お気に召していただけましたでしょうか。 日语敬语问题。 お気に召していただけましたでしょうか。_百度知道

【お気に召します】の例文集・使い方辞典

お気に召していただけましたでしょうか

補足拝見しました。 この度【も】・・・については、何も問題ありません。 「お得意様」に対するメッセージとしては 自然なものでしょう。 ・・・・・・・・・・ 以下の点が「変」の原因だと考えられます。 1・この度はご購【の程】、ありがとうございました。 「~のほど」を、「ありがとうございました」の前に使用するのは 誤りです。 「~のほど」とは、まだ行われていない「~」について、 依頼、要望がある場合に使う語です。 (~のほど、よろしくお願い申し上げます。 とか、 ~のほど、ご配慮下さい。 など) ここでは、すでに行われた「購入」への感謝ですから、 「~のほど」が使える文脈ではありません。 こういう場合は、少し表現を柔らかく、控え目にして 「~なお品ですので」とか「~な点につきましては」 などとすると、印象が変わります。 3・お気にめされる【か】と思います。 「~かと思う」というのは、立場上、あるいは 責任回避という都合上、「~と思う」とは 言いにくい場合に使う、婉曲表現で、基本的には 「はっきり言いにくいこと」(聞き手にとって 受け入れにくいこと、嬉しくないこと)を言う場合に よく使われる表現です。 ここでは、相手にとっては 喜ばしいことを述べているので、【か】の使用は 不適切です。 否定的なことを言われているようにさえ 感じてしまいます。 「お気に召されると思います」では、やや稚拙で 一方的な感じがしますので、 「お気に召される【こと】と【存じます】」とすればOKですし 「お気に召していただければ幸いです」のように さらに相手への距離を置いた表現にするのもよいでしょう。 この3つを改めれば、「変な感じ」はなくなると思いますが いかがでしょうか。

次の

唐津シーサイドホテルの口コミ・評判

お気に召していただけましたでしょうか

気に入っていただけて嬉しいですは、ビジネスシーンでも頻繁に使われる表現であり、敬語として間違いではありません。 気に入っていただけて嬉しいですという表現にある「いただけて」という表現が謙譲語となっているため、気に入っていただけて嬉しいですという表現は敬語であると言えます。 ちなみに敬語とは尊敬語、謙譲語、丁寧語の3種類のことを言います。 厳密に言うと、2007年に敬語が細分化されたため、現在は5種類とされています。 ちなみに細分化された敬語は、謙譲語と丁寧語です。 謙譲語はこれまでの謙譲語と丁重語という分類に細分化されました。 また、丁寧語はこれまでの丁寧語と美化語という分類に細分化されました。 そのため厳密に言うと、尊敬語、謙譲語、丁重語、丁寧語、美化語のいずれかに当てはまる場合には、その言葉は敬語であると言えます。 気に入っていただけて嬉しいですは「お気に召して」を使って言い換えられる 気に入っていただけて嬉しいですの「気に入って」という部分は「お気に召して」を使って言い換えることができます。 「気に入って」という言葉の尊敬語は「お気に召して」という表現です。 そのため、お気に召していただけて嬉しいですといった表現に言い換えることができます。 このように言い換えることで、気に入っていただけて嬉しいですと表現するよりも、一層相手に敬意を表すことができると言われています。 相手に対して嬉しいという気持ちを表すことで、今後、一層ひいきにしてくれたり、目にかけてくれたりすることにつながる可能性があることから、感謝の気持ちを表すことは大切です。 ちなみに以下の記事では、嬉しいですの類語や敬語表現の他、嬉しいですという表現の敬語としての使い方などについて詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。 この記事を読んでいただき、嬉しいという感情をより適切に相手に伝えることができるようになることで、一層仕事が円滑にいく可能性があります。 気に入っていただけて嬉しいです尊敬語、謙譲語、丁寧語を加えて言い換えた敬語表現は「お気に召していただけて大変嬉しく存じます」という表現です。 ここまで見てきたように、「気に入って」の部分を「お気に召して」という敬語表現に言い換え、「嬉しいです」の部分を「嬉しく存じます」に言い換えた表現に、より一層相手を立てるための強調表現として、「大変」という表現を付け足すことによって、最大級の敬意を表した敬語表現です。 このように目上の人に対して敬意を表すフレーズをそつなく使いこなせるようになることで、目上の人からひいきにされることはよくあると言われています。 ちなみに「そつなくこなす」という言葉は、誉め言葉ではないケースもありますので、この機会に以下の記事をご覧になって、意味などを押さえておいてください。 気に入っていただけての敬語表現の1番目は、「お気に召していただけて」という表現です。 先ほどお伝えしたように「気に入って」の部分を尊敬語の「お気に召す」へ言い換えた表現です。 気に入っていただけてという表現を敬語で言い表す際には、この表現を基本として応用させることが基本的な用法であると言われています。 このように、基本的な敬語表現を押さえたうえで、状況や相手に応じて適切な敬語表現を使えるようになることで、より相手に対する敬意を正しく伝えることができます。 そのためビジネスにおいて、正しい敬語表現を身につけることはとても重要だと言われています。 以下の記事では、気に入っていただけて嬉しいですと同様に、目上の人に対して敬意を表す際に迷う人が多いと言われている「強いて言うなら」というフレーズについて詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。 強いて言うならという言葉の基本的な意味や英語表現などについても詳しくお伝えしています。 気に入っていただけての敬語表現の3番目は、「お気に召していただけたご様子で」という表現です。 最初にお伝えした「お気に召していただけて」という基本形のフレーズに、さらに敬意を付け加えて、礼儀を重んじた表現にしたものです。 「お気に召していただけたご様子で」と表現することによって、相手に対して「私はしっかりと礼儀をわきまえております」といった最大級の敬意を表すことができると言われています。 これだけの敬意を払う必要がある人に気に入られると、大きなお力添えをいただけて、飛躍するチャンスがまわってくるかもしれません。 そのような飛躍のチャンスを事前に察知できれば、心構えや準備ができて嬉しいと思う人は少なくありません。 以下の記事では、目上の人からひいきにされて助けてもらったり、力を貸してもらったりすることができる予兆を示す引き立て線という手相について詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。 嬉しいですの正しい敬語表現の2番目は、嬉しい限りですという表現です。 嬉しい限りですという表現は「限りです」という言葉からも分かる通り、これ以上ない嬉しさを表現した言い回しです。 「限り」という言葉には「限度」や「限界」というニュアンスが含まれているからです。 嬉しい限りですという表現は、これ以上ない嬉しさを表す表現であることから、表情や仕草が見えない電話対応で使うことで、相手に気持ちをストレートに伝えることができると言われています。 電話で話す際には、お互いに表情や仕草が見えないことから、少し大げさな表現で話すことが重要であると言われています。 また、電話で話す際には、ゆっくりと大きな声で話すことによって、相手に聞き取りやすい言い方ができることから、相手が気持ちよく話せるということで、ビジネスにおいてもとても重要な心構えであると言われています。 光栄ですという表現は、目上の人から誉めていただいたり、認められたりした時などに返事をする言葉として、ビジネスシーンを中心に頻繁に使われている表現です。 大きな敬意を表さなければいけない相手に対しては、「誉めていただけてとても嬉しく思います」と言うよりも「お褒めいただき、大変光栄です」と表現する方が適していると言われています。 気に入っていただけて嬉しいですを正しく使いましょう 気に入っていただけて嬉しいですという言い回しは、色んな形の敬語表現に言い換えることができます。 嬉しく思いますという気持ちを相手に対して伝えることで、相手にとっても嬉しく感じるケースが多いと言われています。 そのように相手に良い印象を与えることによって、今後の仕事や将来の出世に大きな影響を及ぼすと言われているので、気に入っていただけて嬉しいですを正しく使いましょう。 ちなみに、相手に与える印象は、第一印象の良し悪しが大いに関係していると言われていることをご存知ですか? 以下の記事では、第一印象の重要性や第一印象を良くするメリットなどを詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。 第一印象に関するメラビアンの法則についてや、第一印象を良くする方法を、見た目や性格面といった観点から、詳しく紹介している記事ですので、今後のためにお役立ていただければと思います。

次の

「気に入っていただけて」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

お気に召していただけましたでしょうか

ビジネスシーンだけでなく、日常生活でも目上の人に対して使う事がある「お気に召す」という言葉ですが、珍しい敬語表現ではないため、皆さんの中にも耳にしたり使用した事があるという方も多いのではないでしょうか。 「お気に召す」は敬語の種類の中では尊敬語に当たる言葉のため、自分に対しては使う事ができません。 相手に対して使う事ができる敬語表現です。 具体的に挙げるならば、「お気に召しましたか」というように、相手に対して使う事は可能ですが、「お気に召しました」と自分が気に入った事を伝える際に使用する事はできません。 そもそも「お気に召す」という敬語表現は、どのような意味を持つのでしょうか。 基本の意味と言葉を分解した際の意味を理解しておきましょう。 気に入るの意味 まず「お気に召す」という敬語表現の基本的な意味は「気に入る」です。 気に入るという言葉を尊敬語に直すと「お気に召す」という言葉に変換されます。 前述したとおり、敬語の中でも尊敬語に当たる言葉のため、自分に対して使う事はできません。 相手が気に入った様子である事を言葉にする際、あるいは見せた物や贈った物を気に入ったか確認する際に使用される事が多いです。 例えば、目上の人に対して贈り物をした場合、気に入っていただけたら嬉しいという気持ちを伝える際、「お気に召していただけたら幸いです」というように使われる事があります。 疑問系で尋ねるならば、「お気に召したでしょうか」というように使われる事もあります。 好むの意味 「お気に召す」の意味は「気に入る」だけではありません。 似たような意味ですが「好む」という意味もあります。 「好む」は言葉のとおり、対象となるものを好いていることを意味しています。 一見、同じ意味のように感じますが、「気に入る」と「好む」では少々ニュアンスが異なります。 「気に入る」はある特定の物に対して強い思いを抱いているのに対し、「好む」は漠然と良い印象を持っている言葉になります。 簡単に言ってしまえば、「好き」の強さが「気に入る」の方が強いです。 しかし、基本的に同じ意味である事や、「気に入る」という意味で使われる事が多いため、「好む」は「気に入る」の付け加え、あるいは小さなニュアンスの違いとして考えて良いでしょう。 「お気に召す」の敬語での使い方 敬語の種類 まずは「お気に召す」の敬語の種類について、より詳しく確認していきましょう。 先ほどもお話ししたとおり、「お気に召す」は敬語の中でも尊敬語に当たる言葉です。 「気に入る」という言葉の尊敬語のため、目上の人に対してのみ使用する事ができる言葉です。 まず「お気に召す」の「お」の部分は、敬語ではよく使われる表現方法です。 その言葉をより丁寧な言い回しにするために使われる言葉で、「お」の他にも「ご」が用いられる場合もあります。 しかし、ここでは「お気に召す」であり、「お」の代わりに「ご」が用いられる事はありません。 続いて「召す」です。 この「召す」という言葉自体にもさまざまな意味がありますが、「お気に召す」の場合は補助動詞としての役割を担っており、付けた言葉の尊敬語の意味をより強める働きがあります。 したがって、丁寧な敬語表現である「お」と尊敬語を強調する「召す」を用いる事で、尊敬語の役割を果たしています。 使い方 先ほど少し紹介しましたが、「お気に召す」は「気に入る」という言葉の尊敬語として使用されるため、相手が特定の物を気に入ったという状況で使用される事がほとんどです。 例えば、相手が特定の物を気に入ったかどうかを確認する際には「お気に召しましたか」というように尋ねる事があります。 また、相手が特定の物を気に入った様子を見て安心したという事を伝える際は、「お気に召したようで安心いたしました」というように使われる事もあります。 あくまでも尊敬語のため、目上の相手に使う言葉です。 間違っても自分に使う言葉ではないため、注意しましょう。 ちなみに「気に入る」の謙譲語は基本的に存在しません。 メールでの使い方 メールにおいて使われる場合、相手に贈り物をした後にお礼のメールが届き、それに対して返信する際に用いるというケースがあります。 具体的に例を挙げるならば、相手方から「先日は素晴らしい贈り物をありがとうございました」という旨のメールが届いた際、「お気に召していただけたようで嬉しいです」と返答する事があります。 またビジネス以外の場で目上の方にメールを送る場合には、「お気に召していただけたでしょうか」というように、贈り物をした際に気に入っていただけたかどうかを尋ねるような内容で用いられる事もあります。 ビジネスでの使い方 ビジネスシーンにおいても使い方は同じです。 取引先の相手と打ち合わせをすることになり、菓子折を持参し渡す際、「よろしければ受け取ってください」の言葉に付け加え、「お気に召すといいのですが」と言うことがあります。 また、尊敬語の中には社内で使用する事は好ましくないといわれる言葉もありますが、「お気に召す」の場合はそのようなことはありません。 したがって、上司に対して使っても問題はありません。 「お気に召す」を敬語表現するときの例文 ここまでも「お気に召す」の例文はいくつか紹介してまいりましたが、ここではその中でも特に頻繁に疲れる用いられ方をご紹介します。 まずは「~がお気に召すといいのですが」という使い方です。 相手に何かを贈った際、「気に入ってくれると嬉しい」という意味を込めて使われる言葉です。 続いて「お気に召したでしょうか」という使い方です。 「お気に召されましたでしょうか」という言い方をする事もありますが、こちらは「召す」という敬語表現に加え、「ました」という丁寧表現がプラスされています。 より丁寧な言い方のように聞こえますが、少々くどい印象を持たれてしまいがちです。 したがって、「お気に召したでしょうか」という使い方が好ましいでしょう。 「お気に召す」の別の敬語表現例 「気に入る」という言葉の敬語表現である「お気に召す」という言葉ですが、他にも同じ意味を持つ敬語表現があるのでしょうか。 正確な敬語の言い換え表現はありませんが、似た意味の敬語表現の1つに「いかがです」という言葉があります。 これは疑問文に使用される言葉で、「お気に召したでしょうか」を「いかがでしょうか」と言い換える事が可能です。 尊敬語ではありませんが、「気に入っていただく」という敬語表現も可能です。 「気に入る」に「いただく」という謙譲語が付け加えられた形です。 こちらも「気に入る」という意味を持ちながら自分を謙った言い方となるため、敬語表現として使用する事ができます。 「お気に召す」は二重敬語なのか.

次の