排水 口 が 臭い。 台所シンクの排水口が臭いのはなぜ?原因と解消方法解説

洗濯機の排水口が臭いのはなぜ?対策や掃除方法を解説します

排水 口 が 臭い

目次 []• 排水口の臭い 解消の手順 部屋や屋外に臭いの原因がなく、排水口に悪臭の原因がありそうな場合は、次のような順番で悪臭の原因を探ってみましょう。 排水口のゴミ受け 浴室なら髪の毛や石鹸カス、キッチンのシンクなら野菜クズや洗い流した料理の汚れなどが溜まったままではありませんか?ゴミ受けの汚れは放置すればするほど腐敗してヌルヌル・ドロドロも発生し、掃除が厄介になります。 ゴミが溜まっていれば捨て、ブラシやカビ取り洗剤を使ってヌメリやカビを取り切りましょう。 掃除した後は、浴室やキッチンを使い終わった後にゴミ受けのゴミを取り除くことを習慣にしてみましょう。 こまめにゴミを捨てることでヌメリやカビも発生しにくくなります。 排水トラップ ゴミ受けの下には、下水からの悪臭を防ぐための排水トラップが設けられています。 ゴミ受けである程度のゴミは回収されているものの、汚れた水が常に流れていく場所ですので、当然汚れやすく、気がつけばドロドロに汚れが溜まり、悪臭の原因となっている場合があります。 本来の排水口は臭わないもの!悪臭防止の仕組み 住宅の排水口には、排水トラップ(略してトラップとも)と呼ばれる悪臭防止の設備が設置されています。 トラップとは、排水管内に封水と呼ばれる水を溜め、封水によって下水管からの悪臭や害虫を防ぐもの。 一般住宅で使用されるトラップは、大きく次の2種類に分けられます。 管トラップ 排水管の途中にカーブを設けることで、封水が溜まる空間を作り出し、悪臭や害虫を防ぎます。 主なカーブの形は、次の3種類です。 横に倒したS字型のカーブ• 横に倒したP字型のカーブ• U字型のカーブ これらの管トラップは、次のような現象によって封水がなくなり、悪臭や害虫を防ぐ機能を失うことがあります。 サイホン現象 他の排水系統における大量かつ急激な排水によって、排水管内の気圧に急な変化が生じ、封水が吸引されてトラップ内から失われる現象です。 毛細管現象 トラップに溜まった髪の毛やタオルの糸などが、封水を吸収し、本来封水があるはずの箇所から封水が失われる現象です。 封水の蒸発 トラップ内から封水が蒸発してなくなる現象です。 長期間使用されていない水回りで起きます。 椀トラップ(ベルトラップ) 排水口近くに設置される、お椀のような形のトラップで、複数の部品から構成されます。 一般の主婦(夫)でも、簡単に付け外しや手入れができるものがほとんどです。 椀トラップが設置されるのは、お風呂やキッチンの排水口です。 たとえばお風呂の場合、椀トラップを構成する主要な部品は以下のようになっています。 トラップカバー トラップの1番上部のカバーです。 トラップの機種によってはカバーがないものもあります。 目皿(ヘアキャッチャー) 髪の毛などの大きなゴミが排水管内に流れることがないよう、網目が設けられたふた状の部品です。 封水筒 悪臭の通り道を塞ぐ封水を溜めておくための、お椀状の部品です。 なぜお風呂の排水口は臭うの?考えられる原因と対処法 悪臭防止のトラップが設置された排水口は、本来臭うものではありません。 本当なら臭わないはずの排水口が臭うのには、原因があります。 考えられる原因と、その対処法を見ていきましょう。 原因1 : 排水口・椀トラップが掃除されていない 定期的な掃除をしないと排水口や椀トラップに汚れが溜まり、その汚れが臭いを発するようになります。 排水口付近や椀トラップが汚れていれば、まずは掃除をしてみましょう。 掃除方法は何通りかありますが、今回は重曹とクエン酸を用いた掃除方法を紹介します。 塩素系漂白剤などもよいですが、体への影響が心配なところ。 重曹とクエン酸は漂白剤より安全性が高いため、小さな子どもがいる家庭でも安心して使えます。 掃除の頻度は、理想は週に1回。 忙しくて無理であれば、1カ月に2~3回できるとよいですね。 それも厳しければ、最低でも月に1度は掃除するように心がけましょう。 掃除のついでに排水トラップの状態も確認できるとよいですね。 用意するもの• ゴム手袋• クエン酸水スプレー(水200mlにつきクエン酸小さじ1杯の割合)• 歯ブラシ• ビニール袋 掃除の手順 まず排水トラップを分解しますが、外した部品を元あったようにセットする自信がない人は、分解せずできる範囲で掃除するとよいでしょう。 ゴム手袋をはめ、排水口のふたや目皿、封水筒など、分解できる部分を分解します。 排水トラップの部品から、髪の毛など手で取り除けるゴミを取り除き、ゴミ箱などに捨てます。 排水管の詰まりにつながるため、ゴミを排水管に流すことは避けてください。 このときビニール袋を使うと便利です。 ビニール袋を被せた手でゴミ類を取り除き、取り除いたゴミを手に持ったままビニール袋をひっくり返して口を縛れば、そのままゴミをビニール袋に入った状態で捨てられます。 排水口と取り外したパーツにまんべんなく重曹を振りかけ、その上からクエン酸水をむらなく吹きかけます。 そのまま10分ほど放置しましょう。 重曹とクエン酸水で汚れが落ちやすくなったところを、歯ブラシでこすって汚れを落とします。 それでも落ちにくければ、再度重曹を振りかけてこすってみましょう。 重曹やクエン酸水が残ることのないよう、ぬるま湯のシャワーでよく洗い流し、取り外した部品を元あったように戻して、掃除は終了です。 原因2 : トラップの不具合 排水口付近やトラップに汚れが目立つわけでもないのに悪臭がするときは、悪臭防止の役割を担うトラップに不具合が起きている可能性があります。 トラップが正常に機能していないと、排水管の臭いが排水口にまで上がってくるのです。 この場合には、次のような対処が必要になります。 管トラップの場合 水を流し、封水を補給しましょう。 水の勢いが強いとサイホン現象が起こる恐れがあるため、勢いが弱めの流水で補給します。 水を流しても悪臭が消えなかったり、数日後に再び悪臭が発生したりした場合、トラップや排水管の清掃や交換が必要である可能性があります。 素人が行うのは困難なので、業者に問い合わせましょう。 椀トラップの場合 椀トラップに、次のようなことが起きていないか、チェックします。 部品に、ずれや割れ、欠けなどがないか• 封水筒の封水がなくなっていないか 排水トラップの部品がずれていたら、正しい位置に戻しましょう。 部品に割れや欠けなどがあったら、部品の交換が必要です。 一部の部品だけを購入するのが難しければ、排水トラップ丸ごとを買い替えるしかありません。 封水筒の封水がなくなっていたら、封水筒に水を補給しましょう。 原因3 : 排水管の詰まり 蓄積された汚れや固形物で排水管が詰まっていると、排水口から悪臭が生じることがあります。 汚れがひどいわけでもなく、排水トラップも正常な排水口から悪臭がする場合、排水管の詰まりを疑いましょう。 排水管の詰まりが原因のとき、選択肢は2つです。 薬品などで排水管を掃除する• 業者を呼ぶ 排水管の詰まりに使用できる薬品で有名なのは、です。 しかし素人が薬品を使っただけでは、解消されない詰まりもあります。 市販の薬品などを試しても悪臭が消えないときには、速やかに業者に問い合わせましょう。 薬品の使用に抵抗があったり、ゆっくり掃除する時間がなかったりするのであれば、最初から業者を呼ぶのも1つの方法です。 排水管内部の汚れを確認する方法 汚水枡を開いての確認 敷地内には浴室やお風呂場の排水口に流す汚水を一旦受け止める「汚水桝」が設定されています。 この汚水桝の蓋を開いた状態で、排水口から水を流してみてください。 流した状態と同じ水量が同じ勢いで汚水桝に出てくれば良いのですが、水の勢いが弱まる、もしくは流したよりも少ない水量しか汚水桝に達していない場合は、排水管内部で詰まりが発生している危険が大です。 排水管内部からの虫の発生 排水管内部から小バエやゴキブリなどの虫が発生して屋内に侵入している場合、排水管内に虫が巣を作り、そこで次々と虫が発生している可能性があります。 巣ごと除去するなど根本的な駆除が必要となります。 臭い防止の浴室や風呂場のメンテナンス方法 日常のメンテナンス トラップの機能チェック 定期的に浴室や風呂場の排水口を分解清掃するだけでなく、トラップの機能が十分かのチェックを行いましょう。 トラップ部の封水切れ以外にも、トラップの椀がずれていた、部品に傷があったなどの理由でトラップの機能が十分に発揮されておらず、トラップ部の手直しで正常に機能して悪臭が消えたケースが数多くあります。 例えば月初や月末、給料日など、覚えやすい日を点検日として設定しておけば忘れずに点検することができます。 日頃のこまめな清掃で大きなトラブルはないから大丈夫、という方も、最低でも年に1回、大掃除の時などにチェックをすれば万全ですよ。 排水管内部の清掃 排水管内部には、定期的な市販の薬剤の投入や先端がフレキシブルに動くブラシなどを使用して、排水口に近い手が届く部分だけでも排水管内部の汚れを落としましょう。 排水口に近い部分だけでも定期的に清掃を行うことで、悪臭や虫の発生を減らせます。 定期的なメンテナンス 集合住宅では当たり前に行われる高圧洗浄法 定期的なメンテナンスでは、浴室やお風呂場の排水口から汚水桝までの排水管の「高圧洗浄による汚れ除去」がお勧めです。 この高圧洗浄での排水管洗浄は、集合住宅では定期的に行われています。 というのも「一箇所での排水管の詰まりが多くの世帯に影響を及ぼす危険のある」集合住宅では、定期的に高圧洗浄で排水管内部の汚れを落とすことが最も効率的でかつ効果のある方法だからです。 戸建住宅でも高圧洗浄法が有効な理由 以前は住宅の敷地も広く、排水管の引き回しも単純なものでしたが、近年は住宅の敷地や下水本道との接続、及び汚水桝の設置場所の関係で、昔のような「傾斜角度や引き回しに余裕を持った排水管の設置が必ずしも行われていない」現状もあります。 これによって排水に十分な傾斜が取れない排水管や、迂回して角部の多い排水管も存在し、汚れが排水管内に溜まりやすくなっています。 従って定期的なメンテナンスとして浴室やお風呂場の排水口から汚水桝までの排水管に高圧洗浄を行い、排水管内部を清潔に保つことが、排水管を長期間交換することなく利用できる最適なメンテナンス方法です。 お風呂排水口の便利掃除グッズ3選! ついつい後回しにしがちな、お風呂の排水口掃除。 しかし放置しておくと、臭いや詰まりが発生しかねません。 面倒くさいお風呂の排水口の掃除を楽にしてくれるグッズ3選を紹介します。 髪の毛くるくるポイ 中央の穴に髪の毛が集まるようになっている、らせんの形をした目皿です。 排水口から外してひっくり返し、ゴミ箱の縁などに数回軽く打ち付けるだけで、髪の毛のかたまりがストンと落ちるようになっています。 シートが髪の毛をキャッチしてくれるため、髪の毛を取り除く作業が、シートを剥がして捨てるだけで終わります。 ブラシは柄を握りやすいように、力を入れやすいようになど、さまざまな工夫が施されています。 排水口だけでなく、蛇口まわりやサッシレールなど、幅広く使えるのもポイントです。 高圧洗浄機本体:2~6万円前後 排水管洗浄用ホース:1~3万円前後 DIYと言っても機材を揃えるだけでかなりの高額になります。 また、高圧洗浄を行う業者が使用している機材に較べるとパワーが圧倒的に劣る点は注意が必要です。 排水管は目で見えないため、本当に清掃できているかどうかの確認ができない点でも不安が残ります。 とはいえ、自宅でうまく高圧洗浄ができるようになれば、長い目で見れば費用面ではお得になります。 万が一清掃がうまく行かず排水管の詰まりで業者を呼ぶことになってもやむなしと割り切れるなら、こまめなDIYによる高圧洗浄でお手入れをするのも有効ですね。 高圧洗浄業者に依頼する場合 専門業者に排水管の高圧洗浄を依頼する場合、何よりも気を付けていただきたいのが「訪問販売の業者に依頼をしないこと」という点です。 リフォームや清掃のトラブルの大半は訪問業者によるものです。 当初の見積もりとは異なる高額な請求をされたり、高圧洗浄をしたすぐ後に問題が発生しても対応してもらえなかったりなどのトラブルを避けるためには、是非実績があり信頼できる専門業者に依頼しましょう。 また、実際に排水管が詰まったり、悪臭が耐え難くなったりしてからではなく、定期的に依頼することをお勧めします。 24時間対応を謳っている業者でも実際に作業員が派遣されるまでに時間がかかる場合もありますし、急な対応で高額な出張費用を請求される場合もあり、詰まる前にクリーニングをしてもらう方が結果的には安く済みます。 悪臭や虫、カビなどの発生を抑えて清潔な環境で過ごすためにも、定期的にプロに清掃を行ってもらうのが確実です。 一般家庭の排水管高圧洗浄のタイミング 集合住宅と異なり、排水口から下水までの距離が短い一般家庭では、それほど頻繁な高圧洗浄は不要と言えます。 一般的なご家庭なら2~3年、汚れが気になる場合は1年に1回などの頻度で十分です。 掃除だけでなく、定期的なメンテナンスも必要! 排水口の臭い対策には、掃除がとても重要です。 しかし、ときには素人の掃除だけでは対処できないこともあります。 そもそも排水管は、定期的な高圧洗浄が必要な設備です。 高圧洗浄を長年怠ると、内部に汚れが蓄積し、深刻な悪臭問題や詰まり問題が発生してしまいます。 一般的な排水口の掃除や、パイプユニッシュなどの市販の薬品で除去できない悪臭は、排水管の高圧洗浄が必要なサインかもしれないのです。 集合住宅は、管理組合などが1年に1度業者に高圧洗浄を依頼するのが普通です。 しかし戸建ての場合は、住宅の所有者が自ら時期を見て、高圧洗浄の手配をしなければなりません。 できれば高圧洗浄は、悪臭や詰まりなどの問題が発生する前に行いたいものです。 一戸建て住宅の排水設備の高圧洗浄は、築10年以上の戸建ての場合、3~5年に1度実施するとよいといわれています。 新築の場合は、建ってから5~10年経過した時点で、1度プロに高圧洗浄をしてもらうとよいでしょう。 まとめ ここまで、排水口から悪臭がする場合の清掃方法や、掃除では解決できない悪臭の場合に高圧洗浄という方法があることをご紹介しました。 こまめな清掃と定期的なメンテナンスで、悪臭とは無縁の快適な住まいを実現していただきたいと思います。

次の

排水口臭い原因は?マンションの臭いトラブルと対処法について│キッチンの方程式

排水 口 が 臭い

タグ 100均 DIY IH アイデア アイテム アク抜き インド おしゃれ おすすめ お弁当 お手入れ カット カレー かわいい キッチン キッチンカウンター ケトル コツ コップ コップ袋 こぼれない コンロ ご飯 サイズ シンク スッキリ ステンレス スパイス スペース タンブラー つけっぱなし デザイン テフロン デメリット ナス フライパン プラスチック プルタブ プレゼント プロ ベーキングパウダー ペットボトル ポイント マグカップ まな板 マンション メリット ラー油 ラック ランプ リメイク レイアウト レシピ レンジ 予防 代用 作り方 使いやすい 使いやすさ 使い方 便利 保存 保温 入れ物 再利用 冷凍 冷蔵庫 匂い 北欧 危険性 原因 収納 吊り下げ 名前 向き 器 固い 固くなる 基本 壁 夏 大きめ 天日干し 子供 安全 家電 対策 小鉢 工夫 布巾 幼児 床 弁当 御飯 扉 手入れ 掃除道具 排水 接着剤 揚げ物 換気 換気扇 料理 方法 旦那 時短 時間 木製 材料 栄養 梅干し 棚 毎日 水分 水切り 汚れ 油 注意点 洗い方 洗剤 温度 漂白 焦げ 焦げる 焼き方 焼き鳥 焼肉 煙 照明 熱湯消毒 特徴 献立 理由 由来 節約 簡単 米 米びつ 缶 美味しい 肉 自宅 臭い 茶碗蒸し 蓋付き 袋 調理 買い方 選び方 酢 重曹 金継ぎ 鍋 開け方 食器 魚 目次• マンションが排水口臭いのはなぜ?排気口がないことが臭いの原因ということも マンションは下水の本管内が真空状態にならないように排気口を設けています。 しかし、古いタイプのマンションはこの下水管内減圧用の排気口がないことがあります。 建物の最上階や屋上に、下水管内減圧用の排気口がないと臭いの逃げ場がなく、嫌な空気だけが流れ込んできてしまうことになります。 この場合は、排気口を新しく作ってもらうことで臭いはしなくなりますが個人で判断できるものではないのでマンションの管理業者に相談してください。 排気口がある場合でも、この排気穴にゴミなどがつまってしまったときには臭いが上がってくる原因となります。 また、マンションの場合は自分の家以外から大量に排水が起こると排水管に一気に水が流れその水の勢いで排水トラップの水がなくなってしまいます。 排水トラップの水は下水の嫌な臭いを防ぐものなので、この水がない状態では防ぐことができません。 水を排水しているときに、空気が上がってくる、ゴボゴボと音がするようならきとんと排水管の空気が抜けていない場合があるのでこのようなときも管理業者に相談しましょう。 旅行や出張などで家を空けるときには、封水トラップの水に注意してください。 何日も水を使わない、流さないでいると封水トラップの水が蒸発する可能性があります。 家を空けていて、排水口から臭いがしてくるのであればまずはお水を流しましょう。 排水口用の蓋があるならそれを使いましょう。 蓋がないときには、ラップなどで封をすると排水トラップの水が蒸発するのを予防できます。 長期間マンションを留守にすると排水口の臭いがしてしまう原因と対処法 長い間、家を留守にしたら部屋が排水口の臭いで充満してしまったということはありませんか?このしばらく家を空けていたときに臭いが上がってきてしまう原因とはどんなことなのでしょう。 排水管は排水トラップという場所があり、この部分の水で臭いが上がってこないよう止めています。 長期の期間、家を空けているとこの排水トラップの水が蒸発してしまい臭いが上がってきてしまうのです。 では、この臭いがしてしまったときはどのようにして対処したらいいのでしょうか。 マンションの部屋を長く空けるときにはまず、排水トラップに水を十分に入れることが臭い対策として大切です。 このとき、ゆっくり水を出すようにすると水位を下げることなく水を貯めておくことができます。 長期間、家を空けて帰ってきたときには排水トラップ部分に水が溜まるように水を流しましょう。 家を空ける前に、排水口のフタをしたり排水トラップの蒸発を防ぐ封水蒸発防止剤を使うことで臭いを予防することができます。 マンションの場合はここが臭いの原因かも?洗濯機を置く台の排水口にも注意 洗濯機の近くから臭いがしてくるときには、洗濯機の排水口の掃除をしましょう。 洗濯機の排水フィルターは定期的に掃除をしても排水口の掃除を小まめにしている人は少ないのではないでしょうか。 洗濯機を取り替えるまで、掃除をしたことがなかったという人も多いかと思います。 この洗濯機の排水口は、洗剤の残りや服のほこり、繊維くずが流れてきてしまうことがあります。 洗濯機の排水フィルターで取り切れなかったものがこの排水口に流れてしまい、つまりや臭いの原因となるので排水口の掃除をしてください。 洗濯機の排水口を掃除するときには、洗濯機の蛇口を閉めて電源を切ってください。 それから排水ホースを外します。 排水ホースに水が残っていることがあるので、バケツや洗面器を使ってこぼれないよう工夫してください。 お風呂場に近いのであれば、ホースを浴室に伸ばすのもいいでしょう。 排水口はだいたい3個のパーツに分けることができるのでそれぞれをキレイにしましょう。 ぬめりや髪の毛がついていたときは、捨ててもいい歯ブラシなどで取り除きましょう。 排水口にパイプクリーナを注ぎパーツを戻して終了です。 パイプクリーナを注いだ後は30分くらいはお水を流さないようにしてください。 年に一度は洗濯機の排水口も掃除できるといいですね。 キッチン、洗面台から排水口の臭いがする時の対処法 キッチンの流し付近から臭いがするときは、排水口の掃除をしてください。 台所の排水口の掃除 まずは、排水口にお湯を流します。 お湯を流すことで油を浮かせることができます。 このお湯を流すときに注意したいのが、煮えたぎったお湯ではなく40~60度程度のお湯で流すことです。 やけどに気をつけてゆっくり流してください。 排水トラップ付近は、ぬめりがつきやすいので歯ブラシなどを使って汚れを落としてください。 台所の排水口は、掃除をしたあとに重曹をふりかけて、お酢をかけましょう。 重曹とお酢の割合は2対1くらいでいいで30分おいたら、お湯を流します。 重曹とお酢で二酸化炭素の泡がでます。 それぞれに汚れを落とす効果があるので掃除の仕上げに最適です。 フライパンやお皿についた油は流さずに、キッチンペーパーなどで拭き取ってから洗うことも排水口汚れ対策となります。 夜の食器洗いをした後や一日の終りに熱めのお湯を流すのもおすすめです。 重曹やお酢で臭いが取れないときには、パイプ洗浄剤がおすすめです。 キッチンは湿気の多いところなので、換気をよくしてください。 シンク下はとくに湿気がこもりやすいので、物を詰めすぎないようにして扉を空けて換気や掃除をするといいでしょう。 マンション内の臭いは特定しにくく解決しにくい。 まずは掃除や換気をするなど、自分でできることから対処していこう マンション内の臭いの原因をなくすには掃除が必須ですが、すぐに臭いの対処をしたいときに役立つのは「換気」です。 臭いが発生しやすいのは夏ですが、冬は換気をあまりしないため空気がこもってしまいがちです。 室内にある換気口が開いているかを確認しましょう。 また、この換気口のフィルターも汚れていては上手く吸い込むことができません。 部屋の換気方法 夏の場合は暑くない時間帯、朝か夕方に行いましょう。 風が抜けるよう対極の窓を開け5分換気してください。 このとき空気の流れを作るため、外の空気を取り込む窓は5㎝~15㎝ほど開けてください。 出口となる窓は全開にしましょう。 窓の開け幅が肝心です。 窓がひとつしかないときには、窓の両サイドを開けたり、扇風機やサーキュレーターなどを使い空気が回るようにしてください。 換気の時間は5分~10分ほどでいいでしょう。 冬に換気をするときは晴れた日の12時~14時がおすすめとなります。

次の

洗面所の排水口(溝)の下水が臭い時の原因と対策!マンション等

排水 口 が 臭い

「最近台所シンクの排水口が臭くて困ったわ!」 「台所シンクの排水口が臭い原因はどこにあるの?」 「台所シンクの排水口が臭い時はどこを直せば良いの?」 「台所シンクの排水口が臭い時、自分で直せないときはどうすれば良いの?」 こんなことであなたはお困りでは無いでしょうか? 台所シンクの排水口が臭いと感じたり、台所周辺にいやな臭気が漂っているなんて事は、どこの家庭でも起こる可能性がある台所のトラブルのひとつです。 わずかな臭いとは言え、毎日食事の準備をしているキッチンのシンクの排水口から不快な臭いがしたらイヤですよね。 台所シンクの排水口から臭いがする原因にはいくつか考えられる事があって、その解消法もそれぞれに対応が違ってきます。 今回はそんな台所シンクの排水口が臭い場合の、原因と解消方法について解説させていただきますので、こんなことでお悩みの方は是非参考にしてみましょう。 ゴミ受けの排水バスケットを確認しよう! まずまじめに台所シンクの排水口が臭い原因として確認していただきたいのが、シンクの排水口のフタを外すと取り付けてあるゴミ受けの排水バスケットをよく確認してみましょう。 この排水バスケット付近に食材のカスや料理の食べ残しなどが、そのまま放置されていていると、生ゴミが腐敗してしまい、悪臭の原因となります。 季節によっては腐敗するのが早いので、少量でも腐敗したときに強い悪臭を放つ場合もよくあり、排水バスケットの裏側に汚れがこびり付いていることもあります。 ゴミ受けの排水バスケットは、見た目にはわかりにくくても網目の部分が油汚れなどで詰まっていたり、裏側がヘドロ状になっていることも良くあるので、マメな手入れが必要です。 排水バスケットの手入れ方法としては、歯ブラシなどを使用して中性洗剤を歯ブラシに付けてしっかりと擦れば、周りに付着しているヌルヌルとした汚れはスポンジを使って容易に落とすことが出来ます。 普段から台所シンクを利用するときには、料理が終わったら必ずゴミ受けの排水バスケットにたまった生ゴミは素早く処理し、排水バスケット自体も裏側まで常に清潔に保つように心がけましょう。 生ゴミ処理機を活用しよう! 生ゴミは燃えるゴミとして扱えるとは言え、たまってくるとゴミ袋付近は腐敗して悪臭を放ったり、虫が発生したりと何かと取扱が大変ですよね。 つい面倒で排水バスケットに放置したり、三角コーナーにためておいたりして臭いの原因を作ってしまいますが、そんな時に強い味方になってくれるのが生ゴミ処理機です。 今回は電気代も必要ない手動式で、エコで便利に生ゴミを処理してくれる生ゴミ処理機をご紹介します。 「エコクリーン 手動式家庭用生ごみ処理機 自然にカエルS SKS-101」 電気を全く必要としない家庭用生ゴミ処理機自然にカエルS SKS-101は、電気をいっさい使わないタイプの生ゴミ処理機で、本体価格は従来の生ゴミ処理機の3分の1ほどの価格で購入できます。 生ゴミを投入し、ハンドルを回すことで、チップ材に微生物が発生して微量の二酸化炭素と水に分解して、体積を約10分の1以下に減量することが出来ます。 チップ材は4~5ヶ月に半分だけを交換するだけで大丈夫で、1度使ったチップ材は2~3回の再利用が可能となっています。 使い終わったチップ材は、そのまま有機肥料として利用できるのだ、園芸用の肥料として再利用することが出来ます。 こんな便利で低コストの生ゴミ処理機があればシンクに生ゴミを残すこともなく、悪臭の原因を絶ってくれるとてもおすすめなアイテムですね。 排水口の汚れを確認してみましょう! 台所シンクの排水口が臭い原因として考えられるひとつに、排水口そのものの汚れが原因となっている場合があります。 シンク周りはいくら清潔に保っていても、案外排水口以降の排水パイプの洗浄などは一度もやったことが無いという人も多いはずです。 排水口以降の排水パイプには、長年使用し続けている洗剤カス・食材カス・油の成分などが付着して、そこに生ゴミなどが張り付いて、悪臭を放つことがあります。 悪臭の原因となっている排水パイプの臭いを解消するには、排水パイプを専用のパイプクリーナーを使用して洗浄するのが効果的です。 排水パイプの洗浄方法は? パイプクリーナーを利用しよう。 排水パイプの汚れによって臭いが出ている場合は、家庭用のパイプクリーナーを使用して排水パイプの汚れを洗浄していきます。 手順としては、台所シンクの排水口のフタを外したら次にゴミ受けの排水バスケットを外し、次に排水トラップの椀トラップを外して排水口が見える状態にしておきます。 次にパイプクリーナーを300~500mlほど排水口から投入して、そのまま30~60分ほど放置しておくと、粘りけのある液体が排水パイプに付着して、張り付いている汚れを分解してくれます。 時間が経過したら水を流して、分解した逆の手順で組み立てたら作業は終了です。 お酢と重曹を利用しよう もうひとつの排水パイプの洗浄にお酢と重曹を使用する方法があり、お酢と重曹ならわざわざ専用の洗剤を買う必要も無く、家にある物で対応できるので便利です。 手順としては排水フタ・排水バスケット・排水トラップの椀トラップを順番に取り外し、排水口に重曹200グラムにお酢を100グラムを流し込むと中から泡が吹き出してきます。 そのまま1時間ほど放置しておくと、中の汚れが分解されるので、最後にぬるま湯で洗い流してから、仕上げに歯ブラシなどで汚れを落とせば完了です。 このお酢と重曹を使う方法は排水口の洗浄だけでなく、シンク自体や三角コーナーの洗浄や臭いを消す効果もあるので、排水口を洗浄したついでに一緒に試してみましょう。 排水パイプをお酢と重曹を使って解消するのに参考になる動画はこちら。 塩水を利用しよう 専用洗剤も無い、重曹やお酢もそろっていない、でもわざわざ買いに行くのも面倒なんて方にオススメな方法が塩水を使った方法があります。 さすがに家庭に塩が無いところはほとんど無いと思いますので、その塩をボール一杯の水をためてその中に濃いめの塩水を作ります。 フタや排水バスケットや排水トラップはすべてそのままにしておいて、一気に塩水をザバーっと排水に流し込みます。 そのまま10分ほど放置しておくと、排水バスケットや排水トラップ、そして排水パイプの付近の汚れを吸着してくれるので、臭いが消してくれるので、何も無いときの解決方法としてはおすすめです。 こういった排水口の清掃は、詰まりが発生したり臭いが出てきた時だけ利用するのでは無く、定期的に利用して排水パイプを清潔に保つようにしておくことが大切です。 トラップに何らかのトラブルが発生している! 次に台所シンクの排水口が臭い原因として考えられる事に、排水バスケットの次に取り付けてある排水トラップに何らかのトラブルが発生していることが考えられます。 排水トラップに椀トラップが取り付けてあるか確認しよう! 排水口のフタを外し、次に排水バスケットを外すと排水トラップが現れ、排水トラップには椀トラップと呼ばれるお椀を逆さにしたようなプラスチック製の部品が取り付けてあります。 このプラスチック製の椀トラップと呼ばれる部品が、掃除をしたときに取り外して元に戻さなかったり、長年の劣化などで破損していたりすると、トラップの下の配水管につながれている下水管から臭いが上がってきて悪臭の原因となります。 対策としては、ただ外されているだけであれば元のように椀トラップを装着すれば臭いはしなくなり、椀トラップが破損している場合には部品の交換が必要となります。 椀トラップはそれぞれ使用している排水トラップによって部品の形状が違っているので、現在使用している排水トラップに適応している部品を手配して、取り付けるようにしましょう。 排水トラップに封水が溜まっているか確認しよう! 次に排水トラップには臭いが上がってくるのを防ぐために、トラップに封水と呼ばれている水を一定量ためておき、そのトラップにワントラップを取り付けて下水からの臭いが上がってくるのを防いでいる構造になっています。 したがってこのトラップに封水の水が無くなっていると、たとえ椀トラップが取り付けてあっても下水からの臭いが上がってきて、悪臭を放つ場合が出てきてしまいます。 そのため悪臭の原因は、実はただトラップの中に水が溜まっていなかっただけなんてこともあるので、排水口のフタ・排水バスケット・椀トラップを順番に外していき、トラップに水がたまっているのか確認してみましょう。 もしトラップに水が全くなかった時には、適量の水を注いで椀トラップを取り付けして、排水バスケットとフタを取り付けるだけで、臭いは解消されるはずです。 ちなみにこの様な形の排水トラップもあります。 排水トラップ付近の汚れを確認しよう! もうひとつの臭いの原因として考えられる事に、排水トラップの汚れが考えられ、フタや排水バスケットまでは掃除をよくするけど、排水トラップまでは掃除をしたことが無いという方も多いようです。 この排水トラップも椀トラップや排水トラップ自体にも長年使用していることで付着してしまう汚れが原因となって、臭いが発生することがあります。 そんな時には手順に従って排水トラップを掃除することで、臭いを抑えることが出来ます。 まず排水口のフタを外し、次に排水バスケットを外すと、排水トラップが出てくるので、良く中の状態がどうなっているのか確認してみましょう。 排水トラップには椀トラップが取り付けてあるので、左に軽く回すと外れるので取り出して、歯ブラシなどに中性洗剤を付けて、裏側までしっかりときれいに洗浄しましょう。 次に排水トラップを椀トラップと同じように歯ブラシに洗剤を付けて、全体的に汚れをきれいに落として、最後に水ですすいだら、排水トラップを元に戻して完了です。 このような掃除は、今回のように臭いの原因と考えられるから行うのでは無く、常日頃からきれいにしておくように心がけておきましょう。 排水口と排水ホースに隙間が空いている! シンクの下の収納庫を覗いてみると、排水トラップからつながっている排水ホースが、床下の排水用の塩ビ管に差し込まれているのが確認できるはずです。 この排水ホースと排水用の塩ビ管に隙間があると、その隙間から下水から上がってくる悪臭が上がってきてしまうことがあります。 そう言った下水からの悪臭が上がってくることを解消する方法をこちらでは解説させていただきます。 中にはネジで固定されているタイプのカバーもあるので、その時はプラスドライバーを使用してカバーを外しましょう。 中にはカバーその物が無いこともあるので、その場合はこの手順は飛ばして次に進みましょう。 この排水ホースと塩ビ管の間に隙間があると、ここから下水からの悪臭が上がってくるので、この隙間を埋める必要があります。 その隙間を防ぐのに有効な部品に防臭ゴムがあり、塩ビ管の口径にあったタイプが発売されているので、塩ビ管の口径を確認して、この防臭ゴムを購入しましょう。 防臭ゴムを入手したら、排水ホースを塩ビ管から外して防臭ゴムを通したら、塩ビ管に排水ホースを差し込んで、フタをするように塩ビ管に防臭ゴムをはめ込みます。 防臭ゴムの取り付け方はこちらの動画をどうぞ。 配管用パテを利用しよう 防臭ゴムの利用は、下水管からの臭いが上がってくるのには大変有効な方法ではありますが、塩ビ管の口径が合っていないと、その隙間からまた臭いが上がってきてしまう危険があります。 そのために塩ビ管の口径がはっきりわからないときは、配管用のパテを利用することをおすすめします。 配管用パテは、粘土のような素材で出来ているので、適度に塩ビ管と配水管の周りの隙間に貼り付けて、隙間を埋めるだけで大丈夫です。 身近なホームセンターなどの水回り用品コーナーなどで販売されていて、エアコン用の配管パテでも問題ありません。 ビニールテープを利用しよう 防臭ゴムも配管用パテも無い場合、身近にある物で対応できる物としてビニールテープがあり、幅が広いビニールテープならさらにいいのですが、無い場合には通常のビニールテープでも大丈夫です。 排水ホースと塩ビ管との隙間にビニールテープを隙間がでないように十分に巻き付けておけば、隙間がふさがって臭いが上がってくれるのを防いでくれます。 これといった道具が無かったり、わざわざ買いに行く物面倒なときには、身近にあるビニールテープでも対応できるのでやってみましょう。 排水ホースが原因で臭いが出てくる場合は? シンクの下の収納庫を覗いてみると、排水トラップからジャバラホースが接続してあり、そのホースはそのまま下水へとつながっていますが、この排水ホースが損傷している場合があります。 排水ホースが損傷していると、水漏れの原因となるばかりで無く、その穴から下水から悪臭が上がってきて、臭いの原因となってしまいます。 シンクの中を良くのぞき込んで、ライトなどで照らしてみて排水ホースに穴が空いていたり、ひび割れが起きていないかよく確認してみましょう。 そういった排水ホースの損傷を発見した場合には、ホームセンターなどで販売している防水用の補修テープがあるので、そのテープを破損箇所にしっかりと巻き付けます。 こう言った対策を取ることで、排水ホースからの臭いの原因を止めることが出来るだけでなく、放置しておくと水漏れにつながることもあるので、水漏れ防止の効果もあります。 排水トラップそのものに原因がある場合は? 台所シンクの排水口が臭う場合の原因として、長年使用していて排水トラップそのものがかなり劣化していて、部品の交換だけでは対応出来ないと言う事があります。 そんな時には、排水トラップその物を交換することが出来るので、こちらではその排水トラップの交換手順をご紹介します。 排水トラップ交換手順 排水トラップにはシンクの大きさやメーカーの使用によって様々な寸法が出ていて、排水トラップを交換するためには、まずこのサイズを確認した上で適正なサイズの排水トラップを手配します。 大きく分けるとサイズには114mm・115mm・180mm・186mmなどのサイズがあるので、あらかじめ確認して部品を手配するようにしましょう。 排水トラップは180mm・186mmの大きなサイズはシンク側と収納庫側の間に挟み込むような形で取り付けしてあります。 114mm・115mmの小さいサイズの場合には、シンクの凹みにパッキンと一緒にシンク側から本体がはめ込まれ、収納庫側からリングで締め付けることで、上下を挟んで固定しています。 114mm・115mmの小さいサイズの場合の排水トラップの外し方は、下の収納庫側から本体を両手でしっかりとつかんだら、そのまま時計回りに回すと外すことが出来ます。 しかし長年の汚れやゴミなどによって接続部分のすべりが悪くなっていて、簡単に回らないことも予想されるので、予め接続部分に潤滑油を差しておくと外れやすくなります。 180mm・186mmの大きなサイズの場合は、固定しているリングが1. 5㎝から2㎝ほどの厚みしか無いために、手で回すことは現実的には無理です。 そんな時に大きなサイズの排水トラップの固定リングを外すための専用の工具があるので、この工具を使用して外しましょう。 大きなサイズも小さなサイズも、外してしまえば接続部分をきれいに掃除して、新しい排水トラップとパッキンを取り付けて、外した手順の逆に取り付けていけば完了です。 排水トラップを交換するならこちらの動画をご参考ください。 台所シンクの排水口が臭いが自分で直せないときはどうすれば良いの? ここまで紹介してきました台所シンクの排水口が臭いの解消方法ですが、読んでみても自分でするのは自信が無かったり、面倒だったりしている人におすすめしたい方法に、修理専門業者に依頼する方法があります。 修理専門業者は様々な現場で水回りの修理を行っていて、原因となる事も様々ありますが、多くの現場の経験から、確実に適切な処置をおこなって問題を速やかに解決してくれるプロです。 こういった専門の業者に依頼すれば原因もすぐにわかり、適切な処置をしてくれるのはもちろんのこと、今後のメンテナンスなどのアドバイスをしてくれるので、とても安心して頼むことが出来ます。 もしこう言ったトラブルが発生して、どうしても自分で対処できないようなときらは、こういった修理専門業者に依頼してみましょう。 修理業者に依頼すると、どのくらいの修理代がかかってしまうの? 修理業者に頼むことにしたのは良いけど、実際にどのくらいの修理代を後になって請求されるのかと思うと、やはり不安になってしまいますよね。 そのために、今回の台所シンクの排水口が臭い時の考えられる対処方法別に、どのくらいの修理代金が目安になるのかをご紹介しますので、修理を依頼したときの参考にしてみましょう。 トラップ周辺の洗浄で直った場合 台所シンクの排水口が臭いの原因が、排水トラップ周辺の汚れ・排水ホースの汚れ・排水ホースと下水の塩ビ管の隙間からの臭いなどが原因と考えられる場合は、いずれの場合も簡単な処置で解決します。 こう言った場合の費用としては、技術料金が5,000~8,000円ほどに出張料金が2,000~4,000円となるので、合計で7,000~12,000円ほどの費用で解決できます。 これらの原因については、上記でご紹介しているように素人でも十分に対応できるようなケースがほとんどなので、自分で対処すればこういった費用は掛からないで済みますよね。 排水トラップの交換が必要となった場合 台所シンクの排水口が臭いの原因が排水トラップそのものにある場合は、排水トラップを取り外して新しい排水トラップに交換する費用があるので、やや難易度が高くなり料金も高くなります。 そのため技術料金が8,000~12,000円ほどに出張料金が2,000~4,000円となり、排水トラップの部品が3,000~5,000円ほどなので合計で13,000~21,000円ほどの料金が掛かります。 排水トラップも、要領がわかれば自分で交換できないことは無い作業なので、出来そうなときには挑戦してみてもいいでしょう。 下水管の洗浄が必要となった場合 ここまでの対処方法でも解決しない場合には、シンクの下からつながれている下水管を直接洗浄することになりますが、特殊な洗浄剤を使用したり高圧洗浄機を使用したりして、下水管の洗浄を行います。 難易度も家庭の下水管の状態によって変わるために、技術料金も10,000~30,000円ほどと開きが大きくなり、これに出張料金を加えるので、合計で12,000~34,000円ほどの料金になります。 これらの作業になると、なかなか専門知識を持った人で無いと対応することが難しいので、こういったケースは修理専門の業者さんに任せるのが良いでしょう。 ご紹介したように、臭いの原因によってかかる費用にもずいぶんと開きがあるので、目安の料金を参考にして頂き、適正価格なのか判断して業者に依頼するようにしましょう。 ・基本料金+作業費用+出張料が7000円からと格安 ・電話相談、キャンセル料0円 ・年間48000件の実績 ・全国が対応エリア ・365日対応可能 水トラブル修理までの流れ 最短30分で駆けつけてくれます。 詳しくはこちらよりどうぞ。 特に排水トラップ周辺の汚れや排水ホースと塩ビ管の接続部分からの臭いなどが原因の場合だと、簡単な処置で直ってしまいます。 それだけに、軽度の原因の場合には十分に素人でも対応できるので、費用を節約するためにも今回の内容を参考にして、臭いの原因を解消してみてはいかがでしょうか。

次の