オセロニア ベルーガ。 【PR】逆転オセロニア【攻略】: 使用頻度の高いフィニッシャーの最低ダメージを徹底検証

【オセロニア】サマー・ベルーガ|評価・闘化・ステータス・スキル

オセロニア ベルーガ

この記事のもくじ• 進化と闘化が存在します。 竜属性の大人気アタッカーがサマーバージョンで登場です。 【進化】[常夏の癒し]ベルーガの特徴・使い方 3枚以上返しで発動できる貫通スキルを持ったキャラ。 さらにスキルマで1. 9倍のバフをかける事ができます。 竜S駒のミューニが貫通スキルを持ったみたいな性能ですね。 ちなみにミューニは3枚以上返しで2. 2倍のバフという超強力なスキルです。 ミューニよりもスキルのバフ倍率は劣りますが貫通があるのはかなり嬉しいポイント。 しかし、最大の難点は、条件が3枚以上返しというスキル発動の難しさですね。 竜統一デッキを使っている場合、3枚以上返しというのはなかなか難しい条件です。 X打ちで攻める場合、バトルが終了するまで、ほぼ3枚返しをする場面が出てきません。 スキルにもコンボスキルにもリンクがないので、竜統一デッキに編成するというよりは、混合デッキ向きのキャラだと思います。 コンボスキルもバフ系の能力です。 自分のHPが減少してないほどバフ効果が高くなります。 最大で2. 3倍ととても倍率が高い効果ですね。 コンボスキルの特性上、最大倍率でのコンボは出来にくいですが、HPが約半分になっても1. 6倍程度のバフが出るのは優秀だと思います。 評価は5点中4点にしました。 現状、 同じ3枚返しがスキル発動の条件の ミューニというとても優秀なアタッカーを見かけることは多くありません。 優秀な駒がたくさんいる現状で、スキル発動条件が厳しめなキャラはデッキに入れる事をためらってしまうことが多いからだと思います。 しかもそれがコスト20のS駒なら尚更でしょう。 S駒というのは勝負を左右する上で最も重要なキャラです。 デッキ編成を考える際には、スキル発動が簡単でいつでも性能が最大限発揮されるキャラを優先的に編成するほうが手駒の事故が少なく、安定して立ち回れることは間違いありません。 なので進化サマー・ベルーガを入れる際にはデッキの他の駒もよく考えて手駒事故が起きないよう気をつけていきたいですね。 【闘化】[優雅な一時]ベルーガの特徴・使い方 時限スキルに貫通とバフがついた強力な駒。 スキルは進化ノイレの下位互換です… 進化ノイレ:盤面で表になっている2ターンの間、1. このスキルは進化ノイレを使っている方はご存知と思いますが、とても強力です。 アムルガルやアリババなどの超強力なアタッカーキャラにバフがかかる上に、貫通になるという恐ろしいスキルです。 コンボスキルは囁き系のスキルで最大2倍と優秀です。 竜駒1枚につき1. 3倍なので盤面に2枚竜駒があれば最大倍率の2倍が出せます。 コンボスキルには竜単デッキでしか使えないというリンクがありますので注意が必要ですね。 評価は5点中4点にしました。 スキル性能としては進化ノイレの方が強いと思います。 しかし、コンボスキルにおいては進化ノイレよりも効果が高い場面が多くなると思います。 竜統一デッキの場合、S駒はできる限りサポートキャラではなく、アタッカーを使ったほうが強いとは思うんですよね…… オセロニア サマー・ベルーガ 基本パラメーター [常夏の癒し] ベルーガ ステータス 【進化前】MAX 【進化】MAX HP 1220 1510 ATK 1453 1645 スキル スキル 秘儀・天雲斬 【進化前】最大Lv 2 【進化】最大Lv 3 効果:Lv1 [貫通]攻撃力アップ:3枚以上ひっくり返せるマスで発動できる。 通常攻撃が1. 7倍になる。 このターン与える通常攻撃ダメージは、相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない。 効果:Lv2 [貫通]攻撃力アップ:3枚以上ひっくり返せるマスで発動できる。 通常攻撃が1. 8倍になる。 このターン与える通常攻撃ダメージは、相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない。 効果:Lv3 [貫通]攻撃力アップ:3枚以上ひっくり返せるマスで発動できる。 通常攻撃が1. 9倍になる。 このターン与える通常攻撃ダメージは、相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない。 コンボスキル スキル トロピカルディーバ 【進化前】最大Lv 2 【進化】最大Lv 3 効果:Lv1 攻撃力アップ:自分のHPが減少してないほど通常攻撃が上昇し、最大で2. 1倍になる。 効果:Lv2 攻撃力アップ:自分のHPが減少してないほど通常攻撃が上昇し、最大で2. 2倍になる。 効果:Lv3 攻撃力アップ:自分のHPが減少してないほど通常攻撃が上昇し、最大で2. 3倍になる。 [貫通]攻撃力アップ:このターンの間、自分の竜駒のATKが1倍になる。 さらに自分の竜駒の通常攻撃ダメージは、相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない。 効果:Lv2 時限:発動した1ターン後のターン開始直後に以下の効果を誘発する。 [貫通]攻撃力アップ:このターンの間、自分の竜駒のATKが1. 1倍になる。 さらに自分の竜駒の通常攻撃ダメージは、相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない。 効果:Lv3 時限:発動した1ターン後のターン開始直後に以下の効果を誘発する。 [貫通]攻撃力アップ:このターンの間、自分の竜駒のATKが1. 2倍になる。 さらに自分の竜駒の通常攻撃ダメージは、相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない。 コンボスキル スキル 奥義・炎華宝日 【闘化】最大Lv 3 効果:Lv1 [リンク]攻撃力アップ:自分のデッキの駒がすべて竜属性の時発動できる。 このキャラも含む自分の竜駒1枚につき、通常攻撃が1. 3倍になり、最大で1. 8倍になる。 効果:Lv2 [リンク]攻撃力アップ:自分のデッキの駒がすべて竜属性の時発動できる。 このキャラも含む自分の竜駒1枚につき、通常攻撃が1. 3倍になり、最大で1. 9倍になる。 効果:Lv3 [リンク]攻撃力アップ:自分のデッキの駒がすべて竜属性の時発動できる。 このキャラも含む自分の竜駒1枚につき、通常攻撃が1. 3倍になり、最大で2倍になる。

次の

【PR】逆転オセロニア【攻略】: 使用頻度の高いフィニッシャーの最低ダメージを徹底検証

オセロニア ベルーガ

サマーベルーガの強い点/弱い点 【進化】コンボスキルのバフの倍率が高い 「サマーベルーガ(進化)」のバフのコンボスキルは、自分のHPが減少していないほどバフの倍率が上がる効果を備えています。 最大で2. 3倍のバフをかけられる点が強力で、序盤になどの強力なスキルを持つ駒と合わせて発動できれば、相手のHPを大幅に削ることができます。 9倍のバフという非常に強力な効果を備えています。 しかし3枚以上ひっくり返せるマスでしか発動できないので、使うタイミングがかなり限られてしまい、竜デッキでは腐る場面が多いです。 【闘化】コンボスキルが使いやすく強力 「サマーベルーガ(闘化)」のコンボスキルは、盤面の自分の竜駒に応じてバフの効果が上昇する効果があります。 最大で2倍のバフをかけることができる上に発動条件がないので、 強力かつ使い勝手が良いです。 バフの効果はスキルレベルMaxでも1. 2倍と倍率が低く、同系統のスキルを持つと比較すると大きく火力が下がります。 そのため、火力をサポートするというよりは貫通付与効果がメインと言えます。 サマーベルーガのおすすめデッキ 進化:[常夏の癒やし]ベルーガ 闘化:[優雅な一時]ベルーガ サマーベルーガのおすすめクエスト 夏ベルーガ(進化)のおすすめ決戦 おすすめのクエストはありません。 夏ベルーガ(闘化)のおすすめ決戦 おすすめのクエストはありません。 サマーベルーガの入手方法 サマーガチャ'19 ガチャイベント「」で入手可能です。 サマーベルーガのステータス 進化:[常夏の癒やし]ベルーガ 基本情報 属性 レアリティ 印 コスト 使用制限 入手方法 20 1 サマー・ベルーガから進化 ステータス HP 攻撃力 Lv Max 1510 1645 スキル スキル 秘技・天雲斬 【効果系統】「貫通」 【最大Lv3】[貫通]攻撃力アップ:3枚以上ひっくり返せるマスで発動できる。 通常攻撃が1. 9倍になる。 このターン与える通常攻撃ダメージは、相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない。 コンボスキル トロピカルディーヴァ 【効果系統】「バフ」 【最大Lv3】攻撃力アップ:自分のHPが減少していないほど通常攻撃が上昇し、最大で2. 3倍になる。 進化素材 進化素材 必要数 闘化:[優雅な一時]ベルーガ 基本情報 属性 レアリティ 印 コスト 使用制限 入手方法 20 1 サマー・ベルーガから闘化 ステータス HP 攻撃力 Lv Max 1610 1632 スキル スキル ギンギラバカンス 【効果系統】「貫通」 【最大Lv3】時限:発動した1ターン後のターン開始直後に以下の効果を誘発する。 [貫通]攻撃力アップ:このターンの間、自分の竜駒のATKが1. 2倍になる。 さらに自分の竜駒の通常攻撃ダメージは、相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない。 コンボスキル 奥義・炎華宝日 【効果系統】「バフ」 【最大Lv3】[リンク]攻撃力アップ:自分のデッキの駒がすべて竜属性のときに発動できる。 このキャラも含む盤面の自分の竜駒一枚につき、通常攻撃が1. 3倍になり、最大で2倍になる。 闘化素材 闘化素材 必要数 ・ ステータス HP 攻撃力 Lv Max 1220 1453 スキル スキル 秘技・天雲斬 【効果系統】「貫通」 【最大Lv2】[貫通]攻撃力アップ:3枚以上ひっくり返せるマスで発動できる。 通常攻撃が1. 8倍になる。 このターン与える通常攻撃ダメージは、相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない。 コンボスキル トロピカルディーヴァ 【効果系統】「バフ」 【最大Lv2】攻撃力アップ:自分のHPが減少していないほど通常攻撃が上昇し、最大で2. 2倍になる。

次の

逆転オセロニア【攻略】: もう見逃さない!逆転コインで交換できるおすすめ駒【第1弾~第4弾】

オセロニア ベルーガ

ベルーガは待っていた。 いつもは待たせる方だ。 依頼を受け、依頼人の元へと赴く。 しかし、今日は立場が逆だ。 ベルーガは待っていた。 誰かに依頼をしているという訳ではない。 募集だ。 それに応募してくる者を、ただ待っていた。 スタンバイするのが、少し早すぎたか。 指定した時刻にまで針が動いていくのを、ただ眺めているのがもどかしい。 「……はぁ」 いつになく緊張しているのが、自分でも分かった。 待つという慣れない作業ばかりが原因ではない。 これから会う人物に対する期待と、その人物が自分をどのように評価するのかの不安。 ドキドキと高鳴る胸を押さえ、髪を整える。 大きく深呼吸した時、針が定時を指した。 扉が開いた。 ズカズカと入ってきた足音、そして、見覚えのある姿を見て、ベルーガは拍子抜けした。 と同時に、期待を裏切られた怒りが爆発する。 「なんでオメーが来るんだよ!」 八つ当たりなのは分かっている。 しかし、傭兵仲間として数々の戦場を共に駆け抜けた、乱雑な髪の大男に、言葉をぶつけずにはいられなかった。 「腕に自信のある奴募集とあるじゃねえか! 仕事の依頼だと思うだろ普通!」 「こ、これは……」 ベルーガは言い淀んだ。 「わ、私の花婿は、私よりも腕が立つ事が最低条件だからな」 「ケッ! 花婿募集だと!?」 レグスは床を蹴って踵を返した。 「ンなもん興味あるか!」 その言葉が、ベルーガの逆鱗に触れた。 「テメェ……、ブッ殺す!」 大剣を振り抜き、レグスの後頭部に真っ直ぐに振り下ろす。 「乙女心を傷付ける奴は、死刑だッ!」 「うわっ!!」 ギリギリのところで身をかわし、レグスは扉に走った。 「逃げるぞ、オルスティン!」 扉の脇に立っていた少年の腕を引いて、レグスは部屋を飛び出して行った。 「……はぁ」 ベルーガはため息を吐いて肩を落とした。 こんなんだから、大抵の男はベルーガに近付こうともしない。 「もっとこう、骨のある奴はいないのかねぇ」 「それならば、ワタクシがここに居りマァス」 顔を上げると、戸口に一人の男が立っていた。 白いタキシードの胸元から、鍛えられた胸筋を覗かせ、キザなステッキを片手に、踊るような足取りで部屋に入ってきた。 「……誰?」 「ワタクシはジョヴァンニ。 貴族の大金持ちデェス。 これからの時代、力などは無力。 強さとはすなわち、金と権力、それに……」 ジョヴァンニはステップを踏みつつベルーガに流し目を送った。 「魅力なのデェス」 「……はぁ?」 「今晩、ワタクシの屋敷に素敵なレディを集めて、婚活パーティーを行うんですがね……」 「…………」 「お嬢様も、いかがでショウタイム!」 ベルーガは戸惑った。 まさに、ベルーガの求めるチャンスなのだが、この胡散臭い男の言う事を、信用していいのか? 「……花婿候補は、何人来るんだ?」 「おや? それは不思議な質問ですね。 花婿は、このワ・タ・ク・シ、ですよ」 「……は?」 「ワタクシの愛に射止められる花嫁を探すためのパーティーなのです」 「…………」 ベルーガは眉をひそめた。 何を言っているんだこいつは? しかし、婚活パーティーという雰囲気を体験するのも悪くはない。 だが、それには条件がある。 ベルーガはジョヴァンニに微笑みかけた。 「ならば、腕試しをしようじゃないか。 あたしの攻撃を受け止められれば、お招きにあずかるよ」 ベルーガは大剣を振りかぶった。 そしてジョヴァンニの頭上に振り下ろす。 しかしジョヴァンニは避けもせず、剣の腹を頭で受け止めた。 ゴンッと鈍い音がする。 「……や、やりマスネ……」 「いや、避けるだろ普通」 試しに、剣を横に薙ぐ。 すると今度は、腰にまともに受けて横にふっ飛んだ。 「……はぁ??」 あんな適当な攻撃でも避けないとは。 何を考えている? 「次は本気でいくよ!」 「望むところデェス!」 下から振り上げた一閃は、ジョヴァンニの股間を直撃した。 溜まっていた鬱憤を晴らそうじゃないか。 ベルーガの大剣は、ジョヴァンニめがけて唸りを上げた。 ベルーガは思った。 ベルーガは首を振った。 考えてはダメだ。 あたしの求めるものはそこじゃない! そこだと思いたくない! ベルーガは大剣を収めた。 そして、 「やっぱ、花婿は戦場で探す。 じゃあな」 と、部屋を後にした。 ……しばらくして。 「やっぱり、怒らせたままはまずいよな……」 戻って来たレグスが、恐る恐る部屋を覗いた。 すると、ズタボロになった男が、天井に向かって叫んでいた。 「あぁ、麗しきワタクシの花嫁。 どうか、戻って来てくだサァイ!」 「…………」 レグスの後ろで、オルスティンが呟いた。 「何だあれは?」 「俺たちには救えねぇモンだ。 「ワタクシの花嫁えぇぇッッ!!」 【ノベロニア・マンスリーテーマ2020年6月テーマ『六月の花嫁』】.

次の