ゆー まろ ラッパー。 宇多丸

谷本真由美

ゆー まろ ラッパー

みのりは交際中の彼氏・山之内拓馬がヒップホップにハマりすぎ、どんなときでも韻を踏みたがることにイライラを募らせていました。 そんな恐ろしい終末世界を生き抜くため、みのりは知恵をしぼりながら、あれほど嫌悪していたラップの本質を探り、いつしかラップへの理解を深めていきます。 一般的になじみの薄かったフリースタイル(=即興)ラップバトルにいち早くアンテナを張り、エンターテインメントとしての可能性にスポットを当ててきました。 地上波で唯一、ラップバラエティをお届けしているテレビ局だからこそ、ラップに対する理解とリスペクトをベースに、真摯にドラマを作り上げていきます。 また、ゾンビホラーはもはや語る必要がないほど、ひとつのエンターテインメント分野として確立されています。 2014年、映画『魔女の宅急便』で主演を務め、鮮烈なスクリーンデビューを飾った若手女優・小芝風花。 NHKの連続テレビ小説『あさが来た』(2015年)でヒロインの娘・千代を演じて注目を集めたほか、2019年1月クールで放送されたドラマ10『トクサツガガガ』(NHK)で連続ドラマ初主演を果たし、今、最も注目を集める女優のひとりです。 『トクサツガガガ』で振り切った演技を見せて喝采を浴びた小芝が、本作では壮絶なサバイバルに身を投じ、本当に大切なことは何かをつかんでいくヒロインをひたむきに熱演。 なんと、ラップバトルにも初挑戦! 彼女が放つ渾身のラップは、まさにベストバウト!! 脚本は、映画『3月のライオン』(2017年)、『ビブリア古書堂の事件手帖』(2018年)、『麻雀放浪記2020』(2019年4月)など多数の話題作で知られる渡部亮平氏が手掛けています。 そして、演出は『豆腐プロレス』や『特捜9 season2』などのドラマをはじめ、『森山中教習所』(2016年)、『ヒーローマニア-生活-』(2016)…と、映画界でも遺憾なく才能を発揮する豊島圭介氏が担当! 最強のクルーが勢揃いし、本気の熱量で型破りなコミックをドラマ化! 金曜の夜、仕事や学校に疲れたすべての人に、笑いと興奮、そして愛と勇気を贈るコメディーホラーが誕生します。 ぜひご期待ください! ニュース 高崎壮太プロデューサー コメント SHACHIさんの「One Day」を初めて聞いた時、このドラマにぴったりの曲だなと思いました。 人生の主役は「自分」であるのだという確かな「決意」と「希望」、その一方で世界は一人では決して生きていけないのだというある種の「無力さ」に襲われる姿や葛藤を「都市空間(シティ)」を舞台に歌いあげる楽曲は、愛する人を失い、周りがラッパーゾンビ化していくカオスの中で、それでも前を向いて懸命に生きていく主人公・みのりの姿とダブって聞こえました。 哀しみや寂しさを感じさせる一方で確かな芯と決意を感じさせる「One Day」に心を鷲掴みにされました。 あろうことか担任教師の藤本加奈子(トリンドル玲奈)に彼氏の杉内マコト(萩原利久)を奪われ、「私の前でイチャイチャしないでよ!」などと、やさぐれながらも力を合わせてラッパーゾンビに立ち向かっていく役柄です。 井本は2017年、『第15回全日本国民的美少女コンテスト』でグランプリに輝き、同年放送の『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第9話で女優デビュー。 「モカは純粋で、本当にマコトくんのことが大好きで、嫉妬心や怒りが表に出る子。 「ラップがわからなくても、ゾンビが怖い方でも、ご覧になったすべての方を笑いに包んでくれる作品です。 私の新たな一面をお見せできると思いますので、是非ご覧ください!! 私が演じたモカとマコトくん、加奈子先生の3人の関係性や会話のテンポ感、そして、それぞれのキャラクターが面白いなと思いました! モカのマコトくんに対する愛がものすごく伝わってきて、人を本気で好きになっているモカが羨ましいなとも思いました。 15歳だけど15歳には見えなくて大人びていて、でもたまに駄々をこねたりするときに子どもっぽい面が出るというツンデレです。 小芝さんはとても優しくて温かい先輩で、「こんな私でよかったら、いつでも相談にのるよ」と言ってくださって、嬉しかったです! アドバイスもいただいたんですけど、どんなアドバイスかは皆さんには内緒にしておきます…(笑)。 緊張のせいか、セリフを何回も噛んでしまいしまいました…。 ラップがわからなくても、ゾンビが怖い方でも、きっとご覧になったすべての方を笑いに包んでくれる作品です! 私が出演する後編では、小芝さん演じるみのりと萩原利久さん演じるマコトくん、トリンドル玲奈さん演じる加奈子先生とさまざまなサバイバルを繰り広げていきます!! 共演者の方々のラップにもご注目ください……! そして、私の新たな一面をお見せできると思いますので、是非ご覧ください!! 自主練も! 佐藤寛太が演じるのは、主人公・みのりの彼氏・山之内拓馬。 彼は、国立大学の医学部に通う秀才ながら、ヒップホップにドハマり。 どんなときでも韻を踏みたがってみのりをイラつかせていました。 ところが、RAPウイルスのパンデミックが起きてからは行方不明に…! いったい拓馬はどこに行ってしまったのでしょうか…!? もしやウイルスに感染し、ラッパーゾンビと化してしまったのでしょうか…!? 今、最も注目を集める若手俳優のひとりである佐藤が、ヒップホップをこよなく愛する、医大生ラッパー・拓馬を熱演! 『劇団EXILE』のメンバーであり、演技だけでなく様々なことに挑戦している佐藤ですが、ラップは初挑戦とのことで、「YouTuberの方々の動画や、『フリースタイルダンジョン』をひたすら見たり、曲を聴いて覚えて口ずさんだり、たまには自分で書いてみたり(笑)。 「ゾンビムービーが好きな人も今まであまり好きじゃなかった人も、ラップを好きな人も今まであまり知らなかった人にも観て欲しい。 誰が観てもきっと楽しんでいただける作品に仕上がると思います」と、自信をのぞかせています。 レンコン農家の茂はラップとは無縁の昔気質の頑固オヤジですが、みのりを救うため、ゾンビ相手にラップバトルを仕掛けるシーンも!? 」と思いました。 マネージャーさんから急に「ラップできる?」と聞かれ、「いや、できないです」と話をした後に、このドラマのオファーをいただいていることを伝えられて…。 企画書を読ませていただき、「これは是非やらせていただきたい!!!」といった次第です。 秀逸な会話劇、テンポ感、キャラの完成度。 どれも最高でした。 YouTuberの方々の動画や、『フリースタイルダンジョン』をひたすら見たり、曲を聴いて覚えて口ずさんだり、たまには自分で書いてみたり(笑)。 いろいろやりました。 劇中でMVを撮影するシーンを撮ったのですが、割とノリノリでやらせていただきました。 きっと観た方は笑い倒しであろう今作。 色んなエンターテイメントがぎっしり詰め込まれています。 ゾンビムービーが好きな人も今まであまり好きじゃなかった人もラップを好きな人も今まであまり知らなかった人にも観て欲しい。 誰が観てもきっと楽しんでいただける作品に仕上がると思います。 歯みがけよ! 主な登場人物 茨城県で生まれ育ち、地元の工場に勤務する稲穂みのり(小芝風花)は、高校時代の同級生で国立大学の医学部に通う恋人・山之内拓馬(佐藤寛太)とつきあって3年半。 みのりにとって拓馬は自慢の恋人だったが、ここ半年というもの、拓馬はヒップホップにハマり、単なるラップ好きを通り越して、もはやラッパーの域。 いつでもどこでも韻を踏んでしゃべる彼に我慢ならなくなったみのりは、意を決して「ラップをやめるまで、恋人をやめたい」と告げる。 ところが、拓馬はそんな悲壮な決意にまで韻を踏んで返答する始末…。 絶望したみのりはその夜、父・茂(ブラザートム)とヤケ酒を飲む。 従業員たちはゾンビと化し、しかも口々にラップを口ずさみながら、人間に襲いかかっていたのだ! たまたま弁当を届けに来た茂に助けられ、なんとか工場から逃げ出したみのり。 しかし、すでに街中はラッパーゾンビであふれていた。 どうやらみのりと茂が泥酔し眠り込んでいる間に、正体不明のRAPウイルスが世界的なパンデミックを起こしたらしい。 拓馬の安否が気にかかるみのりは彼を捜すべく、茂と街へ。 偶然知り合った警察官のユイも同行し、サバイバルを開始するが…。 恋人・拓馬の行方を追ううち、ラッパーゾンビ集団に取り囲まれてしまったみのりは、絶体絶命のところを見知らぬ高校生たちに救われる。 助けてくれたのは、イケメン高校生・杉内マコト(萩原利久)とその元彼女・桜井モカ(井本彩花)、そして2人の担任教師・藤本加奈子(トリンドル玲奈)という3人組だった。 彼らの後押しを得たみのりは幾度となく危機に見舞われながら、拓馬がいるであろう、地元ラッパーたちの聖地を目指す。 さらに、道中出会った男・明智秀光(入江雅人)から、ラッパーゾンビが生き返るという、ある方法を聞くが…!? はたして、拓馬は無事なのか…!? そして、みのりは生き残ることができるのか…!? 恋人たち、はたまた人類の運命は…!? いったいどういうこと?」とビックリしまして…。 すぐに原作コミックを読ませていただき、「こういうことか!」と納得しました 笑。 なので、根本的には焦りや恐怖など、世界が壊れていくときの人間の心理を大切に演じたいなと思っています。 また、みのりは彼の行方を捜すために命の危険を顧みずサバイバルをはじめますが、命をかけられる程好きになれる人に出会えるのってうらやましいなと思うし、みのりの行動力は素敵! 個性の強いキャラクターたちに翻弄されながらも、みのりが成長していく過程をまっすぐに演じていきたいです。 今までまったく触れてこなかった分野なので、今はヒップホップ音楽を聴いたり、動画を見たりして勉強しています。 これからラップのことを深く知って、どんどん好きになれたらいいなと思います。 今回、解禁用ビジュアル撮影のため、カラーエクステを使ったヘアスタイルに挑戦しましたが、こんなハデハデな編み込みは初体験! ヘアメイク中、「どうなるんだろう?」って、興味津々でした。 メイクさんが次に何を手に取るのか、予想もつかなくて目が離せなかったです 笑。 ファッション的にも、パーカーが「オーバーすぎるやろ!」っていうぐらいオーバーサイズだったので、ダボっとしたヒップホップスタイルは、ものすごく新鮮でした。 ビートにのることに必死になって気持ちがおろそかにならないよう、監督と相談しながら作っていけたら…。 「こんなん、ありえへんやろ!」っていう、このドラマならではの面白い世界を楽しんでいただけるように頑張って演じていきます! 高崎壮太プロデューサー コメント 初めてこの企画を提出したとき「まったく意味が分からない。 分からないからこそ可能性はある…かも?いや…やっぱり、どうかな…うーん」と言われました。 それがどうにかこうにかドラマ化まで漕ぎつけました!ありがとうございます。 「ゾンビ」に「ラップ」にと多牌なこの企画ですが、決して無茶なコメディーがやりたいわけではありません。 終末世界でサバイバルに挑む女性、さらにラッパーゾンビと対峙していく中で気付いていく自分の本音、この作品の世界でしか描けないドラマに注目して頂ければと思っています。 主人公・みのりは誠実に必死に演じて頂ければ頂くほどこの作品がコメディーとして面白くなると信じていますので、小芝風花さんにこの役を演じて頂けるのを今からワクワクしております! (フリースタイルにはあまり詳しくないとのことなので、とりあえず『R-指定vsDOTAMA』はクランクイン前に見てもらうようにします!) 生と死(ゾンビ)、ラップと方言、都市と地方、エリートと普通人、メインカルチャーとカウンターカルチャー、本音と建て前、と面白いくらい「二項対立」が散らばっている本作なのですが、その対立項がごちゃっと丸飲みされる終末世界で巻き起こるドラマにもご注目ください! 原作のギャグやポテンシャルに応えつつ、さらにドラマ実写化で一皮むけた『ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ』をお見せ出来ればと思っております! スタッフ.

次の

宇多丸

ゆー まろ ラッパー

みのりは交際中の彼氏・山之内拓馬がヒップホップにハマりすぎ、どんなときでも韻を踏みたがることにイライラを募らせていました。 そんな恐ろしい終末世界を生き抜くため、みのりは知恵をしぼりながら、あれほど嫌悪していたラップの本質を探り、いつしかラップへの理解を深めていきます。 一般的になじみの薄かったフリースタイル(=即興)ラップバトルにいち早くアンテナを張り、エンターテインメントとしての可能性にスポットを当ててきました。 地上波で唯一、ラップバラエティをお届けしているテレビ局だからこそ、ラップに対する理解とリスペクトをベースに、真摯にドラマを作り上げていきます。 また、ゾンビホラーはもはや語る必要がないほど、ひとつのエンターテインメント分野として確立されています。 2014年、映画『魔女の宅急便』で主演を務め、鮮烈なスクリーンデビューを飾った若手女優・小芝風花。 NHKの連続テレビ小説『あさが来た』(2015年)でヒロインの娘・千代を演じて注目を集めたほか、2019年1月クールで放送されたドラマ10『トクサツガガガ』(NHK)で連続ドラマ初主演を果たし、今、最も注目を集める女優のひとりです。 『トクサツガガガ』で振り切った演技を見せて喝采を浴びた小芝が、本作では壮絶なサバイバルに身を投じ、本当に大切なことは何かをつかんでいくヒロインをひたむきに熱演。 なんと、ラップバトルにも初挑戦! 彼女が放つ渾身のラップは、まさにベストバウト!! 脚本は、映画『3月のライオン』(2017年)、『ビブリア古書堂の事件手帖』(2018年)、『麻雀放浪記2020』(2019年4月)など多数の話題作で知られる渡部亮平氏が手掛けています。 そして、演出は『豆腐プロレス』や『特捜9 season2』などのドラマをはじめ、『森山中教習所』(2016年)、『ヒーローマニア-生活-』(2016)…と、映画界でも遺憾なく才能を発揮する豊島圭介氏が担当! 最強のクルーが勢揃いし、本気の熱量で型破りなコミックをドラマ化! 金曜の夜、仕事や学校に疲れたすべての人に、笑いと興奮、そして愛と勇気を贈るコメディーホラーが誕生します。 ぜひご期待ください! ニュース 高崎壮太プロデューサー コメント SHACHIさんの「One Day」を初めて聞いた時、このドラマにぴったりの曲だなと思いました。 人生の主役は「自分」であるのだという確かな「決意」と「希望」、その一方で世界は一人では決して生きていけないのだというある種の「無力さ」に襲われる姿や葛藤を「都市空間(シティ)」を舞台に歌いあげる楽曲は、愛する人を失い、周りがラッパーゾンビ化していくカオスの中で、それでも前を向いて懸命に生きていく主人公・みのりの姿とダブって聞こえました。 哀しみや寂しさを感じさせる一方で確かな芯と決意を感じさせる「One Day」に心を鷲掴みにされました。 あろうことか担任教師の藤本加奈子(トリンドル玲奈)に彼氏の杉内マコト(萩原利久)を奪われ、「私の前でイチャイチャしないでよ!」などと、やさぐれながらも力を合わせてラッパーゾンビに立ち向かっていく役柄です。 井本は2017年、『第15回全日本国民的美少女コンテスト』でグランプリに輝き、同年放送の『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第9話で女優デビュー。 「モカは純粋で、本当にマコトくんのことが大好きで、嫉妬心や怒りが表に出る子。 「ラップがわからなくても、ゾンビが怖い方でも、ご覧になったすべての方を笑いに包んでくれる作品です。 私の新たな一面をお見せできると思いますので、是非ご覧ください!! 私が演じたモカとマコトくん、加奈子先生の3人の関係性や会話のテンポ感、そして、それぞれのキャラクターが面白いなと思いました! モカのマコトくんに対する愛がものすごく伝わってきて、人を本気で好きになっているモカが羨ましいなとも思いました。 15歳だけど15歳には見えなくて大人びていて、でもたまに駄々をこねたりするときに子どもっぽい面が出るというツンデレです。 小芝さんはとても優しくて温かい先輩で、「こんな私でよかったら、いつでも相談にのるよ」と言ってくださって、嬉しかったです! アドバイスもいただいたんですけど、どんなアドバイスかは皆さんには内緒にしておきます…(笑)。 緊張のせいか、セリフを何回も噛んでしまいしまいました…。 ラップがわからなくても、ゾンビが怖い方でも、きっとご覧になったすべての方を笑いに包んでくれる作品です! 私が出演する後編では、小芝さん演じるみのりと萩原利久さん演じるマコトくん、トリンドル玲奈さん演じる加奈子先生とさまざまなサバイバルを繰り広げていきます!! 共演者の方々のラップにもご注目ください……! そして、私の新たな一面をお見せできると思いますので、是非ご覧ください!! 自主練も! 佐藤寛太が演じるのは、主人公・みのりの彼氏・山之内拓馬。 彼は、国立大学の医学部に通う秀才ながら、ヒップホップにドハマり。 どんなときでも韻を踏みたがってみのりをイラつかせていました。 ところが、RAPウイルスのパンデミックが起きてからは行方不明に…! いったい拓馬はどこに行ってしまったのでしょうか…!? もしやウイルスに感染し、ラッパーゾンビと化してしまったのでしょうか…!? 今、最も注目を集める若手俳優のひとりである佐藤が、ヒップホップをこよなく愛する、医大生ラッパー・拓馬を熱演! 『劇団EXILE』のメンバーであり、演技だけでなく様々なことに挑戦している佐藤ですが、ラップは初挑戦とのことで、「YouTuberの方々の動画や、『フリースタイルダンジョン』をひたすら見たり、曲を聴いて覚えて口ずさんだり、たまには自分で書いてみたり(笑)。 「ゾンビムービーが好きな人も今まであまり好きじゃなかった人も、ラップを好きな人も今まであまり知らなかった人にも観て欲しい。 誰が観てもきっと楽しんでいただける作品に仕上がると思います」と、自信をのぞかせています。 レンコン農家の茂はラップとは無縁の昔気質の頑固オヤジですが、みのりを救うため、ゾンビ相手にラップバトルを仕掛けるシーンも!? 」と思いました。 マネージャーさんから急に「ラップできる?」と聞かれ、「いや、できないです」と話をした後に、このドラマのオファーをいただいていることを伝えられて…。 企画書を読ませていただき、「これは是非やらせていただきたい!!!」といった次第です。 秀逸な会話劇、テンポ感、キャラの完成度。 どれも最高でした。 YouTuberの方々の動画や、『フリースタイルダンジョン』をひたすら見たり、曲を聴いて覚えて口ずさんだり、たまには自分で書いてみたり(笑)。 いろいろやりました。 劇中でMVを撮影するシーンを撮ったのですが、割とノリノリでやらせていただきました。 きっと観た方は笑い倒しであろう今作。 色んなエンターテイメントがぎっしり詰め込まれています。 ゾンビムービーが好きな人も今まであまり好きじゃなかった人もラップを好きな人も今まであまり知らなかった人にも観て欲しい。 誰が観てもきっと楽しんでいただける作品に仕上がると思います。 歯みがけよ! 主な登場人物 茨城県で生まれ育ち、地元の工場に勤務する稲穂みのり(小芝風花)は、高校時代の同級生で国立大学の医学部に通う恋人・山之内拓馬(佐藤寛太)とつきあって3年半。 みのりにとって拓馬は自慢の恋人だったが、ここ半年というもの、拓馬はヒップホップにハマり、単なるラップ好きを通り越して、もはやラッパーの域。 いつでもどこでも韻を踏んでしゃべる彼に我慢ならなくなったみのりは、意を決して「ラップをやめるまで、恋人をやめたい」と告げる。 ところが、拓馬はそんな悲壮な決意にまで韻を踏んで返答する始末…。 絶望したみのりはその夜、父・茂(ブラザートム)とヤケ酒を飲む。 従業員たちはゾンビと化し、しかも口々にラップを口ずさみながら、人間に襲いかかっていたのだ! たまたま弁当を届けに来た茂に助けられ、なんとか工場から逃げ出したみのり。 しかし、すでに街中はラッパーゾンビであふれていた。 どうやらみのりと茂が泥酔し眠り込んでいる間に、正体不明のRAPウイルスが世界的なパンデミックを起こしたらしい。 拓馬の安否が気にかかるみのりは彼を捜すべく、茂と街へ。 偶然知り合った警察官のユイも同行し、サバイバルを開始するが…。 恋人・拓馬の行方を追ううち、ラッパーゾンビ集団に取り囲まれてしまったみのりは、絶体絶命のところを見知らぬ高校生たちに救われる。 助けてくれたのは、イケメン高校生・杉内マコト(萩原利久)とその元彼女・桜井モカ(井本彩花)、そして2人の担任教師・藤本加奈子(トリンドル玲奈)という3人組だった。 彼らの後押しを得たみのりは幾度となく危機に見舞われながら、拓馬がいるであろう、地元ラッパーたちの聖地を目指す。 さらに、道中出会った男・明智秀光(入江雅人)から、ラッパーゾンビが生き返るという、ある方法を聞くが…!? はたして、拓馬は無事なのか…!? そして、みのりは生き残ることができるのか…!? 恋人たち、はたまた人類の運命は…!? いったいどういうこと?」とビックリしまして…。 すぐに原作コミックを読ませていただき、「こういうことか!」と納得しました 笑。 なので、根本的には焦りや恐怖など、世界が壊れていくときの人間の心理を大切に演じたいなと思っています。 また、みのりは彼の行方を捜すために命の危険を顧みずサバイバルをはじめますが、命をかけられる程好きになれる人に出会えるのってうらやましいなと思うし、みのりの行動力は素敵! 個性の強いキャラクターたちに翻弄されながらも、みのりが成長していく過程をまっすぐに演じていきたいです。 今までまったく触れてこなかった分野なので、今はヒップホップ音楽を聴いたり、動画を見たりして勉強しています。 これからラップのことを深く知って、どんどん好きになれたらいいなと思います。 今回、解禁用ビジュアル撮影のため、カラーエクステを使ったヘアスタイルに挑戦しましたが、こんなハデハデな編み込みは初体験! ヘアメイク中、「どうなるんだろう?」って、興味津々でした。 メイクさんが次に何を手に取るのか、予想もつかなくて目が離せなかったです 笑。 ファッション的にも、パーカーが「オーバーすぎるやろ!」っていうぐらいオーバーサイズだったので、ダボっとしたヒップホップスタイルは、ものすごく新鮮でした。 ビートにのることに必死になって気持ちがおろそかにならないよう、監督と相談しながら作っていけたら…。 「こんなん、ありえへんやろ!」っていう、このドラマならではの面白い世界を楽しんでいただけるように頑張って演じていきます! 高崎壮太プロデューサー コメント 初めてこの企画を提出したとき「まったく意味が分からない。 分からないからこそ可能性はある…かも?いや…やっぱり、どうかな…うーん」と言われました。 それがどうにかこうにかドラマ化まで漕ぎつけました!ありがとうございます。 「ゾンビ」に「ラップ」にと多牌なこの企画ですが、決して無茶なコメディーがやりたいわけではありません。 終末世界でサバイバルに挑む女性、さらにラッパーゾンビと対峙していく中で気付いていく自分の本音、この作品の世界でしか描けないドラマに注目して頂ければと思っています。 主人公・みのりは誠実に必死に演じて頂ければ頂くほどこの作品がコメディーとして面白くなると信じていますので、小芝風花さんにこの役を演じて頂けるのを今からワクワクしております! (フリースタイルにはあまり詳しくないとのことなので、とりあえず『R-指定vsDOTAMA』はクランクイン前に見てもらうようにします!) 生と死(ゾンビ)、ラップと方言、都市と地方、エリートと普通人、メインカルチャーとカウンターカルチャー、本音と建て前、と面白いくらい「二項対立」が散らばっている本作なのですが、その対立項がごちゃっと丸飲みされる終末世界で巻き起こるドラマにもご注目ください! 原作のギャグやポテンシャルに応えつつ、さらにドラマ実写化で一皮むけた『ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ』をお見せ出来ればと思っております! スタッフ.

次の

‎Apple Music

ゆー まろ ラッパー

みのりは交際中の彼氏・山之内拓馬がヒップホップにハマりすぎ、どんなときでも韻を踏みたがることにイライラを募らせていました。 そんな恐ろしい終末世界を生き抜くため、みのりは知恵をしぼりながら、あれほど嫌悪していたラップの本質を探り、いつしかラップへの理解を深めていきます。 一般的になじみの薄かったフリースタイル(=即興)ラップバトルにいち早くアンテナを張り、エンターテインメントとしての可能性にスポットを当ててきました。 地上波で唯一、ラップバラエティをお届けしているテレビ局だからこそ、ラップに対する理解とリスペクトをベースに、真摯にドラマを作り上げていきます。 また、ゾンビホラーはもはや語る必要がないほど、ひとつのエンターテインメント分野として確立されています。 2014年、映画『魔女の宅急便』で主演を務め、鮮烈なスクリーンデビューを飾った若手女優・小芝風花。 NHKの連続テレビ小説『あさが来た』(2015年)でヒロインの娘・千代を演じて注目を集めたほか、2019年1月クールで放送されたドラマ10『トクサツガガガ』(NHK)で連続ドラマ初主演を果たし、今、最も注目を集める女優のひとりです。 『トクサツガガガ』で振り切った演技を見せて喝采を浴びた小芝が、本作では壮絶なサバイバルに身を投じ、本当に大切なことは何かをつかんでいくヒロインをひたむきに熱演。 なんと、ラップバトルにも初挑戦! 彼女が放つ渾身のラップは、まさにベストバウト!! 脚本は、映画『3月のライオン』(2017年)、『ビブリア古書堂の事件手帖』(2018年)、『麻雀放浪記2020』(2019年4月)など多数の話題作で知られる渡部亮平氏が手掛けています。 そして、演出は『豆腐プロレス』や『特捜9 season2』などのドラマをはじめ、『森山中教習所』(2016年)、『ヒーローマニア-生活-』(2016)…と、映画界でも遺憾なく才能を発揮する豊島圭介氏が担当! 最強のクルーが勢揃いし、本気の熱量で型破りなコミックをドラマ化! 金曜の夜、仕事や学校に疲れたすべての人に、笑いと興奮、そして愛と勇気を贈るコメディーホラーが誕生します。 ぜひご期待ください! ニュース 高崎壮太プロデューサー コメント SHACHIさんの「One Day」を初めて聞いた時、このドラマにぴったりの曲だなと思いました。 人生の主役は「自分」であるのだという確かな「決意」と「希望」、その一方で世界は一人では決して生きていけないのだというある種の「無力さ」に襲われる姿や葛藤を「都市空間(シティ)」を舞台に歌いあげる楽曲は、愛する人を失い、周りがラッパーゾンビ化していくカオスの中で、それでも前を向いて懸命に生きていく主人公・みのりの姿とダブって聞こえました。 哀しみや寂しさを感じさせる一方で確かな芯と決意を感じさせる「One Day」に心を鷲掴みにされました。 あろうことか担任教師の藤本加奈子(トリンドル玲奈)に彼氏の杉内マコト(萩原利久)を奪われ、「私の前でイチャイチャしないでよ!」などと、やさぐれながらも力を合わせてラッパーゾンビに立ち向かっていく役柄です。 井本は2017年、『第15回全日本国民的美少女コンテスト』でグランプリに輝き、同年放送の『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第9話で女優デビュー。 「モカは純粋で、本当にマコトくんのことが大好きで、嫉妬心や怒りが表に出る子。 「ラップがわからなくても、ゾンビが怖い方でも、ご覧になったすべての方を笑いに包んでくれる作品です。 私の新たな一面をお見せできると思いますので、是非ご覧ください!! 私が演じたモカとマコトくん、加奈子先生の3人の関係性や会話のテンポ感、そして、それぞれのキャラクターが面白いなと思いました! モカのマコトくんに対する愛がものすごく伝わってきて、人を本気で好きになっているモカが羨ましいなとも思いました。 15歳だけど15歳には見えなくて大人びていて、でもたまに駄々をこねたりするときに子どもっぽい面が出るというツンデレです。 小芝さんはとても優しくて温かい先輩で、「こんな私でよかったら、いつでも相談にのるよ」と言ってくださって、嬉しかったです! アドバイスもいただいたんですけど、どんなアドバイスかは皆さんには内緒にしておきます…(笑)。 緊張のせいか、セリフを何回も噛んでしまいしまいました…。 ラップがわからなくても、ゾンビが怖い方でも、きっとご覧になったすべての方を笑いに包んでくれる作品です! 私が出演する後編では、小芝さん演じるみのりと萩原利久さん演じるマコトくん、トリンドル玲奈さん演じる加奈子先生とさまざまなサバイバルを繰り広げていきます!! 共演者の方々のラップにもご注目ください……! そして、私の新たな一面をお見せできると思いますので、是非ご覧ください!! 自主練も! 佐藤寛太が演じるのは、主人公・みのりの彼氏・山之内拓馬。 彼は、国立大学の医学部に通う秀才ながら、ヒップホップにドハマり。 どんなときでも韻を踏みたがってみのりをイラつかせていました。 ところが、RAPウイルスのパンデミックが起きてからは行方不明に…! いったい拓馬はどこに行ってしまったのでしょうか…!? もしやウイルスに感染し、ラッパーゾンビと化してしまったのでしょうか…!? 今、最も注目を集める若手俳優のひとりである佐藤が、ヒップホップをこよなく愛する、医大生ラッパー・拓馬を熱演! 『劇団EXILE』のメンバーであり、演技だけでなく様々なことに挑戦している佐藤ですが、ラップは初挑戦とのことで、「YouTuberの方々の動画や、『フリースタイルダンジョン』をひたすら見たり、曲を聴いて覚えて口ずさんだり、たまには自分で書いてみたり(笑)。 「ゾンビムービーが好きな人も今まであまり好きじゃなかった人も、ラップを好きな人も今まであまり知らなかった人にも観て欲しい。 誰が観てもきっと楽しんでいただける作品に仕上がると思います」と、自信をのぞかせています。 レンコン農家の茂はラップとは無縁の昔気質の頑固オヤジですが、みのりを救うため、ゾンビ相手にラップバトルを仕掛けるシーンも!? 」と思いました。 マネージャーさんから急に「ラップできる?」と聞かれ、「いや、できないです」と話をした後に、このドラマのオファーをいただいていることを伝えられて…。 企画書を読ませていただき、「これは是非やらせていただきたい!!!」といった次第です。 秀逸な会話劇、テンポ感、キャラの完成度。 どれも最高でした。 YouTuberの方々の動画や、『フリースタイルダンジョン』をひたすら見たり、曲を聴いて覚えて口ずさんだり、たまには自分で書いてみたり(笑)。 いろいろやりました。 劇中でMVを撮影するシーンを撮ったのですが、割とノリノリでやらせていただきました。 きっと観た方は笑い倒しであろう今作。 色んなエンターテイメントがぎっしり詰め込まれています。 ゾンビムービーが好きな人も今まであまり好きじゃなかった人もラップを好きな人も今まであまり知らなかった人にも観て欲しい。 誰が観てもきっと楽しんでいただける作品に仕上がると思います。 歯みがけよ! 主な登場人物 茨城県で生まれ育ち、地元の工場に勤務する稲穂みのり(小芝風花)は、高校時代の同級生で国立大学の医学部に通う恋人・山之内拓馬(佐藤寛太)とつきあって3年半。 みのりにとって拓馬は自慢の恋人だったが、ここ半年というもの、拓馬はヒップホップにハマり、単なるラップ好きを通り越して、もはやラッパーの域。 いつでもどこでも韻を踏んでしゃべる彼に我慢ならなくなったみのりは、意を決して「ラップをやめるまで、恋人をやめたい」と告げる。 ところが、拓馬はそんな悲壮な決意にまで韻を踏んで返答する始末…。 絶望したみのりはその夜、父・茂(ブラザートム)とヤケ酒を飲む。 従業員たちはゾンビと化し、しかも口々にラップを口ずさみながら、人間に襲いかかっていたのだ! たまたま弁当を届けに来た茂に助けられ、なんとか工場から逃げ出したみのり。 しかし、すでに街中はラッパーゾンビであふれていた。 どうやらみのりと茂が泥酔し眠り込んでいる間に、正体不明のRAPウイルスが世界的なパンデミックを起こしたらしい。 拓馬の安否が気にかかるみのりは彼を捜すべく、茂と街へ。 偶然知り合った警察官のユイも同行し、サバイバルを開始するが…。 恋人・拓馬の行方を追ううち、ラッパーゾンビ集団に取り囲まれてしまったみのりは、絶体絶命のところを見知らぬ高校生たちに救われる。 助けてくれたのは、イケメン高校生・杉内マコト(萩原利久)とその元彼女・桜井モカ(井本彩花)、そして2人の担任教師・藤本加奈子(トリンドル玲奈)という3人組だった。 彼らの後押しを得たみのりは幾度となく危機に見舞われながら、拓馬がいるであろう、地元ラッパーたちの聖地を目指す。 さらに、道中出会った男・明智秀光(入江雅人)から、ラッパーゾンビが生き返るという、ある方法を聞くが…!? はたして、拓馬は無事なのか…!? そして、みのりは生き残ることができるのか…!? 恋人たち、はたまた人類の運命は…!? いったいどういうこと?」とビックリしまして…。 すぐに原作コミックを読ませていただき、「こういうことか!」と納得しました 笑。 なので、根本的には焦りや恐怖など、世界が壊れていくときの人間の心理を大切に演じたいなと思っています。 また、みのりは彼の行方を捜すために命の危険を顧みずサバイバルをはじめますが、命をかけられる程好きになれる人に出会えるのってうらやましいなと思うし、みのりの行動力は素敵! 個性の強いキャラクターたちに翻弄されながらも、みのりが成長していく過程をまっすぐに演じていきたいです。 今までまったく触れてこなかった分野なので、今はヒップホップ音楽を聴いたり、動画を見たりして勉強しています。 これからラップのことを深く知って、どんどん好きになれたらいいなと思います。 今回、解禁用ビジュアル撮影のため、カラーエクステを使ったヘアスタイルに挑戦しましたが、こんなハデハデな編み込みは初体験! ヘアメイク中、「どうなるんだろう?」って、興味津々でした。 メイクさんが次に何を手に取るのか、予想もつかなくて目が離せなかったです 笑。 ファッション的にも、パーカーが「オーバーすぎるやろ!」っていうぐらいオーバーサイズだったので、ダボっとしたヒップホップスタイルは、ものすごく新鮮でした。 ビートにのることに必死になって気持ちがおろそかにならないよう、監督と相談しながら作っていけたら…。 「こんなん、ありえへんやろ!」っていう、このドラマならではの面白い世界を楽しんでいただけるように頑張って演じていきます! 高崎壮太プロデューサー コメント 初めてこの企画を提出したとき「まったく意味が分からない。 分からないからこそ可能性はある…かも?いや…やっぱり、どうかな…うーん」と言われました。 それがどうにかこうにかドラマ化まで漕ぎつけました!ありがとうございます。 「ゾンビ」に「ラップ」にと多牌なこの企画ですが、決して無茶なコメディーがやりたいわけではありません。 終末世界でサバイバルに挑む女性、さらにラッパーゾンビと対峙していく中で気付いていく自分の本音、この作品の世界でしか描けないドラマに注目して頂ければと思っています。 主人公・みのりは誠実に必死に演じて頂ければ頂くほどこの作品がコメディーとして面白くなると信じていますので、小芝風花さんにこの役を演じて頂けるのを今からワクワクしております! (フリースタイルにはあまり詳しくないとのことなので、とりあえず『R-指定vsDOTAMA』はクランクイン前に見てもらうようにします!) 生と死(ゾンビ)、ラップと方言、都市と地方、エリートと普通人、メインカルチャーとカウンターカルチャー、本音と建て前、と面白いくらい「二項対立」が散らばっている本作なのですが、その対立項がごちゃっと丸飲みされる終末世界で巻き起こるドラマにもご注目ください! 原作のギャグやポテンシャルに応えつつ、さらにドラマ実写化で一皮むけた『ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ』をお見せ出来ればと思っております! スタッフ.

次の