アメリカ インフルエンザ。 死者1万人超、アメリカで「インフル猛威」のなぜ 2年前はなんと6万人以上が亡くなっていた

アメリカでのインフルエンザ感染 累積推計 入院患者は31万人、死者は18,000人

アメリカ インフルエンザ

連邦機関の疾患予防センター(CDC)のホームページには、つい最近までインフルエンザの速報値の一覧表が大きくトップ表示されていた。 今シーズン、少なく見積もっても1500万人が罹患し、14万人が入院、8200人の死者が出ているという。 新型肺炎よりもむしろ目先のインフルエンザの心配をしようという意図だろう。 ちなみに英語で耳にするFLU(フルー)という表現はinfluenza(インフルエンザ)の略である。 今年のアメリカは、過去10年で最悪のフルーシーズンとなっている。 6万1000人が亡くなった2017〜18年や、同様に最悪だと言われた2014〜15年と比べても感染拡大の勢いが強い。 特にB型が流行しており、免疫のない小さな子供の犠牲者数が増える傾向にある。 インフルエンザの場合、大流行しても薬があるから大丈夫とパニックになりにくいそうだが、実際はインフルエンザウイルスも常に変異しているので軽視できない。 実際、2009年にはH1N1ウイルスによる豚インフルエンザが大流行した。 日本も似たような時期にインフルエンザが流行する。 東京都は昨年9月にインフルエンザの流行開始、12月に流行注意報を発表している。 例年だと流行シーズンは12月から3月で、ピークはまさに今。 ウェザーニューズのインフルエンザ予想は2月初旬がピークとなっている。 専門機関はワクチンの効果が高いとし、予防接種をすすめている。 アメリカではこれまでに1億7300万本、日本も3000万本近くと十分なワクチンの供給があるそうだ。 また、インフルエンザにかかった際は、48時間以内に薬を投与するのが効果的だ。 インフルエンザと新型肺炎、いずれの対策も、こまめな手洗いやうがい、マスクが有効となる。 (取材・文/白戸京子) 外部サイト.

次の

「米国の感染者は最大2億1400万人、死者170万人」「病床が足りない」米CDCが描く悪夢とは(木村正人)

アメリカ インフルエンザ

米国(アメリカ)でインフルエンザの年間死者数 世界最先端の医療技術を誇っているアメリカですが、インフルエンザの年間死者数は、 WHO世界保健機関の統計によると年間1万2千人もの死者数を出しているそうです。 2020年1月末から日本で噂になった新型肺炎や新型コロナウイルスといったキーワードが見られます。 日本でも毎年1000人は、インフルエンザで死亡する方が見えるみたいですが、アメリカのデータと比較すればまだ良いほうだと思います。 2020年の2月11日現在で、アメリカでは報道によれば、 2019年~20年シーズンでインフルエンザ患者数が2200万人にもなり、死者数が1万2千人以上になったと米国メディアに報じられています。 過去最高の規模のインフルエンザ死者数は、 2017~18年のインフルエンザ患者数4500万人で死者数が6万1000人が死亡したと報じられています。 米国でのインフルエンザの流行は、10月頃から始まり5月頃に終息します。 今年の2019~20年は、過去最高の死者数が出るかもしれないという報道です。 米疾病対策センター(CGC)の報道によれば、昨年の累計で2200万人にも達し、すでに1万2000人が死亡したと報じられています。 このペースは過去最高のペースになるかもしれないということです。 しかし、なぜこれほどの人数が死亡するのでしょうか? アメリカって世界1の経済大国です!! 日本でもアメリカ経済にがっぷりよつですから、アメリカがくしゃみをするだけで風邪をひいてしまうようなくらい経済的打撃も大きいです。 そんなアメリカが多数の死者数をだすインフルエンザを克服できないのでしょうか? 違った視点でも考えてみたいです!! アメリカの医療保険制度 アメリカの医療事情は、とても医療費が高額です。 特に アメリカ人は、全国民に公的医療保険制度がないですから 雇用主が提供する民間医療保険に加入しているかどうかで治療が左右されます。 特に、この 民間医療保険に入っている方は約6割程度の国民だけだそうです。 その他には、 65歳以上の高齢者や65歳未満の障害者などをカバーするメディケイドという公的医療保険がそれぞれ約15%くらいの比率だそうです。 さらに、 個人で購入する医療保険や軍人向け公的医療保険トライケアなどがあるそうです。 ちなみにハワイでは、盲腸の手術が300万円くらいかかるみたいです!! このくらい高額請求されますから、海外旅行や海外渡航の時にはきちんと損害保険に入っていくことがベストだといえます。 金額から見ても1億円くらいの保証がないと万が一の時には大変です!! こうした例をみてみると、 アメリカで無保険の人たちは、高額すぎて病院にいけないという残酷な結果になります。 ですから、毎年多くのインフルエンザの死者をだすというわけです。 仮に全員、日本の国民皆保険がありきちんとした医療を受けられるとしても結果は、変わらないかもしれません。 しかし、この数字は、一応問題を考えさせてくれる事実と言えます!! インンフルエンザ関連のつぶやき アメリカのインフルエンザに関するツイッターのつぶやきです!! 中国 コロナウイルス 🆚 アメリカ インフルエンザ どちらが最強か? 現在、死者数でアメリカ優勢😩 外務省、アメリカでのインフルエンザ流行でスポット情報 12,000人死亡 — TRAICY(トライシー) より — Masa HorieMasatoshi 報道では、アメリカのインフルエンザのことが述べられています。 【大流行】米国でインフルエンザ猛威、死者が1万2千人に 昨年10月以降の累計で、患者数は2200万人となった。 米国ではインフルエンザが原因で毎年少なくとも1万2千人以上が死亡。 — ライブドアニュース livedoornews とにかく、アメリカではインフルエンザが大流行中みたいです!渡航の際は気をつけましょう!! 新型肺炎COPID-19による最大の被害国に!!アメリカ合衆国では過去最大の感染者数!! 国名 累計患者数 死亡者数 新規患者数 アメリカ合衆国 560433名 22115名 113名 2020年4月13日現在のアメリカ合衆国の新型コロナウイルスによる被害状況です!! ようやく、新規患者数が減少し始めたところです。 前日までは、数千人規模での新規患者数が拡大していました。 都市封鎖や緊急事態宣言がある一定の効果が出始めているところです!! しかし、残念なことにおそらく高齢者とは思われますが、すでに死亡者数が2万2千人を超える過去最大規模のパンデミックになっている事実があります。 「はっきり言って、怖い。 今は入院してくる患者さんが20~40代ばかりだからです」「日本の方々は『遠い国の出来事』と思われているかもしれませんが……」。 斎藤孝医師が語る、アメリカの新型コロナの現状です。 累計患者数・・・1507773名 現在病気中・・・1078428名 死亡者数・・・90113名 治癒者数・・・339232名 致死率・・・5. 98% となっています!! コロナウイルスのオーバーシュート現象が見られ、過去に比類なき新型コロナウイルス感染症としてアメリカ合衆国で依然として猛威をふるっています!! アメリカ合衆国では、3密を防ぐための試みが見られます!! 大学などの卒業式の風景です!! ドライブスルーで卒業式 大学の卒業シーズンを迎えたアメリカでは、新型コロナウイルスへの感染を防ぐため、学生が車に乗ったまま卒業証書を受け取るドライブスルー方式の卒業式が行われています。 アメリカなど海外旅行時には保険が付帯のカードがあれば便利です!! 海外では、旅行時に見当もつかないトラブルに巻き込まれる場合もあります!!そして、前述したとおり国によっては医療費が相当高額な国もたくさんあります!! 国によっては、外国人が国民健康保険適用外の場合がほとんどでとにかく保険適用がない場合がほとんどです。 そんな時の為に、旅行時に傷病保険に入りますか?と言われる場合が多いです!! 2泊3日、3泊4日程度なら入らなくても大丈夫だろう?と思っていたら緊急のトラブルが発生!! なんてこともあります。 そんな時には、クレジットカードの海外付帯保険も利用すれば便利です。 UCSゴールドカード このように海外旅行に行く場合は、高額の医療請求が当たり前の国が多数あります!! そんな時には、もしもの時に安心なのがクレジットカードに付帯されている海外旅行保険です!! UCSのゴールドカードなら初年度年会費無料!2年目から3240円税抜き~というお得なゴールドカードです!! 海外旅行時には UCSゴールドカードで旅行代金を決済すれば、自動的に海外旅行保険が付帯してきます!! 補償内容 金額 傷害死亡・後遺障害 5000万円 傷害治療費用 200万円 疾病治療費用 200万円 個人賠償責任 2000万円 携行品損害(免責3千円) 50万円 救援車費用 200万円 ・保険期間:ご旅行出発日より3か月間 ・携行品損害は、保険金請求時に上記の自己負担額があります。 ・携行品損害は1年間の補償限度額が50万円となります。 となっています。 さらに、日本出入国のために、時刻表に基づいて運行される国際航空機または国際船舶のチケットやパッケージツアーの料金をプラチナ・カードにてお支払いになられた場合、傷害死亡・後遺障害保険金額最高 1 億円の補償が適用されます(表記は基本カード会員様ご本人の補償額となります)。

次の

アメリカのインフルエンザの過去死者数と感染者数がかなりヤバい事実

アメリカ インフルエンザ

連邦機関の疾患予防センター(CDC)のホームページには、つい最近までインフルエンザの速報値の一覧表が大きくトップ表示されていた。 今シーズン、少なく見積もっても1500万人が罹患し、14万人が入院、8200人の死者が出ているという。 新型肺炎よりもむしろ目先のインフルエンザの心配をしようという意図だろう。 ちなみに英語で耳にするFLU(フルー)という表現はinfluenza(インフルエンザ)の略である。 今年のアメリカは、過去10年で最悪のフルーシーズンとなっている。 6万1000人が亡くなった2017〜18年や、同様に最悪だと言われた2014〜15年と比べても感染拡大の勢いが強い。 特にB型が流行しており、免疫のない小さな子供の犠牲者数が増える傾向にある。 インフルエンザの場合、大流行しても薬があるから大丈夫とパニックになりにくいそうだが、実際はインフルエンザウイルスも常に変異しているので軽視できない。 実際、2009年にはH1N1ウイルスによる豚インフルエンザが大流行した。 日本も似たような時期にインフルエンザが流行する。 東京都は昨年9月にインフルエンザの流行開始、12月に流行注意報を発表している。 例年だと流行シーズンは12月から3月で、ピークはまさに今。 ウェザーニューズのインフルエンザ予想は2月初旬がピークとなっている。 専門機関はワクチンの効果が高いとし、予防接種をすすめている。 アメリカではこれまでに1億7300万本、日本も3000万本近くと十分なワクチンの供給があるそうだ。 また、インフルエンザにかかった際は、48時間以内に薬を投与するのが効果的だ。 インフルエンザと新型肺炎、いずれの対策も、こまめな手洗いやうがい、マスクが有効となる。 (取材・文/白戸京子) 外部サイト.

次の