般的に銀行には「役職定年」や「職位定年」と呼ばれる、その後の昇進が絶たれ給料が減額される制度があり、それが50代でやってきます。 これは私が勤務していた銀行の場合ですが、55歳で役職関係なく全員、給料が3割カットされます。 それにもかかわらず仕事では変わらない責任を負わされるため、目に見えてやる気をなくしてしまう上司もいましたし、「あの人給料あれだけ減らされて支店長なんてよくやってられるよね」なんて噂話をする人もいました。 大きな銀行や都銀では事務センターのような部署に異動する人も多いです。 私の身近にもいましたが、気楽になる場合もあれば、それはそれで居心地が悪い場合もあるでしょう。 メガバンクは定年前に出向する人が多数 小規模な銀行ではそうでもありませんが、メガバンクはそもそも定年まで銀行で働ける人のほうが少ないです。 出世コースに乗り、狭き門をくぐり抜けた人以外は50代前半で取引先企業に出向し、1年後には転籍して銀行の給与体系から外れ、まず間違いなく給料は下がってしまいます。 同期で一人役員が出たら、他は全員出向、というくらいの割合の高さです。 「60歳で定年」というのは本当にごく一部の行員にしか当てはまらないことから、「銀行の年は50代」と言われているのです。 ただ、銀行に残れたとしても、前述のように50代半ばで給料減。 その後60歳以降で雇用延長を選ぶなら、そこでも3割程度減ります。 なので、どちらにしても銀行員の収入は一般企業に比べ下降に転じるのが早いです。 三大メガバンクの銀行員の退職金相場は『3,000万円前後』 三大メガバンクでは、定年退職時の退職金の相場は『3,000万円前後』と言われています。 厚生労働省が平成25年に発表した調査結果によれば、大卒で勤続35年以上の場合、全業種における定年退職時の平均退職金額は『2,156万円』でしたので、高い方なのは間違いないですね。 ただし、退職金は退職時の給与によって決まるところが多いので、役職によってかなり開きがあります。 部長・支店長クラス、役付きの次長、それより下の役席や一般行員といったところで大きく変わってくるのは言わずもがなですが、さらにその中でも、本部や母店クラスの大きな支店か小規模店かによっても違いが出てきます。 銀行にもよりますが、下手をすると小規模店の副支店長よりも大店の次長の方が給料が多かったりするので、そういう意味でも出世の狭き門をくぐれるかどうかは重要です。 部長や支店長になれば退職金は相場より多くなりますし、役席でもあまり上の役職でなければ退職金の額も低くなりますので、出世できるかどうかで1,500万円位~4,000万円位というほどの差があるのです。 ちなみに小さな地方銀行になると、退職金の相場も下がります。 退職金はそこまで期待できないので、たまに公務員のお客様が退職金定期預金を作りに来たりすると、上司が「こんなにたくさん貰えるなんて公務員はいいなあ」とぼやくほどです。 昔は若い女子行員の寿退社でも数百万円の退職金が出たみたいですが、今は10万円も出ませんし、世間一般の相場も下落傾向なので、昔に比べ下がってきているのは間違いありません。 50代半ばで給与がかなり減ることを考慮すると、トータルでは銀行員だからといって世間のイメージほど高収入とはならなさそうです。 定年を迎えられずに退職する女性行員は多い 定年まで問題なく働き続けられればいいのですが、将来どうなるかというのは誰もが予測できません。 例えば定年が近づく年齢になってくると、親の介護といった身近な問題も出てきます。 銀行員を続けながらの介護はかなり難しいです。 親の介護でやむを得ず定年前に退職した女性の上司も実際にいたので、女性行員の場合は男性と比較すると、定年まで無事に終われる確率自体が低いのです。 親の介護での退職となれば、定年退職ではなく、自己都合退職ということで退職金も減額されます。 私が知っているケースでは、その年代としてはまだ珍しい女性次長で、定年まであとわずかというところでご家族の介護が必要になり、やむを得ず退職されました。 ですが、その時に話していた「銀行入って40年勤め上げて、退職金が1,000万も出ないのよ。 悲しくなっちゃうわね」という言葉を聞きショックを受けました。 (自己都合退職とはいえ勤続年数も長く、定年直前でその金額ということは、定年での退職金額もあまり期待できそうにないですね・・・) 銀行に限った話ではないですが、誰かしら家庭にいた時代とは違い、働き続ける方が多くなってくるこれからの時代、こうした事態に直面する方は増えてくるのではないかと思います。 定年後は65歳まで嘱託職員として働く人が多い 出向でなく銀行で定年を迎えた場合は、65歳まで嘱託行員のような形で働く方が多いです。 ただその場合は、月給20万円前後が給与相場という話もありますし、時給制となる場合も多いみたいですので、あまり給与面は期待できません。 業務内容としては、事務センターや営業店のロビー案内係、ATM管理や自社ビルの管理人などの仕事をする方が私の周りにはたくさんいました。 行員時代に部店長クラスや役員にまでなっていた人だと、グループ会社の社長や役員のほか、出向した取引先企業で役員になる人もいます。 いずれにしても働けるのはメガバンクを含むほとんどの銀行で65歳までとなっています。 女性行員の定年にはロールモデルがいない 全国的に働く女性は増えているものの、銀行は未だに男社会です。 ですので、女性行員で定年まで勤め上げて65歳いっぱいまで働いている方はかなり少ないのが現状です。 前述の通り、銀行員の退職金は出世の具合によって大きく差が出ますし、その出世の道も男性と違い、女性は先人があまりいない中で切り開いていく道になります。 銀行で定年を迎えて、その後は男性行員と同じように嘱託行員や関連会社社員として勤めるのか、それもほとんど前例がない現状です。 私が銀行で出会った女性の上司は、支店長になることも打診されているほどの優秀な方ですが、「このまま銀行で支店長になって定年まで居続けるよりも、自分が持っているスキルや人脈を活かして独立して、お店を開きたい」という話を聞きました。 女性が銀行で長く働き続ける時代はまだこれから本格的に到来するところであり、今定年について意識されている女性行員の方々は、まさに自身がロールモデルとなっていくのだと思います。 銀行員生活はこれからという若手行員も、将来像を考えながら働いていく必要がありそうです。 銀行に限らず、定年に向き合う女性の話題は増えている 社会全体として、女性の定年に関する問題は注目されてきており、テレビなどでも、定年について考える女性の活動や支援団体などが度々取り上げられて、セミナーなども開催されています。 女性行員だからこそ、これまでの男性行員によって「こういうもの」とされてきた定年・定年後のあり方に沿わない、新しい選択肢も作れるかもしれません。 銀行員の定年退職は、決して「銀行で勤め上げたおかげで今後も安泰」と楽観視できるようなものでもなさそうです。 最近は40~50代のスキルを活かした転職にもメディアなどで注目が集まっていますから、銀行の外まで視野に入れて、定年に向けて自発的に動いていきたいところです。

次の

定期預金「退職金運用プラン」の落とし穴

退職金 ゆうちょ

今年、公務員を定年退職しました。 退職金をゆうちょ銀行で、投資信託はどうか、たまたま行ったとゆうちょ銀行の方に勧められ、その時に簡単な話を聞きました。 例としてバランス型の投資信託の話がありました。 その後ネットなどで調べてみると、ゆうちょの投資信託は手数料が高い等あまり良い評判がありません。 退職金ということもあり、余裕資金もあるので少しは投資してみたいのですが、不安もあります。 1、投資にリスクはつきものですが、ゆうちょ銀行で投資信託は、手数料等、評判通りなので しょうか? 2、今後老後の資金をどう考えていけばよいでしょうか? 漠然とした質問ですみませんが、何かアドバイスをいただけたら、うれしいです。 あと20年は生きる。 これで判断すればよろしいかと。 退職金から、投資に回せるお金はどのくらいで、どのぐらいの危険性まで考慮できるかどうかで変わってきますし、あなたを扶養する人が要る いないでも投資に対するリスクは変わってきます。 孫辺りがいらっしゃるなら、孫の資産として 優待券など考えて株式などあげてみたりすればいかがですか? 100万で考えるなら ビックカメラ関係とかで半年に一度 買い物に連れて行く口実にもなるだろうし、写真とかなら 年1回行く口実となる。 女の子なら、サダマツとかでネックレスを毎年プレゼントするなど。 株式は値下げも考慮できるならどうぞ 元本保証なら、仕組定期 円建てで長い期間(最長10年間出し入れ不可)ですが解約しなければ保証してくれます。 もし、無くなっても良いなら 債券関係 社債なら0. 5%くらい? ソーシャルレンディングなら 5%くらいはあります。 信用できるところなら、400万くらいで毎月1万は税引き後入金あります。 まずは、投資に回せる資金から考える 投資信託以外の選択肢も視野に入れる。 具体的な案件を考えてみる、悪いほうも視野にいれて結論を出した方がよいです。 定年退職、おめでとうございます。 運動不足になりやすいので、注意す ると良いと思います。 1、ゆうちょ銀行は、手数料が高くて、儲からないものがほとんどです。 大手銀行Gr~証券会社の方が無難です。 地方銀行は商品が少ないよう な傾向があります。 2、余裕資金は、半分位を外貨預金or投資信託・半分位を特別定期預金に すると良いと思います。 外貨預金or投資信託は、過去4~5年の為替変化をみると良いです。 ) 目先の手数料を気にする方が多いですが、これも、過去4~5年の実績を 見て、そこから手数料を引いて皮算用すると良いと思います。 (より儲かれば、最初の手数料などは、誤差範囲です。 ) あと、投資信託の場合は、毎月分配型の方が、毎月、お小遣いが入る 感覚があり、投資していて楽しいです。 ご自身で、ある市場を知ってから、何か質問があれば、親切な方が居ま すから、他に質問すると良いと思います。 住宅ローンの貸し出しの原資なので、元本保証ですが、利息は0. 2~0. 3 %くらいで、少なめです。 1.投資信託の手数料は、買った時にかかる購入手数料と、保有期間中にかかる信託報酬です。 購入手数料は目に見えやすいですが、信託報酬はファンドの純資産から少しずつ差し引かれるので、投資家からすれば見えにくい面があります。 これらの手数料が高いのか低いのかは、ネットやパンフレットを見れば確認でききます。 バランスファンドは、今ではいろいろなものがありますから比較検討されることをおススメします。 一般的に指標に連動するように設計されたインデックスファンドは、購入手数料無料 ノーロード で信託報酬も0. 2.退職金を老後資金と位置付けるのか、ある程度の余裕資金と位置づけるのかで運用方法に違いが出てくると思います。 今後取り崩しを前提とするなら、比較的安全な金融商品に投資、余裕資金なら少しリスクを取ってリターンを狙うこともできます。 ゆうちょ銀行も手数料収入を稼ぐ必要がありますから、窓口で言いくるめられないように注意しましょう。

次の