不意打ち エースバーン。 【s7 剣盾ダブル】エルフバーン

【S7レート2100達成&最終119位】耐久振りカウンターリザードン構築

不意打ち エースバーン

マサです。 S5お疲れ様でした。 今回は不正切断等の不正があるため、参考程度の順位ですが、最終順位としては最高だったので投稿させてもらいます。 ・最終306位 終了直前のスクショは307位ですが、終わったら306位でした 【個体紹介】 ・ドリュウズ 技構成 アイヘ 地震 つのドリル 岩石封じ 性格:陽気 特性:型破り 持ち物:こだわりスカーフ 努力値AS252 あまりH ミミッキュ・ロトム系統を牽制する枠。 本来ミミッキュはドラパやスカーフならダルマで負荷をかけられるのですが、今回の形は相手が出来ない技構成の為、選出抑制として入れてました。 実際、ミミッキュが出される事は少なかったので入れておいて良かったとは思います。 シャドボを打ちたい相手は現環境ミミッキュくらいなのと、ダイマ時にBダウンが相性悪いと思っているので切りました。 ドリュウズ・ガルドはダイバーンで処理 個人的にはドラパの技構成は龍・炎技がマストでほか二枠が草・電気・水・霊から選択だと思います。 選出率3位 ・ヒヒダルマ 技構成 起死回生 鬼火 氷柱落とし 炎のパンチ 性格:陽気 特性:ダルマモード 持ち物:気合いの襷 努力値ASぶっぱあまりH 前シーズン少し流行っていたタスキダルマを今シーズン採用しました。 初手に出てきたドリュウズやスカーフドラパ・サザンを返り討ちに出来るのが強かったです。 又、技が縛られていると思って起点にしてくるギャラに鬼火いれたり出来るのも良かったです。 ダルマ同士の対面はスカーフじゃなきゃ素引きされるので起死回生安定! 選出率2位 ・エースバーン 技構成 火炎ボール 飛び膝蹴り 不意打ち 蜻蛉帰り 性格:意地っ張り 特性:猛火 持ち物:拘り鉢巻 努力値H44 A252 S212 H: 珠ドラパの陽気アロー確定耐え 本来は28でも確定耐えだが、意地が多い為少しでも多く降ってます S:最速サザン抜き 使ってみたら想像の何倍も強かったポケモン。 鉢巻を巻く事で受けに出てきたポケモンを受けられなくしていた。 入れてみて分かったが悪巧みを詰める場面が他ロトムと比べて非常に多いと感じた。 最初は飾り枠だと思ってたが思いの外選出して必ず仕事をしてくれた。 ナットレイに強いのもgood! 選出率4位 ・アシレーヌ 技構成 泡沫のアリア ムーンフォース アクアジェット エナジーボール 性格:控えめ 特性:激流 持ち物:突撃チョッキ 努力値H236 C252 S20 S:同族とバンギ意識 特殊受け兼アタッカーの役割。 ピクシーに関してもアシレーヌのダイストリームを打って処理する場合が結構多かったです。 但し、今シーズン流行り過ぎた為対策 ナットレイの増加もそのひとつ? されてる構築も増えてる為、次シーズン以降は使用出来るか怪しいと思ってます。 2桁目指そうと思いましたが集中力が切れてプレミが後半多発していたので諦めました。 S6はキョダイポケの解禁が来ますが、恐らく環境的にはあまり変わらないと思うのでグレイシアを使うのは6月以降になりそうです… 個人的にダイオウドウが好きなのでS6で解禁されたら使用してみようと思います。 ここまで見ていただいてありがとうございました。 ツイッターもフォローよろしくお願いします。

次の

【剣盾】【議論】ウーラオスの連撃はエースバーンに強いぞ!!!!

不意打ち エースバーン

お久しぶりです。 オタクです。 S7お疲れ様でした。 前期あれだけ潜らない潜らないと言いながら、エースバーン環境を体験したくてなんだかんだ潜り、無事に最終1位を取ることが出来ました。 細かい事は後語りで書くとして、さっそく構築を紹介していきます。 コンセプトは「汎用性を落とさない範囲で地雷要素を入れ、イーウィンを稼いでレートを伸ばす」とかですかね… 【並び】 【構築経緯 採用順 】 1. 机上論の段階で相手のエースバーンが最強過ぎた為、ある程度受け出しの可能なHB鬼火を固定枠とする事にしました。 適当な構築で試運転を重ねた時、A特化珠が受かっていないパーティが多く見受けられた事から、明確な勝ち筋として珠を採用しました。 また、珠の障害として状態異常撒きのドラパルトが多かったので、そのドラパルトに強めな残飯も同時採用しました。 先制を切った際の詰め筋として襷と、が苦手とするドラパルトの初手を存在するだけで牽制できるを入れました。 ここまでエースバーンのダイナックルを透かせるがいなかったので、ドラパルトを最後に添えました。 展開が重く感じた為、ヴァーパッドさんのドラパルトをパクりました 後に型を変更しました。 潜りながら微調整を加えて、よくわからないが増えた辺りで完成です。 KPの高いゴリランダーやにも強めなので、選出に絡めやすいのが優秀です。 技範囲を広げても選出範囲が広がるだけであり、勝ちに直結するのは吠えるだと言う判断です。 ・ 通りの良いエースです。 初手に出して適当にするだけで半壊する構築が沢山あったので、それらの構築に最も高い圧力をかけられる特化珠での採用です。 ・ ドラパルト処理枠です。 本来は欠伸による対面操作を評価して採用されがちなですが、あまりにも襷を盾に電磁波を撒いてくるドラパルトが多く、ドラパルトと1:1出来ればそれでいいと言う感覚で使うのが重要でした。 にマジフレを撃ってを削れば、でそのまま勝てます。 ・ 巨 初手ドラパルトを牽制できるように、欠伸っぽく見えてればいいなーと言う枠です。 元々は実際にHB欠伸リサイクル型だったのですが、全く出す事が無く見せポケと化していたので、ピンポイントですが増加傾向にあったや絡みのサイクル構築を崩せる腹太鼓型に変えました A特化にする事で遂行速度をあげ、単純に対面要員としても選出に組み込めるようにする狙いもあります。 腹太鼓は有利対面で腹を叩いて崩しを狙う他、重めなの前で選択する技 3割のリスクを背負って7割でイーウィンできる技 としても重宝しました。 技は上記の通り腹太鼓、メインウェポンの捨て身、対面で倒したいに通り重めなストリンダーを潰す を見せると対面爆音波以外ないのでほぼ出落ちさせられる 、多かったやを誘って倒せるワイボ 雷パンは火力不足 の4つです。 配分は抜きまで降った方が良いかもしれません。 ・ に強く電気の一貫を切れる のDエッジでのの処理、のでのストリンダーの処理を安定させる 襷枠が他にいないので入れました。 火力重視で意地な事以外は普通のです。 意地にしても明確に役割が変わったりはしないですが、HBであろうミトムが出落ちしたりとの撃ち合いで多少有利に働いたりと恩恵は 体感 多くありました。 逆に困ったことは1度最速に抜かれていた事くらいなので 試合は勝った 、構築にはあっていたのかと思います。 元々ヴァーパッドさんのラムドラパルト 上記リンク参照 を丸パクリしていましたが、あまりにも竜星群を選択する事が少なく 組み方の関係です それらには竜星群がなくても遂行できる為、竜星の枠を別の技に変える事を考えて色々試した所、これ単体で勝ち筋となれる 意表を突いて相手のゲームプランを破壊できる 眠るがしっくりきたのでこの構成に落ち着きました。 【重い】 ・ で対面太鼓で相手への負担を増やして頑張りますが、対面零度 1撃 被弾や珠ックスへの解答がないので厳しいです。 火力がないタイプは、で頑張れるのでまだマシです。 ・特殊エースバーン 崩壊します。 エースバーン対面バック 釣り出し した時だけ勝ちました。 ・ 特に最速 誰も勝てません。 準速なら対面ででなんとかなります。 ・イエッサン 受け出しが出来ません。 気合で対面処理します。 8世代では今まで2回1位チャンスを失敗している事もあり、文字通り3度目の正直となりました。 来期以降も潜る予定なので、今後もよろしくお願いします。 s 余談ですが、次の日の予定を破壊できずではなく独走ルートを選びましたが、即時反映の順位制でも勝ち数重ねれば逃げ切れると学べたのが収穫でした。 2時くらいまでもぐれるシーズンは、チャンスがあると捉えていきたいですね。

次の

リフレク保険ドラパルト【単体考察】

不意打ち エースバーン

逆にこいつを上から一撃で落とせるは相手のドラパ、スカーフ持ちの、くらいしかいない。 エースバーンを抜く+ふいうちを持たせることで立ち回りの幅が広がるので、そうした。 とんぼ返りで逃げれるので、色々ケアしやすい。 例えば、の皮を剥ぎながら裏のに繋ぐ、鬼火ミトムを警戒してとんぼから裏のに繋ぐなど。 ふいうちを持つことで、立ち回りで誤魔化せる範囲が広がる。 例えば、のヘビーボンバーでスカーフをふいうちの圏内に入れる。 削れたSの上がったエースバーンを縛るなど。 持ち物はこれらの動きがより勝ちに繋がりやすくなる、拘り鉢巻 思考整理。 これは一つの型の例に過ぎないけど、今回のエースバーンは本当に強いと感じるので、これからはドラパルトの行動保障の持たせ方が変わると思います。 襷を持たない場合、身代わりを入れない場合、などで条件が変わるけど、このような型の場合は曖昧なミラー意識のSより、エースバーンの不意打ちを耐えることが重要になるんじゃないかと思ってます。 調整を施せば、ほぼ誰に対しても有利を取れるドラパルトのスペックはやはりすごいです。 閲覧ありがとうございました。 (追記) サンプル的な構築を作りました。 よかったら使用感確かめてみてください。 mega-salamance.

次の