仮面うつ病。 仮面うつ病とは?身体症状が中心の隠れたうつ病に注意!|ウツクス

仮面うつ病|うつアカデミー

仮面うつ病

なんだか身体が痛い。 微熱がずっと続いている。 頭痛やめまいがある。 このような症状を訴えた時、まずは内科を受診することが多いでしょう。 女性であれば、婦人科かもしれません。 しかし、診察をしても身体に異常がみられず、症状に合わせた薬を処方しても治らない場合があります。 このような場合は、もしかすると仮面うつ病かもしません。 ここでは、仮面うつ病の特徴や症状などについてご紹介します。 仮面うつ病の特徴 仮面うつ病はうつ病の一種ではありますが、気分の落ち込みや興味・喜びの喪失などといった精神的な症状はあまり表れません。 代わりに、身体的な症状が強く表れます。 そのため、冒頭でも触れたように最初は内科などを受診することが多いのです。 この場合では、自律神経失調症と判断されることも多く、そのまま自律神経失調症に対しての治療が行われることがあります。 当然、自律神経失調症の治療では、異なる病態となる仮面うつ病は改善されません。 仮面うつ病の診断は、最初に受診した医師がうつ病に関する知識を持っているかどうかが重要になります。 身体的な症状が強く表れるとはいえ、抑うつや興味の喪失といった精神的な症状も少なからず表れるため、そこでうつ病を疑えるかどうかにかかっています。 また、自身もそういった症状がみられる場合には気のせいだと決めつけず、医師に相談するようにしましょう。 仮面うつ病の症状 仮面うつ病の症状では、以下のようなものが代表的です。 不定愁訴 仮面うつ病の症状は、主に不定愁訴です。 不定愁訴とは、検査してもどこにも異常がないにもかかわらず表れる様々な自覚症状のことです。 仮面うつ病は身体的な症状が強く表れるうつ病で、原因が精神的なものであるため内科的・外科的な検査をしても特に異常はみられません。 そのため、何らかの痛みや不調を訴えても内科的・外科的な療法では改善されません。 仮面うつ病の不定愁訴は、実に50以上もの症状があります。 代表的なものでいえば疲労感や食欲不振、めまい、耳鳴り、微熱、手足のしびれ、頭痛、腹痛、腰痛、胸部圧迫感などがあげられます。 また、仮面うつ病ではこういった痛みや違和感が発生する場所が頻繁に変わることも多くあります。 加えて一度に多数の場所に症状が発生することも特徴なので、これらのことから仮面うつ病を疑うこともできます。 精神的な症状 仮面うつ病でも、当然ながら抑うつや興味の喪失、不安感などの精神的な症状は表れます。 しかし、大うつ病性障害のような一般的なうつ病よりは極めて軽度であり、それ以上に身体の不調のほうが大きいためになかなか気付かれません。 その結果として、うつ病の治療を始めるのが遅くなる傾向にあります。 治療が遅くなるとうつ病は悪化し、精神的な症状も大きくなってきます。 睡眠障害や妄想、罪責感、自殺願望、希死念慮といったものも表れ、この頃になって初めてうつ病が疑われることも。 身体的な症状だけにとらわれず、それに付随して抑うつや興味の喪失、不安感などがないかどうかをよく確認しましょう。 まとめ 身体の痛みや不調がある時、病院に行こうと考えるのは当然のことです。 しかし、その結果として特に異常がみられなかった場合には、身体の問題ではなく仮面うつ病の可能性も考えなければいけません。 似たような症状には自律神経失調症もあるため、うつ病特有の精神症状を訴えなければ自律神経失調症と判断され、適切な治療が受けられないようになります。 もし数多くの不定愁訴に悩まされている場合には、不調なのは本当に身体だけなのか、精神状態は普段通りなのかを十分に確認し、医師に相談するようにしましょう。 医師から、精神科や心療内科を紹介してもらうこともできます。 キーワードで記事を探す うつ病ライブラリー• 前向 進先生の おすすめ講義 うつ病ライブラリー うつ病の症状・原因や治療の流れなどうつ病の基礎知識をわかりやすく解説します 精神症状・身体症状という二つの面からうつ病の症状について解説します。 注目記事• 原因や症状の出方などによって異なる、うつ病の代表的な種類についてご紹介します。 注目記事• うつ病で受診をする前に、治療について知っておきたいことや心構えをお伝えします。 注目記事• 遺伝的要因や性格など、うつ病になってしまう様々な原因についてご紹介します。 注目記事• うつ病の正しい知識を持ち、患者に寄り添っていくためにその心構えをご提案します。 注目記事• うつ病ライブラリー•

次の

うつ状態チェック

仮面うつ病

うつ病の人は自分がうつ病にかかっているとは気づきにくいものです。 ですから、身体症状が現れると体の病気を疑って、内科などを受診します。 ところが本当はうつ病なのでいろいろな検査をしても異常は見つかりません。 医師が心の病に詳しければうつ病に気づくこともありますが、そうでない場合は現れている症状だけで診断をくだしてしまいがちです。 うつ病であらわれる身体症状 不眠、頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、しびれ、口の渇き、息苦しさ、食欲不振、便秘・下痢、頻尿、倦怠感など 誤診されやすい病気 低血圧症、不眠症、心臓神経症、胃下垂、便秘症、脳動脈硬化症、眼精疲労、メニエール病、更年期障害など 【体験談】仮面うつ病の克服 うつ病はうつ病でも身体的な症状が前面的に出てくるものを仮面うつ病といいます。 仮面うつ病は隠れ鬱とも言われていて、目立つ身体症状に精神症状が隠れるため、自分も医師もうつ病に気づかないことが多いのが特徴です。 私も一時はこの仮面うつ病の症状が出ていて精神的にも身体的にもとてもつらい時期がありました。 うつ病は精神的な症状ばかりがクローズアップされていますが、実はそれに伴う身体的な症状も深刻な問題とされています。 例えば、頭痛やめまい、動悸や息切れなどです。 仮面うつ病では、うつ病とは何の関係もなさそうな身体的な症状が目立つので、内科やその他の診療科を受診するのですが、原因不明と診断されてしまいます。 そして、ようやく行き着いた精神科で初めて鬱がその原因だったとわかることがよくあるのだそうです。 私も最初のころは毎日のようにだるさが続き、次いでめまいや頭痛が頻繁に起こるようになってきました。 ただ疲れているだけだと自分に言い聞かせて病院に行くのをためらっていたのですが、ある日、友人の勧めで病院に行くことにしたのです。 そして、ご多分に漏れず私も内科などを経た後、精神科にて仮面うつ病と診断されました。 私の場合はその病院で専門的な治療を行うことで仮面うつ病を克服することができました。 仮面うつ病の治療では、普通のうつ病同様、まずは休養させることから始まり、同時に抗うつ剤を処方していきます。 大抵の場合は抗うつ剤を飲むことで症状は改善され、その後薬を少しずつ減らしていくことで克服を狙います。 私はこの方法で仮面うつ病を克服したのですが、中には薬にほとんど頼らずに克服できたという人もいるようです。 そのほとんどが食事内容、生活習慣の改善を行っていて、ストレスの軽減を図っているようでした。 それほど症状はひどくないという人は、生活習慣の改善で効果が期待できるのかもしれません。 いずれにせよ、医師と相談しながら、自分にあった克服方法を探していくことが大切なのだと思います。

次の

仮面うつ病|うつアカデミー

仮面うつ病

概要 女性プログラマー(26歳)は、従業員500人規模のソフトウェア会社の優秀なプログラマーでした。 性格は几帳面で責任感が強く、頼まれたら断れずについ何でも仕事を引き受けてしまうところがありました。 これらはうつ病になりやすい典型的な性格です。 ある年、私事で悩みがあり、数人のグループで開発していたソフトの担当分に遅れが出始めました。 毎晩11時近くまで残業し、睡眠時間を3~4時間に切詰めて仕事をしていました。 納期が迫っていることから焦りもあり、ベッドに入ってもなかなか寝つかれない日々が続きました。 そんな中、同じグループ内の年上の男性社員から仕事の遅れの件で強い口調で叱責されました。 これがきっかけとなって、めまい・吐き気・頭痛・眼の奥が痛い・腰痛・疲れがとれない・息苦しいなどの症状があらわれました。 特に、息苦しいという症状は出勤途上に強くなり、通勤電車に乗ると息が詰まりそうで怖いと感じるほどになりました。 どうにか出社して仕事をしていましたが、能率が上がらず落ち込んでいるのを上司が気づいていました。 会社ではメンタルヘルスの重要性がよく認識されていましたので、この段階で社長から嘱託産業医に相談がありました。 社長・上司との相談の結果、1)グループのメンバーから外すこと、2)業務を1人でできる仕事に替えること、3)納期を気にせずにできる仕事にすること、などの対応をとりました。 また、強い責任感が災いして、仕事を放棄した形にすると却って症状の悪化を招くと考えられたため、4)本人が同意するなら休養させる方針で臨みました。 数日後の面談で、本人は、「先日まで多忙でした。 懸案だった仕事のほうは仲間に引き継いでもらい、私はそのシステムのネットワーク化に関する仕事を一人でしています。 仕事は自由裁量でできるところがあって随分楽になりましたが、相変わらず出社する時が辛い」と話していました。 環境は改善されているものの症状が解消されていないため、精神科医を受診していただくことになりました。 精神科医の診断は「仮面うつ病」で抗うつ剤を処方され、1か月間休養するよう指示されました。 1か月後に改めて面談した時には前回に比べて明らかに落ち着いていました。 その後も定期的に受診され、症状の増悪はみていません。 ポイント 1. 仮面うつ病 本事例の症状は1)全身倦怠感、2)めまい、3)腹部・消化器症状(吐き気)、4)頭痛(眼の奥が痛い)、5)他の部分の疼痛(腰痛)、6)呼吸困難感、及び、後に自覚されてきた7)咽頭部違和感 などに整理できますが、いずれも仮面うつ病の身体症状です。 一般に「うつ病」では、抑うつ気分、焦燥感、気力の減退、自信喪失・自責感、興味や関心の低下、集中力減退、自殺念慮などの精神症状がみられますが、「仮面うつ病」ではこのような精神症状がほとんど認められないのも特徴です。 職場の課題 一般にシステムエンジニアやプログラマーは長時間労働に陥っていることが多いため,うつ病を発症する危険度は高いと考えられます。 本事例では長時間残業で睡眠時間3~4時間になっていました。 睡眠不足とそれに伴う心身の疲労が発症に拍車をかけた可能性はあります。 職場のメンタルヘルス対策としての「4つのケア」の中でも「ラインによるケア」が重要であるとされていますが、本事例ではまさに「ラインによるケア」が奏功してメンタルヘルス不調者の早期発見につながったといえます。 また、会社が比較的規模が小さく、社長自ら社員とのコミュニケーションを欠かさなかったことも好結果をもたらしました。

次の