立冬 いつ。 立冬とはいつの意味か|冬至との違い、食べ物など冬の始まり解説

立冬とは?2019はいつ?意味や由来を教えて!

立冬 いつ

立冬とは? 立冬は、 冬の季節が始まる日です。 「立」には新しい季節になるという意味があり、「立春」「立夏」「立秋」と同様に、季節の節目となっています。 そして毎年 11月7日頃に訪れる立冬の日、もしくは 立冬から小雪の前日までの期間を指す言葉です。 この頃になると、木枯らしが吹いたり、初霜のたよりが聞こえてきたりするようになると共に、朝晩の気温も低くなってくるなど、冬の気配が見え隠れするようになります。 立冬の季節について、もう少し詳しく知りたいという方は、こちらの記事をご覧ください。 こよみ便覧や七十二候の言葉を基に、立冬の季節をまとめています。 今年(2019年)の立冬はいつ? 立冬の日!2019年は 11月8日です。 小雪が11月22日ですから、その 期間は 11月8日~21日までとなります。 ご参考までに・・・ 来年(2020年)は、立冬の日は 11月7日、小雪が11月22日ですから、立冬の期間は11月7日~21日までとなっています。 なお、立冬は同じ日(期間)が続くこともありますが、 毎年同じでは無いということをお含みおきください。 立冬の食べ物は? 立冬の頃になると、昼夜の寒暖の差が激しくなります。 この気温変化についていけず、体調不良に陥ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。 日本には、土用の丑の日の「うなぎ」や「土用蜆」のように、この時期に食べるといいとされる行事食が多くありますが、残念ながら 立冬にはこれ!といった 行事食はありません。 が・・・ 二十四節気の生まれた中国のことわざに、 「立冬補冬、補嘴空」(立冬時、栄養を補給)というものがあります。 中国語で「補」は、食物で体調を補うことをいいます。 その意味は、 「この季節に収穫されたものを季節にあった調理法で食べること、それが寒い冬を乗り切る最良の方法である」ということです。

次の

2019年の立冬(りっとう)はいつ?意味や食べ物は?

立冬 いつ

4つの季節のはじまりを表す「立」を用いた言葉の1つに、「立冬」があります。 立冬が現在の暦でいつになるのか、また、立冬の日を計算する方法を解説します。 立冬の時期「11月7日ごろ」 旧暦上では、「冬のはじまり」を告げる時期を毎年11月7日ごろとし、その日から二十四節気のひとつ「小雪(しょうせつ)」までの約15日間を「立冬」としています。 しかし現在では、実際の季節とは少し差異が出てしまっています。 実際の季節では、11月7日ごろはまだ「秋」を感じ、紅葉がスタートする時期です。 そのため、冬の訪れを示す「立冬」を実際に肌で感じるようになるのは、地域によって異なりますが12月ごろになります。 また、気象庁の定義でも秋を9月~11月、冬を12~2月としています。 立冬の日の算出方法 2031年までは、11月7日か8日のどちらかが立冬になります。 今年の西暦を「4」で割ると立冬の日を算出することができます。 今年の西暦を4で割り、その余りが「3」の場合は立冬は11月「8日」となり、余りが「0」・「1」・「2」の場合は11月「7日」となります。 2018年の場合は、西暦を4で割ると余りが「1」となるため、立冬は「11月7日」となります。 二十四節気とは 立冬を含めた季節を表す言葉を「二十四節気」と呼んでいます。 二十四節気は、普段の生活ではあまり聞き慣れない言葉でしょう。 ここでは、二十四節気の意味と由来、そして立冬以外の二十四節気をすべて紹介していきます。 二十四節気の意味と由来 立冬と同じように、「立」という字を含む季節の移り変わりを現す言葉には、「立春(りっしゅん)」・「立夏(りっか)」・「立秋(りっしゅう)」があります。 これらの言葉もそれぞれの季節の訪れを告げる時期を示します。 このように、季節のはじまりや移り変わりを表す言葉を「二十四節気(にじゅうしせっき)」と呼んでいます。 二十四節気は、太陰暦の日付と季節を一致させるために考え出され、明治5年まで日本国内で用いられた「太陰太陽暦」の1つです。 二十四節気は、旧暦の日付を決めるために必要となります。 旧暦を使用しなくなった現代でも、二十四節気は季節の移り変わりを現すのに用いられ、テレビなどで耳にすることがあります。 二十四節気の一覧 二十四節気は、1年を24の期間で分け、月の周期で1か月の日数を決める「太陰暦」と実際の季節を一致させるために考案された暦です。 ここから、立冬を含めた二十四節気すべてを四季ごとに解説していきます。 春(立春~穀雨) 実際の季節ではまだ寒さが残る2月4日ごろが立春となり、それから4月20日ごろの「穀雨」までが二十四節気上では春とされています。 春の二十四節気を一覧にしました。 二十四節気 暦 歴便覧 立夏 りっか 5月6日ごろ 夏の立つがゆへ也 小満 しょうまん 5月21日ごろ 万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る 芒種 ぼうしゅ 6月6日ごろ 芒(のぎ)ある穀類、稼種する時也 夏至 げし 6月21日ごろ 陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以て也 小暑 しょうしょ 7月7日ごろ 大暑来れる前なれば也 大暑 たいしょ 7月23日ごろ 暑気いたりつまりたるゆえんなれば也 秋(立秋~霜降) 実際の季節では夏真っ盛りの8月8日ごろが立秋となり、それから10月23日ごろの「霜降」までが二十四節気上では秋とされています。 秋の二十四節気を一覧にしました。 二十四節気 暦 歴便覧 立秋 りっしゅう 8月8日ごろ 初めて秋の気立つがゆへなれば也 処暑 しょしょ 8月23日ごろ 陽気とどまりて、初めて退きやまんとすれば也 白露 はくろ 9月8日ごろ 陰気ようやく重なりて露こごりて白色となれば也 秋分 しゅうぶん 9月23日ごろ 陰陽の中分となれば也 寒露 かんろ 10月8日ごろ 陰寒の気に合って、露むすび凝らんとすれば也 霜降 そうこう 10月23日ごろ つゆが陰気に結ばれて、霜となりて降るゆへ也 冬(立冬~大寒) 実際の季節では紅葉が見ごろとなる11月7日ごろが立冬で、それから1月20日ごろの「大寒」までが二十四節気上では冬とされています。 冬の二十四節気を一覧にしました。 いにしえの時代から、表情豊かな日本の四季を表す言葉がつくられてきました。 この言葉を「季語」といい、俳句や俳諧、また連歌の中で用いられています。 立冬にまつわる季語もあります。 季語とは 俳句、俳諧(はいかい)、連歌の中の季節を表す言葉を「季語」といいます。 たとえば、春は「春風」、夏は「夕立」、秋は「紅葉(もみじ)」、そして冬は「雪」などといった言葉になります。 季語は、古くは平安時代の歌人が残した歌にも見られ、平安中期の歌学書「能因歌枕」には、月ごとのおよそ150にも及ぶ季語が書かれています。 古い時代から現在に至るまで、季語は季節を巧みに表す言葉として重宝されています。 立冬の季語 立冬の季語には、「冬浅し」・「冬めく」・「時雨(しぐれ)」・「小春日(こはるび)」・「凍て星(いてぼし)」・「冬満月」などがあります。 また、季語の仲間の「傍題」には「冬立つ」・「冬に入る」・「冬来る」・「今朝の冬」があります。 どれも冬の気配を感じさせてくれる言葉であり、ニュースや新聞、あるいは手紙など、私たちの日常の場で広く用いられています。 立冬のときの花 立冬の期間は、11月7日ごろ~21日ごろとなります。 立冬の時期に咲く花として代表的なのが「山茶花(さざんか)」と「水仙」です。 山茶花の開花時期は10月~12月で、咲いた花は1枚ずつ花びらを散らしていきます。 ちなみに、山茶花と似ている椿の花は12月~4月に咲き、花の首から落ちてしまいます。 そして、別名「雪中花」ともいわれる水仙は、冬の寒さにも耐え忍び、ほんのりと香りを感じられる花です。 水仙の開花時期は、12~4月となっています。 この2つ以外に立冬の時期に咲く花には、シクラメン、エリカ、ハボタンなどが挙げられます。 立冬の食べ物 立冬では、冬至に食べるかぼちゃのように、季節に応じた食べ物はありません。 しかし、二十四節気の発祥地である中国には、「立冬補冬、補嘴空」という言葉があります。 冬がはじまった立冬の時期には冬の食べ物を食べ、栄養を補うという意味です。 中国では「医食同源」を重んじているため、この言葉が実践されています。 立冬の季節に獲れたものを時期に合った調理法で食すことが、立冬食のポイントとなります。 ここから、立冬の時期におすすめのレシピを紹介します。 レシピ1:「かぶのグラタン」 肌寒さを感じはじめる立冬にぜひメニューに取り入れたい、かぶを使ったレシピです。 体を温める食材のかぶを主役にしたグラタンです。 かぶだけでなく、熱・温性食品の玉ねぎやくるみもプラスし、体の内側からポカポカと温めてくれます。 他にも野菜をたくさん使うので、ボリューミーで食べ応えがあります。 2.鍋に油を少し熱し、かぶ・人参を炒め、振り塩をしながら炒める。 3.2にかぶの葉を入れ、だし汁と醤油を加えて味を調え、車麩を4等分に切って入れる。 柔らかくなるまで落し蓋をして煮る。 4.グラタン皿に1を薄く敷くように入れて、その上から3を入れる。 5.ベシャメルソースを作り、4の上にかける。 その上にパン粉とコーン、くるみを散らし、オーブンで12~13分表面に焦げ目がつくまで焼く。 お好みでバジルフレークを散らし、パセリと人参を飾ったら出来上がり。 レシピ2:「白菜のミルフィーユ鍋」 夏の暑い時期でもスーパーなどで見かける白菜ですが、立冬を迎えた時期の白菜は、ビタミンCやカリウム、食物繊維などの栄養素が豊富になっています。 精進料理の世界では、冬の白菜は「養生三宝」の1つに挙げられています。 白菜と豚バラ肉をふんだんに使った、シンプルかつ絶品の「白菜のミルフィーユ鍋」がおすすめです。 えのきやネギも入れるので、栄養バランスも良いレシピです。 白菜をお鍋と同じ高さに切る。 豚肉は5㎝くらいに切る。 ねぎは斜めに薄切りに。 白菜、豚バラ、ねぎを適当にお鍋に詰める。 えのきを割いて刺す。 少し日本酒をかけて蓋を閉め弱火で15分くらい火にかける。 レシピ3:「かぼちゃとほうれん草の生姜味噌和え」 体をポカポカと温め、さらに貧血予防の効果も期待できる、かぼちゃとほうれん草を主役に使ったレシピです。 かぼちゃの黄色、ほうれん草の緑、そして人参のオレンジ色によって、見た目にも華やかな料理です。 体を温める食材として生姜もすりおろして入れるので、冷え性に悩む女性にもおすすめです。 かぼちゃは1cm幅にスライスし、フライパンに並べ、オリーブオイルを回しかけ蓋をして弱火で2分蒸し焼きにする。 ほうれん草は5cm幅に切る。 かぼちゃの焼き目がついたらひっくり返し蓋をして更に1分程蒸し焼きにする。 かぼちゃが柔らかくなったらほうれん草も加え1分程蒸し焼きにし火を通す。 仕上げに人参すりおろしを乗せ、お好みで塩こしょう、ブラックペッパーをかける。 なくてもよい おすすめメニュー「発芽玄米おにぎりのリゾット風」 立冬の時期は本格的な冬の訪れを感じはじめるころになります。 昼夜の温度差が激しくなり、体調を崩しやすい時期ともいえます。 立冬のころには、体の免疫力や抵抗力を高める食材、体を内側から温める効果が期待できる食材を上手に取り入れたメニューを摂ることが大切です。 例えば、しめじやまいたけ、玉ねぎ、ベーコン、さらに良質なタンパク質を含んだ牛乳を使った、栄養満点の「発芽玄米おにぎりのリゾット風」がおすすめです。 おすすめメニュー「かぼちゃとさつまいものサラダ」 体の免疫力を高めるメニューは、副菜のサラダにも応用することができます。 「かぼちゃとさつまいものサラダ」は、体を温める野菜のかぼちゃをメインにさつまいもとプロセスチーズも取り入れ、食べ応えのあるメニューとなっています。 メインにプラスする一品料理としておすすめです。 おすすめメニュー「フルーツのジンジャーポンチ」 体を温めたいと考えたときに、生姜湯を飲む人も多いのではないでしょうか。 この生姜を使ったおすすめのデザートがあります。 「フルーツのジンジャーポンチ」はイチゴやキウイ、バナナなど好みのフルーツを使い、生姜、ハチミツ、そして白玉団子を入れます。 見た目も可愛らしく、ホームパーティーにも最適です。 心も体も満足できる、冬の訪れを感じ始めた立冬におすすめのジンジャーデザートです。 四季を表す言葉からライフスタイルに奥深さを.

次の

立冬の食べ物はかぼちゃ?冬瓜や鍋など行事食はある?

立冬 いつ

Contents• 立冬の食べ物はかぼちゃ? 季節の変わり目なんかに食べると健康になると言われる食べ物ってありますよね。 行事食とも言われます。 立冬の食べ物はかぼちゃと言われることがあります。 しかし立冬には食べるといい食べ物や行事食というのは特にありません。 えっ、立冬には行事食とかないのか・・・って思いましたよね。 私も思いました。 かぼちゃがいいと言われることがあるのですがなんでなのでしょうか。 かぼちゃは冬至に食べるといいとされている行事食になります。 もしかすると立冬と冬至を間違えてしまってかぼちゃがいいと覚えている人が多いのかもしれませんね。 ただ立冬は季節的には秋ですからね。 秋は食欲の秋と言われるほど美味しいものがたくさんあります。 立冬は冬の始まりで寒くなってくる季節です。 季節の変わり目は体調を崩しやすいもの。 特に冬に変わる立冬の時期は一番体調が崩れやすい時期とも言われています。 かぼちゃは体を温める効果があるとも言われています。 ですので立冬にかぼちゃを食べても別に変ではないんですよね。 むしろ積極的にかぼちゃを食べたほうがいいのかなと思います。 中国では立冬に餃子を食べる習慣がある地域もあるようです。 餃子の具にかぼちゃを使用するみたいです。 やはりかぼちゃも旬になって美味しいですし体を温める効果があるからみたいです。 立冬自体が中国から伝わってきたものですからね。 日本にも立冬に餃子やかぼちゃを食べる行事食が伝わってきてもよかったと思うのですが。 現時点では立冬に食べたほうがいい食べ物や行事食といったものは日本にはないようです。 スポンサーリンク 立冬の行事食として冬瓜や鍋を食べる地域も? 立冬は冬の始まりになります。 季節的にはまだ秋ですが徐々に冬の寒さが厳しくなってくるということですね。 というと体調にも十分に気をつけなくてはいけません。 朝晩の気温差も激しくなってきますからね。 ですので立冬には温かい食べ物を食べるのがいいのではないでしょうか。 秋の味覚を鍋にしたりスープにしたりするのがいいでしょう。 その時期の旬の食べ物というのは健康に良いですからね。 特にきのこ類や根菜を鍋にして食べるのがおすすめです。 体を冷やさない様にしなくてはいけませんからね。 生姜なんかもいいでしょう。 生姜は体を温める食べ物として有名ですよね。 もちろんジンジャーエールとかの冷たい飲み物ではなく常温か暖かくして生姜をいただくのがおすすめです。 行事食ではありませんが立冬には冬瓜を食べるという地域もあるようです。 特に高齢の人がいる家庭では冬瓜を食べる風習がいまも残っていたりします。 しかし冬瓜って名前には「冬」という感じが使われていますが夏野菜なんですよね。 ご存知かと思いますが夏野菜は体を冷やすと言われています。 冬瓜も基本的には体を冷やす食べ物とされています。 しかし立冬に冬瓜を食べる人は生姜と一緒に食べたり鍋にしたりするようです。 温かくなるように工夫して冬瓜を食べるということですね。 他にも立冬には鍋を食べるという人もいます。 というのも11月7日は鍋の日となっているんです。 立冬は11月7日になることが多いのでこの日に鍋を食べて温まりましょうということのようです。 確かに寒くなってくる季節には鍋もいいですよね。 実際の季節は秋ですが立冬は冬の始まりなのでこの日から体を温めておくのはいいことだと思います。 なんといっても鍋は美味しいですしね。 立冬に食べるといい行事食のような食べ物というのは特にありません。 しかし立冬は美味しいものが多い秋の季節です。 栄養のあるものをたくさん食べて体調を崩さないようにしましょう。 立冬以降は冬になって寒くなってくるので体を温めるのは大事なことですね。 健康管理には食生活は欠かせませんからね。 しかしいくら秋の食材が美味しいからと言って食べ過ぎには注意です。 立冬の意味とは 立冬という言葉は聞いたことがありますよね。 しかし立冬の意味とはなんですかと聞かれたら答えられない人も多いと思います。 私も以前まで言葉は知っているけど立冬の意味を知らなかったんです。 立冬の他にも立春、立夏、立秋という言葉もありますよね。 実はこの言葉は二十四節気と言われるものの1つなんです。 これら4つの事を総称して四立(しりゅう)といいます。 二十四節気とは1年を24等分する考え方です。 元々は中国で考案された考え方で日本にも取り入れられているんです。 立冬などよりもよく聞く冬至、春分、夏至、秋分も二十四節気の1つなんです。 四立の「立」という言葉には始まりという意味があります。 つまり季節の区切りを表しているんです。 二十四節気の中でも重要と言われています。 立冬の意味とは冬の始まりということなんです。 いやいや、でも季節的にはまだ秋ですよね。 気象的にも11月はまだ秋ですし私達の感覚的にもこれからが秋本番といった感じです。 立冬以外の立春や立夏や立秋の意味については以下を参照してみて下さい。 節分との深い関係もあります。 春分の日と秋分の日と夏至と冬至についても結構わかりにくいですね。 そんな場合は以下を参照してみてください。 紅葉もいまからが見どころのところが多いですしいくら立冬の意味が冬の始まりと言われてもなかなか実感がわきません。 しかし考えてみると朝晩は寒くなってきたし東北や北海道では霜が降りたというニュースも出てきます。 山の方では初雪や初冠雪っていう言葉も聞こえてきますよね。 確かに立冬は冬の始まりと言われればそうなのかもしれません。 寒い時なんてエアコンの暖房ボタンを押しているときもありますからね。 ということはやはり立冬はちょうど季節の変わり目でこれから冬になっていくということなのでしょう。 立冬とはいつ? 立冬とはいつの事なのでしょうか。 あんまり立冬がいつなのかというのは普段気にしませんよね。 テレビやラジオで立冬という言葉を聞いたりカレンダーで立冬って書いてあったのを見て「あー、立冬なんだ」って思うぐらいです。 立冬は1日の事を言うこともあれば期間の事をいうこともあります。 一般的に立冬という場合は特定の1日のことをいいます。 立冬はいつかというと11月7日か11月8日がほとんどです。 立冬はその年によって日付が変わることがあります。 以下が日本における立冬の日付です。 2017年:11月7日• 2018年:11月7日• 2019年:11月8日• 2020年:11月7日• 2021年:11月7日• 2022年:11月7日• 2023年:11月8日• 2024年:11月7日 上記の立冬の日を見てある法則に気がついたでしょうか。 立冬が11月8日になった翌年から3年間は11月7日が立冬になります。 そしてまた11月8日に立冬になるんです。 立冬の日付はこの間隔を繰り返しています。 計算式で表すと西暦を4で割って余りが3の年は11月8日が立冬です。 しかしこの法則は2031年までの法則です。 2032年から2067年までは毎年11月7日が立冬になり2068年からは11月6日が立冬という場合も出てきます。 これまでは一般的に立冬という場合の日付についてでした。 立冬には期間を表す場合もあります。 立冬の期間はいつかというと立冬の日から小雪の前日までです。 ちなみに小雪というのも二十四節気の1つで立冬の次が小雪です。 小雪がいつかというと11月22日か11月23日です。 立冬を期間で表す場合は約15日間ということになります。 立冬がいつなのかを説明してきたのですが正直普段立冬がいつかを気にすることってあんまりないですよね。 立冬がいつなのかはマメ知識や雑学として頭の片隅に覚えておいてもいいでしょう。 立冬の日付の周期なんかは話のネタになるかもしれませんね。 まとめ 立冬の食べ物や行事食はかぼちゃなのかについてでした。 立冬に食べるといいとされる食べ物や行事食は日本では特にありません。 中国の一部地域では立冬に餃子を食べて具にかぼちゃを使ったりもするようです。 個人的には立冬にかぼちゃを食べるのもいいと思います。 立冬はこれから冬になっていく時期ですしかぼちゃは体を温めますからね。 かぼちゃスープなんかは美味しいですし体も暖められるのでいいのではないでしょうか。 立冬の行事食ではありませんが冬瓜や鍋を食べる地域や家庭もあるようです。 冬瓜は夏野菜で体を冷やすと言われていますが立冬には生姜と一緒に食べたりするみたいです。 11月7日は鍋の日とされていて立冬も同じ日になることが多いので立冬に鍋を食べる人もいるようです。 立冬の意味やいつなのかについても紹介しました。 普段はあんまり立冬を意識することはないでしょう。 私も言われたりカレンダーを見たりして立冬と気が付きますからね。 立冬は冬の始まりであり季節の変わり目です。 朝晩の気温差もあり1年で最も体調の崩しやすい時期とも言われています。 周りを見ると咳をしている人が確かに増えてくる時期でもありますね。 立冬には体が冷えないように食べ物にも気を使いましょう。 体を冷やすと体調を崩したり太りやすくなりますしね。 血行が悪くなって健康にも害がでてきます。 立冬という言葉を聞いたり見たりした場合はこれから冬が始まるから健康に気をつけようと思うのもいいでしょう。 健康の方が秋から冬にかけて四季の移り変わりを感じることができますからね。 秋の味覚を思う存分味わってください。

次の