整形 外科医 の ブログ。 【人気診療科2020】整形外科は開業医も勤務医も高給?開業を目指す人必見!

このブログについて

整形 外科医 の ブログ

*株の詳細な銘柄分析はしません。 他のサイトを参照ください。 はじめに 経済的自由・自立をめざす整形外科医の1例を報告する。 症例 中堅整形外科医。 から、整形外科医をしながら経済的自由・自立(Financial Freedom・Financial Independence)をめざすようになる。 ビビりで慎重派。 投資・ビジネスにはむかない。 しかし、興味があると止められない性格。 結果 現在も経過観察中。 長期成績は不明。 考察 整形外科医としての学習手法(論文検索・技術を見て盗む・実際に経験)を生かし、資産形成を行なっている。 投資方針は さらに、書籍出版・出版サポート・広告業など複数のビジネスも展開。 まとめ 比較的稀な1例を経験した。 今後も慎重な経過観察が必要である。

次の

整形外科医のブログ : クリニック開業

整形 外科医 の ブログ

有名なブロガーの先生方も同じようなこと言ってるから、間違いないって(キリっ) そもそもGoogle Adsenseって? ざっくり言うと、Googleが運営している、広告業です。 ブロガーが広告収入を得るには、ブログに広告を貼るわけですが、収入を得る方法には大きく分けて2パターンがあります。 「クリック型」と「成果報酬型」です。 クリック型は、広告をクリックされた時点で収入が発生します。 一般的に成果報酬型よりも単価は低く設定されています。 次に、成果報酬型ですが、これは広告を起点として閲覧者が商品を購入した時にはじめて、ブロガーに収入が発生します。 よって、 「買ってくれなきゃ、クリックしてもダメ」ってわけです。 一般的には、保険加入や証券会社の口座開設・サロンの新規会員加入は単価が高く設定されている印象です。 (あとは、私がゲロが出るくらい大好きなマンションwww) 余談ですが、医師で「キャリア相談」や「働き方」などと銘打っている人の中に、医師の人材派遣・転職サービスと組んでいる人間を見かけます。 彼らも、当然紹介料をもらっており、 転職が成功した場合には医師の1ヶ月分くらいの給料ほどのお金が動くとも言われています。 転職やキャリアに悩まれた先生方は、参考にする分には問題がないと思いますが、このような背景を持っている医師の言うことという、いわば利益相反を含めて聞くべきだと思います。 ちなみに、私は利益相反に反対しているわけではありません。 聞き手側に知識があれば特に問題ないと思います。 しかし、転職は大きな転機です。 儲けようとしている人に踊らされて転職して後悔しても、助言した(儲けた人)人は何の責任も負いません。 人生の中で、たくさんの人間を巻き込みながら行う転職にもかかわらずです。 その点を含めて、よく熟孝されればいいと思います。 厄介なのは、利益相反がないように見せかけれてしまうところだと思います。 なので、この手の成果報酬型の医師転職案件は、個人的には掲載を断っています。 目先の収益よりも個人の信用の方が重要と考えるためです。 情報があふれるなか、「情報利用の責任は利用者」になっていると言えます。 ちなみに、 私が利用しているGoogle Adsenseは、先生方の日頃検索している内容に準じた広告が掲載されます。 別に、私がその広告をプッシュしているわけではありませんし、成果報酬ではないので利用されてもされなくても、私には特にメリットはありません。 (クリック時の数円の収益のみです) Google Adsenseは収入的にはかなり厳しい!それでもコレ推な理由 Google Adsenseは、一昔前と比べるとかなり収入は厳しくなりました。 有名ブロガーの方々も同意見です。 それでも、 私個人としてはGooogle Adsense一択だと思います。 理由は、 閲覧者の興味をブロガーが考える必要がない点につきます。 Google Adsense以外のアフィリエイトサービスを利用したことがある人だとわかると思いますが、決定的な違いは、 ブロガーが広告を選択する必要がない点です。 一般的なアフィリエイトサービスは、記事の内容に合わせて、掲載する広告を変更します。 「この記事だから、この商品に興味あるでしょ?」と言った具合ですが、これが非常に面倒です。 また、広告は広告主が案件を取り下げた時に消去しないといけないため、アフィリエイト事業主からのメールに目を光らせる必要があります。 時間のない医師にとって、費用対効果がでない面倒なものは継続できません。 Google Adsenseが無理なら・・・。 では、ブログを続けて他にどうやって収益を得るか? 答えは、自分のコンテンツを売り込むことだと思います。 私は、セルフ出版した本があります。 匿名で作成している以上、「本物かどうか?」懐疑的になられるのは間違い無いと思います。 確かに、実名をだして、専門医資格をならべ、AOのなんちゃらかんちゃらで、推薦者は〇〇先生!と書けば一気に信用が上がりますが、匿名だからこそ、思い切れる出版物があると考えていますし、匿名だからこそできる表現もあると考えます。 実名を出すと、どうしても「その業界に恥じぬような内容にしなくてはいけない」という、いわば余計な思考が働き、読者の分かりやすさをないがしろにしてしまいます。 読みやすさと、学術的表現は必ずしも両立できません。 まとめ 新型コロナウイルスの影響で、広告業であるGoogle Adsenseにもすくなからず影響があります。 広告主である企業が傾いているために他なりませんが、それらの影響をうけにくい自分だけのコンテンツの重要性が浮き彫りになりました。

次の

医者という仕事はブラックなのか?!整形外科医4年目の自分の場合 目指せスポーツドクター目指せスポーツドクター

整形 外科医 の ブログ

有名なブロガーの先生方も同じようなこと言ってるから、間違いないって(キリっ) そもそもGoogle Adsenseって? ざっくり言うと、Googleが運営している、広告業です。 ブロガーが広告収入を得るには、ブログに広告を貼るわけですが、収入を得る方法には大きく分けて2パターンがあります。 「クリック型」と「成果報酬型」です。 クリック型は、広告をクリックされた時点で収入が発生します。 一般的に成果報酬型よりも単価は低く設定されています。 次に、成果報酬型ですが、これは広告を起点として閲覧者が商品を購入した時にはじめて、ブロガーに収入が発生します。 よって、 「買ってくれなきゃ、クリックしてもダメ」ってわけです。 一般的には、保険加入や証券会社の口座開設・サロンの新規会員加入は単価が高く設定されている印象です。 (あとは、私がゲロが出るくらい大好きなマンションwww) 余談ですが、医師で「キャリア相談」や「働き方」などと銘打っている人の中に、医師の人材派遣・転職サービスと組んでいる人間を見かけます。 彼らも、当然紹介料をもらっており、 転職が成功した場合には医師の1ヶ月分くらいの給料ほどのお金が動くとも言われています。 転職やキャリアに悩まれた先生方は、参考にする分には問題がないと思いますが、このような背景を持っている医師の言うことという、いわば利益相反を含めて聞くべきだと思います。 ちなみに、私は利益相反に反対しているわけではありません。 聞き手側に知識があれば特に問題ないと思います。 しかし、転職は大きな転機です。 儲けようとしている人に踊らされて転職して後悔しても、助言した(儲けた人)人は何の責任も負いません。 人生の中で、たくさんの人間を巻き込みながら行う転職にもかかわらずです。 その点を含めて、よく熟孝されればいいと思います。 厄介なのは、利益相反がないように見せかけれてしまうところだと思います。 なので、この手の成果報酬型の医師転職案件は、個人的には掲載を断っています。 目先の収益よりも個人の信用の方が重要と考えるためです。 情報があふれるなか、「情報利用の責任は利用者」になっていると言えます。 ちなみに、 私が利用しているGoogle Adsenseは、先生方の日頃検索している内容に準じた広告が掲載されます。 別に、私がその広告をプッシュしているわけではありませんし、成果報酬ではないので利用されてもされなくても、私には特にメリットはありません。 (クリック時の数円の収益のみです) Google Adsenseは収入的にはかなり厳しい!それでもコレ推な理由 Google Adsenseは、一昔前と比べるとかなり収入は厳しくなりました。 有名ブロガーの方々も同意見です。 それでも、 私個人としてはGooogle Adsense一択だと思います。 理由は、 閲覧者の興味をブロガーが考える必要がない点につきます。 Google Adsense以外のアフィリエイトサービスを利用したことがある人だとわかると思いますが、決定的な違いは、 ブロガーが広告を選択する必要がない点です。 一般的なアフィリエイトサービスは、記事の内容に合わせて、掲載する広告を変更します。 「この記事だから、この商品に興味あるでしょ?」と言った具合ですが、これが非常に面倒です。 また、広告は広告主が案件を取り下げた時に消去しないといけないため、アフィリエイト事業主からのメールに目を光らせる必要があります。 時間のない医師にとって、費用対効果がでない面倒なものは継続できません。 Google Adsenseが無理なら・・・。 では、ブログを続けて他にどうやって収益を得るか? 答えは、自分のコンテンツを売り込むことだと思います。 私は、セルフ出版した本があります。 匿名で作成している以上、「本物かどうか?」懐疑的になられるのは間違い無いと思います。 確かに、実名をだして、専門医資格をならべ、AOのなんちゃらかんちゃらで、推薦者は〇〇先生!と書けば一気に信用が上がりますが、匿名だからこそ、思い切れる出版物があると考えていますし、匿名だからこそできる表現もあると考えます。 実名を出すと、どうしても「その業界に恥じぬような内容にしなくてはいけない」という、いわば余計な思考が働き、読者の分かりやすさをないがしろにしてしまいます。 読みやすさと、学術的表現は必ずしも両立できません。 まとめ 新型コロナウイルスの影響で、広告業であるGoogle Adsenseにもすくなからず影響があります。 広告主である企業が傾いているために他なりませんが、それらの影響をうけにくい自分だけのコンテンツの重要性が浮き彫りになりました。

次の