次亜塩素酸水空気清浄機に入れて大丈夫。 次亜塩素酸は超優秀!?空気清浄機で危険なウイルスを除菌消臭できる?

次亜塩素酸って体にかかってしまっても大丈夫?

次亜塩素酸水空気清浄機に入れて大丈夫

アルカリ性で強い殺菌作用がありますが、皮膚にとってはあまり良い成分では無く、皮脂を溶かしてしまうこともあるほど危険性が高いものです。 しかし、一度菌を分解すると作用がなくなってしまうので、アルコールほど強力ではありません。 次亜塩素酸水の使用用途 医療の分野では医療機器などの 消毒、食品の分野では、 殺菌料として使われています。 厚生労働省の次亜塩素酸水を紹介しているページでも、 「使用後、最終食品の完成前に除去される場合、安全性に懸念がないと考えられる」 と記載があるので、国が認めている 危険性が低い水溶液という認識で大丈夫でしょう。 加湿器に入れた際の除菌効果 最近では、部屋の除菌をするために、次亜塩素酸水を 加湿器に入れて使用する方も少ないようです。 次亜塩素酸水を加湿器に入れて、部屋全体を 空間除菌する方が増えているようですが、 効果なしだという口コミも多く、どこまで除菌効果があるのか不確かでした。 ですので、本当に除菌効果なしなのか? どのような作用があるのか?について調べてみました。 加湿器に入れた際の除菌効果メリット なぜスプレーではなく、 加湿器に入れるのか? 多くの人が加湿器に入れるのはいくつかの メリットがあるからです。 すると、普段気付かなかった箇所や、自分で消毒する事が難しいような 隅々まで除菌することが可能です。 つまり、加湿器に入れておくだけで、放置しても勝手に除菌をしてくれるので、いちいち 自分で除菌をする必要がありません。 かなり時間の節約になりますね。 しかし、次亜塩素酸水なら、酸性なので 人体への影響が最小限に抑えらえます。 万が一、目や口に入っても大丈夫ですので、小さなお子さんが居る家庭でも使いやすいかもしれませんね。 肌がとても弱い方だと衣類などの消毒が難しい場合がありますが、加湿器に次亜塩素酸水を入れて、部屋の中に除菌したい衣類をかけておくと 除菌効果が期待できます。 加湿器に入れた際の除菌効果デメリット やはり加湿器に入れる専用のものではないため、 デメリットもあります。 そもそも家庭で使用する前提のものではないため、しっかりデメリットを 理解した上で使用する必要がありますね。 つまり、殺菌する場所に汚れが集中していると、それらを少し除菌した後は、 除菌作用が無くなってしまうという事です。 部屋をある程度 綺麗にしてから使用する必要があります。 そして消毒液はドラックストアやスーパーですぐに買えるのに対し、次亜塩素酸水は手に入れるのが 難しい傾向にあります。 手が出せないほど高価というほどではありませんが、やはり加湿器に入れるとなるとかなりの量を使うので、 出費がかさむ覚悟で使用しなければなりません。 ・そもそも加熱式の加湿器には次亜塩素酸水は使用できないケースが多い ・加湿器で使用可能な次亜塩素酸水と使用できない次亜塩素酸水がある 「効果なしだった」という方はもしかしたら、次亜塩素酸水を 適切に使用できていないかもしれません。 この場合、かなり危険性が高まります。 加湿器に適切な次亜塩素酸水を使用していないと、効果なしということになってしまいますので、 お気を付けください。 先ほど次亜塩素酸水は酸性なので、人体への影響が少ないといいましたが、次亜塩素酸ナトリウムは アルカリ性です。 つまり普通の消毒液と変わりありません。 アルカリ性だと金属を腐敗させるほど強力な作用が働きますので、 人体への影響は大きいです。 直接手で触るだけでも危険な液ですので、間違えて加湿器に入れてしまうと、有毒なガスが発生してしまう 危険性もあります。 万が一、間違えて次亜塩素酸ナトリウムを触ってしまった場合は、触れたところをすぐに洗い流し、換気を行って下さい。 次亜塩素酸水を加湿器に入れた場合の危険性は?除菌効果なし?まとめ 結論として、次亜塩素酸水を加湿器に入れた際の危険性は、 正しく使用できていれば問題ありません。 厚生労働省から認可されているというだけでも、かなり 安全性が確保されていることがわかりますよね。 除菌自体も正しく使用していれば効果なしということはありません。 加湿器にいれることによって 空間除菌も可能です。 「正しい使用用途なのに効果なしだ!」と感じたら、汚れに付着すると分解される性質なので、こまめに 次亜塩素酸水を追加した方がいいかもしれませんね。 何度も言いますが、使用方法を間違えるととても 危険性が高いものです。 しっかり管理した上で、適切に使用して下さい。 あまりにも効果なしだと感じたら、 使用方法に誤りはないか?確認することをオススメします。

次の

次亜塩素酸って体にかかってしまっても大丈夫?

次亜塩素酸水空気清浄機に入れて大丈夫

冬の時期に気になるのが「乾燥」 我が家でも部屋の中の乾燥が気になり、加湿器を出しました。 しかし、加湿器をつけても毎年一度はだれかが体調を崩してしまう我が家…。 そんな時、ママ友に「加湿器に次亜塩素酸水を入れると空気除菌できる」と教えてもらったので、さっそく通販で「次亜塩素酸水」を購入して試してみました。 この記事では 「次亜塩素酸水を加湿器に入れて部屋中を除菌する方法」をご紹介。 次亜塩素酸水の効果についても合わせてお伝えしますので、私と同じように乾燥が気になるという場合は、ぜひ最後まで読んでみてください。 加湿器に次亜塩素酸を入れて使う方法 加湿器に入れて使う次亜塩素酸水の割合ですが、メーカーによってバラバラです。 次亜塩素酸水の説明書をよく読み推奨されている割合で使って下さい。 ちなみに私の使っている次亜塩素酸水の割合は、水と次亜塩素酸水の割合を10:1でした。 実際に使った感想としては、 ・次亜塩素酸水を入れた場合、ただの水で加湿するよりも空気がさっぱりとさわやかな感じがする。 (消臭効果で気になっていた生活臭も薄れたので、余計にそう感じたのかもしれません) ・加湿器を使っている部屋独特のむわっとした感じがしなくなり、病院の綺麗な待合室のような空気清浄されたようないい匂いがする。 と、私はとても気に入りました。 「次亜塩素酸」の3つの効果 次亜塩素酸とは、除菌力・ウィルス抑制力に優れており厚生労働省のウィルス抑制マニュアルでも紹介されているものです。 みなさんよくご存じのプールや哺乳瓶の除菌、広く水道水の浄化や食材の洗浄などでも有名ですね。 次亜塩素酸水は空気除菌の効果がありますが、他にも消臭効果があります。 ということは、加湿器に次亜塩素酸水を入れて使えば、加湿器の本来の機能である 「加湿」に合わせて、 「除菌」と 「消臭」の役割もプラス出来るということになります。 一つだけ注意点として、次亜塩素酸水は基本的にどの加湿器にも使えますが、使用している加湿器でも問題ないか一度説明書などで確認してからお試しください。 冬の間の定番になりそうです^^ 私が 愛用 している 次亜塩素酸水は『ジアニスト』という商品です.

次の

【加湿用タンク】次亜塩素酸水を入れてもいいか?

次亜塩素酸水空気清浄機に入れて大丈夫

高い安全性と強力な除菌消臭効果で人気の【次亜塩素酸水】。 人やペットに使っても大丈夫なほど安全という話題も耳にしますが、あいまいな知識で誤用してしまうと危険な事故を招いてしまう恐れがあることをご存知でしょうか? 高い安全性を誇る【次亜塩素酸水】においても、実際に安心して使用するためには正しい知識を持つことが重要であることは言うまでもありません。 そこで今回は、次亜塩素酸水を安全に使用するための基礎知識や、人やペットに安全に使用するための重要なポイントについて解説してまいります。 次亜塩素酸とは 次亜塩素酸の危険性や、人やペットに使う際の注意点について解説するまえに、まずは次亜塩素酸の基礎知識について確認しておきましょう。 【次亜塩素酸】は、酸素原子に水素原子と塩素原子が結合することで出来る物質であり、その化学式は【HCIO】と表されます。 上記のいずれの成分においても殺菌作用を持っていますが【塩素ガス】には危険な有害性があるため、一般的には【次亜塩素酸】と【次亜塩素酸イオン】のふたつが次亜塩素酸を使用した除菌剤として製品となっています。 おすすめの次亜塩素酸消臭スプレー「ファビュラスシリーズ」 【次亜塩素酸水】と【次亜塩素酸ナトリウム水溶液】の違い 次亜塩素酸を用いた除菌剤として一般的に使用されているものには、主に【次亜塩素酸水】と【次亜塩素酸ナトリウム水溶液】の2種類があります。 このふたつは名前が似ていることからしばしば混同されてしまいがちですが、まったく異なる物質となるので使用にあたっては注意が必要です。 誤用による危険を避けるためにも、このふたつの違いをここでしっかりと確認しておきましょう。 次亜塩素酸水 次亜塩素酸 HCIO を水に溶かしたものが【次亜塩素酸水】であり、そのpH値は弱酸性~中性となります。 次亜塩素酸水には、次亜塩素酸ナトリウムの数十倍~数百倍ともいわれるほどの強力な除菌・消臭効果があることに加えて、厚生労働省より食品添加物 殺菌料 として認可されるほどの高い安全性があります。 この強力な除菌・消臭効果と高い安全性によって、公共機関や食品加工の現場をはじめ一般家庭の衛生管理まで幅広いシーンで活用されています。 また、有機物と反応することによって「ただの水」へと分解される性質があり、人体や動物への安全性と共に環境への高い安全性があることもわかっています。 次亜塩素酸ナトリウム水溶液 次亜塩素酸ナトリウムを水に溶かしたものが【次亜塩素酸ナトリウム水溶液】であり、その化学式は【NaClO】と表されます。 次亜塩素酸水と比較して【次亜塩素酸イオン】の含有量が多くなり、そのpHは強アルカリ性となります。 この次亜塩素酸ナトリウム水溶液は、漂白剤やトイレなどの洗剤として広く一般家庭などでも取り入れられていますが、次亜塩素酸よりも殺菌・消臭効果の弱い次亜塩素酸イオンが多く含まれているため、次亜塩素酸水の殺菌・消臭効果よりも効果が弱くなります。 さらに、強アルカリ性であるという性質によってタンパク質を溶かしてしまうため、人体やペットなどへの危険性があることがわかっています。 さらに次亜塩素酸ナトリウム水溶液には、酸性の液体と混ざることで有毒なガスを発生させるという大変危険な性質がありますので、取り扱いには十分な注意が必要となります。 人やペットに使えるのは【次亜塩素酸水】です! 【次亜塩素酸水】と【次亜塩素酸ナトリウム水溶液】についての上記の比較からもわかるように、【次亜塩素酸ナトリウム水溶液】にはタンパク質へと影響をおよぼす危険性があるため、人やペットには絶対に使用してはいけません。 人やペットへの影響が考慮されるシーンにおいては、適切な塩素濃度に調整された【次亜塩素酸水】を使用しましょう。 製品のラベルなどで【次亜塩素酸水】であることをしっかりと確認し、用途に応じた適切な塩素濃度での使用を心がけることが重要です。 おすすめの次亜塩素酸消臭スプレー「ファビュラスシリーズ」 用途に応じた次亜塩素酸水の塩素濃度 次亜塩素酸水の使用にあたっては、用途に応じた最適な塩素濃度での使用を心がけるとよいでしょう。 濃度200ppmと比較的に高濃度な次亜塩素酸水は、包丁・まな板・ふきんなどのキッチンツールやシンク・三角コーナーなどのキッチンの水回り、ゴミ箱やエアコンのフィルターなど、家庭内において雑菌の繁殖が心配な箇所の除菌や消臭に役立ちます。 また、ノロ・ロタなどのウイルス感染者の吐瀉物や排泄物の処理後の除菌や、風呂場やトイレなどの不衛生になりがちな箇所の除菌へと使用するとよいでしょう。 ご家庭で便利に使える次亜塩素酸水の製品タイプ 次亜塩素酸水には、濃度や用途に加えてパッケージ形状などもさまざまな製品があります。 大容量の詰め替え用の製品などもありますが、ご家庭内で手軽に噴霧するためにはスプレーボトルタイプのものがおすすめです。 また、製品によって塩素濃度がことなりますので、濃度が濃い場合には製品の説明にしたがって適切な濃度へと希釈して使用するよう心がけましょう。 おすすめの次亜塩素酸消臭スプレー「ファビュラスシリーズ」 <参考> ・新時代科学株式会社 ・Exclothes ・備える.

次の