川崎 市 中原 区 上 小田中 郵便 番号。 郵便番号一覧 神奈川県川崎市中原区

神奈川県川崎市中原区の地名と郵便番号一覧

川崎 市 中原 区 上 小田中 郵便 番号

地理 [ ] 中原区の北西部に位置し、とに挟まれる形で平地が広がっている。 中央部にあるの工場裏門あたりを境界として、北側に大ヶ谷戸(おおがいと・おおがやと )、南側に神地(ごうじ)という呼び名があり、平成になった今も通称や施設名として残っている。 中央部には富士通の工場(登記上の本店所在地)や中原区という名前の由来となった、そして南武線と中原街道の交点にはがあり、周辺には住宅地が広がるほか、野菜畑なども残っている。 上小田中は北端でのやと、北東端では二ヶ領用水を挟んでやと、南端でやと、南西端でや・・ と接している(特記のない町域は中原区)。 歴史 [ ] 中世 [ ] 「小田中」の名が史料に登場するのは(2年)の「大江某注進状」であり、当地がのであったこと、またとしてを納めていたことが読み取れる。 小田中が上下に分かれたのは頃と見られ、(18年)にが泉沢寺を「上小田中宝地」へ移した記録が残るが 、「」では「小田中」となっている。 江戸時代 [ ] の当地は、大ヶ谷戸と神地の2つに分かれていて、神地は(13年)以降、枝村として一村のような扱いを受けていた。 大ヶ谷戸はもともと「大茅野」と呼ばれていたが、の家臣である原氏が、故地のを当地にし、同社の鎮座する「大谷」から名付けられたという伝承がある。 当地は10年時点ではであったが、幕末には一部が領やとなっていた。 また、村は期の「武蔵田園簿」で823(別に泉沢寺領が20石)、幕末の「旧高旧領取調帳」では合計844石あまりと 、ほぼ一定で推移していた。 近現代 [ ] 時代となり、の施行とともにが成立すると、当地はその中心地として、村役場や銀行ができるなど栄え、またの生産も盛んとなった。 に入ると(現・)が開通しが設置されたこと、さらには富士通信機(現・)やの工場が設置されたことで当地は大きく姿を変えていき、またとしてを受けることとなった。 戦後には中島航空機の跡地に(現・)のが建設される などの動きもあったが、二ヶ領用水の改修に合わせて中小の工場が立地する など、工業地としての性格も持ち続けている。 地名の由来 [ ] 由来は不明であるが、地帯であることから「田中」の名が付き、それにの「小」が加わったとも考えられている。 その後、上小田中・下小田中に分かれている。 沿革 [ ]• (2年) - 「大江某注進状」に「小田中」の名が見える。 (18年) - が泉沢寺を烏山から当地に移す。 (慶長16年) - によるの工事が完成。 当地も同用水で潤される。 (13年) - 神地が枝村として一村の扱いを受ける。 (7年) - により、当地は第5大区第3小区に属する。 (明治22年) - の施行により、が成立。 当地は中原村大字 上小田中となり、中原村役場が設置される。 (明治30年) - 毛織物工場が開業する(関東大震災で閉鎖)。 (明治31年) - 当地に中原銀行が開業(8年後に破産)。 (14年) - 中原村との大半が合併して、を新設。 当地は中原町大字 上小田中となった。 (2年) - 南武鉄道が開通し、が設置される。 (昭和7年) - 中原町がに編入される。 当地は川崎市 上小田中となる。 (昭和13年) - 富士通信機(現・)の工場が開設される。 (昭和20年) - による被害を受ける。 (昭和35年) - が開設される。 (昭和47年) - 川崎市がに移行、当地は川崎市 上小田中となる。 (昭和54年) - 隣接する・でが実施され、上小田中の一部が編入される。 (2年) - 南武線が高架化される。 (平成8年) - 当地で住居表示が実施され、 上小田中一丁目~七丁目となる。 町域の新旧対照 [ ] 上小田中が住居表示を施行する前のは、以下のようになっていた。 なお、特記のない字はその一部が現町丁に含まれている。 また、上小田中字道下耕地の一部がに編入されている。 現町丁 住居表示実施前の字・町丁 上小田中一丁目 上小田中字上耕地、北見方字下倉耕地、宮内字西耕地 上小田中二丁目 上小田中字上耕地・字新田耕地・字稲倉戸耕地、宮内字西耕地・字西下耕地・字南耕地 上小田中三丁目 上小田中字上耕地・字稲倉戸耕地・字中耕地・字七揚耕地 上小田中四丁目 上小田中字中耕地・字七揚耕地 上小田中五丁目 上小田中字中耕地・字七揚耕地、下小田中一丁目(住居表示実施済み) 上小田中六丁目 上小田中字中耕地・字七揚耕地・字家附耕地・字道下耕地、宮内字白田耕地 上小田中七丁目 上小田中字家附耕地・字道下耕地 世帯数と人口 [ ] (平成29年)現在の世帯数と人口は以下の通りである。 上小田中一丁目 2,748世帯 5,672人 上小田中二丁目 2,636世帯 6,010人 上小田中三丁目 2,668世帯 5,788人 上小田中五丁目 1,030世帯 1,981人 上小田中六丁目 2,912世帯 5,764人 上小田中七丁目 1,080世帯 2,306人 計 13,074世帯 27,521人 小・中学校の学区 [ ] 市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。 丁目 番地 小学校 中学校 上小田中一丁目 全域 上小田中二丁目 2番8~10号 3番1~4号 3番7~16号 6番 その他 川崎市立大谷戸小学校 川崎市立西中原中学校 上小田中三丁目 全域 上小田中四丁目 全域 上小田中五丁目 全域 上小田中六丁目 1~4、16~20番 51番16号・18号 51番22~24号 51番27〜28号 52~60番 川崎市立大谷戸小学校 47番 川崎市立宮内小学校 川崎市立宮内中学校 その他 上小田中七丁目 全域 交通 [ ] 鉄道 [ ] JRが上小田中の南西端を通り、やが所在する。 なお、北方では同線のも利用可能である。 バス [ ] とを結ぶバス(、担当)や、経由で小杉駅とを結ぶバス(担当)、と小杉駅を経由で結ぶバス(川崎市バス上平間営業所担当)が当地を経由している。 道路 [ ]• - 多摩川を越えて、東京都と結ぶ計画がある。 施設 [ ]• 川崎市 2015年10月26日. 2018年2月15日閲覧。 川崎市 2018年1月25日. 2018年2月15日閲覧。 2018年2月15日閲覧。 総務省. 2018年2月15日閲覧。 川崎市. 2018年2月15日閲覧。 66 上小田中1, 2, 3, 4, 5, 6, 7丁目 川崎市、1996年。 川崎市 2015年4月1日. 2018年2月15日閲覧。 川崎市 2015年4月1日. 2018年2月15日閲覧。 川崎市(2004)、P275。 参考文献 [ ]• 日本地名研究所編「川崎地名辞典(上)」川崎市、2004年。 編「 14 神奈川県」、1984年。

次の

川崎上小田中郵便局 (神奈川県)

川崎 市 中原 区 上 小田中 郵便 番号

地理 [ ] 中原区の北西部に位置し、とに挟まれる形で平地が広がっている。 中央部にあるの工場裏門あたりを境界として、北側に大ヶ谷戸(おおがいと・おおがやと )、南側に神地(ごうじ)という呼び名があり、平成になった今も通称や施設名として残っている。 中央部には富士通の工場(登記上の本店所在地)や中原区という名前の由来となった、そして南武線と中原街道の交点にはがあり、周辺には住宅地が広がるほか、野菜畑なども残っている。 上小田中は北端でのやと、北東端では二ヶ領用水を挟んでやと、南端でやと、南西端でや・・ と接している(特記のない町域は中原区)。 歴史 [ ] 中世 [ ] 「小田中」の名が史料に登場するのは(2年)の「大江某注進状」であり、当地がのであったこと、またとしてを納めていたことが読み取れる。 小田中が上下に分かれたのは頃と見られ、(18年)にが泉沢寺を「上小田中宝地」へ移した記録が残るが 、「」では「小田中」となっている。 江戸時代 [ ] の当地は、大ヶ谷戸と神地の2つに分かれていて、神地は(13年)以降、枝村として一村のような扱いを受けていた。 大ヶ谷戸はもともと「大茅野」と呼ばれていたが、の家臣である原氏が、故地のを当地にし、同社の鎮座する「大谷」から名付けられたという伝承がある。 当地は10年時点ではであったが、幕末には一部が領やとなっていた。 また、村は期の「武蔵田園簿」で823(別に泉沢寺領が20石)、幕末の「旧高旧領取調帳」では合計844石あまりと 、ほぼ一定で推移していた。 近現代 [ ] 時代となり、の施行とともにが成立すると、当地はその中心地として、村役場や銀行ができるなど栄え、またの生産も盛んとなった。 に入ると(現・)が開通しが設置されたこと、さらには富士通信機(現・)やの工場が設置されたことで当地は大きく姿を変えていき、またとしてを受けることとなった。 戦後には中島航空機の跡地に(現・)のが建設される などの動きもあったが、二ヶ領用水の改修に合わせて中小の工場が立地する など、工業地としての性格も持ち続けている。 地名の由来 [ ] 由来は不明であるが、地帯であることから「田中」の名が付き、それにの「小」が加わったとも考えられている。 その後、上小田中・下小田中に分かれている。 沿革 [ ]• (2年) - 「大江某注進状」に「小田中」の名が見える。 (18年) - が泉沢寺を烏山から当地に移す。 (慶長16年) - によるの工事が完成。 当地も同用水で潤される。 (13年) - 神地が枝村として一村の扱いを受ける。 (7年) - により、当地は第5大区第3小区に属する。 (明治22年) - の施行により、が成立。 当地は中原村大字 上小田中となり、中原村役場が設置される。 (明治30年) - 毛織物工場が開業する(関東大震災で閉鎖)。 (明治31年) - 当地に中原銀行が開業(8年後に破産)。 (14年) - 中原村との大半が合併して、を新設。 当地は中原町大字 上小田中となった。 (2年) - 南武鉄道が開通し、が設置される。 (昭和7年) - 中原町がに編入される。 当地は川崎市 上小田中となる。 (昭和13年) - 富士通信機(現・)の工場が開設される。 (昭和20年) - による被害を受ける。 (昭和35年) - が開設される。 (昭和47年) - 川崎市がに移行、当地は川崎市 上小田中となる。 (昭和54年) - 隣接する・でが実施され、上小田中の一部が編入される。 (2年) - 南武線が高架化される。 (平成8年) - 当地で住居表示が実施され、 上小田中一丁目~七丁目となる。 町域の新旧対照 [ ] 上小田中が住居表示を施行する前のは、以下のようになっていた。 なお、特記のない字はその一部が現町丁に含まれている。 また、上小田中字道下耕地の一部がに編入されている。 現町丁 住居表示実施前の字・町丁 上小田中一丁目 上小田中字上耕地、北見方字下倉耕地、宮内字西耕地 上小田中二丁目 上小田中字上耕地・字新田耕地・字稲倉戸耕地、宮内字西耕地・字西下耕地・字南耕地 上小田中三丁目 上小田中字上耕地・字稲倉戸耕地・字中耕地・字七揚耕地 上小田中四丁目 上小田中字中耕地・字七揚耕地 上小田中五丁目 上小田中字中耕地・字七揚耕地、下小田中一丁目(住居表示実施済み) 上小田中六丁目 上小田中字中耕地・字七揚耕地・字家附耕地・字道下耕地、宮内字白田耕地 上小田中七丁目 上小田中字家附耕地・字道下耕地 世帯数と人口 [ ] (平成29年)現在の世帯数と人口は以下の通りである。 上小田中一丁目 2,748世帯 5,672人 上小田中二丁目 2,636世帯 6,010人 上小田中三丁目 2,668世帯 5,788人 上小田中五丁目 1,030世帯 1,981人 上小田中六丁目 2,912世帯 5,764人 上小田中七丁目 1,080世帯 2,306人 計 13,074世帯 27,521人 小・中学校の学区 [ ] 市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。 丁目 番地 小学校 中学校 上小田中一丁目 全域 上小田中二丁目 2番8~10号 3番1~4号 3番7~16号 6番 その他 川崎市立大谷戸小学校 川崎市立西中原中学校 上小田中三丁目 全域 上小田中四丁目 全域 上小田中五丁目 全域 上小田中六丁目 1~4、16~20番 51番16号・18号 51番22~24号 51番27〜28号 52~60番 川崎市立大谷戸小学校 47番 川崎市立宮内小学校 川崎市立宮内中学校 その他 上小田中七丁目 全域 交通 [ ] 鉄道 [ ] JRが上小田中の南西端を通り、やが所在する。 なお、北方では同線のも利用可能である。 バス [ ] とを結ぶバス(、担当)や、経由で小杉駅とを結ぶバス(担当)、と小杉駅を経由で結ぶバス(川崎市バス上平間営業所担当)が当地を経由している。 道路 [ ]• - 多摩川を越えて、東京都と結ぶ計画がある。 施設 [ ]• 川崎市 2015年10月26日. 2018年2月15日閲覧。 川崎市 2018年1月25日. 2018年2月15日閲覧。 2018年2月15日閲覧。 総務省. 2018年2月15日閲覧。 川崎市. 2018年2月15日閲覧。 66 上小田中1, 2, 3, 4, 5, 6, 7丁目 川崎市、1996年。 川崎市 2015年4月1日. 2018年2月15日閲覧。 川崎市 2015年4月1日. 2018年2月15日閲覧。 川崎市(2004)、P275。 参考文献 [ ]• 日本地名研究所編「川崎地名辞典(上)」川崎市、2004年。 編「 14 神奈川県」、1984年。

次の

郵便番号一覧 神奈川県川崎市中原区

川崎 市 中原 区 上 小田中 郵便 番号

地理 [ ] 中原区の北西部に位置し、とに挟まれる形で平地が広がっている。 中央部にあるの工場裏門あたりを境界として、北側に大ヶ谷戸(おおがいと・おおがやと )、南側に神地(ごうじ)という呼び名があり、平成になった今も通称や施設名として残っている。 中央部には富士通の工場(登記上の本店所在地)や中原区という名前の由来となった、そして南武線と中原街道の交点にはがあり、周辺には住宅地が広がるほか、野菜畑なども残っている。 上小田中は北端でのやと、北東端では二ヶ領用水を挟んでやと、南端でやと、南西端でや・・ と接している(特記のない町域は中原区)。 歴史 [ ] 中世 [ ] 「小田中」の名が史料に登場するのは(2年)の「大江某注進状」であり、当地がのであったこと、またとしてを納めていたことが読み取れる。 小田中が上下に分かれたのは頃と見られ、(18年)にが泉沢寺を「上小田中宝地」へ移した記録が残るが 、「」では「小田中」となっている。 江戸時代 [ ] の当地は、大ヶ谷戸と神地の2つに分かれていて、神地は(13年)以降、枝村として一村のような扱いを受けていた。 大ヶ谷戸はもともと「大茅野」と呼ばれていたが、の家臣である原氏が、故地のを当地にし、同社の鎮座する「大谷」から名付けられたという伝承がある。 当地は10年時点ではであったが、幕末には一部が領やとなっていた。 また、村は期の「武蔵田園簿」で823(別に泉沢寺領が20石)、幕末の「旧高旧領取調帳」では合計844石あまりと 、ほぼ一定で推移していた。 近現代 [ ] 時代となり、の施行とともにが成立すると、当地はその中心地として、村役場や銀行ができるなど栄え、またの生産も盛んとなった。 に入ると(現・)が開通しが設置されたこと、さらには富士通信機(現・)やの工場が設置されたことで当地は大きく姿を変えていき、またとしてを受けることとなった。 戦後には中島航空機の跡地に(現・)のが建設される などの動きもあったが、二ヶ領用水の改修に合わせて中小の工場が立地する など、工業地としての性格も持ち続けている。 地名の由来 [ ] 由来は不明であるが、地帯であることから「田中」の名が付き、それにの「小」が加わったとも考えられている。 その後、上小田中・下小田中に分かれている。 沿革 [ ]• (2年) - 「大江某注進状」に「小田中」の名が見える。 (18年) - が泉沢寺を烏山から当地に移す。 (慶長16年) - によるの工事が完成。 当地も同用水で潤される。 (13年) - 神地が枝村として一村の扱いを受ける。 (7年) - により、当地は第5大区第3小区に属する。 (明治22年) - の施行により、が成立。 当地は中原村大字 上小田中となり、中原村役場が設置される。 (明治30年) - 毛織物工場が開業する(関東大震災で閉鎖)。 (明治31年) - 当地に中原銀行が開業(8年後に破産)。 (14年) - 中原村との大半が合併して、を新設。 当地は中原町大字 上小田中となった。 (2年) - 南武鉄道が開通し、が設置される。 (昭和7年) - 中原町がに編入される。 当地は川崎市 上小田中となる。 (昭和13年) - 富士通信機(現・)の工場が開設される。 (昭和20年) - による被害を受ける。 (昭和35年) - が開設される。 (昭和47年) - 川崎市がに移行、当地は川崎市 上小田中となる。 (昭和54年) - 隣接する・でが実施され、上小田中の一部が編入される。 (2年) - 南武線が高架化される。 (平成8年) - 当地で住居表示が実施され、 上小田中一丁目~七丁目となる。 町域の新旧対照 [ ] 上小田中が住居表示を施行する前のは、以下のようになっていた。 なお、特記のない字はその一部が現町丁に含まれている。 また、上小田中字道下耕地の一部がに編入されている。 現町丁 住居表示実施前の字・町丁 上小田中一丁目 上小田中字上耕地、北見方字下倉耕地、宮内字西耕地 上小田中二丁目 上小田中字上耕地・字新田耕地・字稲倉戸耕地、宮内字西耕地・字西下耕地・字南耕地 上小田中三丁目 上小田中字上耕地・字稲倉戸耕地・字中耕地・字七揚耕地 上小田中四丁目 上小田中字中耕地・字七揚耕地 上小田中五丁目 上小田中字中耕地・字七揚耕地、下小田中一丁目(住居表示実施済み) 上小田中六丁目 上小田中字中耕地・字七揚耕地・字家附耕地・字道下耕地、宮内字白田耕地 上小田中七丁目 上小田中字家附耕地・字道下耕地 世帯数と人口 [ ] (平成29年)現在の世帯数と人口は以下の通りである。 上小田中一丁目 2,748世帯 5,672人 上小田中二丁目 2,636世帯 6,010人 上小田中三丁目 2,668世帯 5,788人 上小田中五丁目 1,030世帯 1,981人 上小田中六丁目 2,912世帯 5,764人 上小田中七丁目 1,080世帯 2,306人 計 13,074世帯 27,521人 小・中学校の学区 [ ] 市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。 丁目 番地 小学校 中学校 上小田中一丁目 全域 上小田中二丁目 2番8~10号 3番1~4号 3番7~16号 6番 その他 川崎市立大谷戸小学校 川崎市立西中原中学校 上小田中三丁目 全域 上小田中四丁目 全域 上小田中五丁目 全域 上小田中六丁目 1~4、16~20番 51番16号・18号 51番22~24号 51番27〜28号 52~60番 川崎市立大谷戸小学校 47番 川崎市立宮内小学校 川崎市立宮内中学校 その他 上小田中七丁目 全域 交通 [ ] 鉄道 [ ] JRが上小田中の南西端を通り、やが所在する。 なお、北方では同線のも利用可能である。 バス [ ] とを結ぶバス(、担当)や、経由で小杉駅とを結ぶバス(担当)、と小杉駅を経由で結ぶバス(川崎市バス上平間営業所担当)が当地を経由している。 道路 [ ]• - 多摩川を越えて、東京都と結ぶ計画がある。 施設 [ ]• 川崎市 2015年10月26日. 2018年2月15日閲覧。 川崎市 2018年1月25日. 2018年2月15日閲覧。 2018年2月15日閲覧。 総務省. 2018年2月15日閲覧。 川崎市. 2018年2月15日閲覧。 66 上小田中1, 2, 3, 4, 5, 6, 7丁目 川崎市、1996年。 川崎市 2015年4月1日. 2018年2月15日閲覧。 川崎市 2015年4月1日. 2018年2月15日閲覧。 川崎市(2004)、P275。 参考文献 [ ]• 日本地名研究所編「川崎地名辞典(上)」川崎市、2004年。 編「 14 神奈川県」、1984年。

次の