わかめ 酒。 わかめ酒とは (ワカメザケとは) [単語記事]

恋のわかめ酒 岸和田

わかめ 酒

概要 わかめ酒とは、がもしくはをし、両脚のをぴったり密着させた際、を中心として出来る三角形の空間にを注ぐこと。 何も、「入りの酒」という意味ではない(わかめ入りが美味いかどうかは別問題)。 においては、その行為をしているに付けられるタグ。 が行う場合、「竿酒」と呼ばれる。 名前の由来は、この行為をした際、酒の中で揺れるがの「」のように見えることからだといわれる。 女性が行なう場合は 「」と呼ぶらしい。 痩せている女性がすると、酒がこぼれてしまうため、少し肉付きの良い女性がする方が好ましいといえる。 イラストと本来のわかめ酒との差異 pixivに投稿されるわかめ酒タグの付くイラストは、そのほとんどが 女性キャラが先述した行為を行っているものだ。 先述のように語源と 矛盾している。 (陰毛がある女性キャラが行っているイラストもないわけではない) それであるのに、わかめ酒タグを付けていいのか微妙なところではあるが.

次の

わかめ酒とは?わかめ酒の正しい飲み方や注意点!現在でも飲める?

わかめ 酒

わかめ酒とは、以下のものをす名称である。 、が入った。 いは、の成分が入った。 「 しゅ」と読む。 の「日新類」では、のエが入った『わかめ酒』が販売中。 古来の座敷芸。 こちらは「 ざけ( さけ)」と読む。 本稿ではこちらについて解説する。 概要 この記事には あんなことや こんなことが書かれています。 この記事を開いたまま席を離れると大変なことになる可性があります。 未満のの方は直ちに引き返して頂くか、 周囲にもいないのを確認の上こっそりと、でご覧ください。 で、芸者()が行っていた遊びの1つ。 と同様で、の身体を使った行為であり、を入れた、というわけではない。 (というより、上やなどで「わかめ酒」というと大体はこちらの関連の用法であると思われる) 独自の性文化であり、古くから存在したとされるが、いつ頃からあったのか正確なは不明。 などの慶事に行われたとされる。 の(若しくは、下半身だけ露出させた)が、いはの体勢となって、両足をぴったりと密着させて下部との間にできた隙間を器に見立ててを注ぎ、そこに別の者が顔を直接近づけを飲む遊び。 名前は、を注がれた際にのがののようにと揺れて見える事に由来。 その形式上、痩せたが行うとの間に隙間ができてしまいがこぼれてしまうので、そこそこ付きが良くなければわかめ酒は出来ない。 ちなみに「が揺らめいて見える」という記述からわかるように、基本的にはを用いるが、やなどでもいいはず。 注いだをこぼさないようにと、足を閉じながらいじらしく気を配る姿は他の行為にはい魅があるが、この行為の一番の魅は、同じでもわかめ酒という行為と相手の仕・表情によっての味わいが劇的に変化する事だろうか。 やデパ地下で買った安やも、恥じらいながら体をする相手の仕を見るだけでたちまち高級へと変わりしようというもの。 (そして、相手の体液やらエやらも混ざり合いへと変貌・・・) ちなみに、ではなくつゆ・麵つゆを注いで、それを器代わりに()を食べるという遊びもある。 また、など以外の飲み物でもこの行為を見かけないわけではないが、とべると見かける機会は少ない傾向にある。 やなどでも見られる催しだが、「飲」という行為がいろいろと引っかかるためか、わかめ酒という行為を見られるはあまりい。 特にをはじめ、要な登場人物の大半が未らしきのみで占められる場合はど見られないようだ。 飲んだことないし」と言っていた。 その時はしてたけど、翌日こっそり買ってきて驚かせようと計画。 気の利く良妻を演じたかった。 まず、近所の屋に出向き「ワカメ酒置いてますか?」と元気よく尋ねるも 屋の若いに「・・・置いてないんですけどぉ」と言われる。 足を伸ばしてに隣接する大きめの屋で再度探してみたけど どこにもなくて そこのにも「置いてません」とキッ言われた。 他にもいくつかまわってみたけど結果は同じ。 に戻り新聞にあった新しく開店したリに。 に「うちでは扱ってません!」と半ギレで応対された。 仕方なくもしかしたらでお取り寄せできるかもとしてみた。 そしてを知った。 引っ越したいです。 わかめ酒の亜種 あわび酒 がいがやる場合は という。 上記のわかめ酒とは、の有るしの違いしかないのだが、基本的にはこちらも「わかめ酒」で呼称が統一されているようである。 谷間酒 局部ではなくのに注ぐ場合は 谷間酒ともいうらしい。 もっちらについては、「わかめ酒」のような正式名称(?)が存在しないのだが、「」に倣い当記事では便宜上この行為を「谷間酒」と呼称する。 を中央にたと寄せて、胴体との間の三地帯にを注ぐ。 こちらも基本的にはわかめ酒と同様だが、を注いでも漏れ出さないくらいに程好い付き(=)でなければ実現はできない。 だが、を注ぐ対が下部ではなく胸元である分、下半身がになったりする違いがあり、またを飲む際も相手の顔が必然的に近づいたりするなど、こちらにもわかめ酒とは違う魅がある。 竿酒(きのこ酒) わかめ酒を、ではなく(いは、のも?)がやる場合は ()ともいう。 だが、こちらの場合はと違い陰茎が邪魔なので飲みづらく、さらには不意にされると飲む方も飲まれる方も互いに変な気分にさせられる事は請け合い。 化される際は、やがなよう。 関連静画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の

わかめ酒とは?わかめ酒の正しい飲み方や注意点!現在でも飲める?

わかめ 酒

概要 わかめ酒とは、がもしくはをし、両脚のをぴったり密着させた際、を中心として出来る三角形の空間にを注ぐこと。 何も、「入りの酒」という意味ではない(わかめ入りが美味いかどうかは別問題)。 においては、その行為をしているに付けられるタグ。 が行う場合、「竿酒」と呼ばれる。 名前の由来は、この行為をした際、酒の中で揺れるがの「」のように見えることからだといわれる。 女性が行なう場合は 「」と呼ぶらしい。 痩せている女性がすると、酒がこぼれてしまうため、少し肉付きの良い女性がする方が好ましいといえる。 イラストと本来のわかめ酒との差異 pixivに投稿されるわかめ酒タグの付くイラストは、そのほとんどが 女性キャラが先述した行為を行っているものだ。 先述のように語源と 矛盾している。 (陰毛がある女性キャラが行っているイラストもないわけではない) それであるのに、わかめ酒タグを付けていいのか微妙なところではあるが.

次の