スロー フォワード。 スローフォワード!自らの手足でボールを前進させよ/前に投げちゃダメ!な話

ラグビールール スローフォワード(フォワードスローイング)

スロー フォワード

この反則が起こった場合の措置 [編集 ] 故意でないスローフォワード [編集 ] 下記のいずれかの場合を除き、その起った地点において(ボール投入はスローフォワードをしたプレーヤーの相手側チーム、以下同様)を組む。 ラインアウトにおける、故意でないスローフォワード [編集 ] タッチラインから15の地点においてスクラムを組む。 スローフォワードしたボールがインゴールに入った場合 [編集 ] 攻撃側のプレーヤーがフィールドオブプレーにおいてスローフォワードし、そのボールが相手側インゴールに入り、そこでデッドになった場合、スローフォワードの起った地点でスクラムを与える(故意にスローフォワードをした場合を除く)。 インゴールでのスローフォワード [編集 ] いずれかのチームのプレーヤーが、インゴールでスローフォワードをした場合、反則の地点に相対しゴールラインから5メートルの地点でスクラムを与える(故意にスローフォワードをした場合を除く)。 ただし、タッチラインから5メートル以内では組まない。 故意のスローフォワード [編集 ] 上記の各場合が起こる原因には、パスする相手が、走りながら、意図せずにパスする側より前に来てしまうことがある。 意図してパスの受け手を前に出したら「故意」となる。 故意にスローフォワードをした場合は、相手方にを与える。 その反則がなかったならばほぼ間違いなくが得られたと認められる場合は、ペナルティトライを与えなければならない。 参考、外部リンク [編集 ]• ラグビーのフィールド.

次の

【ラグビールール解説】スローフォワードについて

スロー フォワード

スローフォワードとは スローフォワードとは『 前方にボールを投げる、パスをする』という反則になります。 とともに、ラグビーの中でもっとも多い反則の一つです。 スローフォワードを英語に直すと「 throw forward」。 直訳すると、 投げる・前に、となります。 ラグビーとアメフトとの大きなルールの違いのひとつに、 ボールを前に投げてはいけないというものがあります。 それを定めているのが、このスローフォワードという反則になります。 ちなみに、ここでいう 「前に」というのは、プレイヤーの身体の向きに対してではなく、 自分たちの目指すゴールに向かってという意味です。 ですので、タッチライン(横のライン)を向いて、横にパスしたとしても、それが自分たちの目指すゴール方向であれば反則となってしまいます。 スローフォワード後の再開方法 スローフォワードの再開方法は、基本的には 反則が起こった地点でのスクラムになります。 ただし、以下の場合は少し違う状況で再開されます。 ゴール前、またはインゴールでのスローフォワード いずれかのゴールラインから5m以内の地点、もしくはゴールラインより内側でスローフォワードが起こった場合には、落とした場所から縦のラインの延長線上で ゴールラインから5mの位置でスクラムとなります。 ラインアウトでのスローフォワード ラインアウトでスローフォワードが起こった場合には、 タッチラインから15mの位置でスクラムで再開します。 スローフォワードしたボールがタッチに出た場合 スローフォワードをしたボールがそのままタッチに出た場合、相手チームには 次の3つの中から再開方法を選択することができます。 スローフォワードが起こった地点でのスクラム• ボールがタッチラインを超えた地点からのラインアウト• クイックスローイン 故意のスローフォワード 故意にスローフォワードを行なったとレフェリーが判断した場合は 相手側にペナルティが与えられます。 相手チームの攻撃を防ぐために、相手チームのパスを前方に弾いた場合などが該当します。 スローフォワードに関連する反則 スローフォワードに関連する反則としては、 ボールを前に落としてはいけない ノックオンが挙げられます。 この2つの反則はボールを前方に投げてはいけないという、ラグビーの基本原則に関わるルールですので重要度も非常に高く、試合でももっともよく見られる反則です。 前に投げたボールが地面に落ちた場合はノックオンとなり、 敵か味方が地面に落ちる前にキャッチした場合はスローフォワードとなります。 ただし、敵がキャッチした場合は敵側のチャンスになることも多いため、すぐに反則を取らずにアドバンテージが適用され、プレーが継続するケースも多く見られます。 ラグビーの基本原則に関わる重要ルール!略称は「スロファー」「スロー」.

次の

スローフォワード

スロー フォワード

この反則が起こった場合の措置 [編集 ] 故意でないスローフォワード [編集 ] 下記のいずれかの場合を除き、その起った地点において(ボール投入はスローフォワードをしたプレーヤーの相手側チーム、以下同様)を組む。 ラインアウトにおける、故意でないスローフォワード [編集 ] タッチラインから15の地点においてスクラムを組む。 スローフォワードしたボールがインゴールに入った場合 [編集 ] 攻撃側のプレーヤーがフィールドオブプレーにおいてスローフォワードし、そのボールが相手側インゴールに入り、そこでデッドになった場合、スローフォワードの起った地点でスクラムを与える(故意にスローフォワードをした場合を除く)。 インゴールでのスローフォワード [編集 ] いずれかのチームのプレーヤーが、インゴールでスローフォワードをした場合、反則の地点に相対しゴールラインから5メートルの地点でスクラムを与える(故意にスローフォワードをした場合を除く)。 ただし、タッチラインから5メートル以内では組まない。 故意のスローフォワード [編集 ] 上記の各場合が起こる原因には、パスする相手が、走りながら、意図せずにパスする側より前に来てしまうことがある。 意図してパスの受け手を前に出したら「故意」となる。 故意にスローフォワードをした場合は、相手方にを与える。 その反則がなかったならばほぼ間違いなくが得られたと認められる場合は、ペナルティトライを与えなければならない。 参考、外部リンク [編集 ]• ラグビーのフィールド.

次の