ハリー・ウィノカー。 2000年代|ミスタードーナツの歴史|事業情報|ミスタードーナツ

創始者がモデルとなったロゴマーク | ミスタードーナツ

ハリー・ウィノカー

ミスドの名前の由来が知りたい!「ミスタードーナツ」の理由は? ミスドの名前の由来は 「創業者のハリー・ウィノカー氏のニックネーム」です。 ハリー・ウィノカー氏がよく行く銀行で、銀行員同士が「ミスタードーナツ」と呼んでいたことが由来だと言われています。 1970年にダスキンとフランチャイズ契約をしています。 「ダスキンってモップやお掃除の?」 ダスキンとドーナツが結びつきにくいですよね。 ダスキン創業者の鈴木清一氏は、フランチャイズビジネスを学ぶためにアメリカに行きました。 その時に、ミスドの創業者であるハリー・ウィノカー氏と出会ったそうです。 日本では、1971年に大阪の箕面にミスタードーナツの第一号店がオープンしました。 第二号店は京橋です。 「old-fashioned」=「古風な・旧式の」という意味があります。 「古いファッション?」って思った私はだいぶアホですね ・・; 「オールドファッションのどのあたりが古風なの?」 昔のドーナツは、 割れているのが当たり前でした。 以下がまとめになります。 ミスタードーナツの名前の由来は創業者のハリー・ウィノカー氏のニックネーム• ミスタードーナツのロゴはハリー・ウィノカー氏の顔• 1人でホッとしたい時や子どもが食べたがった時に寄っています。 カロリーがいかにも高そうだと思っていた 「エンゼルクリーム」は 204kcalでした。

次の

創始者がモデルとなったロゴマーク | ミスタードーナツ

ハリー・ウィノカー

9 billion 2012 親会社 America Runs on Dunkin ウェブサイト ダンキン : Dunkin' は、店のブランド。 現在の本社は ()にある。 旧社名は ダンキンドーナツ。 主力商品のの他、、、なども扱っている。 店名は、ドーナツをやコーヒーに浸して(Dunkin')食べる欧米の習慣にちなむ。 この食べ方はの『』でがドーナツの正式な食べ方として紹介していたことから来ている。 沿革 [ ] ダンキンドーナツの創業者は、在住のであった ()である。 にののためにでなどのを始めたが、ドーナツとコーヒーの売り上げが大きいことに気づき、にドーナツ専門店「Open Kettle(オープンケトル)」を開業。 にで創業。 に「Dunkin' Donuts(ダンキンドーナツ)」に社名変更し、展開を開始する。 創業者のローゼンバーグは、の夫ハリー・ウィノカーとともに会社を運営していたが、経営方針の違いからハリー・ウィノカーは独立し、にで を創業した。 にダンキンドーナツがミスタードーナツを吸収合併したため、現在アメリカ合衆国には会社としてのミスタードーナツは存在せず、そのブランド名で営業している店舗がに1店舗残るのみとなっている。 「」も参照 ダンキンドーナツは 近年 [ ]、の酒類大手メーカーの傘下企業となり、外部から招いた経営陣の下で急成長した。 しかし8月にの酒類大手がアライド・ドメクを買収したのに伴い、(サーティワンを展開)など他の2つのチェーンとともに売却された。 2005年12月に、、、 ()のアメリカの3社で構成されるが株式を取得している。 、「ダンキン」をコーヒーなどの飲料主体のに位置づけ直し、飲料やドーナツ以外のファストフードに重点を移している実態を反映するため、1月から名称を「 Dunkin'( ダンキン)」に再変更することを発表した。 世界での展開 [ ] 現在 [ ]、世界29ヶ国で約6,000店舗を展開している世界最大のドーナツチェーンである。 米国国内の店舗はとの州に集中している。 店舗を展開している国および地域• アメリカ合衆国(・を含む)• 日本での展開 [ ] 「」、「」、および「」も参照 ではに、初の海外店舗として・にオープンした。 日本での展開にあたり、当初はのレストラン西武(のちの)の一部門に組み入れられ、その後セゾングループの 株式会社ディー・アンド・シーが店舗展開していた。 しかし後発のに市場を奪われたため、として吸収したに店舗ごと押し付けることとなった。 にディー・アンド・シーは吉野家と合併して吉野家ディー・アンド・シーとなる(法人としては現在のにあたる)。 吉野家が店舗の受け皿として選ばれた理由は、にしてセゾングループ傘下で経営再建をしており、当時は同系列にあったためだが、ディー・アンド・シーとの合併前年のに吉野家は更生計画を終結している。 ドーナツだけではミスタードーナツに太刀打ち出来ないと判断し、なども発売していたが、業績不振により吉野家ディー・アンド・シーはにドーナツ事業から撤退した。 これにより、基地内の店舗を除いて日本からは姿を消している。 当時の吉野家社長であったは後年「利用動機が牛丼店の対極にあるドーナツ店では、吉野家で培った経験を活かせなかった」と述懐している。 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

2月29日に亡くなった人々/命日データベース

ハリー・ウィノカー

(画像引用元:) さまざまな企業・商品のの由来やこだわりなどを紹介する「独断!粋なロゴマーク」。 今回は、ドーナツのフランチャイズ店舗としてお馴染みの「ミスタードーナツ」のロゴマークを取り上げます! 1. ミスタードーナツの歴史とロゴマークの由来 米国・ボストンで生まれたミスタードーナツ。 創設者はハリー・ウィノカーという人物で、競合でもあるダンキンドーナツの創始者・ウイリアム(ビル)・ローゼンバーグの親族でもあります。 ミスタードーナツのロゴマークは、このハリー・ウィノカー氏がモチーフとなっています。 (画像引用元:) 蝶ネクタイにヒゲスタイルというのが印象的ですが、実際のハリー・ウィノカー氏はこんな方だったそうです。 なんとなく似ているような気もしますね。 (画像引用元:) 2015年現在、すでにミスタードーナツ米国本部はダンキンドーナツに買収されており、2015年現在は、ライセンスを持つダスキンが日本を中心に、台湾や韓国などでミスタードーナツを展開しているという状況ですが、そのロゴマークは現在も日本のミスタードーナツにしっかりと受け継がれています。 ちなみに本部が買収された米国でも、実はある場所でミスタードーナツのロゴマークを見ることができます。 それが、イリノイ州にある米国最後のミスタードーナツのお店。 実は本部が買収された後も、さまざまな事情により数店舗のミスタードーナツは、ダンキンドーナツに名前を変えることなく、そのまま運営していたそうです。 ほとんどの店舗は閉店に追い込まれましたが、イリノイ州にあるミスタードーナツだけは、現在も営業を続けているそうです(2014年6月時点)。 (画像引用元:) ちなみにメニューなどは日本と全く異なるようですので、気になる方は一度チェックしてみては。 ロゴマークからは、現在は感じることのできない、会社の歴史を感じることもできます。 ロゴマーク作成の際、会社の現状をうまく象徴したデザインや、今だからこその想いを象徴するデザインを採用すれば、もしかすると後世の人々からロゴマークの由来について注目されるかもしれませんよ。

次の