エイベックス 松浦 彼女。 【文春砲】エイベックス松浦勝人氏に薬物疑惑!?元社員が言及するも本人は否定

エイベックス・松浦勝人氏、“激怒ツイート”で炎上連発も「最近すっかりおとなしく」なったワケ(2020/06/17 12:00)|サイゾーウーマン

エイベックス 松浦 彼女

コロナ禍で収録がストップし、放送を見合わせていたドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)。 緊急事態宣言解除を受けて収録を再開し、2020年6月13日から6週間ぶりに放送が再開する。 同ドラマは浜崎あゆみとエイベックスの松浦勝人代表取締役会長との恋模様を描く話題作だ。 エイベックスの新人アーティスト・安斉かれん(20)が浜崎を、松浦氏を三浦翔平(32)が演じている。 眼帯姿で松浦氏の秘書を演じる田中みな実(33)や、ボイストレーナー役の水野美紀(45)の怪演なども相まって、放送初回から注目を集めてきた。 版元である幻冬舎の見城徹氏は、書籍化の経緯について発売当時の取材に対してこう明かしている。 〈去年の8月1日のこの時間、サイバーエージェントの藤田から浜崎あゆみ、生涯最大の恋物語の企画を電話で持ちかけられた。 本にしてくれたら、ぜひ、映像化したいんです、と。 藤田はその時、松浦勝人と浜崎あゆみと3人で西麻布で飲んでいたのだ。 そこから全ては始まった〉(「日刊スポーツ」2019年8月16日) 松浦氏と浜崎は、自ら率先して小松氏に交際関係にあった当時のエピソードを語ったのだという。 そうして書き上げられた小説「M」にはマサ(松浦氏)とあゆ(浜崎)の出会いから、交際までの経緯、公私のすれ違いを経て別れに至るまでが浜崎の視点からセンチメンタルに描かれている。 しかし「文春オンライン」取材班は、松浦氏が自ら浜崎との恋愛について赤裸々に言及する音声を入手した。 その音声は、エイベックス元社員でライターのA子さんから提供された資料のなかに含まれていた。 A子さんはその間に起きた、松浦氏との大麻使用や、箕輪氏による原稿料未払いとセクハラについて告発するにあたって、約40時間に及ぶ音声や松浦氏とのLINEのやりとり、松浦氏自伝本の原稿などを「文春オンライン」編集部に提供したのだ。 言うまでもなく、エイベックスは東証一部上場企業であり、松浦氏はそのトップである。 「M」では敏腕プロデューサーと歌手の美しい恋物語として描かれているが、実態は、社長が公私を混同し私利私欲に走り、企業を私物化したに他ならない。 それこそがA子さんの提供資料が明らかにした、真実の「M」である——。 《僕は、芸能界は、純粋な世界だと思っている。 自分のものすごい恥ずかしいところや、人に言えないようなことをお互いに見せ合うということは、信頼し合えたという証だと思う。 そこに、恋愛を超える愛が生まれる人がいても、何も不思議じゃない。 お互いのすべてをさらけ出してしまえば、傷つくこともあるし、面倒なことだってたくさんある。 しかし、相手を想う純粋な気持ちが、愛が、大ヒットへの道になることがある。 僕は、愛ほど強いプロデュースの方法を知らない》(松浦氏自伝本原稿より) 「文春オンライン」取材班がA子さんへの取材を行ったのは、折しも小説「M」が同年夏に発売され、ドラマ化が発表されて話題になっていたタイミングだった。 松浦氏が《愛ほど強いプロデュース》をしたのは浜崎あゆみなのか。 A子さんに尋ねると少し口ごもりながら、こう明かした。 「『M』で明かされているので言っても構わないと思いますが、その通りです。 取材では松浦さんは浜崎さんとの過去について饒舌に語っていました。 しかしそれを原稿に反映したところ、松浦さんから『あゆと付き合っていたことは公表したくない』と言われ、後に大幅に原稿を削ったんです」 しかし何の心境の変化があったのか、その後に小説「M」で浜崎との恋愛模様を明かしたのだ。 あゆはマサと出会った後、歌のレッスンのために米ニューヨークへと旅立ち、スパルタ講師の下で練習に打ち込む。 作中で涙を流しながら必死に食らいつくあゆは、この頃からマサに対する思いを募らせていくのだ。 帰国後、あゆはデビュー曲のレコーディングやプロモーションに忙殺されていく。 小説「M」では、その時の様子がこのように描かれている。 「この顔は売れないよ。 今からでも、やめた方がいい」 「この顔は売れないよ。 絶対に無理だ。 見れば分かるだろう。 なんでこんな子をデビューさせるんだよ。 やめておいた方がいい。 今からでも、やめた方がいい」 芸能の世界では知らない人のいない大御所がそう言うと、他のプロダクションの社長もこぞって右へならった。 私は、リングの中央でパンチの連打を浴びせられるボクサーのようにフリーズする。 ふと、専務がどうしているのかと思い、その様子を目の端でうかがうと、何もなかったように、黙って聞いている。 でも、その時、テーブルの下で握った手のひらがゆっくり拳になって、少し震えているのが見えた。 実際、松浦氏は周囲の芸能関係者から「浜崎の顔では売れない」と反対されたと、『AERA』(2008年10月6日号)で明かしている。 現実にも同じ事があったようだ。 が、松浦氏がA子さんに語ったエピソードは、小説「M」とは少し趣が違っていた。 実際には、大手芸能事務所の社長X氏は、浜崎に入れ込む松浦氏に対して、こんな話をしていた。 松浦氏《Xさんが「あゆ呼べ」って言って、あゆ呼んで、あゆと俺とXさんとたまたま3人で、Xさんが「松浦、もう結婚してやりゃあいいじゃないか、彼女にしてやりゃいいじゃないか」って。 「僕結婚してますから」って。 (するとX氏が)「結婚してるって、じゃあ離婚したら付き合ってくれんのか」って。 いやその時本当にタレントと付き合うのご法度だったから、「もし(妻と)別れたらね」なんていっても……。 別れたけど言えなかったよ》 小説に描かれた誠実で純粋な恋の始まり ほどなくして松浦氏は当時の妻と離婚をするが、すぐに浜崎と交際することにはならなかった。 小説「M」ではマサの離婚後、あゆがマサへFAXでラブレターを送っている。 マサへの恋心を率直に綴りつつも、自分とマサの関係は歌手とプロデューサーであり、今後もその関係に徹するつもりだと宣言する。 しかしラブレターを読んだマサは、「お前が必要なんだ」などと書いた短い返事をFAXで送り、あゆに電話をかけ、あゆの母親のもとへと挨拶に赴くのだ。 チャイムが鳴って、私がドアを開けると、スーツを着た専務が立っていた。 そして、私には目もくれず、私の後ろに立つ母に一礼すると、こう言った。 「あゆみさんと付き合っています。 真剣です」「…………」私も母も、声を出せぬまま、その言葉に立ち尽くす。 「M 愛すべき人がいて」より引用 その後、あゆとマサは横浜にあるマサの実家でも交際していることを報告し、帰り道に夜の横浜の海を見ながら、初めてお互いの手に触れ、帰りの車中でキスをして帰路につく。 有名プロデューサーと平成の歌姫の恋の始まりが、かくも誠実で純粋なものだったのかと読者の心を打ったことだろう。 しかし、松浦氏はこの時のエピソードをA子さんにはこのように語っている。 浜崎の母に宣言「今から彼女とヤりますから」 松浦氏《4月8日にデビューして、しばらくして5月30日の「YOU」って曲の発売の間に、(浜崎に)「(当時の妻と)別れたんだって?」って言われて。 でも別れても(愛人関係の)B子っていうのがいたわけよ。 「でもB子さんいるし」って言われるから。 「じゃあ、わかった」っていって、あゆのお母さんのところ行って、中野の。 A子さんから提供を受けた「松浦氏自伝本」の初稿には、こんなくだりが残っていた。 《ちょうど「YOU」という曲を製作していた頃、僕はけじめを付けなければいけないと思い、彼女のお母さんに彼女と挨拶にいったのを覚えている。 「今から、彼女とヤりますから」 なぜか彼女の母親の前で、宣言した。 (中略)彼女の母親はぶっ飛んだ人で、娘と男が「ヤる」と宣言しているのに、「あらそうなの。 いいわよ~」と、特に何も気にしている様子がなかった》(松浦氏自伝本初稿より) 2人の交際が浜崎の母親への宣言から始まったことは事実であるようだが、小説「M」での宣言内容はフィクションだったようだ。 別れのきっかけは松浦氏の浮気 交際をスタートさせてからというもの、多忙な日々のなかでも、あゆとマサは毎晩電話をし、愛を育んでいった。 しかしあゆの人気が高まるにつれ、2人の間には距離が生まれていってしまう。 そして、ある事件が起きる。 マサがあゆ以外の女性を自宅に招き入れている場面をあゆに目撃されるのだ。 マサが一人でいると思っていた部屋のドアを開けたのは若い女性で、私が中に入ると、盛大な飲み会の真っ最中だった。 数人の女の子とスタッフとが、酔って倒れ、女の子にしなだれかかっているマサが見えた。 私がレコーディングをして、ミュージックビデオやジャケットの撮影をして、テレビ出演や雑誌の取材を受けているその時、恋人は、陳腐なパーティーに興じて酔いつぶれていたのだ。 「M 愛すべき人がいて」より引用 作中ではマサが興じていたのは「盛大な飲み会」とされているが、それはフィクションだ。 靴が置いてある。 おかしい! って言って帰っちゃったんだけど》 松浦氏《鍵は閉めてることはないから。 あゆが来ると思ってなかった》 別れた後も未練があったのは浜崎よりも松浦氏 小説「M」では、この事件の後もあゆのマサへの想いが薄まることはなかった。 しかし、マサはあゆの人気が社会現象となっていくにつれてプロデューサー「max matsuura」としてアーティスト「浜崎あゆみ」に接することが増えていく。 2人の気持ちはすれ違い、ついにマサからあゆへ別離の電話がかかってくるのだ。 「Fly high」のレコーディングが終わった頃、マサから電話があった。 清々しいほどに淡々として。 (中略) 「俺さ、経営や新人発掘、プロモーションから離れて、音楽制作だけに専念することにしたよ。 ハワイに住んで向こうのスタジオで楽曲を作るよ」 (中略) そして、その日の夜から涙が涸れるまで泣いた。 その慟哭は、マサが私の人生から消えてしまったことへの悲しみだけが理由ではなかった。 私は知っていた。 マサのように愛する人が、二度と現れないことを。 「M 愛すべき人がいて」より引用 その後、あゆの携帯電話にマサから電話がかかってくることはなかった。 しかし、現実では別れを切り出したのは浜崎だったようだ。 松浦氏はA子さんにこう語っている。 束縛し合ったりするっていうことで。 彼女は離れた方がいいって思っているところに、(浜崎が松浦氏の浮気現場に遭遇した)その靴の事件が起きたから》 松浦氏《結局あゆって頭いいから、俺のことを吸収したら次に行きたがるから、次に行きたがってんのがわかったから、まあそれはそれでいいなって思って。 全部を吸収してるとは思わないけど、ある程度吸収したし、俺も結構本気で好きになっちゃってたからさ、女々しかったわけよ。 ダメだなあと思って》 小説「M」では浜崎と破局後に、マサは音楽制作を理由にハワイへ旅立つ。 しかし松浦氏がA子さんに語っていたハワイ行きの理由は楽曲制作ではない。 松浦氏《んで別れて、俺は別れる前からハワイに住んで、曲を作ってて、「A song for XX」を全部つくって、あゆとやりとりしながら、そん時は好きだったな、最初のうちは。 でもまあ結果別れて。 「A song for XX」が出て》 松浦氏《しょうがないじゃん。 俺はすっごい後引きずって……そのあとハワイ行ってもずうっと引きずったし、DREAMなんかやったってぜんぜん面白くないし》 小説「M」ではクールな音楽プロデューサーとして描かれている松浦氏だが、実際には恋人への未練を長い間拭えなかったようだ。 後編 に続く 《音声公開》「あゆの呪縛が抜けない」エイベックス松浦氏が語っていた「M」の真実 浜崎が浮気現場に鉢合わせ、TOKIO長瀬と…… へ続く (「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班)).

次の

松浦勝人の過去の彼女は?元嫁畑田亜希が浜崎あゆみにそっくり!【写真】

エイベックス 松浦 彼女

略歴 [ ]• 1988年4月 エイベックス・ディー・ディー株式会社 現:エイベックス株式会社 設立、取締役に就任• 1991年3月 専務取締役に就任• 2004年8月 専務取締役および取締役を辞任。 直後に復帰し、執行役員に就任• 2004年9月 代表取締役社長に就任• 2005年10月 エイベックスネットワーク 株 (現:エイベックス・エンタテインメント 株 )代表取締役会長• 2007年6月 コンプライアンス委員長• 2009年1月 エイベックス・マネジメント 株 代表取締役社長• 2009年4月 エイベックス通信放送 株 代表取締役会長• 2010年4月 代表取締役社長CEO(現任)、社長室管掌(現任)• 2012年10月 株 UULA 代表取締役会長• 2013年7月 Avex International Holdings Singapore Pte. Ltd. 現:Avex Asia Pte. Ltd. 取締役 現任• 2013年10月 エイベックス・マネジメント 株 代表取締役会長• 2014年12月 AWA 株 代表取締役会長 現任• 2016年6月 エイベックス通信放送 株 取締役 現任 、当社グローバル・アーティスト戦略室管掌• 2016年12月 エイベックス・ベンチャーズ 株 代表取締役社長 現任 来歴 [ ] 伝記の記載を年譜形式のみとすることは。 人物の伝記は流れのあるまとまった文章で記述し、年譜は補助的な使用にとどめてください。 ( 2013年4月)• 、を経て、卒業。 実家は中古車販売業を営んでいた。 この時、一緒にアルバイトをしていたのが、現・エイベックス株式会社COOの林真司、元・取締役の小林敏雄であった。 林、小林は共に松浦と同じ横浜市立金沢高等学校の同級生である。 また、当時高校生だった後ののと出会っている。 奇遇にも彼も高校の後輩であり、以後、高校の学園祭にDJ役で顔を出したりして、親交を続けた。 代表取締役に就任。 後にでデビューするもアルバイトとして勤務しており、後に店長となる。 1988年4月11日、(現・エイベックス株式会社)を設立。 同社、取締役就任。 やの輸入卸売業を始めた。 1990年、レコードレーベル・を設立。 1991年にとなった。 1995年、モデルの原口香と結婚。 5(1996年1月発売)に収録された。 その後、離婚している。 1996年、後に歌手としてデビューをするとクラブで出会う。 その後、ニューヨークへ飛び、2年間にも及ぶレッスンやトレーニングを経て、1998年のデビューまでの準備に入る。 1998年4月3日から、プロデューサーズナイトで、3年半の間、月1回パーソナリティを務めた。 1998年12月、エイベックスのアーティストオーディションを行う為、テレビ東京のオーディション番組に出演した。 2001年2月、元会長のの助言により、松浦真在人に改名(後に2002年10月4日より、本名に戻す)。 2001年9月、アメリカのニューヨークで起きたをきっかけにと共に特別ユニットを作る。 2003年11月、モデルのと再婚(2004年3月31日に第1子となる女児が誕生。 2006年5月30日に第2子となる男児が誕生。 2007年10月24日に第3子となる女児が誕生)。 2004年9月28日、のエイベックス・グループ・ホールディングス(現:エイベックス株式会社)の代表取締役社長に就任。 2009年 第四回渡辺晋賞受賞。 2010年4月、エイベックス代表取締役社長CEOに就任。 2018年6月、エイベックス代表取締役会長CEOに就任。 2019年夏、浜崎あゆみの自伝「」で、浜崎と1996年〜1999年まで恋仲だった事が公表される。 2020年1月、畑田と2016年に離婚していた事が判明した。 2013年頃より別居していた。 2020年4月〜前年話題となった「M 愛すべき人がいて」がテレビドラマ化。 2020年6月、エイベックスCEOを退任(代表取締役会長には留任)。 人物 [ ]• (を中心メンバーとしたエイベックス所属の女性アイドルによって構成されるチーム)の初代監督を務めた。 とは、エイベックスが本格的に音楽制作に参画した当初から公私に渡るパートナーであったものの、意見の食い違いにより、1990年代半ば頃から険悪化し、1997年から長期間絶縁状態にあった。 2008年に小室が逮捕された際、被害弁済から約6億5000万円を個人的に融資した。 やや等、エイベックスの礎は小室哲哉によって生み出されたものであり、小室哲哉無くしてやや等は誕生しえなかったと述べており、恩師としての小室を思い出し、今後の音楽活動に賭けてみようと決心したという。 また、弁済融資の他、社内に小室専用の部屋・制作スタジオも用意した。 小室は「レコード会社から驚異的な資産を生み出した、の2人に似ている」と称している。 2013年8月2日、で、日本の税制が富裕層の所得税や相続税が高過ぎて、「富裕層は日本にいなくなっても仕方ない」という記事を投稿した。 ・主催のに2014年春、2015年秋の二度に渡り、招待を受け出席した。 手掛けたアーティスト [ ] プロデュースやエグゼクティブプロデュース、スペシャリーコーディネイト等• 脚注 [ ]• 渡辺音楽文化フォーラム 2020年2月11日閲覧• ORICON NEWS oricon ME. 2018年5月11日. 2020年5月15日閲覧。 スポニチ 2020年1月2日. 2020年1月2日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2020年5月15日. 2020年5月15日閲覧。 2009年3月15日, at the. 関連項目 [ ]• 出典 [ ]• 外部リンク [ ]• maxmatsuuratwit -•

次の

エイベックス清純派歌姫Zは誰?小室哲哉の女で母親になった人は

エイベックス 松浦 彼女

沢尻エリカさんの事件の余波から次々と新たな事実が明らかになっているなか、今注目されているのが沢尻エリカさんの所属事務所=エイベックスの社長である松浦勝人さんです。 なんと松浦勝人氏は沢尻エリカさんが事務所と契約のときには疑惑の件を知っていて、事務所に入らせるためにその事実で沢尻さんの弱味を握り、沢尻エリカさんの代表作といえるあの「ヘルタースケルター」に出演させたという記事が出回っているのです。 これは、沢尻さんの元夫・高城剛氏が過去に文春の取材を受けた際に語った時の記事が、今回の件で改めて世間の目に触れたことからわかったことです。 ということで今回は 「エイベックス松浦勝人の歴代愛人X子Y子Z子は誰?元妻 嫁 は浜崎あゆみ似の美人!愛人秘書の存在は?」と題しまして、エイベックス松浦勝人の歴代愛人X子Y子Z子は誰?元妻 嫁 は浜崎あゆみ似の美人!愛人秘書の存在について迫っていきたいと思います! それではいってみましょう! 名前:松浦勝人(まつうら まさと) 生年月日:1964年10月1日(2019現在55歳) 出身地:横浜市港南区 身長:159㎝ 学歴:日本大学経済学部卒業 エイベックス松浦勝人の歴代愛人がヤバイ! さっそくですが松浦勝人氏の愛人について調べてみたところ、ヤバイ名前が出てまいりましたよ! 松浦勝人氏が沢尻エリカさんをエイベックスに誘った際にこういったやりとりがあったそうです。 愛人関係を迫られて「ドン引きした」沢尻が断ると、社長は「B子(実際には有名女性歌手の実名)が芸能界で生き残れているのは、俺のオンナになったから。 お前も生き残りたかったら、俺のオンナになれ」と言ったという。 「『B子』とは、今もエイベックスに所属する 鈴木亜美(30)のことでしょう。 00年末に前所属事務所・エージーコミュニケーションの社長が脱税で逮捕されたことが発端で、両親と事務所がトラブルに発展、事実上の引退状態に追い込まれていた彼女を、 05年にエイベックスが拾ったのです。 松浦氏はとにかく彼女を溺愛していて、同時に鈴木の兄も自社の社員として引き取っています。 ところが、09年に二人が六本木ミッドタウンのマンションから手をつないで出てくるところを目撃され、関係が公になってしまったことから破局。 「B子(実際には有名女性歌手の実名)が芸能界で生き残れているのは、俺のオンナになったから。 お前も生き残りたかったら、俺のオンナになれ」 そして 元愛人があの 鈴木亜美さんだというから驚きです! 事実上の引退状態に追い込まれていた彼女を、05年にエイベックスが拾ったのです。 松浦氏はとにかく彼女を溺愛していて、同時に鈴木の兄も自社の社員として引き取っています。 とあるように、松浦氏は鈴木亜美さんにベタ惚れだったようですね。 この二人の関係があったのは2005年頃~だったようです。 最近暴露本で明らかになった 浜崎あゆみさんと松浦氏の関係は1999年頃までとされていますから、ちょうど 浜崎さんと別れたあとに鈴木亜美さんと愛人関係になったということですね。 ところで松浦勝人氏は2度結婚しています。 元奥様や再婚後の奥様についてはのちほど詳しく触れていきます。 でもおかしいですね。 X子さんとも2005年~10年間も交際していたんですよね・・・ ということは、 X子さんとY子さんとは同時期に交際していたことになってしまいます。 よろしくないですね・・・。 ガールズグループリーダーZ子 今から数年前には、エイベックスからデビューしたあるガールズグループのリーダーZ子が松浦さんの彼女だった。 付き合っていた期間は数カ月だったようですが、松浦さんと交際した後に突如リーダーに抜擢されたんです。 結局そのグループは1年足らずで解散してしまいましたが……」 こちらのポイントは以下のとおり• ガールズグループのリーダー• 松浦氏と付き合ってすぐにリーダーに抜擢• 交際期間は数か月• グループは1年足らずで解散 このZ子さんについては、調べても見当がつけられませんでした。 1年足らずで解散したグループなので、それほど知名度もないのかもしれません。 エイベックス松浦勝人の黒い過去とは 松浦勝人氏を調べていると「黒い過去」というキーワードが出てきます。 調べたところ、特にこれ!といった黒い過去は見当たらなかったのですが、やはり女性関係が派手だったことからこういったキーワードが上がっているのではないでしょうか。 また、エイベックス全盛期にはかなり豪遊していたようで、そういった席にも常に女性を連れていたとか。 浜崎あゆみさんも一緒にパーティーに行っていたのかもしれませんね。 69m がシェアした投稿 — 2019年10月月1日午前3時37分PDT 松浦勝人氏の現在の嫁と元嫁は? 松浦氏の 現在の奥様は 畑田亜希さんという元モデルの方です。 2003年11月に結婚されました。 会長の奥さんって綺麗な方じゃん! 畑田亜希っていう人かあ! 知らなかったわあ笑 — たかぶー 4BoKLm3oq5jhunl ジジイの奥さんというのは私が昔大好きだったモデルさんなんだけど(畑田亜希さん)なんでこんな美人があんなオッさんと…って疑問でしかないよね。 でも、子ども連れてシンガポールに住んでるみたいで、賢明だと思った。 — なな nanati0306 めちゃめちゃきれいな方ですね! 現在お子さんは息子さん1人、娘さん2人いらっしゃるようです。 そして、松浦氏の元奥さんは 原口香さんという方です。 この方もモデルをしていたそうなんですが、画像等は見当たりませんでした。 原口さんと結婚したのは1995年。 離婚したのは1996年だったそうです。 離婚理由はわかっていませんが、松浦氏は女性関係が激しそうなのでそのあたりの可能性もありますね。 松浦勝人の愛人秘書の存在は? 2020年4月クールで放送中のドラマ「M愛すべき人」で、松浦勝人氏がモデルとなっているマサの愛人秘書=姫野礼香(役・田中みな実)が異様な存在感を放っていますね! あの執着に満ちたヤバい秘書は存在したのでしょうか? これについてはこちらの記事にまとめましたのであわせてどうぞ!.

次の