前世の記憶 実話。 前世は「バイク事故で亡くなった高校生」! 転生前の記憶を持つ少年/インベカヲリ・スピリチュアルレポート|ムーPLUS

前世の記憶がある子ども|実話、思い出す方法、体験談

前世の記憶 実話

前世の記憶がある事を強く訴えかける事例 催眠治療で起きた女性の前世の記憶 催眠療法で治療中の女性が、治療を担当している医師に『あなたの亡くなった父親と息子の両方が彼女の前世の記憶に存在している』と言ったそうです。 催眠状態にあったその女性はこう語りました。 「あなたの父親と息子が私の中にいる、父親の名前は「アブロム」娘はその名前を次いでアブロムでしょう?」更に女性は語りました。 「お父さんのアブロムの死因は心臓によるものだった。 あなたの息子もまた、心臓の病気で生まれた瞬間から心臓の何かが間違った場所にあり、命が短い事を診断されていた、そうでしょ?」医師は愕然としました。 何故ならウェイス医師は患者に対して自分の事は全く語らないようにしており、精神科医と言う立場上その情報も調べるのは基本不可能だからです。 それにも関わらずその女性が語ったことは事実だったのです。 父親の事だけならともかく息子は生まれて生きていられたのは僅か23日、家族以外にその事情を知るものも殆どいないにも関わらずその女性は鮮明にそれを語れたというのです。 叩かれて起きた少年の前世の記憶 ある時、幼い息子を叱っている時に母親がついカっとなって手が出てしまったとき叩かれた息子が突然、前世の記憶が蘇り「俺がお前の父親でお前が小さい女の子だった頃、お前を叱ることはあったが、叩いた事は無かったぞ!」 と怒鳴り 更に自分が父親であったときの事を証明する為に「小さい頃に飼っていたボスという猫を覚えているか?」と聞いてきたそうです。 その母親は確かに猫を飼っており、その猫を「ボス」と呼んでいたのは父親のみ、他の家族はその猫の事を「ボストン」と呼んでいたんだそうです。 以上のようなはっきりとした前世の記憶を持っていると言う人は意外と多く、知っているはずのない事を知っていたとしか思えないほど正確に語れるのだそうです。 体の特徴も受け継ぐ少年の前世の記憶 記憶だけでなく体にさえ前世の記憶の影響が出るこんな話しもあります。 トルコで生まれたとある少年が「ショットガンで撃ち殺される男性」のビジョンがよく出てくるといって精神科医に訪れました。 そして少年の話すビジョンを基に記録を調べた結果トルコにショットガンで頭の右側を撃たれ、6日後に亡くなった男性がいました。 まさかと思い調べたところ。 驚くことにそのトルコ人の少年は頭の右側に先天性の異常があり、右耳にもまるでショットガンででも打たれたような症状が現れていることが分かったのです。 前世の記憶だけでなく祖父の記憶を受け継ぐ少年 あるミャンマーの少年の左腕に皮膚に染みのような痕跡があり、その後が祖父が亡くなる時に付けたススの位置と見事に一致していて、産まれる11か月程前に亡くなった祖父の前世の記憶を持っていると言います。 この出来事の発端は2歳の時、祖母の事を「マ・ティン・シュー」と呼んだ事でした。 普通に相性だけなら一致することもあるかもしれませんが、なんとこの愛称は祖父だけが祖母に使っていたもので、親族の誰も使っていなかったのです。 それを2歳の子供がはっきりと何度もその愛称で祖母を呼んだのだとか。 更には成長するにつれて、前世の記憶で誰も話していなかったような祖父を語れるようになっていったそうです。 身体的特徴が似ているというレベルではすまない痕跡や障害を前世の記憶と共に引き継ぐ、そんな事例もあるのです。 前世の記憶があまりに一致する少年の話 生まれた時から全く触れたことの無い言語をまるで日常的に使う言語であるかのように喋ると言うこの『ゼノグラシー現象』をご紹介します。 インドのとあるところに住む6歳のある少年は2歳の頃から、自分の事を今の家から60キロ離れた村に住む別の男性だと時折喋っていたそうです。 彼の前世の記憶は実に鮮明で、前世の父親の名前、当時の自分の年齢、更には死んだときの原因に日付、その日の財布の中身まで語れたというのです。 話があまりにも真実味がある気がした彼の父親が調査を行ったところ、自分の息子が名乗る男子学生が実際に存在したことが判明しました。 そして事故原因も、財布に残された金額も全て一致しており、二つの家族が初対面した時この少年は前世の記憶にある自分の顔と同じ写真に直ぐに反応したそうです。 更に驚くことにこの話を新聞で知り、強い興味を示た法医学者が、この少年と前世の記憶の中の少年の筆跡鑑定を行ったところ、その筆跡は完全に一致し、ほぼ同一人物でしかありえないと発表したそうです。 ここまで来ると逆に怖いものを感じます。 しかしこうした何の変哲もない人の前世の記憶を持つと言われる人の中にはこのような前世の記憶があると言われる方がしっくり来るレベルの一致を見せる人がいるのも確かです。

次の

前世

前世の記憶 実話

生まれ変わりには、法則があります。 生きている間にしっかり修行をつんだ魂は、亡くなったあとずーっと上へのぼっていき、天国へいきます。 天国へいった魂は生まれ変わりません。 永遠に楽しい時間を天国ですごせます。 ですが修行が足らない魂は、輪廻転生をしてもう一度この世で修行をしなおすことになります。 それが生まれ変わり…ということですが、 このとき、 過去の自分より、 高いレベルの存在には生まれ変われないのです。 生まれ変わるときは、かならず過去の自分と同じレベルか、または低いレベルとなって生まれ変わります。 どのレベルに生まれ変わるかは、過去にどんな生き方をしたかで決まります。 つまり、以下のような図です。 普通レベルの人間が生まれ変わると、普通以下にしか生まれ変われないのです。 レベルが落ちることはあっても、上がることはありません。 また動物が死んだときはもちろん、が亡くなると、魂が重いので上の世界には上がれません。 ふたたび動物に生まれ変わったり、成仏できずにその辺をさまようこともあります。 何でそんなことになるの? と思いますよね。 よく考えればわかります。 なぜなら、前世で修行が足らないからこそ生まれ変わったのですから、前世よりも良い待遇で生まれ変わっては、修行にならないからです。 この世は修行です。 前世で悟りが足らなかったからこそ、もういちど学んできなさい!と言われているのです。 つまり、前世のあなたより、いまのあなたのほうが、優れた人間性や魂をもっているはずなのです。 ただし、いまのあなたが堕落的な生活を送れば、魂レベルが下がってしまい、来世は動物になり下がるかもしれません。 前世はクレオパトラ…とかもありえない よく「あなたの前世はクレオパトラです」とか、有名な人物にたとえますよね。 それも本当の前世占いではなく、お遊びです。 上記の説明でわかるとおり、前世の自分と同レベル以上には生まれ変わらないのですから、 もしいまのあなたが凡人であるなら、前世がクレオパトラであった可能性はゼロです。 (夢を壊すようですみません) もし、いまのあなたが頭がよく、愛嬌があり、誰からも好かれる性格で、才能もある…そんな人物であるなら、前世のあなたは相当頑張ったし、世の中に貢献した人物だった可能性はあります。 また、ですが、そうした人はかならず何らかの才能が授けられているので、努力すれば、大人になるころには凡人以上に幸せになれるようにできています。 もしいまのあなたが幸せなら、あなたの前世は優秀な人です。 もしいまのあなたが幸せでないと思うなら、それは試練を与えられています。 その試練は前世のあなたには克服できなかったことです。 たとえば、前世のあなたはクレオパトラのように美女だったとします。 美人であることに鼻をかけて、男を手玉に取り、それだけで生涯を終えたとします。 すると生まれ変わりは醜い顔になります。 そして「人間は見た目ではない」ということを身をもって知るのです。 そうした悟りをどんどん得て、魂のレベルをあげていくのです。 つまり、いま現世であなたに訪れている苦悩は、前世のあなたでは悟れなかったことなのです。 いまの悩みをクリアすれば、天国に行けるでしょう。 行けなかったとしても、来世では幸せになれます。 ちなみに、いまあなたが天国行きか? それとも地獄行きなのか?は夢でわかりますので、以下のコラムもあわせてご覧ください。 幼少期のあなたは前世を知ってたかも Aさん 女性 が子どものころ、ボーイフレンドのBくんとよく一緒に遊んでいました。 Bくんは病気で若くして亡くなりました。 Aさんが大人になり、男の子を産みました。 その息子が3歳になると、いきなりBくんの記憶を話し始めました。 言葉使いや立ち振る舞いも、まさにBくんそのもので、その態度はもはや息子ではなく、まるで恋人のような目でAさんを見つめる時もあったそうです。 Aさんは怖くなって、息子に「もうその話をするな」と怒鳴ってしまうこともありました。 この息子は年齢があがるにつれて、Bくんの話をしなくなったそうですが、今でも息子を見るたびにBくんと重ね合わせて見てしまうことがあるそうです。 Bくんはもしかすると、あえてAさんの息子を選んで生まれ変わったのではないか?と思うそうです。 また息子のほうも、本当に記憶をなくしたのか、それとも母親に気を使って昔の話をしなくなったのかは定かではありません。 この話は感動的なのか? それともホラーなのか? この相談者の現在の様子はわからないのですが、実際にこうしたケースは珍しくありません。 あなたに子供ができたとき、あなたに関わりのある人物の魂が入ってくる可能性はありえるでしょう。 この国がどうしても気になる、この情景が好きでたまらない、という場所があれば、そこが前世のルーツの可能性があるでしょう。 旅行願望をたしかめる方法 まず、ネットでさまざまな旅行写真を画像検索してください。 国内、海外、できるだけたくさんの写真を見ていきます。 そして気になる景色、気に入った風景を、直観でピックアップします。 この時点で自分が好きなジャンルが大体わかってくるはずです。 その後、それぞれの写真がどこで撮影されたものなのか調べます。 すると、 恐ろしいほどにひとつの国や場所を指していることがあります。 その場所こそが、あなたが前世で生きていた場所かもしれません。 大人になっても前世を思いだせる.

次の

切なすぎる話:前世の記憶がある。全て実話です。「ただ、母ちゃんにお礼が言いたかった」

前世の記憶 実話

最近の子供たちは、胎内記憶の多い子供が多く 3歳前後になると語り出したり、聞いてみると答えるようですが 胎内よりももっと前の前世を記憶している人もいますね。 記憶していない場合でも 生きていく中で 好きな事、苦手な事、苦手な場所、心地よい場所などから想いだしていく場合もあります。 私の記憶は、 小さいころは 空に還りたいという想いがありました。 天からやって来た記憶があると言うよりも 天から来た感覚が当たり前にあったので みんな天から生まれて来たと思っていました。 そして今は、 終戦直後に 温かい場所でおかっぱ頭の女の子4歳(もうすぐ5歳という時)で 家も無くて家族も亡くなって外をさまよって餓死した記憶が出てきています。 この記憶が出て来る前までは、 プロペラ機の音と自衛隊の人が怖くて、震えて隠れるほどでした。 戦争時代に興味は無かったのですが、 アメリカ人よりも日本の兵隊さんや近所の人が怖かったんだよと 言ったことが何度かあります。 そして、 今は大好きな沖縄ですが 15年くらい前までは怖くて怖くて絶対に行きたくないと思っていました。 買い物を後回しにしてテレビを真剣に見だしたことを、 未だに子供達も、驚いたと言っています。 そして対馬丸が沖縄の疎開する子供達が乗っていたと知ったのは2年前 沖縄へ恐る恐る行ってみたのは12年ほど前で 怖いのに好きな場所なので行き続けていました。 そして昨年、久米島を知ってとても行きたくなって あ~懐かしい。 と感じました。 今まで感じたことが無いくらい懐かしいので 此処に居たんじゃないかなと思うようになりました。 久米島に付いて調べると 日本軍に虐殺され、島民同士も疑心暗鬼の中で外で過ごし 未だに、当時の事はかたりづらいという事を知りました。 この状況がとても今の自分の人生のデジャヴで 毒親が、突然シカトしだしたり態度を変えたり 自分の再婚の為に私を色んな形で私を処分しようとしたこと 常に敵味方を分けて、誰かを裏切り誰かを味方に付けることや 中学時代の順番のいじめでも周囲が全く同じで 自分を守るためには、誰かを犠牲にすることが出来てしまう人達が多く居ました。 だから、人間は 突然裏切るし突然態度が変わると言うのが当たり前だと思っていましたが、 実際には 前世の記憶から思い込んでいたもので 今となれば、そんな人のほうが変なんだと解るのですが、 まだまだ、突然裏切られるという恐れは完全には手放せないでいます。 この部分の魂の記憶や、潜在意識をクリーニングしたいのですが、 これだけは根強いです。 なので私はここのところ久米島に行き続けています。 明日からもしばらく行ってきます。 行く度に、優しすぎる島民と出会ったりして 本当に心地よく温かい場所でなので、気が済む感じがしています。 久米島は あんな怖い幽霊は見たことが無い。 二度と行かない。 という人もいるのですが 戦時中の霊はもう昇華しているのを感じるので怖くないです。 きっと見ているのは、まだ浅い浮かばれないもので その人の波動が引き寄せたものだと思います。 傍から見て居れば捏造のように感じても 実際に自分が受けて見れば 自分が記憶をたどって、自分が自分で前世を見て話しているので 無理に言わされていたりするものではない事が解ります。 ヒプノセラピスト、前世後退催眠などと検索してプロのセラピストを探して 受ける事もできます。 また、 トラウマは 現生の出来事だけでなく 魂に刻まれてしまった記憶の場合も在るので 行きたくなった場所へ行って したい格好(服装)をする 食べたくなったものを食べるようにしていくと良いです。 突然の自分の嗜好の変化も受け容れていくことで 前世の自分に近づいて記憶が蘇る事があったり 前世の記憶に触れる事で 今生の生き難さが解消していったりします。 殆どの魂は、家族を大切にしてほしい思いや平和を願っています。 なので、それぞれが自分の魂が望んでいる事に気が付いていくことは せれぞれの潜在意識の書き換えと同じく 今後創り出す世界が平穏であるために重要です。 幸せを感じる為に不幸があって 善を知るには悪が必要だ。 などは、聞けばもっともらしいけれど 本当は全部が良い方が良いに決まっていて 不幸や悪の下に幸福や善を知ったところで共存していたらいつまでも進化しないです。

次の