幸福 へ の 近道。 「幸福学」が解き明かす幸せをつかむ近道 「非地位財」の追求

「世見」幸福への近道: あほうどりのひとりごと 幸福への近道

幸福 へ の 近道

「幸福の近道は結婚」と考えている人ほど結婚に夢を見すぎている 「幸福の近道は結婚」と考えている人は、結婚をゴールと思っているのでしょう。 結婚というゴールに入ることができれば、その先は自動的に幸福の世界が広がっているという夢を見ているのかもしれません。 しかし、結婚はゴールでもなければその先に幸福の世界が広がっている保証もないのです。 むしろ、結婚はスタート地点でありその先は未知の世界でしょう。 「幸福の近道は結婚」と考えている人は、自分の中で幸せな結婚生活を具体的に描いているものです。 結婚生活を夢に描く程度ならばいいのですが、結婚相手も夢に描いてしまうと理想の相手に巡り合うまでに時間がかかるかもしれません。 結婚に期待することはいいことですが、大きすぎる期待を持つことは現実とのギャップに苦しむことになります。 幸福も結婚も、近道を通って早く掴めばいいというものではありません。 長い時間がかかっても、幸福や結婚を掴むまでの道のりを楽しく、自分が幸せに歩むことができれば、それが一番の「幸福の近道」なのではないでしょうか。 結婚は「幸せにしてもらうこと」ではない 「幸福の近道は結婚」と思ってはいけないことには理由があります。 なぜならば「幸福の近道は結婚」と思っているということは「結婚すれば幸福になれる」と思っているということであり、結婚に対して「幸せにしてもらう」という受け身の姿勢があるからです。 結婚に大きな期待を持っている人の中には、結婚することで「自分の力を使わずに幸せになれる」と思っている人もいます。 しかし結婚は二人で幸せな生活を目指すことなのです。 理想的な結婚は、お互いにお互いの足りない部分や不得意な部分を補い合いながら生活することです。 「幸せにしてもらう」という受け身の結婚をすると、相手に完璧を求めるようになり、結果的に共倒れしてしまうことになります。 「何かしてもらおう」という欲望を持って結婚してしまうと、相手が期待に応えてくれなかった時に反感を持ってしまいます。 長い結婚生活には、様々な困難があるものです。 受け身の結婚をした人は、そのたびに「あなたがやってくれなかったから」と相手を責めてしまうことになるのです。 「幸福の近道は結婚」ではなく、幸福の近道は自分で切り開く道です。 そして結婚は、二人で切り開いていく未知の世界へ続く道なのではないでしょうか。 未知の世界を幸福の世界にするのか、そうでない世界にするのかは、どちらかの責任ではなく、二人の責任として考えることが結婚なのです。 結婚で得られる幸福とは何かを理解しておく 結婚という言葉は、幸福とセットのように扱われています。 しかし「幸福な結婚だった」という言葉は、長い結婚生活を振り返ったときに初めて言える言葉なのです。 長い結婚生活を送ってきた老夫婦の「幸福な結婚だった」という言葉の中には、楽しくて幸せな時ばかりが含まれているわけではないでしょう。 困難にぶち当たった時、二人で乗り越えたことも含めて「幸福な結婚」だったはずです。 「幸福な人生だった」という言葉も「幸福な結婚だった」と似ていますが、大きな違いは「一人で感じた幸福なのか」それとも「二人で感じた幸福なのか」の違いでしょう。 一人で生きていても、幸福な人生を送ることはできます。 しかし、一緒に人生を送り、二人で幸福を感じたいと思った相手と巡り合えたのならば「幸福な結婚」を目指してもいいのではないでしょうか。 結婚は楽しく幸せな時ばかりではありません。 しかし、その時に二人で乗り越えたり、二人で泣いたりしたすべてのことが「幸福」と感じられる時がきたならば、その時に初めて「幸福」と「結婚」が同じ意味を持つ言葉になるのではないでしょうか。

次の

「幸福への近道」 松原照子さんについて3.11の大震災を予言して...

幸福 へ の 近道

照さんとその傍にいらっしゃる「不思議な世界の人」の仰っている事がよく分かります。 以前からこの国の人は食べ物に感謝の念も少なく、残飯はとても多い国です。 地球のどこかで餓えで亡くなっている方がいる事を、知識としてテレビなどで 知っているはずなのに。 自分に出来る事の中で、分け与える事をしようとしないこの国の人達。 競い比べ、その中で優越感だけが幸せと刷り込まれてきた私達。 ようやく東北沖大地震で、助け合う事が自分自身にも愛を分け合う事だと 目覚めて来たかと思いましたが、被災地以外のところに住む人の意識は もう過去の事と関心も低くなってきているような感じがします。 照さんのブログにて、「地球家族 年間購読 」に私も参加しました。 でも「世間」や「日記」は以前と同じく無料で公開していますよ。 未来の人達に美しい地球を残したいという照さんの気持ちを汲んでほしいです。 本当は神々や精霊達・地球・自然も人間と幸せを分かち合いたいんです。 もっと自然 神々 に心を向け、地球と共に歩める人間になりたいものです。 照さんは優しすぎるのかな〜。。。 心を汲める人にはとても良い本です。

次の

幸福への近道 10月18日

幸福 へ の 近道

「幸福への近道」 松原照子さんについて 3.11の大震災を予言していたらしいですが、どうも何かインチキがあったというような話も知恵袋にたくさん出てきます。 別の人の2.27のブログに、松原さんの震災を予言した内容が載っているから本当だという話もあるし。 そこで私、この知恵袋で「幸福への近道」や「松原照子」で検索かけてみたんです。 知恵袋の日時は操作できないだろうと思ったし、知恵袋で3.11よりも前の日時でこの話題があればと思って。 でも残念ながら3.11よりも前の日時でヒットしたものは、ひとつもありませんでした。 (「幸福への近道」は古い日時のもあるけど、今回のこの「幸福への近道」とは関係ないものばかりみたい) 結局のところ、このかたの予言は本当だったのでしょうか、それともインチキだったのでしょうか? 「私は震災前に、このかたが予言したブログみましたよ」なんてかた、いますか? わたしも、はじめはブログを見て信じきってしまいました。 すごいなーーー と思って読んでましたが 腑に落ちない点がいくつか。 広く公開してこそなのに有料化。 収支報告・確定申告の点では、わたしたちが購読料としておさめたお金は、NPOの収支ではなく 会社利益となるのですよね? ブログでいいこと書くなぁと思ってはじめは信じましたが、「不思議な方々」のことばが辞典等の丸写しだったり、 かなしくなります。 地震を利用して人を欺くようなことするのは許せない気持ち。 本も読みましたが、急いで書き上げた感が否めません。 本当に霊感があるのかもしれませんが、冷静に見つめた時に「?」がありすぎて、なんだかなぁ…と思います。 優秀な予言者でも予言を外すことはあるでしょう。 しかし松原は、能力がある人は「絶対にしないこと」をしています。 ・2007年版ブリタニカ百科事典丸写し。 記事の中身はキリマンジャロの雪からパクりまくり。 能力がある人ならばそんなパクりをする必要はありませんよね。 ちなみに松原は「マダガスカルに雪が降る」の中で「アフリカにリビエラという国がある」と、書いています。 しかし、アフリカ大陸にリビエラという国はありません。 フランスのニースからイタリアのラ・スペーツィアまでの地中海沿岸地域をリヴィエラと呼び、「キリマンジャロの雪」の中で主人公がアフリカからの帰りに寄った地域です。 このことからも松原がキリマンジャロの雪を完全にパクっていることがわかります。 それから、松原は「地震を予知する機械」の特許を取得しています。 「不思議な世界の存在」が地震を教えてくれるのに、なぜ地震予知の機械が必要なのでしょうか? 自称ネットもメールもパソコンも全く出来ない、機械音痴のおばさんが、地震予知の機械のような、「この先数十年では完全な予知は出来ないだろう」と言われている機械を作れるものでしょうか? どう考えてもインチキですよ。

次の