コンビニ 郵便ポスト。 コンビニに郵便ポストはある?セブンイレブンにファミマ・ローソンを調査! | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

コンビニの中にポストがある所は?集荷時間や利用の疑問も解決っ

コンビニ 郵便ポスト

便利に24時間利用が出来るコンビニを利用している人は多いと思います。 ただ商品を買う、公共料金を払うだけでなく、 様々な便利サービスが利用出来るのが現在のコンビニなのです。 ローソン:速達可能 続いては、コンビニ業界No. 2のローソンです。 ローソンの店内に郵便ポストを見かけたことがある方も多いハズ。 レジカウンター手前に郵便物の投函口があるので、是非チェックしてみてください! ・・・だだし、ローソンの店員さんが出来るのは、 切手の販売のみです。 ローソンで速達を利用する場合、速達料金を追加した切手を購入し、切手を貼り付けます。 その後、封筒に赤文字で「速達」と書いて、店内のポストに投函します。 店内にポストが無い場合、近くの郵便ポストを利用する方法しかありません。 地域によってではありますが、ゆうパックを取り扱っている関係で ローソン専用で集荷が行われている場合があり、その分だけ他のコンビニより有利さがあるようです。 ファミマ:速達なし 最後は、大手コンビニ3番手、ファミマです。 個人的には、ファミチキが大好きです(笑) ファミマも基本的にはセブンイレブンと同様に、 郵便速達の取り扱いはしていません。 切手の販売のみ行われています。 こちらも速達料金分の切手を購入して、封筒に赤文字で「速達」と記入し、近くの郵便ポストに投函は可能です。 集荷時間が早ければ、通常の速達便と同じように早く届きます。 ただし、集荷時間が遅い地方では、その分、配達が遅くなってしまいます。 と、このように、残念ながら大手コンビニ3店で見ても コンビニで速達は送れないようです。 その他速達を取り扱うコンビニはあるの? その他、ローソンと同じように郵便ポストがあり、切手を扱っているコンビニでは ミニストップ があります。 店舗数は少ないものの、イートインで食べるスイーツは美味しいと有名なコンビニです。 北海道独自のコンビニである セイコーマートは、北海道の地震直後でも営業を続けて話題となりましたが、こちらでも切手を扱っていますし、ほとんどの店舗の近くに郵便ポストが設置されています。 コンビニで速達を送る時の役立つ豆知識 次は、 コンビニで速達を活用するときに役立つ便利な豆知識を紹介しておきます。 これを忘れると、速達郵便の料金分の切手を貼り付けていても 普通郵便扱いになってしまいます。 また、 封筒サイズもA4サイズ以下である事 料金不足(速達は追加料金あり)にならないこと を確認する必要があります。 自分でポスト投函をしなければならない事を理解しておきましょう。 土日も送れるの? コンビニは年中無休の店舗ですので、土日しか時間がない人でも速達郵便の受付をしてくれます。 ただし、地域により、 土日の集荷が1日1回のみの場合もあります。 この場合、集荷時間を間違ってしまうと、通常の速達郵便よりも当然届くのが遅くなりますので要注意です。 念のため、集荷時間をしっかり確認をしておきましょう。 ちなみに僕が住むスーパー田舎な町は、1日1回の集荷でした(笑) 速達の場合は、土日に関係なく配達されます。 コンビニで速達を送る時の値段 コンビニだから 速達の手数料がかかる事はありません。 通常郵便料金に速達料金が上乗せされた分の切手を購入すれば大丈夫です。 ここで大事なのは、 絶対に料金不足にならないように気をつけましょう。 万が一、料金不足の場合、受取人が支払うことになり、 迷惑をかけることにつながってしまいます。 コンビニ速達で相手に届くまでの日数 最近ではスマートフォンでお届け日数をあらかじめ調べる事が出来ますが、コンビニ速達の場合、集荷時間が大きく関わっています。 集荷時間を過ぎてしまうと、 翌日の集荷時間までポストに入ったままとなり、翌日扱いになります。 それ以外は 通常の郵便局の窓口で速達手続きするのと全く同じ日数になります。 宛先との距離により差がありますが、最短で 朝一番に出せば翌日午前中に届くのが速達の基本です。 しかし、コンビニ速達ならさらに1日の余裕を持つ方が無難と言えますね。 便利な裏技・レターパック 宅配便でも翌日に時間指定で届く便利なものですが、 宅配便に手紙を入れるのは禁止されています。 そこで裏技として使えるのがレターパックライトです。 あらかじめ購入しておく必要がありますが、 ほとんどのコンビニで販売されています。 ただし、一部のコンビニでは取り扱いを止めた店舗もありますので、その点は確認が必要です。 値段が360円ですし、速達郵便とほぼ同じ料金です。 送るものが手元にあるならば、コンビニに寄ってレターパックライトを購入して、その場で宛先を記入すれば完了です。 レターパックライトは速達郵便と同じ扱いなので、便利です。 ただし、自分でポスト投函する事と、集荷時間によって届けられる日数には気をつけましょう。 レターパックライトには追跡番号が付いていますので、 速達など急いでいる時の郵便物の確認が出来るのは嬉しいサービスです。 コンビニ速達を活用しよう! 今回は、 コンビニで速達が送れるのかという疑問に付いてみていきました! 何かと便利に利用出来るサービスが充実しているコンビニですが、郵便物に限っては、個人情報保護法により、 コンビニの店員さんが郵便物を取り扱う事が出来ません。 料金不足にならないように切手を購入して、自分でポスト投函するのが基本です。 コンビニでいきなり速達の必要が起こることはないと思いますが、 赤で「速達」の文字を記入することを忘れないように気をつけましょう。 最近ではメールが多用されており、手紙を書くことも少なくなっていますが、夕方5時過ぎや土日に、突然速達が必要になった場合はコンビニを便利に活用しましょう。 連絡取りあうだけでしたらスマートフォンでも出来る時代です。

次の

コンビニにポストがあるのはどこ?集荷時間や大きさも解説!

コンビニ 郵便ポスト

「 切手が欲しいけれど、もう郵便局が閉まっている…。 」 「 切手が欲しいけれど、郵便局が遠い…。 」 そんな時は近くて便利なコンビニの出番ですよ。 コンビニで、切手が購入できるんです! 365日、24時間営業している店舗も多いコンビニなら、急に切手が必要になっても、いつでも買いに行くことができるので安心ですよね。 「 でも、コンビニで切手が売られているのって見たことがないけど…。 」 そうなんです。 確かに、切手は他の商品のように陳列されている訳ではないので、本当に最寄りのコンビニで切手が販売されているのか怪しいところ…。 そこで、切手はどんなコンビニで販売されているのか、詳しく調査してみました。 さらに、コンビニでの切手の購入方法や、取り扱っている切手の額面についても併せてご紹介します! コンビニの切手事情を把握して、早速近くのコンビニへ、必要な切手を買いに行きましょう!• 切手はコンビニでも購入できる!購入方法はレジで伝えるだけ! 切手はコンビニで購入できる!とはいえ、 日本全国、全てのコンビニで切手が販売されている、という訳ではありません。 また、切手を取り扱っていても、お弁当やお茶のように、商品棚からお目当ての切手を自分で選んでレジへ持っていく訳でもないんですよ。 そこでまずは、どこのコンビニで切手が販売されているのか、そして、コンビニでの切手の購入方法をしっかり確認していきましょう。 切手を販売しているコンビニ一覧 各店舗のホームページや電話での聞き取り調査を元に、切手が販売されている主なコンビニを下記にまとめました。 セブン-イレブン• ローソン• ファミリーマート• ミニストップ• デイリーヤマザキ• ポプラ• ローソン・スリーエフ• セイコーマートなど 大手から中堅まで、上記に並ぶのはどれもよく耳にする有名なコンビニですよね。 基本的には、最寄りにこれらのコンビニがあれば、急に切手が必要になっても大丈夫!郵便局が閉まっていても、郵便局が遠くても、切手を購入できますよ。 地域や店舗によっては切手の取り扱いがない場合も ただし、上記に挙げたコンビニであっても、 一部地域や店舗では切手を取り扱っていない場合がありますので注意しましょう。 『』には、注意書きとして一部取り扱いのない店舗があることが記され、同様に、『』にも、一部の地域及び一部の店舗で取り扱いのない商品があることが記されています。 最寄りのコンビニにちゃんと切手が販売されているか不安な場合は、 買いに出かける前に、一度電話で問い合わせてみることをオススメします。 コンビニでの切手の購入方法 続いて、コンビニで切手を購入する方法についてみていきましょう。 コンビニの店内を隅々まで探し回っても、切手は見つかりませんよ!なぜなら、レジの店員さんに声をかけると、必要な切手を出してもらえる仕組みになっているからなんです。 それでは早速、切手の購入方法をご説明します。 コンビニでの郵便物の計量は不可 ローソンのホームページにも、郵便物の計量ができないことについて、下記の通りしっかり明記されています。 関係法令等により、お客様の郵便物の計量・計測は認められておりません。 お客様ご自身で確認いただくか、郵便局にお申し出いただくようお願いいたします。 出典: そのため、 コンビニで切手を購入する際には、必要な切手の額面を事前に確認しておく必要があります。 日本郵政のホームページに記載の『』や『』を元に自分で確認するか、心配な場合は郵便窓口で量ってもらうようにしましょう。 切手の全ての額面は揃っていない 「 コンビニでは、どんな切手でも購入できるの?」 現在、郵便局で販売されている『』は19種類。 コンビニで切手が購入できるとはいえ、全種類の切手が揃っているのか気になりますよね。 実は、コンビニで販売されている切手は一部のみで、全ての額面が取り扱われている訳ではないんです。 コンビニ名 置いている額面 セブン-イレブン 秋葉原昭和通り店 2円 10円 50円 62円 82円 92円 120円 140円 205円 280円 ローソン 秋葉原中央通店 10円 62円 92円 82円 120円 280円 ファミリーマート 秋葉原昭和通り店 2円 10円 62円 82円 セブン-イレブンでは10種類、ローソンでは6種類、ファミリーマートでは4種類の切手が販売されています。 なんだか、ファミリーマートだけ切手の取り扱いが少ないように感じますよね。 しかし、場所を変えれば、同じファミリーマートでも次の通り8種類の切手が販売されているんですよ。 今度は、品川駅付近のコンビニで販売されている切手の額面をそれぞれみていきましょう。 コンビニ名 置いている額面 セブン-イレブン 品川駅前店 10円 20円 50円 62円 70円 82円 92円 100円 120円 140円 280円 ローソン 品川駅中央口店 2円 10円 62円 70円 82円 92円 120円 280円 ファミリーマート 品川駅港南口店 1円 2円 10円 50円 62円 82円 120円 280円 このように、各コンビニ、各店舗によって取り扱う切手が異なります。 そのため、必要な切手が置いてあるか不安な場合は、事前に電話で問い合わせることをオススメします。 店舗に切手の在庫があれば、電話でお取り置きしておいてもらうことも可能ですよ。 また、最寄りのコンビニに欲しい切手の額面が売っていなかった場合には、何枚かの切手を合算して貼ることができますので、上手に利用してくださいね。 コンビニで販売されていない切手の額面 続いて、コンビニで販売されていない切手の額面についても把握しておきましょう。 区役所・市役所の窓口• 駅構内のキオスク• 金券ショップ• インターネットショッピング スーパーや役所、駅構内のキオスクなら、お出かけついで、用足しついでに切手が買えてとても便利ですよね。 また、個人商店でも『 〒マーク』がついているお店であれば、切手が販売されています。 酒屋や薬局など、近くに『 〒マーク』が掲げられているお店がないか探してみましょう。 お得に切手を購入したいなら、金券ショップがオススメですよ。 通常よりも1~2円程度安く切手を手に入れることができます。 お得なので、多めに購入しておくのも良策ですよね。 さらに、『』や『』、『』などといった、インターネットショッピングでも切手の購入が可能です。 まとめ 切手は、ほとんどのコンビニで購入することが可能です。 郵便局が遠かったり、急に切手が必要になった時などには、ぜひコンビニを利用して、必要な切手を手に入れてくださいね! ただし、コンビニで購入できるのは使用頻度の高い普通切手のみ。 郵便局で販売されている 全種類の切手を置いている訳ではありませんので注意してください。 また、どんな切手の額面を取り扱っているかは店舗ごとに異なります。 不安な場合は、欲しい切手が販売されているか、買いに行く前に最寄りのコンビニへ電話で問い合わせてみることをオススメします。 そして、切手を買う時は、必ず店員さんへ声をかけてくださいね。 「 82円切手を1枚ください。 」 そう伝えれば、店員さんがすぐに切手を出してきてくれます。 しっかりおさらいしたら、必要な切手を求めて、早速コンビニへ向かいましょう!.

次の

コンビニにポストがあるのはどこ?集荷時間や大きさも解説!

コンビニ 郵便ポスト

まずセブンイレブンについてみていきましょう。 セブンイレブンではポストを設置しているのでしょうか。 セブンイレブンのお店では、セブンイレブンのお店の外にポストを設置しているお店はいくつかあります。 しかし、残念ながらセブンイレブンではお店の中ではポストを設置していないようです。 他のコンビニと比べても、店舗数が最も多い都道府県が最も多いのがセブンイレブンなので、最も身近にあるコンビニがセブンイレブンだという人も多いことでしょう。 暮らしに身近なセブンイレブンに行く機会が多かったり、セブンイレブンの商品のファンだという人もたくさんいるでしょうが、セブンイレブンでは店舗の中ではポストを設置していません。 お店の外にポストを設置しているセブンイレブンもありますが、全ての店舗ではないので、ちょっと残念ですね。 次にファミマについて見ていきましょう。 ファミマではポストを店内に設置しているのでしょうか。 ファミマでもお店の外にポストを設置している場合もありますが、残念ながらファミマではお店の中にはポストを設置していないようです。 とはいえ、ファミマでは以前はポストを設置していたような… と思って調べてみたら、確かにファミマでは以前は店内にポストを設置していました。 以前はファミマでゆうパックを扱ってもらう見返りに、ポストが店内にあるのは便利だということで、郵便局が置かせてもらっていたようですが、ファミマでゆうパックの取り扱いを辞めたことから、ポストも撤収されてしまったようです。 ファミマなどのコンビニでは切手を必ず売っているので、投函したい封筒やはがきを用意して、切手を買ってその場のポストへポンっ!と投函! というのが暮らしの中でも便利だったのに…、という声がファミマの店員からも上がったそうですが、ファミマからのポストの撤収は上の本部が決めた大人の事情ということで、仕方がなかったようですね! 今度はローソンについてみていきましょう。 ローソンでは店内にポストを設置しているのでしょうか?! ローソンとローソン100では全ての店舗の店内でポストを設置しています。 ローソンの店舗の数もかなり沢山ありますよね。 コンビニから切手を買いながらポストへ投函したい時には、ファミマやセブンイレブンではなくて、ローソンへ行けば大丈夫です。 ポストがあればゆうパックも出せるのかと思ったのですが、ローソンやローソン100の一部の店舗ではゆうパックの取り扱いは無いようです。 ローソンでゆうパックを出したいときには、お近くのローソンやローソン100でゆうパックの取り扱いがあるのかどうか確認してから行きましょう。 そういえば、ファミマからポストが消えたのと入れ違いになるように、ローソンにポストが出現したような気も… ファミマからローソンへ、その辺はやはり大人の事情が何かあったのでしょうね… どこのコンビニにポストが設置されているのか分かったところで、次にコンビニのポストで投函できる郵便物の大きさはどのくらいの大きさのものなのか、というのが気になりますよね。 ローソンでも、ミニストップでも、セイコーマートでも、コンビニのポストで投函できるものの大きさは決まっています。 基本的にポストの投函口から入るものであれば投函することが出来ます。 4cmとなっているので、この大きさに入るものであれば投函できます。 横幅も厚みも、この大きさを超えてしまうと投函できませんので注意しましょう。 それでは具体的にどんなものがコンビニのポストから投函できるのか見ていきましょう。 コンビニのポストに投函できる大きさですが、まずはハガキはどうでしょうか。 今では手紙のやり取りにハガキを使う、という人も少なくなってきましたが、年末になると年賀状書くという人も沢山います。 また、公的なお知らせや申請書を目隠しシールを貼ったハガキで出さなくてはならない、という事も良くありますよね。 ただし、大判ハガキの場合は62円切手では投函できないので注意が必要です。 日本郵政のホームページなどで切手の料金が確認できるので、必要な料金の切手を貼って出すようにしましょう。 最近ではネットショップで小物などを販売している人が、定形外郵便を利用して発送することも多くなりましたが、定形外郵便はコンビニのポストから投函することができるのでしょうか。 定形外郵便でも、コンビニに設置してあるポストの投函口に入る大きさであれば基本的に投函することが出来ます。 ただし、郵便物には重量制限があります。 大きさだけではなくて重量によっても切手代が変わってくるのと、4kgをオーバーすると郵便としては扱ってくれなくなり、ゆうパックの扱いになってしまうので注意しましょう。 定型外郵便で郵送の料金がわからない場合には、コンビニのポストへ投函するよりも、重量や大きさを測ってくれる郵便局の窓口へ持っていったほうが安心ですね。 TSUTAYAで借りたCDやDVDを郵送で返却できるサービスを利用している人もいることでしょうが、TSUTAYAの郵便返却をコンビニのポストから投函することはできるのでしょうか。 TSUTAYAの郵便返却もコンビニのポストから投函することができるので、CDを聴き終ったり、DVDを見終わった後、ちょっと飲み物やおやつを買いに、ローソンやミニストップへ行ったついでに、投函して返却してしまうのも便利でいいですよね! ただし、TSUTAYAの郵便返却は、1つの袋につき重さは1kgまで、暑さは3. 5cmまでとなっているので、厚さと重量を超えないように気を付けることが大切になります。 その点だけ注意して利用しましょう! 急ぎの書類や手紙を出したいときに便利なのが速達ですが、速達はコンビニのポストから投函することができるのでしょうか。 速達もコンビニのポストから投函することが出来ます。 ただし、速達でもコンビニなどのポストに投函してしまうと、そのポストの集荷時間がやってくるまでは集荷されません。 1日の集荷の回数が少ないコンビニポストだと、速達で出したつもりでも、自分が考えていたよりも相手に届くのが遅くなってしまうことがあります。 速達を投函する場合には、次の集荷時間がいつになるのか確認してから投函するようにしましょう。 場合によっては郵便局の窓口へ直接出した方が早く配達してもらえるので、本当に急ぎの場合にはコンビニなどのポストへ投函するのはあまりおすすめしません。 また、通常の郵便料金に加えて速達料金も必要になりますので、切手の料金にも注意をしましょう。 気になるのがコンビニポストの集荷時間です。 コンビニポストに投函するのと、通常の街中にあるポストに投函するのと、集荷時間に違いはあるのでしょうか。 集荷時間というのは、コンビニポストでも通常の街中のポストでも必ずポストに記載があります。 速達や消印の日付等、集荷時間を気にしなければならない郵便物を投函する時には、ポストに記載されている集荷時間を必ず確認するようにしましょう。 コンビニポストの集荷時間は、店舗や地域によって変わってきますが、通常は1日2回ほどの集荷時間があるようです。 都市部で利用する人の人数が多いコンビニだと、1日3回というところもあるようですね。 コンビニによっては、近くの街中のポストよりも集荷回数が多いというお店もあるようなので、一度確認して比べてみるのもいいかもしれません。 コンビニにポストがあることで、一番便利な点は、暮らしの中でその場で切手を購入してすぐに投函することができるということですね。 ところで、コンビニでは必ず切手を販売しているものですが、郵便局のように全ての種類の切手を販売しているわけではありません。 暮らしの中でよく使う定型サイズのハガキの62円や封筒82円の他にも、速達などでもっと高額な切手が必要になる場合もありますが、コンビニではどの種類の切手を購入することができるのでしょうか?! 通常、コンビニで販売している切手の種類は、2円、10円、50円、62円、82円、92円、100円、120円、140円、280円などとなります。 ただし、扱っているはずの切手でも、お店の方で在庫切れしてしまっていることもあるので、注意しましょう。

次の