超 音波 加湿 器 次 亜 塩素 酸 水。 次亜塩素酸水×加湿器・噴霧器が健康にもたらす大きな効果とは?

【楽天市場】加湿器 亜塩素酸水 AIROSOL対応 超音波加湿器 除菌 消臭 大容量 3L 超音波LED加湿器 ウルオン URUON AB

超 音波 加湿 器 次 亜 塩素 酸 水

この記事のまとめ• 超音波加湿器のレジオネラ菌感染に要注意! レジオネラ菌とは? レジオネラ菌は、河川や温泉などに生息する60種類ほどのある通性細胞内寄生細菌のことを指します。 自然界に生息するレジオネラ菌ですが、最近では家庭での感染例が増え続けています。 レジオネラ菌の症状 レジオネラ菌に感染すると、重症のレジオネラ肺炎や軽症のポンティアック熱の症状が現れます。 意識レベルの低下や幻覚、手足の震えや下痢などもレジオネラ肺炎の特徴であり、死亡例も報告されているほど怖い感染症です。 自然界に生息するはずのレジオネラ菌が、どうして家庭で感染するのでしょうか? レジオネラ感染の原因・感染経路 レジオネラ菌の感染経路は大きく分けて、下記の3つの感染ルートがあります。 エアゾル(加湿器等のミスト)感染 エアゾル感染は、レジオネラ菌に汚染されたエアゾル(加湿器等のミスト)を吸引することが原因の感染経路です。 吸引や誤嚥 レジオネラ菌で汚染された温泉浴槽や河川等の水を吸引したり誤嚥してしまうことで感染する経路です。 土壌からの感染 レジオネラ菌が温泉された土などの粉塵を吸い込んだ原因の感染経路です レジオネラ症の感染は、増加し続けており、2009年頃から年々増加し2017年は10年前の約2. 5倍超となっています。 レジオネラ菌の死亡事故 厚生労働省での加湿器からのレジオネラ感染症による死亡事故は、3件報告されています。 1996年1月東京(大学病院内)、2007年9月新潟(家庭)、2018年1月大分県(高齢者施設)というように、既にレジオネラ菌のエアゾル感染で3人の方が亡くなられています。 直近の2018年1月に発生した大分県での死亡事故では、原因とされる加湿器のタンク内からは、22万個/100mlのレジオネラ菌が検出されています。 超音波加湿器によるレジオネラ菌感染症を防ぐ方法とは 加湿器を安全に使用しよう ウイルスは対策、適度な湿度(40〜60%)で不活化すると言われているため、超音波加湿器を使って湿度管理をされる方も多いと思います。 しかし、大分県で発生した死亡事故のように、超音波加湿器の使い方を間違えば、レジオネラ感染症のリスクにさらされます。 だからこそ正しい加湿器の利用方法を知ることが大切です。 加湿器の正しい使い方とは 加湿器を正しく使うには、これから挙げる3つのポイントが重要となってきます。 その3つのポイントとは…• タンクの水は毎日新しく交換し、水の継ぎ足しはしない• 汚れやぬめりが生じないように、タンク内をこまめに洗浄する• 使用しないときは、タンク内の水を抜き、よく乾燥させる ということです。 加湿器で湿度管理をすることは、ウイルスなどの予防に効果的ですが、当たり前ですが加湿器自体が、レジオネラ菌に汚染されていないことが条件です。 加湿器に除菌剤を入れるリスクとは 加湿器にレジオネラ菌が繁殖しないようにと、除菌剤を入れることはやめましょう。 現に、平成23年に韓国製の加湿器用除菌剤に含まれる殺菌成分が、肺損傷を引き起こすとして、韓国製加湿器用除菌剤6製品に回収命令が出されました。 これは海外の事例ですが、日本でも誤って次亜塩素酸ナトリウムなどの漂白剤を入れて噴霧していたなど問題となっています。 次亜塩素酸ナトリウムなどの消毒剤を加湿器で噴霧することは人体にとって非常に危険ですので、絶対にしてはいけません。 そこでおすすめしたいのが、次亜塩素酸水を加湿器に入れて空間噴霧する方法です。 次亜塩素酸水を使った空間除菌 超音波加湿器をより安全に使用する方法として、SNSを中心に次亜塩素酸水を加湿器に入れて、空間噴霧する方法が注目されています。 次亜塩素酸水を噴霧することで、加湿器本体だけでなく噴霧する空間ごとまとめて除菌することができます。 さらに、次亜塩素酸水は、厚生労働省において安全性が確認されている食品添加物なので、吸い込んでも無害と言われています。 除菌力は、漂白剤などの次亜塩素酸ナトリウム比べ約80倍。 次亜塩素酸水は、超音波加湿器を使った湿度調整だけでなく空間除菌・消臭としてもお使いいただけます。 まとめ いかがでしたか? 今回は、「加湿器で死亡事故?次亜塩素酸水で超音波加湿器のレジオネラ菌の感染予防を始めよう」について解説しました。 ウイルス対策として、湿度管理が大切と言われているため、慌てて加湿器を購入された方も多いと思います。 しかし、加湿器は正しい使い方をしなければ効果がないばかりか、レジオネラ菌による感染リスクがあります。 ぜひ、加湿器を正しく使って快適な湿度管理をしていきましょう。

次の

次亜塩素酸水を加湿器に入れると危険!?ウイルスから家族を守る!

超 音波 加湿 器 次 亜 塩素 酸 水

この記事のまとめ• 超音波加湿器のレジオネラ菌感染に要注意! レジオネラ菌とは? レジオネラ菌は、河川や温泉などに生息する60種類ほどのある通性細胞内寄生細菌のことを指します。 自然界に生息するレジオネラ菌ですが、最近では家庭での感染例が増え続けています。 レジオネラ菌の症状 レジオネラ菌に感染すると、重症のレジオネラ肺炎や軽症のポンティアック熱の症状が現れます。 意識レベルの低下や幻覚、手足の震えや下痢などもレジオネラ肺炎の特徴であり、死亡例も報告されているほど怖い感染症です。 自然界に生息するはずのレジオネラ菌が、どうして家庭で感染するのでしょうか? レジオネラ感染の原因・感染経路 レジオネラ菌の感染経路は大きく分けて、下記の3つの感染ルートがあります。 エアゾル(加湿器等のミスト)感染 エアゾル感染は、レジオネラ菌に汚染されたエアゾル(加湿器等のミスト)を吸引することが原因の感染経路です。 吸引や誤嚥 レジオネラ菌で汚染された温泉浴槽や河川等の水を吸引したり誤嚥してしまうことで感染する経路です。 土壌からの感染 レジオネラ菌が温泉された土などの粉塵を吸い込んだ原因の感染経路です レジオネラ症の感染は、増加し続けており、2009年頃から年々増加し2017年は10年前の約2. 5倍超となっています。 レジオネラ菌の死亡事故 厚生労働省での加湿器からのレジオネラ感染症による死亡事故は、3件報告されています。 1996年1月東京(大学病院内)、2007年9月新潟(家庭)、2018年1月大分県(高齢者施設)というように、既にレジオネラ菌のエアゾル感染で3人の方が亡くなられています。 直近の2018年1月に発生した大分県での死亡事故では、原因とされる加湿器のタンク内からは、22万個/100mlのレジオネラ菌が検出されています。 超音波加湿器によるレジオネラ菌感染症を防ぐ方法とは 加湿器を安全に使用しよう ウイルスは対策、適度な湿度(40〜60%)で不活化すると言われているため、超音波加湿器を使って湿度管理をされる方も多いと思います。 しかし、大分県で発生した死亡事故のように、超音波加湿器の使い方を間違えば、レジオネラ感染症のリスクにさらされます。 だからこそ正しい加湿器の利用方法を知ることが大切です。 加湿器の正しい使い方とは 加湿器を正しく使うには、これから挙げる3つのポイントが重要となってきます。 その3つのポイントとは…• タンクの水は毎日新しく交換し、水の継ぎ足しはしない• 汚れやぬめりが生じないように、タンク内をこまめに洗浄する• 使用しないときは、タンク内の水を抜き、よく乾燥させる ということです。 加湿器で湿度管理をすることは、ウイルスなどの予防に効果的ですが、当たり前ですが加湿器自体が、レジオネラ菌に汚染されていないことが条件です。 加湿器に除菌剤を入れるリスクとは 加湿器にレジオネラ菌が繁殖しないようにと、除菌剤を入れることはやめましょう。 現に、平成23年に韓国製の加湿器用除菌剤に含まれる殺菌成分が、肺損傷を引き起こすとして、韓国製加湿器用除菌剤6製品に回収命令が出されました。 これは海外の事例ですが、日本でも誤って次亜塩素酸ナトリウムなどの漂白剤を入れて噴霧していたなど問題となっています。 次亜塩素酸ナトリウムなどの消毒剤を加湿器で噴霧することは人体にとって非常に危険ですので、絶対にしてはいけません。 そこでおすすめしたいのが、次亜塩素酸水を加湿器に入れて空間噴霧する方法です。 次亜塩素酸水を使った空間除菌 超音波加湿器をより安全に使用する方法として、SNSを中心に次亜塩素酸水を加湿器に入れて、空間噴霧する方法が注目されています。 次亜塩素酸水を噴霧することで、加湿器本体だけでなく噴霧する空間ごとまとめて除菌することができます。 さらに、次亜塩素酸水は、厚生労働省において安全性が確認されている食品添加物なので、吸い込んでも無害と言われています。 除菌力は、漂白剤などの次亜塩素酸ナトリウム比べ約80倍。 次亜塩素酸水は、超音波加湿器を使った湿度調整だけでなく空間除菌・消臭としてもお使いいただけます。 まとめ いかがでしたか? 今回は、「加湿器で死亡事故?次亜塩素酸水で超音波加湿器のレジオネラ菌の感染予防を始めよう」について解説しました。 ウイルス対策として、湿度管理が大切と言われているため、慌てて加湿器を購入された方も多いと思います。 しかし、加湿器は正しい使い方をしなければ効果がないばかりか、レジオネラ菌による感染リスクがあります。 ぜひ、加湿器を正しく使って快適な湿度管理をしていきましょう。

次の

次亜塩素酸水を加湿器に入れると危険!?ウイルスから家族を守る!

超 音波 加湿 器 次 亜 塩素 酸 水

スポンサーリンク 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違いとは? 加湿器の除菌剤として販売されている商品は、『次亜塩素酸水』。 ハイターなどの塩素系漂白剤の主成分は『次亜塩素酸ナトリウム』。 どちらも『次亜塩素酸』という文字が含まれているので、 混同しやすいようですね。 でもこの二つの何が違うのか? 『次亜塩素酸ナトリウム』と『弱酸性次亜塩素酸水』の違いはpHです。 たったそれだけ?と思うかもしれませんが、この違いが使用時の 安全性の違いなのです。 次亜塩素酸ナトリウムは、強いアルカリ性です。 一般的な塩素系漂白剤 ハイターなど には 『まぜるな危険』という表記がありますよね。 何が危険かというと、次亜塩素酸ナトリウム水溶液を『塩酸』や『酢』、『クエン酸』などの酸性の強い物質と一緒に使用すると、 有毒な塩素ガスが大量に発生するからです。 これは最悪の場合死に至る危険もあり、過去に死亡事故もたくさん起こっています。 また、強いアルカリ性であるため、肌に付着すると表面のタンパク質を分解してしまいます。 塩素系漂白剤が手に着くとぬるぬるしますよね。 肌表面を溶かしてしまっているからです。 結果、肌荒れなどのトラブルが起こってしまったり、ひどい時にはやけどのような症状がでることもあるそうです。 直に触るだけで危険なものを加湿器に入れて噴霧すればどうなるか? いくら希釈してあるとはいえ、噴霧したものを直接吸い込めば、喉や鼻の粘膜、呼吸器にその成分が付着してしまうということですよね。 害がないはずがありません。 せき込んだり、 呼吸器に異常をきたしたり、目に入ると 失明のおそれもあります! 水道水の塩素濃度だったら害はありませんが、その代わり空間除菌の効果もありません。 対して『次亜塩素酸水』は、電気分解することでpHを調整しています。 主に微酸性~弱酸性のものが『次亜塩素酸水』の商品として販売されています。 肌と同じ弱酸性なので、肌に直接ついてもハイターのようにぬるぬるすることもなく、安全です。 まぜるな危険の表記もありません。 漂白作用もなく、口に入っても安全なので、取り扱いがとても楽です。 それなのに殺菌効果は次亜塩素酸ナトリウムの80倍と言われています。 加湿器に入れていいのは、この『次亜塩素酸水』です。 決して漂白剤を入れないでください!! 加湿器で使える次亜塩素酸水をいくつかあげておきますね。 色々なメーカーから出ていますが、わが家で実際使用しているものと使用したことがある製品のみあげておきます。 現在コロナ対策で品薄状態ですが、タイミングが良ければ予約購入できるようです。 濃度50ppmが目安です より除菌したいから・・・と濃い濃度で使用してしまうと、人体に影響が出たり加湿器の故障の原因になったりする場合があります。 次亜塩素酸水はわずかながらもパッキンや金属部分を劣化させる作用があります。 次亜塩素酸水対応の噴霧器は、それらに対応しています。 わが家では噴霧器として販売されているものと同型の加湿器を使用しています。 スチーム式や加熱式の加湿器では空間除菌の効果はなくなるとされていますので、対応の超音波加湿器または専用の噴霧器を使用しましょう。 次亜塩素酸水対応の噴霧器も品薄のようです。 購入可能なものを探してみたので貼っておきますね。 加湿器病のこと。 近年『加湿器病』という言葉をよく聞くようになりました。 主に、 超音波加湿器のお手入れを怠ったために加湿器内に『レジオネラ菌』が繁殖し、それを空気中に噴霧することで感染する病気のことを指すようです。 これは『毎日のお手入れ』で防ぐことができますし、次亜塩素酸水は『レジオネラ菌』への殺菌も有効ですので、加湿器の水に次亜塩素酸水を使用していれば、加湿器病の心配はないと思われます。 しかし、ここで注意しなければいけないことが。 加湿器に次亜塩素酸水を入れているからといって、 お手入れ不要なわけではありません! 次亜塩素酸水の殺菌効力は長くは持続しません。 次亜塩素酸水は紫外線に当たると分解され水に戻る作用があります。 希釈することや、空気や有機物に触れることでも分解が進みます。 「中身が次亜塩素酸水だから」と何日もお手入れせずに使用していると、殺菌効果はなくなり加湿器内に雑菌が繁殖する可能性があります。 できれば毎日、最低でも2,3日に一回は必ずお手入れするようにしてください。 ・加湿器のお手入れを怠らない。 ・除菌能力を過信せず、手洗いや咳エチケットを徹底する。 一日も早く穏やかな日々がもどりますように。。。

次の