源泉 徴収 票 の 見方。 【2020年版】「源泉徴収票」の見方を解説 チェックすべき項目はここ!|Bizpedia

知っておこう、源泉徴収票の見方 ~源泉徴収票の見方を知ると税金の仕組みが見えてくる~

源泉 徴収 票 の 見方

源泉徴収票の見方を解説 また、そもそも源泉徴収票がいつもらえるのか、どこでもらえるのかがわからない方はコチラの動画をご覧ください。 いわゆる「年収」を指します。 また、中途就職者で就職前に他の支払者から受け取った給与等も含めて年末調整を行った場合には、その給与等の金額も含まれます。 なお、内書きは未払いの金額が記載されています。 ポイントは、給与から控除される金額がある場合には、 控除される前の金額が記載されています。 いわゆる 年収をイメージして下さい。 非課税扱いとなる通勤手当などは含まれておりません。 他に収入等がない場合などにおいて、配偶者控除や扶養控除を判定する際の年収103万円などの基準の判定は、この金額で判定することになります。 なお、ここへの記載は、年末調整がされた場合のみ記載されることになります。 つまり、年の中途で退職した場合に交付された源泉徴収票などには記載されていないことになります。 この記載がない場合には、確定申告が必要となるケースがありますので注意して下さい。 具体的には、社会保険料控除、小規模企業共済等掛金控除、生命保険料控除、地震保険料控除、障害者控除、寡婦(寡夫)控除、勤労学生控除、配偶者控除、配偶者特別控除、扶養控除、基礎控除の額の合計額となります。 配偶者控除と配偶者特別控除は、重複して適用を受けることができません。 年末調整がされているサラリーマンなどが確定申告をする場合、この金額が、還付されるか、追加納税しなければならないか、の重要な判定要素になりますのでとても大切な金額となります。 年末調整がされた場合に記載されます。 扶養控除を受ける場合には、この欄に正しく記載されているか確認して下さい。 なお、特定欄は特定扶養親族を、老人欄は老人扶養親族を、その他欄は、特定扶養親族又は老人扶養親族以外 一般 の控除対象扶養親族を意味しています。 なお、内書きには小規模企業共済等掛金の額が記載されています。 年末調整がされた場合のみ記載されています。 控除限度額に達しているか確認してみましょう。 達していない場合には、生命保険料の控除もれがないか、もう一度確認しましょう。 こちらも参考にしてみて下さい。 年末調整がされた場合のみ記載されています。 控除限度額に達しているか確認してみましょう。 達していない場合には、地震保険料の控除もれがないか、もう一度確認しましょう。 【関連記事をチェック!】.

次の

源泉徴収票とは?見方や発行時期・税額の計算方法を全て解説 [一般事務で働く・転職する] All About

源泉 徴収 票 の 見方

源泉徴収票には、給与の金額や、天引きした社会保険料、各社員から提供された扶養控除や生命保険料控除などの情報をもとに年間の所得税を計算したものがまとめられている 個人事業主は、毎年確定申告してを自ら計算しています。 一方、会社員は給与に関する情報については会社が把握できるので、その分については会社が代わりに所得税を計算してくれます。 このことを年末調整と呼んでいます。 会社員で確定申告する方はごく一部だと思いますが、全員が確定申告しなくてもいいのは、会社が年末調整してくれるからなのです。 会社は、給与の金額や、天引きした、各社員から提供されたやなどの情報をもとに年間の所得税を計算して、源泉徴収票の紙にまとめます。 各社員は源泉徴収票で年収を確認できますし、ほかに所得がある場合や医療費控除などを受けるために確定申告する際に使用します。 以下、源泉徴収票の発行時期や見方について解説します。 <源泉徴収票の見方 目次>• 源泉徴収票の発行時期は? 源泉徴収票を会社から受け取る時期は、「毎年最後の給料の額が確定したあと」です。 具体的には12月の給与支給後になります。 年末調整は一年間のすべての給料やボーナス額を合算して計算するので、年収が確定しないと源泉徴収票も作れないのです。 実務上は、その年最後のを渡すときに、あわせて渡すことが多いです。 源泉徴収票はどう見るの? 源泉徴収票は「年末調整の結果表」ですので、年末調整時にあなたが会社に提出した情報が、そのまま反映されています。 源泉徴収票の項目と見方• 支払い金額• 給与所得控除後の金額• 所得控除の額の合計額• 源泉徴収税額• 控除対象配偶者・扶養親族 各欄に入っている金額について、一つずつ見ていきましょう。 源泉徴収票の見方:支払金額 上から二段目の支払金額は、毎年1月1日から12月31日までに支払われた給与・賞与の額面(振込額ではないので注意)の合計額です。 いわゆる年収ですね。 通勤手当は通常所得税がかからないので除かれています。 源泉徴収票の見方:給与所得控除後の金額 支払金額の右隣が給与所得控除後の金額です。 所得税を計算する上では、1.支払金額から一定額を控除することができ、それを控除した後の金額です。 控除とは、個人事業主の必要経費のようなもので、会社員の場合は決められた計算式を使って計算します。 控除額は年収に応じて変わり、最低額は65万円です。 1000万円超:220万円(上限) 上記の計算式で額を会社で計算して、支払金額から引いた金額が給与所得控除後の金額として記載されます。 給与所得控除について、2020年末の年末調整以降は、以下のように変更されます。 1000万円超:195万円(上限) 見ての通り、大きく変わっているポイントが2つあります。 一つは1,000万円超の上限が少なくなっています。 高所得者に対する増税のためです。 もう一つは、それ以外の部分も全体的に10万円少なくなっています。 これは高所得者以外にも増税なのか、というとそういうわけではありません。 給与所得控除が10万円減った分、基礎控除といって誰でも受けられる控除が10万円増えていますので、給与所得者にとっては、差引0円となっているのです。 源泉徴収票の見方:所得控除の額の合計額 上から2段目の、の額の合計額は、給与所得から引くことができる所得控除を合計したものです。 所得税計算上、給料から控除できる所得控除は大きく2つあります。 最も有名なのは、です。 年末調整時に生命保険会社からの証明書などを提出しますが、その内容をもとに計算された金額が「生命保険料の控除額」として、一つ下の段に書かれています。 地震保険料も年間5万円を上限に支払額が所得控除の対象となり、生命保険料の欄の右側に金額が書かれます。 生命保険料の左欄の「」は、一年間に給与から天引きされた、健康保険料・厚生年金保険料・雇用保険料の合計額です。 給与天引き分も広い意味では支出額といえ、天引きされた社会保険料は全額所得控除の対象となります。 ほかに、年末調整時に自己負担した社会保険料(家族の国民年金など)を申告していれば、その金額も加算されます。 これはやなど、なじみのある控除が中心となります。 イメージには数字が入っていませんが、「社会保険料等の金額」の欄の左に扶養対象者の人数が記載されますので、ちゃんと合っているかチェックしましょう。 また、として、誰でも必ず38万円の所得控除が受けられます。 は年末調整では受けられませんので、源泉徴収票に記載がありません。 理由としては、ほかの所得控除と違い、副業や投資などでほかの所得も合算した額によって控除額の上限が変わるからです。 年末調整は給与所得しか考慮されていないため、ほかの所得があるかどうかは確定申告しないと分かりません。 そのため、医療費控除は確定申告でのみ受けられるのです。 こうして「支出に関する控除」「家族に関する控除」「基礎控除」を合計した金額が、所得控除の額の合計額として源泉徴収票に記載されます。 源泉徴収票の見方:源泉徴収税額 上から2段目、一番右側の欄にあるのが源泉徴収税額です。 この金額が、年間の給与や所得控除を集計した上で最終的に計算された所得税です。 「源泉徴収税額」という名称なので、「給与天引きされた所得税の合計額」のように思っている方もいますが、正しくは「年末調整の精算が済んだあとの所得税額」がです。 源泉徴収票の見方:控除対象配偶者・扶養親族 2016年分の源泉徴収票から、人数だけでなく、誰を扶養に入れているかも明記されるようになりました。 抜け漏れがないか、また扶養から外れた配偶者や親族が記載されていないかを確認しましょう。 また、「」、いわゆる住宅ローン控除を受ける場合はその金額も引いたあとの額です。 住宅ローン控除は、所得控除と違って、最終的に計算された所得税から直接引くことができます。 所得税の税率は、以下のように計算します。 控除額は税率に応じて定額で20%の場合は42万7500円です。 住宅ローン控除の金額があれば、さらにこの金額から引いた額が「源泉徴収税額」となります。 マイナンバーは記載なしでOK 「会社にはを提出したのに、源泉徴収票に記載されていない」といった疑問を持つ方もいるかもしれません。 しかし、それで問題はありません。 個人情報保護のため、各社員に渡す源泉徴収票にはマイナンバーは記載しない取り扱いになっているのです。 確かに源泉徴収票は、確定申告以外にも部屋を借りるときに不動産屋さんに渡すなどの可能性もあり、思わぬ漏えいを招いてしまう場合がありますので、書いていない方が安心ですね。 ちなみに、会社から税務署や自治体に提出する税金関係の書類には本人や控除対象配偶者、扶養親族のマイナンバーがしっかり記載されます。 源泉徴収票を紛失したら?再発行の手続きは? 職場に依頼すれば、再発行してもらえます。 転職して会社が変わっている人も、以前の会社の経理担当に依頼すれば再発行してもらえます。 法律上、給与関係書類の最低保管期間は3年間なので、過去3年であればさかのぼって発行してもらえます。 勤務先が倒産してしまった、等のやむを得ない事情で再発行が難しい場合、確定申告で「源泉徴収票不交付の届出書」という書類を税務署に提出します。 詳しくは「」をご覧ください。 源泉徴収票・所得税額をしっかり確認しよう 年末調整という便利な制度のおかげで、自分がどれだけの所得税を納めているか分からない方も多いと思います。 とはいっても、やはり自分が納めている税金額です。 源泉徴収票の内容をしっかりと理解して、会社の計算が合っているかをチェックできるようにしたいですね。 【関連記事】•

次の

【2019年最新!】源泉徴収票の見方を日本一やさしく解説

源泉 徴収 票 の 見方

Contents• 給与所得の源泉徴収票ってなに? そもそも 「給与所得の源泉徴収票」とは何でしょうか? 私たちは、働いて収入を得たら所得税を納める義務がありますね。 簡単に言うと「 会社員さんたちいちいち申告大変だよね。 会社が計算して所得税納めてあげるからね!」と、 会社が納税者の代わりに納税したよという書類です。 源泉徴収票に書いてあることを「解読」できれば、所得税の仕組みについてよく分かりますよ。 POINT 「収入」と「所得」の違い これからお話する中で、「収入」と「所得」というワードがたくさん出てくるので、ザックリと違いを覚えておきましょう。 給与収入、給与所得、課税所得の関係を図にしてみました• 収入とは、給与・賞与の年間合計額のこと。 いわゆる年収。 所得とは、収入から必要経費等(給与所得控除)を差し引いた金額のこと。 [所得]税なので、色々差し引いた後の課税所得に税金がかかるということですね。 源泉徴収票の見方 まず、所得税の求め方を式で書いておきます。 源泉徴収票にふってある番号と説明がリンクしています。 5,687,249円一給与所得控除=4,007,200円となるわけです。 この給与所得控除とは何??わかりにくいなあと思いますよね。 下記で説明します。 給与所得控除とは? 個人事業主は、様々な経費を控除(差し引く)することができますが、サラリーマンはできないので不公平感があります。 そこで、スーツ代、靴代など会社に謝求できないけれど、かかっているものはあるよね!ということで、給与収入に応じて控除できるものが、給与所得控除。 サラリーマンの経費みたいなもの。 収入から経費が引かれたものが所得です。 では、収入に応じてどれくらいの経費が認められているのか見ていきます。 ってあれ??実際に計算してみると、少しばかり数字が合わないなあと思った方。 実は、 給与等の収入が660万円未満の方は、上記の表に拠らず『年末調整等のための給与所得控除後の給与等の金額の表(所得税法別表第五)』で給与所得が決まります。 聞いた話ですが、昔は税金の計算が手計算で大変だったので手間を省く為の方法であり、その名残だとか。 『年末調整等のための給与所得控除後の給与等の金額の表(所得税法別表第五)』より該当箇所 さて表を覗いて、5,687,249円の欄を見てみます。 イエローのラインを引いたところが該当箇所で、所得が4,007,200円だと分かります。 源泉徴収票とピッタリ一致しますね! ただこの表、 あまりにも見辛い!!のでご自身で確認するときは計算式に当てはめてみて、数千円合わない分は「年収660万円未満だとちょっとだけ違うんだったな」と思えば良いと思います。 e-gov. 一番上の年収のバーを年々下げ続けている国・・・。 こちらについては別記事で語ります。 この項目は、 「できるだけ個別の事情を見て大変な人は税金を減らしていくよ」です。 例えば、 「奥さん専業主婦なんだね」=配偶者控除 「高校生の子どもがいるのか、お金かかるから大変だね」=扶養控除 「大きな病気して大変だったね」=医療費控除 等、 色々な種類の所得控除があります。 つまり、同じ年収であっても人によって所得控除の額が違うので、支払う所得税額も異なります。 源泉徴収票では、青で番号をふった部分が所得控除です。 所得控除は以下の13種類あります。 配偶者控除• 扶養控除• 勤労学生控除• 寡婦控除(寡夫控除を含む)• 障害者控除• 医療費控除• 寄付金控除• 雑損控除• 社会保険料控除• 生命保険料控除• 地震保険料控除• 小規模企業共済等掛金控除 この記事ですべては説明できないので、よく使われる控除をお話します。 下記の条件に当てはまると配偶者控除が受けられます。 納税者本人の合計所得金額が1,000万円以下• 民法の規定による配偶者であること• 納税者と生計を一にしていること• 年間の合計所得金額が38万円以下であること (給与のみの場合は給与収入が103万円以下) よく103万円の壁と言われているのは、この控除と関連しているんですね。 (ただ、この所得の基準は令和2年から変わります) 【配偶者控除額の金額】 納税者本人の合計所得金額 控除額 900万円以下 38万円 900万円超950万円以下 26万円 950万円超1,000万円以下 13万円 奥さんが年収103万円超になったら控除はなくなるの? その場合は、 「配偶者控除ほどじゃないけど、少し控除しようか」ということで配偶者特別控除もあります。 例では何の印もないので控除はありません。 配偶者控除と同じで扶養家族の年間合計所得金額が38円以下であることが条件なので、アルバイトをバリバリしている大学生の子どもがいる場合は注意が必要です。 控除額は、扶養家族の年齢や同居の有無で変わります。 例では0なので、控除はありません。 「健康保険」「厚生年金保険」「介護保険」「雇用保険」のことを社会保険料と言います。 この払った金額全額が控除されます。 例の場合、690,314円です。 その時に加入している生命保険について年内に支払った保険料を報告したかと思います。 支払った保険料について一定額まで控除を受けることができます。 国税庁ホームページ No. nta. htm)より 保険の種類により、3つの控除枠がありますが、所得税は最高12万円控除となります。 例の場合、源泉徴収票に80,000円と記載がありますね。 載っていませんが、個人年金保険の控除が未使用です。 最後に、所得税を求めていきます。 さて計算の続きです。 しかし年収660万円未満は、別表で便宜上給与所得が決まっているので、4,007,200円。

次の