青 の オーケストラ。 【青のオーケストラ】最新話ネタバレまとめ!

「青のオーケストラ」のあらすじ・ネタバレ・感想

青 の オーケストラ

アニメ化、実写映画化待ったなし!とファンから待望され続けている青春オーケストラ漫画『青のオーケストラ』がめちゃめちゃ面白いんです!!! 『青のオーケストラ』は、漫画『心が叫びたがってるんだ。 」で卓越した画力を評価された阿久井真先生が描く完全オリジナルストーリ! 音楽経験もない、ましてやオーケストラのような演奏にも全く無関心な私が今、最もハマっている漫画が何を隠そう『青のオーケストラ』なんです。 そこで今回は『青のオーケストラ』をまだ読んでない方に向け、『青のオーケストラ』を 最新話まで 全巻無料で読む方法をご紹介します。 ご紹介する方法は、 登録不要で もちろん合法です。 違法手段ではないので、安心してくださいね。 また新作漫画を読むならU-NEXTの 「31日間無料トライアル」がオススメ。 以下のリンクから「U-NEXT31日間無料トライアル」に申し込むと 今なら漫画の購入に使えるポイントが600円分貰えます。 この600円分のポイントを使えば 『ONE PIECE(ワンピース)』や『鬼滅の刃』『進撃の巨人』など お好きな漫画を1冊 タダで購入できてしまいます。 (600円に満たない漫画はおつりが返ってきます) 読みたい新作漫画があれば、U-NEXTの 「31日間無料トライアル」を使った方がお得です。 いつ600円分のポイントが貰えるキャンペーンが終わるか分からないのでお早めに。 👇こちらの記事では実際に無料トライアル登録時に付与された600円分のポイントを使ってタダで漫画を購入した方法を画像付きで解説しています。 U-NEXTへの登録方法についても詳しく説明しているので、U-NEXTへの無料体験をご検討している方は、ぜひ一読ください。 またU-NEXTでは、国内外の名作映画、アニメが130,000本以上見放題です。 無料トライアル31日間内に解約すればお金は一切かからないので、気軽に無料トライアルしてみてくださいね。 次の章では『マンガワン』の使い方を簡単に、ご説明させていただきます! 『マンガワン』の使い方を簡単に紹介 マンガワンを無料でお楽しみいただくには、以下の 『 ライフ』と 『 SPライフ』の使い方をマスターしておくだけでKOです。 簡単に説明していきます。 『ライフ』とは?取得方法と使い方を解説 SPライフとは?• SPライフとは、アプリ内で漫画を読むために必要なアイテム• ライフがなくなってしまった場合でもSPライフを使用することで好きな作品(漫画)を1話無料で読む事が出来る• 新規ダウンロード特典でSPライフが50枚付与される• 毎日、短い広告動画を1度見るだけでSPライフが1枚付与される 以上が簡単なSPライフの取得方法と使い方の説明です。 下記画像のように 新規ダウンロード特典では、 SPライフが 50枚無料配布されます。 (50話分) そして毎日、短い広告動画を視聴することで漏れなく 1SPライフを取得することが出来ます。 控えめに言わずとも読者ファーストの神アプリ。 ヴァイオリンを辞めたことを心のどこかで引きづっていた中学3年生の青野は、進路に迷っていた。 そんなある日、保健室から下手くそなヴァイオリンの音色が聞こえてくる。 下手くそなヴァイオリンを弾く正体は、同学年の 秋音律子(あきね りつこ)だった。 始めは、嫌悪感を抱きあっていた二人だが、ヴァイオリンを通して友人へと変わる。 青野は、秋音の 純粋にヴァイオリンを楽しむ姿、そして 過去に囚われずにいる前向きな明るさに感化され、当時のヴァイオリンが大好きで夢中だった子供の頃を思い出し、広大な河川敷、そして秋音の前で1年ぶりにヴァイオリンを奏でる。 中学卒業前、担任教師の勧めもあり、秋音と同じ千葉県立海幕高等学校に進学した青野。 そこは、全国大会8年連続最優秀賞を受賞する実力を持つ、 シンフォニックオーケストラ部があるマンモス高校だ。 主人公・青野一(あおの はじめ)が幼少期に活き活きとヴァイオリンを弾く姿が描かれています。 見開き1ページ目を見た時に、「あっ、この漫画家さんの絵柄好きなやつやー!」 と、見開き1ページ目で読者のボルテージをMAX状態にさせてからの感情揺さぶられるストーリー展開は、 読者を一度読ませたら離させません。 そして、圧倒的な画力を用いた登場人物たちによる ド迫力の演奏は、読者を『青のオーケストラ』の世界に引き込みます。 まるで、漫画の中から本来、聞こえてくるはずのない、音色が私たち読者の耳の中にこだましてくるかのような感覚に陥ります! ストーリーは、各登場人物の音楽や仲間との交流と通して、悩める青春時代を謳歌することにあります。 ゆえに、登場人物の伝えたい感情と奏でる音楽の心理描写の融合は読んでる者をゾクゾクさせます。 音楽好きはもちろん、それない方も読みこめる作品となっています。 ネタバレになってしまうので、深くは言及できませんが、青野一(あおの はじめ)の父親であるプロのヴァイオリニスト・青野龍仁(あおの りゅうじ)が今後、かなり注目される展開になっています。 「なぜ、一(はじめ)は、父を心底嫌っているのか?」 「一(はじめ)の父と母が離婚をした原因は何なのか?」 「一(はじめ)のライバル・佐伯直は、なぜドイツから日本へやってきたのか?」 以上の3つ関しては、注目しながら読み進めていただきたいです。 4巻に収録されている27話目はかなり衝撃回です! 心の準備をしておいてください!(笑) 登場人物紹介! 主な登場人物を6名簡単に紹介します!(単行本6巻までの表紙を飾る登場人物) 青野 一(あおの はじめ) 『青のオーケストラ』主人公の 青野一(あおの はじめ)。 世界的なヴァイオリニスト・青野龍仁(あおの りゅうじ)の息子。 幼い頃から、父・龍仁に音楽家としての厳しい英才教育を受けていた。 父には数々の苦い思い出を植え付けられた経験から心底、嫌悪感を抱いている。 そのため、父を思い出してしまうヴァイオリンを封印していた。 しかし、中学の同級生・秋音律子(あきね りつこ)に出会ったことがきっかけで、好きなヴァイオリンと嫌いな父を分けて考えるようになり、ヴァイオリニストとして、オーケストラの名門校・海幕高校へと進学する。 秋音 律子(あきね りつこ) 『青のオーケストラ』のヒロイン・ 秋音律子(あきね りつこ) ヴァイオリンのCDを聞いたことがきっかけで、ヴァイオリンに興味をもつようになる。 教師の武田先生にヴァイオリンを借り、独学で練習していた際に、青野と出会う。 その為、保健室で自習をする事が多い。 成績は学年3位と超優秀。 青野と知り合ってからは、青野にヴァイオリンを習い、勉強を教える仲になる。 2人とも第一志望の海幕高校に合格し、オーケストラ部へ入部。 頑張り屋の性格から少しずつ、奏者として成長している。 ソプラノ歌手の母を持つ、海幕高校を音楽推薦で入った天才ヴァイオリニスト。 12歳までドイツに住み、ドイツ人祖父と日本人の祖母に育てられる。 青野がヴァイオリンを辞めた時期に、祖母と来日し日本に住み始め、日本のコンクールでは青野に代わり賞と言う賞を総なめにする。 一見、気難しそうな見た目だが、中身はマイペースな「ナマケモノ」のような性格。 青野のライバルでもある。 青野と佐伯、2人の関係にも注目だ! 小桜 ハル(こざくら はる) 秋音律子の親友で、ヴァイオリン経験者の小桜ハル。 中学1年生の時に秋音と出会い、そこからの交流がある。 幼き頃、ヴァイオリンのコンクールで落選して落ち込んでいた際、青野に励まされたことがあり、それ以来、青野に好意を抱いている。 内気な性格ゆえに、演奏中も「どこか遠慮している」と佐伯から評されることもある。 自分と変えようと必死にもがき続けている様は、とても健気で応援したくなる登場人物のひとり。 青野とも、かつてコンクールで顔を合わせていた知人でもある。 陽気な性格で、嫌味がまったくない優しいやつ! 同じ海幕高校オーケストラ部へ入部するも、チェロ奏者であるため、出番は少なめ(泣) 山田の下の名前は不明(泣) 原田 蒼(はらだ そう) 原田蒼(はらだ そう)は、海幕高校3年生で、 コンサートマスターを務めるヴァイオリニスト。 』を描き上げた阿久井真(あくい まこと)先生が描く完全オリジナル作品です。 ちなみに、阿久井真先生は、 女性です! 『心が叫びたがってるんだ。 』の連載終了後、1年の月日をかけ、音楽の知識を勉強したり、オーケストラの取材を敢行し『青のオーケストラ』に着手しています。 主人公・青野一(はじめ)らが通うオーケストラ部の名門校・千葉県立海幕高等学校は、実在する千葉県立幕張総合高校をモデルに描かれています。 幕張総合高校も、オーケストラ部の強豪校として有名で、阿久井真先生は、実際に直接取材に行き、「音と向き合う高校生たち」に胸打たれこの作品を描くことを決意したというエピソードがあります。 月に2度の連載ゆえ、進むペースは遅いですが、しっかり練りに練られたストーリーで、物語に奥深さがあります。 — 石灯篭は四男が好き。 isidourou とりあえず青のオーケストラめっちゃ神なので誰か見てくれませんか? — りる 🌙. 面白すぎて涙出てきました。 本当にオススメです。 心に響きました。 — れ。

次の

青のオーケストラ3巻あらすじと感想を徹底考察【ネタバレ含む】

青 の オーケストラ

まずは作品のあらすじから紹介します。 本作は、高校生たちの心の成長を描いた物語です。 とある理由で、ヴァイオリンを辞めてしまった元・天才少年の青野一(あおの はじめ)。 中学3年生の秋、一人の少女と出会いヴァイオリンともう一度向き合うことになります。 徐々にヴァイオリンと向き合い始めた頃、担任の後押しもあり、シンフォニックオーケストラ部(以下、オーケストラ部)のある千葉県立海幕高校(うみまくこうこう)へと進学。 オーケストラ部の圧倒的な演奏に魅せられ、入部を決意します。 今までは一人で弾いていた青野ですが、オーケストラ部での活動を通じ、音を合わせる楽しさに気づきます。 初めての友達、初めての部活、初めての合奏……さまざまな初めてを経験し、演奏だけでなく心も成長していく姿が描かれる青春ドラマ。 本作は容赦無く読者の感情を揺さぶってきます。 ジェットコースターのように感情が揺れます。 高校生が部活を頑張る物語かと思いきや、親の不倫や異母兄弟の存在など重いテーマから、母親との不和、親友との衝突なども描かれ、登場人物それぞれが壁にぶち当たります。 そんな逆境を乗り越えていく高校生たちが、輝いて見えてしかたない作品なのです。 なぜ、こんなにも作品に共感できてしまうのか。 部活を頑張ると、休みがない……ということもしばしば。 平日は放課後に練習、土日は朝から夕方までみっちり練習。 同級生が遊んでるなか、毎日怒られて、悔しい思いをして、このまま高校生活を終わっていいのか?と思った人もいるはず。 でも「部活をやりきる」という経験は、学生しかできません。 やり切った後の感動は、きっと言葉にできないものでしょう。 白石部長の涙が、あの時の感情を蘇らせてくれます。 本作では演奏会で3年生が引退します。 最後の曲を弾き終わった後、3年生には花が贈られるのですが、すべてをやり切った白石部長の涙にこちらまで感動してしまいます。 ぜひ実際にご覧になってください。 青春が詰まった『青のオーケストラ』.

次の

青のオーケストラ3巻あらすじと感想を徹底考察【ネタバレ含む】

青 の オーケストラ

22話「歩み寄る」より 夏休み初日。 定期演奏会で披露する「新世界」を練習する。 なかなか息の合わない部員たちだったが、その雰囲気を感じ取った原田さんが目線や弓の動きでオケ全体に合図を送る。 すると、徐々にみんなの音が合ってくるのだった。 青野は 「これこそ俺が目指すコンマス」と確信する。 昼休憩に入り、原田さんに話を聞きに行くが既に他の部員から囲まれて忙しい様子。 そこで、原田さんの隣に座る1stの町井さんにアドバイスを求める。 どうすれば周りの音に合わせれるか悩んでいる青野に対し、町井さんは 「ヴァイオリン以外で好きな音ってなに?」と聞く。 町井さんは昔、ヴィオラをやっていたそうでその経験から 「オーケストラはヴァイオリンだけじゃない。 もっと色んな楽器の音がある」ということに気づいたというのだ。 その言葉にヒントを得た青野は山田に連絡するのだった。 23話「知りたい!」 24話「本音」より オーケストラは人数が多いので、全員が指揮者に合わせようとするとバラバラになる。 だから、各パートのトップ演奏者が音をまとめて、トップ演奏者はコンマスを中心にアンサンブルを作り上げるのだ。 しかし、練習では個性の強い先輩たちの意見が容赦無くぶつかり合う。 全員が本音で意見をぶつけ合いながらも、それをまとめる原田さん。 ドヴォルザークの第2楽章は「郷愁」がテーマだが、それで思い浮かべるのは 「チキンカツの誓い」だと言う。 原田さん達が2年生の頃、コンマスに就任して不安だった原田さんは 「不安なのは僕だけじゃないってみんなが教えてくれた」と。 だからこそ、 「あの日感じた匂いや景色を音にしたい」とみんなに伝える。 そんな先輩達に刺激を受ける青野だったが、帰ろうとした瞬間、教室から第2楽章が聞こえる。 蒸し暑い教室の中で、流れ込んでくるその音は誰よりも秋の匂いがした。 そして、その演奏者は佐伯だったのだ。 25話「焦り」 26話「心配」より 青野は部活を無断欠席していて、部員のみんなは心配するが、鮎川先生のもとには連絡があったそう。 青野の母が倒れて病院に行ってるようだった。 心配になった秋音たちは、ハル、山田、佐伯も一緒に青野の家にお見舞いに行く。 母が倒れて、改めて 自分はいつも自分のことでいっぱいいっぱいで周りが見えていなかったことに気付いたと言う。 そして、青野は父親の話を始めるのであった。 今までは話すことの出来なかった過去のトラウマも話せるようになり、青野自身も 「もっと周りに目を向けていこうと思う」と前向きになっていた。 そして、佐伯に謝罪し素直に 「かっこよかった。 俺にはあんな演奏できないから」と伝え、佐伯も目に涙を浮かばせながら 「良かった…俺嫌われたのかと思った…」と。 初めて、人に本音を話せた青野をみんなは受け入れてくれたのだった。 27話「もう一つの本音」 28話「真実」より 衝撃的な言葉に取り乱す青野。 佐伯に「出て行け」と言い放ち、一人うなだれる。 翌日も青野は部活に来なかった。 青野は病院で母のお見舞いにくるが、 「俺、部活辞めようと思う」と伝えたのだった。 しかし、母は 「却下、ダメ、NO、反対、許さない」と猛反対する。 「母さんは何も知らないから!!」と言う青野に対し、 「知らないからワガママ言わせてもらう。 あなたがやりたいことをやりなさい!!」という母。 青のオーケストラ4巻の感想 青のオーケストラ4巻では、 佐伯の父親も青野龍仁だという衝撃的な展開が描かれてましたね。 佐伯は現在、日本のおばあちゃんの家に住んでるようですが、母はドイツで活動中なのでしょうか? もし、実の子だとすると青野と佐伯は同年代なので、隠し子ということになりますが、流石にそれは無さそうですよね。 血縁関係には無い、連れ子の可能性が高いですが、佐伯は青野龍仁とどこまで深い関係なのか気になるところです。 また、青野はオケ部に復帰することが出来るのでしょうか?? ちなみに、 U-NEXTでは、青のオーケストラ全巻が配信されてるので僕もU-NEXTを使って読んでます。 現在、 31日間の無料体験キャンペーンもやってるので、是非この機会にご活用ください。

次の