柴咲 コウ ツイッター。 「種苗法改正案」で農家が窮地に? 柴咲コウ警鐘も、農水省「誤解が解ければ反対する理由ないのでは」: J

「エール」柴咲コウ 圧巻の歌声がネット話題「吹き替えなし?」「感動」世界的なオペラ歌手・双浦環役:スポニチ

柴咲 コウ ツイッター

「新型コロナの水面下で、『種苗法』改正が行われようとしています。 自家採取禁止。 このままでは日本の農家さんが窮地に立たされてしまいます。 これは、他人事ではありません。 自分たちの食卓に直結することです」 とツイートしています(編注:現在当該ツイートは削除されています)。 柴咲さんは、以前から自給自足生活への憧れを語るなど、農業や環境問題に強い関心を持っているようで、昨年は政府の環境特別広報大使にも任命されました。 改正のキーワードは「グローバル化」 種苗法は「しゅびょうほう」と読み、植物の新品種の保護が法律の目的となっていて、1991年に改正されています。 新品種開発の際、一定のお金を払って「登録品種」申請を行います。 国から「育成者権」という、その登録品種の種苗の生産、増殖、販売などを、一定期間占有する権利が与えられるのです。 育成者権を得ると25年の間、登録品種の「種苗」「収穫物」「加工品」をビジネスとして利用する権利を専有することが保護されます。 新品種開発には、膨大な時間と労力がかかりますからね。 当然、それに見合った対価を得るための権利は主張したいでしょう。 ここまでは、芸術作品、例えば漫画や楽曲の著作権に似た感じのイメージで理解しやすいものかと思います。 今回の改正のキーワードは、「グローバル化」にあります。 3月3日に改正案を閣議決定して国会に提出した農水省サイトの説明によると、日本で開発されたブドウやイチゴなどの優良品種が海外に流出し、第3国に輸出・産地化されるケースがあるなどとして、国内で品種開発を滞らせないよう、新品種を保護するのが目的としています。 有名な話が2018年韓国平昌冬季五輪でカーリング女子チーム「もぐもぐタイム」のいちごが、日本で開発された「とちおとめ」と「レッドパール」が、無断で韓国に流出されて現地で生産された高級イチゴだということです。 どのようなルートでこれら品種が流出したか正確なことは分かっていないものの、種子等の流出が水面下で行われているのは事実のようです。 ここまでの流れだと「なるほど」と思うのですが、話がややこしくなるのはここからです。 ここからがわからなくなってきます。 さきほどの著作権にも似た「育成者権」が保証されないケースがあります。 それは、 ・試験または研究目的での利用 ・農業者の自家増殖 です。 自家増殖…? ページ内の商標は全て商標権者に属します。 銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、本サイトに掲載している全ての記事およびデータについては、その情報源の確実性を保証したものではありません。 本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

次の

【パヨク】柴咲コウ、炎上ツイート消し後も「種苗法改正案」反対署名運動 ネット「農家を敵に回した」「赤旗女優」「共産党だけでなくカルト臭も…

柴咲 コウ ツイッター

俳優の窪田正孝(31)が主演を務めるNHK連続テレビ小説「エール」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)の第7話が7日に放送され、朝ドラ初出演の女優・柴咲コウ(38)が初登場した。 主人公夫婦に大きな影響を与える世界的なオペラ歌手・双浦環(ふたうら・たまき)役で、吹き替えなしの圧巻の歌声をいきなり披露。 インターネット上には絶賛と驚きの声が相次ぎ、反響を呼んだ。 朝ドラ通算102作目。 モデルは全国高等学校野球選手権大会の歌「栄冠は君に輝く」などで知られ、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而(こせき・ゆうじ)氏(1909~1989)と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏。 昭和という激動の時代を舞台に、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家・古山裕一(窪田)と妻・関内音(二階堂)の夫婦愛を描く。 男性主演は14年後期「マッサン」の玉山鉄二(39)以来、約6年ぶり。 第7話は、大正12年(1923年)。 のちに裕一の運命の人になる音(清水香帆)は、まだ11歳。 元陸軍の獣医で、今は馬具を卸す仕事をしている父・安隆(光石研)と母・光子(薬師丸ひろ子)の下、姉の吟(本間叶愛)と妹の梅(新津ちせ)とともに、豊橋ですくすくと自由に育っていた。 ある日、音のクラスで最高学年恒例の学芸会の演目を決めることに。 音の提案をきっかけに、演目は「竹取物語」に決まるが、翌日の役決めで…という展開。 そして、琴の演奏のため、父と教会に向かった音は、のちの人生に大きな影響を与える人となるオペラ歌手の双浦環(柴咲)の歌を聴き、その姿にクギ付けになった。 柴咲のオペラ「私のお父さん」歌唱はラスト約20秒。 その高音域は視聴者も魅了した。 SNS上には「柴咲コウさんの歌声、きれいすぎてビックリ。 感動」「コウちゃん、オペラ凄かった…予想を遥かに超えました」「アッという間の出演シーンだったけど、そのお姿と歌声に自然に涙が出てきた。 本当に天から舞い降りてきた歌姫だ」「(音にとっての)『生涯忘れることのない瞬間』に説得力がありすぎる柴咲コウ」「吹き替えなしでご本人が歌っているとのことだから、立派だ」「番宣で吹替なしって言っていたから、これも柴咲コウの生声なのか」「柴咲コウちゃん、吹き替えなしの本人?オペラ歌えるの?」「美声は柴咲コウの声?凄いな」などの書き込みが続出した。 「柴咲コウ」がツイッターのトレンド入り。 双浦環役のモデルとなった日本人初の国際プリマドンナ(オペラの主役となる女性歌手)三浦環さん(1884~1946)もYahoo!リアルタイム検索の11位に上昇した(午前9時現在)。 1998年の女優デビューから20年以上のキャリアを誇るが、朝ドラ出演は今回が初。 地上波連続ドラマへのレギュラー出演は、主演を務めた2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」以来3年ぶり。 歌手役は03年公開の映画「黄泉がえり」以来17年ぶりで、テレビドラマ初となった。 02年に歌手デビュー。 03年に映画「黄泉がえり」の主題歌「月のしずく」(役名RUI名義)がミリオンセラーとなった。 作詞も手掛け、定評がある。 ドラマは昨年9月中旬にクランクイン。 柴咲は11月中旬に合流したが、その前の7月上旬から歌の練習を開始。 最低週1~2回、1回2時間近くのレッスン。 声楽の基礎から学び直した。 今年1月のインタビュー時は「練習でカメラが回っていないと、どう撮られているかを気にしないで純粋に『あんなに声が出た』のに、いざ本番になると、20年以上やってきたお芝居のスイッチが入って邪魔してしまうのか、声が出にくくなって。 本当に壁にぶち当たっています。 繊細な部分が声に影響してしまうんだと感じています」と苦戦ぶりを吐露したが、不安は杞憂。 圧倒的な歌唱力を示した朝ドラデビューとなった。 2020年04月07日 09時16分 芸能.

次の

柴咲コウ “炎上ツイート消し”後も行われていた「種苗法改正案」反対署名運動(週刊女性PRIME)

柴咲 コウ ツイッター

いま、が世にはなったメッセージが波紋を呼んでいる。 《新型コロナの水面下で、「種苗法」改正が行われようとしています。 自家採取禁止。 このままでは日本の農家さんが窮地に立たされてしまいます。 これは、他人事ではありません。 自分たちの食卓に直結することです》 4月30日、彼女のツイッターに投稿された(現在は削除済み)この文言の影響もあってか、5月20日、ブランド農産品種の苗木などを海外に持ち出すことを規制する『種苗法改正案』の成立を見送る可能性が明らかになった。 毎日新聞のデジタル版がこの件について報じたときのタイトルが《「種苗法改正案」今国会成立を断念へ 柴咲コウさんの懸念ツイートで慎重論拡大》だ。 ツイッターでは、柴咲の名前が一時、トレンド入りするほどの事態となり、なかには彼女の意見に反対する農家も出てくるなど炎上と論争が巻き起こった。 農水省のサイトに掲載されていない例も この改正案は『シャインマスカット』や『とちおとめ』といった高級国産品が中国や韓国に持ち出された種や苗木が独自の新品種として出回っている被害を食い止めようと政府が提案したもの。 各農家が自分の畑などで増やすときに、開発者の許可が必要となった。 農業専門誌『現代農業』編集部の山下快氏(農山漁村文化協会)は「ほとんどの農家はこの法改正については反対しています」としながら、 「農家が反対しているのは、『農家による自家増殖』が自由にできなくなるというポイントでしょう。 しかし、法改正されることで実際に悪影響が出る農家もあるという。 有名なものでいくと『ユキホマレ』などがそれにあたりますね。 しかし、こうした(大豆のような)影響が大きくなるかもしれない作物の例は農水省のサイトには掲載されていません」(山下氏) また、国は日本のブランド農作物の国外流出を防ぐための法だとも発表しているが、実際の農業現場から落胆の声が聞こえているようで……。 「遺伝子組み換え」と「種苗法改正案」は 「農家の自家増殖を禁止したところで流出は止まらないですね。 『シャインマスカット』を例にすると、枝一本を切り取って海外に持ち運んで、現地のブドウにくっつけてしまえば、簡単に無限増殖させることができるわけです。 つまり、悪意をもって流出させようとする人がいる限り、絶対に防ぎようがない。 続けて《何かを糾弾しているのではなく、知らない人が多いことに危惧しているので触れました。 しかし、遺伝子組み換えと今回の種苗法改正の自家採種禁止とは別問題であるかなとは思いますね。 さまざまな物事を結びつけすぎていて、少し極端な意見という気も……。 こういったところが炎上の理由になってしまったのかもしれません」(全国紙記者) 今国会では法改正は見送られそうだが、彼女の戦いはまだ終わっていないということか。 「現在の彼女はというと、3月末に所属していた芸能事務所を退所し、自身の会社を設立。 代表取締役を務めるようになりました。 事業のなかには、オーガニックのレトルト食品などを販売するような取りくみもしています。 環境問題や自然食品へのこだわりが強く、ライフスタイルを提唱したいという思いがあるようで、実際に農作物の生産者と交流を深めたりもしているんだとか」(食料品メーカー関係者) 確かに彼女が運営する『LTG FOODS(エルティージィー フーズ)』の公式サイトには、《食と環境への関心が高い女性に、化学調味料不使用のレトルト食品を提供してまいります》とある。 また、'18年にも自身のアパレルブランド立ち上げの記者会見での質疑応答でも、9歳のときに乳がんで亡くなった母親について触れ、 「病気の家族を抱えると、何が悪かったのか、何が原因で病気になったのかと考える。 衣食住を見直し、食が原因だったのではないかとも考えた」 と話している。 一般層にまでこの問題を知らしめたことと、炎上しSNSを削除したこと。 柴咲の功罪はそれぞれ大きい。 〈取材・文 野口侑弥〉 外部サイト.

次の