ホジュン あらすじ。 韓国ドラマ ホジュン 朝鮮王朝の品階と職名

韓国ドラマ

ホジュン あらすじ

ドラマ「 ホ・ジュン 宮廷医官への道」は李氏朝鮮第14代宣祖の時代に実在した医官 (許浚)の生涯をドラマにしたものです。 ホ・ジュンは現在でも韓国の人々の尊敬する人物で、韓国医学の基礎を築いた人物です。 朝鮮時代の三大医学者の1人で、彼の編遷した『 東医宝鑑(トンイボガム)』は朝鮮隋一の医学書として高い評価を得ています。 視聴率63. 7%という驚異の数値で、韓国史上この視聴率はいまでも1位をキープしている最高傑作の歴史ドラマです。 2013年にはリメーク版として「亀厳許浚(クアム ホ・ジュン)」が放送された。 しかしそんなホ・ジュンは逃亡先で出会った恩師の言葉によって医員(医師)を目指すようになる。 宮廷の内医院(宮中で働く人のための医療機関)働きはじめても、世間の弱い立場の人々のために献身的に自身の医学の知識と技術を役立てようと務める。 その医療の志と高い技術が評価され両班の身分を与えられるまでになる。 宮廷の高官や王室からの信頼を得るまでになったホ・ジュンは、第14代朝鮮王朝宣祖の主治医(御医)となる。 そして宣祖の命を受け韓国医学の書「東医宝鑑」を完成させる。 しかし宮廷の権力や宣祖の後継者争いに巻き込まれることになり苦境に陥るが、自分の信念と正道を持ち続け生涯を全うする。 ドラマに出てくる人物や前半のエピソードはフィクションの部分が多いですが、ホ・ジュンの医学や人生に対する一貫した姿勢に感銘します。 韓国三大医学者の1人で、韓国医学の書「東医宝鑑」を完成させる。 両班の娘だったが、謀反人の家族として逃亡。 後に身分が回復するが、その身分を捨ててホ・ジュンの妻となる。 ホ・ジュンが逃亡中にであった医師。 ジュンの師匠であり恩師となる存在。 彼の存在がジュンを医師へと導く。 ユ・ウィンテの息子。 ホ・ジュンにライバル意識を燃やす。 患者への配慮が欠け父親に絶縁される。 幼いときにユ・ウィンテに引き取られ医術を学ぶ。 後に医女となるが宮中の噂がもとでジュンの元を去る。

次の

韓国ドラマ ホジュン 朝鮮王朝の品階と職名

ホジュン あらすじ

C MBC 2013 All Rights Reserved. 銃弾を受けたと嘘をついて入牢中のドジに殿下の針治療を任せ、ドジの窮地を救ったジュン!そんなジュンの優しさにやっと心を開いたドジだったが、またもやピンチに…BS12 TwellV「韓国ドラマ・5番街」放送中の「ホジュン~伝説の心医~」明日9月19日(水)からは第61話~65話を放送!本作はDVDも発売中で作品公式サイトにて予告動画が視聴できる。 オリジナル版についてはで時代背景や見どころをまとめているので参考にされたい。 同じ頃、ギョムにも縁談がくるが、ギョムはイルソの娘オンニョンとの結婚を希望する。 その後、キム・ジェナムの娘が王妃になり、ゴンリャンから詰め寄られたドジは「自分は一介の医官に過ぎない」と返答する。 医書の研究のために明への渡航を申し出るジュン。 ドジの口添えもあって許されたジュンは明に旅立つ。 宮廷では懐妊した王妃が足の痛みを訴えていた。 王妃の足には浮腫ができていたが、ドジは心配には及ばないと判断する。 だが、浮腫が次第に膿んできて治らないのを見た重臣たちは、訪問中の明の使臣団が抱える医官に診察させようと言い出す。 その頃、長年ギョムに片想いしていたはずのオンニョンは、縁談相手の医者マンドクに心変わりし、イルソ夫婦を失望させていた。 間もなく、明から戻ってきたジュンが王妃を診察。 王妃が想像妊娠だと所見を述べたジュンに、重臣たちは不敬だと騒ぎ立てる。 担当の医女ソヒョンも王妃の懐妊を否定し一件落着する。 そして1606年、王妃は男児を出産。 初の嫡男誕生に王は喜ぶが、光海君は世子としての立場が危うくなる。 騒がしくなる宮廷に、ジュンは「自分たちは医官の仕事に専念するまで」と動じない。 一方、結婚したオンニョンは夫マンドクの暴力や遊びに悩まされ、ギョムは県監へと出世していた。 同じ頃、光海君が頭痛を訴えるが、ジュンは王妃の息子・永昌大君を診ることになり、それを知った光海君は寂しく思う。 チョン大監に呼ばれたジュンは「予算はなんとかするから、大君を診ろ」と言われる。 板挟みになったジュンは「御医を辞めたい」とドジたちにこぼす。 光海君が倒れて重篤な状態に陥ったのを見て、チョン大監ら大君派は喜ぶ。 ジュンは光海君派のチェ・ミョンゴルから、わざと治さないのかと疑われるが、光海君はジュンを信じる。 雨水を集めさせ、ヒ素を使った投薬を開始するジュン。 それを知った王は、「使い方次第では毒も薬になる」と主張するジュンに「今すぐ投薬をやめろ」と命じるが…。 それに対して怒りをあらわにしたジュン。 そこでチョン大監は、医女ソヒョンの両親を拉致させ「親の命が大事なら、ヒ素の量を増やせ」と脅す。 だが、ソヒョンは応じず、下吏に実行させる。 その時、光海君の意識が戻る。 新たに薬を飲むことなく、光海君は快方に向かう。 ソヒョンの訴えで両親も無事に解放されるが、黒幕がチョン大監だという証拠はなかった。 その頃、王・宣祖の病気で政務が滞り、宮廷は紛糾。 王の診察をしたジュンは死期が近いと感じる。 今のうちに永昌大君を時期王にと考えるチョン大監は、ジュンの制止を振り切って王のもとに乗り込む。 ジュンと医女セヒの口を封じればいいと、チョン大監は2人を呼び出して「王命書の存在を忘れろ。 そうしなければ命はない」と脅す。 だが、ジュンは屈せず、心配して説得するドジに「道をはずれてまで生きたくない」と言う。 王が遂に臨終の時を迎え、王命書の存在が取り沙汰されるようになり、御医女ホンチュンはセヒに「下手に口にするな」と忠告。 遺言がないため、光海君が即位できないと憂慮するソン大監に、ジュンは王命書の存在を告げる。 ジュンは王逝去の責任を問われることが決まっていた。 これまでのことを回想するジュンは、みんなに別れを告げ連行されていく。 25-09.

次の

ホジュン~伝説の心医~・あらすじ125~126話

ホジュン あらすじ

明の国から持って来た医学書のお陰で、編成を終えることができそうだと喜ぶホジュンと医者達。 ホジュンは急いでクァンヘグンの部屋に向かう。 マラリアの状態がひどい。 ヨンチャンデグン側の上官達は喜ぶ。 ホジュンはクァンヘグンの手を握る。 私はホジュンを信じているというクァンヘグン。 夜雨が降り雷が鳴る。 ホジュンは今すぐ外に出て雨水を貯めてほしいという。 クァンヘグンに飲ませる薬を決めたというホジュン。 ホジュンは毒性の強い砒素を取り出す。 オグンに砒素と塩と雨水で薬を煎じるようにいうホジュン。 砒素が入って大丈夫か心配するオグンとソヒョン。 オグンはドジに、ホジュンの処方を伝える。 驚くドジ。 ホジュンを探す。 その薬を本当にクァンヘグンに捧げるのかという。 心配するなというホジュン。 クァンヘグンの状態が悪い。 薬を渡すホジュン。 ホジュンとコンリャンが会っているのを見た上官は、薬の検査を受けるようにいう。 検査をすると色が変わった。 毒だという証拠だ。 薬に毒が入っているという。 ホジュンは、薬に砒素を使ったからですという。 薬の説明をするホジュン、ひどいマラリアに効く薬だという。 ホジュンはクァンヘグンに、私を信じて飲んで欲しいという。 今マラリアが治らなければ、命に関わりますという。 飲みますというクァンヘグン。 私はホジュンを信じます。 飲むクァンヘグン。 その消息を聞くコンリャン。 喜ぶ上官達。 内容を聞いて心配するマンギョン。 砒素は吐かせるためにも使いますというサンファ。 オニョンの夫はイルソに、内医院に入るためにホジュンに頼んで欲しいという。 その事実を知ったソンジョがホジュンを呼ぶ。 砒素を入れたというのは事実と聞く。 今すぐ止めろと言う。 今はこれ以外方法がないというホジュン。 ドジはホジュンを心配する。 この薬を続けなければならないという。 ホジュンの処方に抗議する上官達。 熱が出るのは、体の毒を出さなければならないからだというホジュン。 コンリャンとソンピルは、クァンヘグンの状態が悪くて喜んでいるようだ。 イルソはオグンに、科挙試験を受けなくても内医院に医者として入る方法はあるかと聞く。 何か特別な医術はあるかと聞くと、オニョンの夫はあんまの技術があるという。 やってみろというオグンにあんまをすると、オグンは悲鳴を上げる。 内医院なんて夢も見るなといって帰るオグン。 オニョンの夫を叩くイルソ。 コンリャンとソンピルはホジュンに、砒素を入れたのは意味があるのだろうという。 腹を立てるホジュンは、砒素は毒ではなく薬だ、クァンヘグンは必ず私が治療するという。 震えて苦しむクァンヘグンを見ながら、クァンヘグンの母であるコンビンを思い出す。 クァンヘグンの手を取り、打ち勝って下さいと言うホジュン。 私を信じて薬を飲んで下さったクァンヘグンを、私は信じていますという。 ソヒョンはクァンヘグンを心配する。 用事があって出かけてくるというソヒョン。 ソヒョンの後を誰かが追いかける。 ソヒョンに、お前の両親は我々が捕まえている。 クァンヘグンの薬に毒を入れるように指示する。 コンリャンの仕業だった。 ソヒョンは薬材倉庫で泣く。 ソヒョンに男が近づく。 私はできないというソヒョン。 お前の両親の命はないぞという男。 薬を作ってトイレに行くオグン。 ソヒョンは震える手で薬に近づく。 男が見守る。 男はコンリャンに、ソヒョンは砒素を入れなかったという。 コンリャンは男に、お前が入れろと指示する。 その男が砒素を多く入れて薬を作る。 男はドジに会う。 薬は準備できたかという。 ドジはその薬を受け取る。 その男が砒素の入れ物を片付けるのを見るソヒョン。 砒素の量を見る。 ホジュンの元に走るソヒョン。 クァンヘグンは意識を戻す。 脈を診るホジュン。 熱は下がったようだ。 ドジがコンリャンの指示で男が砒素を多く入れた薬を持って行くと、クァンヘグンが意識を戻したと聞く。 この薬はどうしましょうかと聞くドジ。

次の