山口 周 ニュー タイプ。 【1枚でわかる】『ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行動様式』山口 周

【ニューノーマルの時代・山口周】意味のない仕事や会社から解放される時が来た。経済成長という山を登るのをやめよう

山口 周 ニュー タイプ

この本で解ける疑問は?• 今起こっているメガトレンドとは?• これから価値が高まるスキルとは?• 旧型の価値観と新型の価値観の違いとは?• 『ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行動様式』って? 「え、まだそんな古い考え方してるの?」 こんなことを言われると、怒りを通り過ぎて悲しいですよね。 そうならないためにも、五月雨式に世に生み出されているバズワードや新しい概念たちを、いったん整理したい。 そんな方にオススメなのが本書『』です。 モノではなくコトを消費する社会• 限界費用ゼロ社会• 人生100年時代• VUCA …こんなキーワードたちを整理しつつ、私たちが今どんな思考・行動様式を身につけるべきかを、本書は示してくれます。 そんな本書の「」はこちらです。 画像をクリックすると、PDFが開きます 本書の内容を掻い摘むと、次のことが書かれていました。 現在我々を取り巻く環境として、「飽和するモノと枯渇する意味」「問題の希少化と正解のコモディティ化」「クソ仕事の蔓延」「社会のVUCA化」「スケールメリットの消失」「寿命の伸長と事業の短命化」の6つ。 これらの背景を踏まえて、オールドタイプからニュータイプへの脱皮を図るべきである。 ニュータイプへの脱皮のためには、「価値創造」「競争戦略」「思考法」「ワークスタイル」「キャリア戦略」「学習力」「組織マネジメント」の枠組みで、思考・行動様式を抑えておく必要がある。 ニュータイプとオールドタイプを比較すると、真逆のことが書いてありますね。 まだまだ自分もオールドタイプの行動を取っているなと、反省しております。 この「」をチェックリストにして、• 今日はニュータイプの行動がどれだけ取れたか?• まだオールドタイプのままの行動はどれか? …なんかを、定期的に振り返るのも良いかもしれませんね。 学び 著者の「代表作」を読む 山口周さんの本をたくさん読んでいる方はもうお気づきかもしれませんが、本書には、これまでの著者の作品のエッセンスが詰まっています。 例えば「キャリア戦略」。 これは、タイトルからもわかる通り『』のエッセンスが凝縮されています。 次に、「学習力」。 ここには、複数のエッセンスが詰まっています。 『』 『』 『』 『』 最後に、「組織マネジメント」。 ここは『』の主張が骨子になっています。 以上を踏まえると、本書『』は、• 山口周さんの本を読んだことがある人にとっては、これまでの総復習をできる内容であり、• 山口周さんの本を初めて読む人にとっては、これまでの著者のエッセンスをまとめてキャッチアップできる内容 …といえます。 だいぶ周りくどくなりましたが、「この本、すごくオススメですよ」と伝えたかったのです。 複数本を出版されている著者の本を読む際は、その著者の意見を総まとめした 「代表作」を読むといいかもしれませんね。 山口周さんなら、『』。 赤羽雄二さんなら、『』。 大前研一さんなら、『』。 明日から取れるアクション1つ• 本を選ぶときは、その著者の「代表作はどれか?」を探すようにする logichan.

次の

山口周が語る。意味をつくる「ニュータイプ」の施行法:書評

山口 周 ニュー タイプ

もくじ• ニュータイプの時代 はじめに 「トレンド本や名著をかいつまんで、要約・まとめ を知りたい。 」 「本を買う前に、実際に読んだ人の感想を知りたい。 」 この記事はそんな方へ向けて書いています。 記事の作成者は、 『SNS時代のリアルな居場所』として価値観を共有できるライフシフト 読書会を毎週開催しております。 ニュータイプの時代 まとめ 望ましい人材要件は、その時代における社会の構造やテクノロジーによって異なる。 これまで高く評価されてきた、従順で、論理的で、勤勉で、責任感の強い「優秀な人材」は今後「オールドタイプ」として価値を失う。 一方、自由で、直感的で、わがままで、好奇心の強い人材「ニュータイプ」が、今後は大きな価値を生み出し、評価されるだろう。 ニュータイプの時代 目次 1 章 人材をアップデートする6 つのメガトレンド 2 章 ニュータイプの価値創造 3 章 ニュータイプの競争戦略 4 章 ニュータイプの思考法 5 章 ニュータイプのワークスタイル 6 章 ニュータイプのキャリア戦略 7 章 ニュータイプの学習力 8 章 ニュータイプの組織マネジメント ニュータイプの時代 要約 人材をアップデートするメガトレンド どんな変化が「オールドタイプ」から「ニュータイプ」へ優秀な人材の条件のシフト促すのか? それは、次の6つのメガトレンドだ。 飽和するモノと枯渇する意味• 問題の希少化と正解のコモディティ化• クソ仕事 意味のない仕事 の蔓延• 社会のVUCA化• スケールメリットの消失• 何かが満たされていない、本質的に重要なものが抜け落ちているような感覚がある。 物質的な欠乏という課題がほぼ解消された世界で、人はいかにして「生きる意味」を見いだせばいいのか。 この問題を最初に指摘したのは、ドイツの哲学者ニーチェである。 ニーチェは、現代人が「意味の喪失」という問題に陥り、ニヒリズムに捉えられることを予言している。 ニーチェは、ニヒリズムを次のように定義している。 「何のために、という問いに対して答えられないこと」、つまり「意味が失われた状態」こそが、ニヒリズムの本質だという。 私たちは「モノが過剰で、意味が希少な時代」を生きている。 このような時代にあって、相も変わらずに「役に立つモノ」を生産し続けようとするオールドタイプは価値を失う。 その一方で、希少な「意味」を世界に対して与えるニュータイプは、大きな価値を生み出していくことになる。 例えば、「経験の無価値化」。 これまで私たちは「経験豊富」という要件を無条件にポジティブに評価してきた。 しかし、環境がどんどん変化していくと、過去の経験が無価値になる。 このような世界では、過去の経験に頼ろうとする人は人材価値を減損させる。 一方、新しい環境から柔軟に学び続ける人が価値を生み出す。 あるいは、「予測の無価値化」。 これまで何かを行う時、中長期的な予測をもとに計画を立てることが「良し」とされた。 だが、社会が不安定、不確実になると、「予測の価値」が減損していく。 このような時代にあっては、計画を実直に実行するという行動様式はリスクが大きい。 今後は、とりあえず試し、結果を見ながら微修正を繰り返す、いわば「計画的な行き当たりばったり」によって、変化する環境に対して柔軟に適応していくことが求められる。 このように、「VUCA な世界」では、変化していく環境に対してどれだけしなやかに適合できるかという「柔軟性の度合い」が重要になってくる。 一方、事業は短命化の傾向にある。 米国を代表するような企業の平均寿命が、今日では20年に満たないのだ。 今や企業の平均寿命よりも、人が現役として働く期間の方が長い。 つまり、多くの人は、人生の途上において複数回のキャリアチェンジを余儀なくされる、ということだ。 私たちは「この道一筋」といったことを礼賛しがちだが、変化の速い世界でそのような価値観に囚われるオールドタイプは危うい。 一方で、これまで「腰が据わらない」と批判されてきたような生き方、つまり、何が本業なのかはっきりしないままに複数の仕事に関わるようなキャリアを志向するニュータイプこそ、柔軟でしたたかなキャリアを歩んでいくことになるだろう。 ニュータイプの価値創造 では、上述のメガトレンドにより、具体的にどのような人材要件のシフトが起きるのか? これまで、社会では「問題を解決できる人」が高く評価された。 社会は、常に多くの不満・不安・不便という「問題」に苛まれていたからだ。 しかし今後、こうした「問題解決に長けた人」 は、オールドタイプとしてその価値を失う。 モノが過剰に溢れる世界になり、日常生活での不満がほぼ解消され、「問題が希少」になったからだ。 これからのビジネスでは、ボトルネックとなる問題をいかにして発見し提起するかがカギになる。 この「問題を見いだし、他者に提起する人」こそが、ニュータイプとして高く評価されるだろう。 では、どうすれば問題を見いだせるのか。 問題解決の世界では、問題を「望ましい状態と現在の状況が一致していない状況」と定義する。 「望ましい状態」と「現在の状態」に差があること、これを問題として確定するということだ。 従って、望ましい状態が定義できない場合、問題を定義することもできない。 つまり「ありたい姿」を描けない人は、問題を定義することができない、ということだ。 ニュータイプとは、常に自分なりの「あるべき理想像」を思い描いている人のことだ。 自分なりの理想像を構想することで、目の前の現実と、そのような構想とを見比べ、そこにギャップを見いだすことで問題を発見していくのだ。 つまり、ニュータイプになるためのカギは、「社会や人間のあるべき姿を構想する力」なのだ。 未来は予測せずに「構想」する 問題が希少化する世界にあっては、「未来を構想する力」が大きな価値を持つ。 なぜなら、問題とは「あるべき姿」と「現状」とのギャップであり、あるべき姿を思い描くには必ず「未来を構想する力」が必要になるからだ。 「未来をどうしたいのか? 今、私たちが暮らす世界は偶然の積み重ねでできているのではない。 どこかで誰かが行った意思決定の集積によって今の世界はできている。 同様に、未来の世界は、今この瞬間から未来までの間に行われる人々の営みにより決定される。 であれば、本当に考えなければいけないのは、「未来はどうなるのか? 」ではなく、「未来をどうしたいのか?」という問題であるべきだろう。 人工知能に奪われる仕事を考えても仕方がない 例えばここ数年、様々な論者や研究機関が「人工知能に奪われる仕事は何か」という予測を行ってきた。 だが、こういった予測は実際には当たらない。 人工知能という汎用性の高いテクノロジーが実用になりつつある今、私たちが問うべきなのは、 「人工知能を人間が手にしたことで、私たちにどのような可能性が開けるのか」という問いだろう。 過去の歴史を見れば、テクノロジーの進化が功罪相半ばするものだということは否定できない。 テクノロジーの危険性を指摘して社会への実装を牽制しようという動きもあるが、過去の歴史を振り返れば、そのような営みは結局、すべて失敗に終わっている。 つまり、私たちはテクノロジーの進化にブレーキをかけることはできない。 であれば、私たちはオプティミストになるしかない。 「誰が仕事を奪われるか」などという予測をして、その予測に振り回されても仕方がない。 このように不毛な予測に一喜一憂しているオールドタイプは、環 境変化に引きずり回されるだろう。 一方で、進化するテクノロジーを用いることで、現在の社会が抱える課題をどのように解決できるかを考えるニュータイプは、大きな豊かさを生み出していくことになるだろう。 ニュータイプの競争戦略 今後、市場の分散化・多様化が進むと見られる。 だが、この予測については反論があるかもしれない。 GAFAなどのグローバルプレイヤーが市場を一色に塗りつぶしつつあり、むしろ市場の多 様性は減殺され、「勝者総取り市場」になると。 「勝者総取り」の議論 勝者総取り市場が議論されるようになったのは 1990年代のことだ。 経済学者のロバート・フランクとフィリップ・クックは、世界中で勝者総取り市場への転換が進んでいることを指摘した。 その理由として「絶対評価」から「相対評価」への変化を挙げている。 どういうことか? 左官職人を例にとって考えてみよう。 1日に100個のレンガを積める職人と、90個のレンガを積める職人がいる場合、市場が健全に機能していれば、前者が100の報酬をもらう時、後者は90 の報酬を得る。 これが「絶対評価」の市場だ。 対照例として、検索エンジンの開発者を考えて みよう。 一番優れた検索エンジンの開発者と2番目に優れた検索エンジンの開発者を比較した時、 例えば前者の検索エンジンのパフォーマンスを100として、後者が90だという時、報酬がその比率になることはない。 市場で生き残れるのは最も優れた検索エンジンだけで、2番手以下は市場から敗退することになる。 これが「相対評価」の市場だ。 つまり、フランクとクックは、市場が「絶対評価」から「相対評価」へと変化することで、「勝者総取り」が進行すると考えたわけである。 「意味がある」市場では多様化が進む しかし、それぞれの市場にはそれぞれの特性がある。 実際には、「寡占化が発生しやすい市場」と「寡占化が発生しにくい市場」とがある。 では、どのような市場特性が、寡占化と多様化を分けることになるのか。 フレームワークを用いて考えよう。 このフレームでは、顧客に提供している2つの価値軸に沿って市場を整理する。 すなわち「役に立つ・立たない」 機能的便益の有無 という軸と、「意味がある・ない」 情緒的便益の有無 という軸だ。 結論から言えば、勝者総取りが発生するのは「役に立つ・意味がある」象限になる。 わかりやすいのが ICチップだ。 ICチップの評価は単純にコストと計算能力で決定される。 「職人が精魂を込めている」といった意味的な属性は製品の評価にまったく組み入れられない。 結果として、勝者総取りという事態が発生する。 一方、「意味がある」市場では多様性が生じる。 例えばコンビニの棚は厳密に管理され、ハサミなどの文房具はほとんど1種類しか置かれていない。 そんな中、1品目で 200種類以上取り揃えられている商品がある。 タバコだ。 なぜそういうことが起きるのかというと、タバコは「役に立たないけど、意味がある」からだ。 マールボロを愛飲している人にとって、マールボロという銘柄は代替不可能なのだ。 人が感じる意味は多様なので、銘柄もまた多様になるわけだ。 これが「役に立つ」と「意味がある」の市場特性の違いだ。 このような二極化が進行する世界において、すべての企業は「役に立つ」という市場において熾烈な戦いに身を投じるか、「意味がある」という市場で独自のポジションを築くかの選択を迫られることになる。 ニュータイプの時代 感想 大前健一がダニエルピンクの「ハイコンセプト」を翻訳し、10年が経過した。 10年前からいわれていた時代の変化が具体身を帯びてきた昨今、ニュータイプの時代が私たちに語っている思考・行動様式のアップデートは必須といえる。 しかしながら、令和時代にいまだに昭和の組織文化を持っている日本企業に所属していると、周りの環境に依存して未だ本書が伝えてるメッセージをリアリティを持って理解するのは難しいかもしれないと、最近いろいろな人とかかわる中で感じる。 時代のトレンドに合わせて自分自身をアップデートすること。 新しい市場には先駆者が折おらず、年功の利がないことをチャンスと捕らえてチャレンジしようと考えている人にとっては、これからの時代の指南書になる。 ニュータイプの時代 さいごに 当記事を書かせていただきました、長谷川と申します。 私は大阪、神戸、京都でを開催しております。 読書会のいいところは、SNSでつながる時代に、 リアルな居場所を持てるということ。 関西で 生き方・働き方でつながるコミュニティを探されていらっしゃるあなたの参加をお待ちしております。

次の

【山口周】「20世紀的優秀さ」は終わる。これから活躍できる「ニュータイプ人材」とは?

山口 周 ニュー タイプ

これからの時代に活躍するであろう「ニュータイプ」の人材要件を【24の思考・行動様式】に分けて説いている本。 内容が濃かったので読み終えるのにずいぶん時間がかかってしまいました。 2005年に発行されたダニエル・ピンク氏の「ハイ・コンセプト」と同じ匂いを感じました。 (この本も今読んでも得るものがあると思うので良かったらぜひ) まず【第1章:人材をアップデートする6つのメガトレンド】にあった ・クソ仕事の蔓延 ・社会のVUCA化(不安定化、複雑化) というキーワードに「おおっ」となりました。 「自分が日々あくせくやっていることに不要な仕事なんてない!」と反論したくなる人もいるかもしれせんが、僕は正直思い当たります。 通例、慣例、しきたり。 どこの会社や組織にも一つや二つあるんじゃないでしょうか。 「社会のVUCA化」というのは、これからの時代は「経験」や「予測」、「最適化」という概念は無価値になっていくという視点。 お医者さんや三つ星シェフ等、よほどの職人技が必要な仕事以外は「熟練の〜」というのはもう要らないんですよね。 より柔軟な考え方や行動が必要になっていくということです。 さて、ここからいよいよ24の思考・行動様式に入っていきます(だから長いって言いましたよねw)。 僕のアンテナに引っかかったセンテンスを抜粋して綴りたいと思います。 「足りないものを埋める」というようなことですね。 そして、それらの問題たちが科学や医学の発達などで次々と解決され尽くされたのが現代です。 その中で、「問題を見つける力」ー言い換えると既存の仕組みに疑問を持って改善したら、理想を掲げて邁進する力ということだと思います。 いまや「正解」は検索したりSNSで誰かに聞けば簡単に手に入る時代ですからね。 問題を提起する力の方がこれから先求められる能力なのでしょう。 【8:「直感」が意思決定の質を上げる】 「論理」一辺倒では、現代の企業や個人において必要不可欠な「意味」や「ストーリー」を生み出しづらいそうです。 これはもう、完全に僕もやってるやつです。 「命令を受けたエリート」VS「好奇心に突き動かされた起業家」 「上司からの命令で動くエリート」VS「内発的動機に駆動されるアマチュア」 いずれも後者が勝つという結果が公算としてあるそうなのです。 これを僕個人に落とし込んでみると、思い当たることがありました。 当時はキョトンとしながらそれを聞いていたのですが、今になってこういう話とかを聞くと「あーなるほど」と思ったりします。 翻って、自分の仕事に当てはめてもそうなりますもんね。 例えば僕が従事している業界のことが好きで好きで堪らなくて、誰から命令されることなく動きまくっている人がいたら僕らは足元にも及ばないと思うんです。 とても勝てないと。 まぁ、だからと言ってじゃあ僕がイベント会社に入ったら大成するかと言ったら必ずしもそうじゃないというか、それはそれで好きなことばかりはやれないだろうし、結果「仕事のためにやる」ってなると思うんです。 これはジレンマですね。 なかなか難しいところです。 【15:専門家と門外漢の意見を区別せずフラットに扱う】 いわゆる「よそ者」というやつですね。 東海道新幹線の開発やNASAの研究といった実例を挙げて、「よそ者」の参画がその仕事に大きな功績をもたらしたという話が書かれていました。 その業界にドップリ浸かってると見えないものってありますよね。 他部署の方の素朴な疑問から改善に繋がったらすることはよくある話です。 今、一応『ラジオ作家』をやらせてもらっていますが、この延長線上で例えばテレビのお仕事(作る側)とかちょっとやってみたいなぁなんて思うことがあります。 今の会社を辞めて転職するまではいかないんだけど、ちょこっとやってみたいなっていう。 もしも何かしらの成果を出せたらちょっと報酬をいただくとか。 いかがでしょうか。 大分のローカル局の皆さま、ご連絡お待ちしております(笑) 【22:「モビリティ」を高めて落下した組織を淘汰する】 「オピニオン(声を上げて変える)」と「エグジット(辞める)」という言葉を用いて解説していましたが、僕自身もこの要素の必要性は強く感じています。 この「とにかく空気を読むべき社会」の日本においてなかなか難しいだろうなと思っていましたが、近頃のこの状況の中で以前よりはずいぶん変わっていく気配というものは感じますね。 【24:システムに耽落せず脚本をしたたかに書き換える】 上手くいかないときは、何かしらの仕組みを変えようと考えがちですが、山口氏は「『これがダメだからアレに変えよう』という『代替』の考え方では問題の根本を解決することはできない」といいます。 ついつい何かを変えようと考えてしまいがちですが、そうではないと。 「したたかさ」や「しなやかさ」はこれからの時代のキーワードになるような気がしますね。 以上でございます。 読んでくださった皆さま、お疲れ様でした(笑) 実は今日の記事の9割以上はもうずいぶん前に書いていた記事だったのですが、最後まで書き切らずに現在に至っていました。 この間に世の中は大きく大きく変わっていて、でも、だからこそ、この本の内容はより腑に落ちるものになっているのではないでしょうか。 僕も改めて自分の身体に染み込ませ、明日からの仕事への考え方を見直してみたいと思います。

次の