よう実 軽井沢 別れる。 ようこそ実力至上主義の教室へ

テラスハウス 軽井沢の初カップル、至恩&つば冴についてまとめました!

よう実 軽井沢 別れる

[][よう実][][][ネタバレ][感想] 7. 5巻表紙 今回は1月25日により刊行された7. 5巻を読了しました。 最初の紹介が7. 5巻になってしまいましたが、もちろん既刊も全て読んでいるので気が向いたらブログで書こうかなと思います。 それはさておき、7. 5巻ですが初回ということで不要かもしれませんが簡単な作品紹介です。 、略してよう実は2017年にはアニメ化もされ、このがすごい2018では文庫部門19位にも入っている人気作品です。 著:、イラスト:のコンビはゲーム『』でも有名です。 ジャンルとしては学園頭脳バトルといったところでしょうか。 高度育成高等学校という仕掛けのたくさんある舞台と実力がありながらも能動的ではない主人公、綾小路の存在が作品独特の魅力になっています。 それと当然ながらヒロインたちが可愛い。 作品紹介はここまでにして7. 5巻の感想ですが、 「かわえええええええええええええええええええええ」 以上です。 冗談です。 実際に、表紙からもわかるように本作のメインヒロインに昇格した恵がメインの話がほとんどでした。 5巻以降、の快進撃がすごい。 いやホントに。 内容としてはあとがきにも書いてあったように7巻の補完になっています。 ナンバリングとしては短編集的ような扱いになっていますが、4. 5巻と同じようにストーリーに大きく関わってくる展開や伏線などがありました。 一歩前に進んだ この巻では冒頭40ページが視点でのエピソードになっています。 Cクラスとの屋上の一件から一晩明けての心境の変化が描かれてます。 「清隆のせいでに落ちたけど清隆が救ってくれた」とか、 「清隆はなんで心配のメールもよこさないのよ」とか、 「清隆はもしかしてイケメンでモテる系の男子なのでは?」とか、 「清隆に身体を触られたんだよね」とか、 うん、だいたい綾小路の事ですね。 は「ないって」と言ってますが完璧に落ちているように思います。 の次は恋に落ちたのか 綾小路に気のある佐藤からの相談を受け、もやもやした気持ちになるの可愛らしい一面だけでなく、佐藤が綾小路と付き合ったら自分が必要無くなるのではと不安を覚えたり、平田との関係を続けるべきなのかなど、自身の今後についても考えている描写もありました。 成長したなぁ。 とにかくがとんでもないヒロイン力を見せてきているのは間違いないです。 本当に可愛い、水筒マンは見習って。 坂柳の動向 最近登場頻度が少しずつ増えてきたAクラスのリーダー坂柳。 坂柳有栖 今回も少しだけ登場。 モールで綾小路と偶然出会った彼女は相変わらず短いながら情報量のある会話をしていました。 坂柳は自分を生まれながらの天才、綾小路を作られた天才と言って戦いたくてしょうがないようです。 強者と潰したいドラゴンボーイと変わりないですね。 龍園のことをドラゴンボーイって呼ぶのが個人的にツボ。 7巻で一ノ瀬と一緒にいる場面がありましたが、その理由についての説明をしています。 話術を用いて、一ノ瀬本人から秘密を聞きだし、いつでもBクラスを潰すことができるとドヤ顔をしてました してません。 つまり、一ノ瀬の200万以上のポイントの謎、もしくは中学時代の長期欠席の理由のどちらかは知っているのでしょう。 3学期になったらすぐにでも潰せると言っていますが、生徒会にも入っている一ノ瀬は今後の重要なキャラになってくると思うので簡単には負けたりしないような…、全く予想できないので度肝を抜く面白い展開が待っているんだろうなぁ プレッシャー。 ついでのようにクラスの神室真澄ちゃんも出てきました。 サイドテールで坂柳に対しても強気な口調のAクラスの女の子、過去にも綾小路と接触していましたが坂柳にバレていた模様。 坂柳によると彼女が坂柳に握られている弱みと一ノ瀬の秘密は似ているらしい。 真澄ちゃん結構好きなキャラなので出番増えるといいなぁ。 Bクラスの生徒のその後と綾小路との関係 綾小路は映画館で偶然伊吹と出会います。 伊吹澪 女の子との率はさすが主人公。 伊吹は毎回ヒロインっぽいシチュエーションで登場しているけど、どちらかというと悪友のような。 もちろん今回も胸キュンエピソードではなく、綾小路との戦闘。 綾小路は負けを認めない伊吹に対して勝ったら今度一切関わるなと条件をつけ、危なげなく勝利。 しかし、綾小路はこれで縁が切れるようなことは無いだろうと感じる。 綾小路が感じたように、もはや主要キャラと呼んでも差し支えない伊吹を退場させるようなことは無いでしょう。 今回、綾小路が伊吹のことを澪と呼ぶ場面もあったし、ヒロインとして復帰の可能性 ないです。 どうでもいいけど、伊吹の映画鑑賞という趣味が発覚したけどなんかの伏線だろうか 違います。 次は綾小路とドラゴンボーイの接触です。 龍園翔 この巻で一番意外でした。 綾小路は早朝に龍園を呼び出して交渉を始めます。 簡単にいうとAクラスがBクラスを潰すからCクラスは隙をついてAクラスを潰してくれないかというもので、それが実現すればDクラスはAクラスに上がることができるというものです。 まあ龍園も簡単に頷くようなことはしませんが、綾小路が障害となる 櫛田を退学させると宣言すると興味を持つようになります。 綾小路は龍園は8億ポイントを集めクラス全員をAクラスにすることは無理だと言いますが、龍園には明確なビジョンがあったようで、全校生徒480人全員から月20万ポイント搾取すれば、1ヵ月で1億、8ヵ月で目標の8億は集まると言います。 否定する綾小路も龍園の得意げな表情を見ているうちに成功率5%以上の戦略があることに気付くようです。 どのような戦略かは話していません。 まーた、新しい伏線かよ。 結果、龍園はCクラスがAクラスを潰しにかかり、Dクラスには攻撃しないように金田、椎名に根回しすること。 綾小路はAクラスにあがったなら、龍園の8億ポイント集める戦略に協力すること。 この二つが交わされました。 過去の敵との協力関係は王道で熱い展開ですね。 堀北兄との取引 綾小路は龍園との密会に元生徒会長の堀北兄を呼んでいて、屋上の件の見返りとして現生徒会長の南雲を止めることについての情報交換を始めます。 堀北学 龍園は概要だけを聞いて早々に退場。 生徒会メンバーの紹介と南雲は反抗する生徒を退学に追い込み2年を掌握していること、二年生で唯一南雲へ対抗する生徒がいることなど必要な情報が綾小路に伝えられる。 堀北兄は南雲とは考え方が違うらしく、彼を止めたいらしい。 ついでに堀北妹の話も少し、堀北兄は意外にも妹の能力は高く評価しているらしい。 堀北妹の悪いところは堀北兄を終着点にしていることで綾小路も気付いているようだが、…読者としては何言ってんだこいつら 鼻ほじ。 龍園に続き堀北兄、強キャラ同士の会合は伏線ばっかりで面白い 理解しているかは怪しい。 堀北とヒロイン佐倉 綾小路は堀北兄との会話の流れから堀北妹を生徒会に入れようと連絡を取ります。 出先にいるらしい堀北を探しに行くと意外なことに櫛田と二人きり。 堀北鈴音 綾小路は堀北兄が堀北妹の生徒会入りを望んでいるというが、まったく信じることはなく、櫛田の協力を得て兄に電話をすることに。 電話中は他人行儀で緊張している様子の堀北が見られます。 この具合がいい味出してる気がします。 アニメのくすぐりシーンは最高でした! 結局、兄が生徒会入りを勧めているのが 綾小路と堀北兄が裏口を合わせただけの 事実だと知った堀北だったが生徒会に入ることは自分のためになるとは思わないと言い、綾小路の思い通りにはいかず。 次は佐倉の出番ですが、クリスマスイブの夜に綾小路にプレゼントを渡すだけです。 佐倉愛里 本当に一瞬の登場ですが、しっかりと役割は果たしていったように感じます。 佐倉はキャラの性質上難しい話に入ってこれないのが厳しいところですね。 けど綾小路グループのおかげで最低限で出番は保障されているような気がします。 以上、堀北、櫛田、佐倉の登場シーンは一か所だけで、それもあってのヒロイン力の差が顕著になっていますね。 平田とのWデート 綾小路と佐藤、、平田でのWデートをすることに。 平田洋介、恵 デートの中で綾小路が一番信頼を寄せているのが印象的だった。 地の文で「ナイス平田。 凄いぞ平田。 イケイケ平田っ」と綾小路らしくないところも。 道中の会話でが綾小路に意地悪な質問や綾小路の印象を下げようとする場面が何度かあり、拗ねているも可愛かったです。 綾小路が困っていると平田がサポートして会話を円滑に進めているようでした。 生徒会メンバーに遭遇する場面もあり、南雲は綾小路にすでに目を付けていることがわかる接触でした。 危うい雰囲気になるも、ここでも平田がサポート。 平田有能。 綾小路が御守を拾った先輩も出てきましたが絡んでくるようなことはありませんでした。 彼女には年上ヒロインとしてこれからの活躍に期待です。 デートの最後には佐藤が綾小路に告白しますが、残念ながら答えはNO。 断った理由にはのことがあり、佐藤と付き合うことでが使えなくなってしまうリスクを考えたようです。 綾小路は告白を隠れて聞いていたに断った理由にが関係していることと伝えます。 話が性的な方になると照れて怒るが可愛い。 まじで可愛い。 対南雲への動き 佐藤の告白の後、を連れて南雲に反抗している唯一の二年生のもとへ向かうことに。 出てきたのは生徒会副会長桐山だった。 桐山は綾小路に対して高圧的であまり良い印象を受けなかった。 元Aクラス、現Bクラスらしいが一年Aクラスの弥彦のように臭がする。 けどバックに堀北兄がいることから有能なはず。 に今後の説明をしながら、桐山からの情報を受け取ると桐山は早々に立ち去っていく。 残った綾小路と。 パートナーだと言われ照れる。 を発動しながらプレゼントを渡す。 平田と別れる許可がもらえて嬉しい。 恵と名前を呼ばれて赤面で慌てる。 実は心配されていたと知り喜ぶ。 このヒロイン可愛すぎません!? 最後には綾小路の「友人…いや、それ以上の存在として変わっていける気がする」という始末。 メインヒロイン確定ですね。 感想 初めにも述べましたが内容としては7巻の補完と次巻への布石と言ったところでしょうか。 しかし、の可愛さが存分に生かされた素晴らしい巻になっていたと思います。 本当に可愛い。 不安要素があるとするなら綾小路でも自爆覚悟の攻撃には対処できないとのことなので、そこでを犠牲にするような選択を取る可能性があるところですね。 最後の台詞からないことを祈りたいですが。 Cクラスとの交流も多めに描かれていましたが、今後Cクラスのリーダーになるであろう椎名ひよりには期待ですね。 ヒロイン要素的にも。 彼女の存在は綾小路と龍園の結んだ交渉を助けるような気がします。 金田?まあ頑張ってくれ。 3学期では学年の壁を越えた試験が待っているそうなので、次巻ではそれがメインでしょうか。 対南雲前哨戦といったところでしょうか。 もしかしたらAクラスvsBクラスや、一ノ瀬の秘密についても掘り下げられるかもしれません。 楽しみで仕方がありませんが、発売まで他の作品を読んで待っていようと思います。 それでは最後まで読んでくださった皆様ありがとうございました。 読んでいない方も興味が沸くように書いたつもりですが、本作品の面白さの1%も文字にできていません。 が可愛いしか言ってなくね? なのでぜひ読んでいただき、感想を交換できればなと思っています。 それでは。 寒さに震えながらコーヒーを啜りつつ。 Purin099.

次の

テラスハウス軽井沢 優衣(ゆい)あいおと別れる いじめカップル破局

よう実 軽井沢 別れる

こんにちは、ダイキです。 よう実の主人公と言えば綾小路清隆。 学力も高くて身体能力も高くて校内きっての実力者です。 詳しくはをご覧ください。 チート系な主人公として有名な綾小路。 現在、よう実は1年生編が終わり、2年生編の1巻(13巻)が発売されました。 もうすぐ2巻(14巻)も発売されます。 そんな綾小路について、基本的なプロフィールからホワイトルームでの生活、過去のチートエピソード、そして女性関係について徹底的にまとめました。 よう実の綾小路について知りたければこの記事をご覧いただければ全て分かるくらいにまとめましたので、ぜひ最後までご覧ください。 とても長い記事なので、時間がない人は目次から気になるところだけでもご覧ください。 では早速見ていきましょう。 1年生編の簡易プロフィール 誕生日:10月20日(龍園と同じ) 身長:176cm(1年生編開始時点) 学籍番号:S01T004651 星座:てんびん座 自分の好きなところ:特になし 自分の嫌いなところ:教科書通りに動くこと いつもいる場所:自習室 より引用 2年Dクラス(2年生編1巻終了時点)。 普段は目立たずクラスでも影が薄い存在。 生まれた時からホワイトルームという特別教育施設で育っており、世間的な常識を知らない。 また、ホワイトルームで受けた教育により、極めて高い身体能力と頭脳を持っており、冷徹な一面もある。 父親はホワイトルームのトップであり、高度育成高等学校の元理事長である坂柳有栖の父親に対して大きな態度で接していることから、大きな権力を持っていることがうかがえる。 母親は作中ではほとんど触れられていないが、唯一幼い頃の回想として、両親とニューヨークに行った思い出でわずかに触れる程度。 詳しくはをご覧ください。 坂柳の父親曰く、綾小路の両親共に秀でた学歴を持つわけでもなく、いたって普通の人。 つまり、綾小路の突出した能力(頭脳や身体能力)は遺伝によって得たものではなく、ホワイトルームの徹底した教育によって習得したものであると言えます。 綾小路がいたホワイトルームとは 綾小路は生まれた時からホワイトルームという特別な教育施設にいました。 ホワイトルームの4期生として15歳まで生活し、16歳になる年で高度育成高等学校に入学してきたという流れです。 正直ホワイトルームに関してはまだまだ謎が多いので、徹底解剖とまではいきません。 おそらく、この物語の本質的な部分に関わる大事な要素なんだと思います。 ということで、ここでは主にで明らかになった内容をもとに解説していきます。 ホワイトルームの歴史 ホワイトルームは、 綾小路が生まれる4年前、作中で言うとおそらく1995年に設立、初年度の1期生から1年ごとに新しいグループが作られる。 1年生編終了時点では、19期生まで育成されており、既に何百人という子どもたちがホワイトルームによる教育プログラムを受けている。 ホワイトルームの教育体制 グループは それぞれ別々の指導者の下、教育されていく。 そしてどのグループが一番効率よく育成できるかを検証。 なお、年齢が違う子どもたちと会う機会はなく、綾小路も同期以外のホワイトルーム生は対面したことがない。 ホワイトルームでの綾小路の成績 綾小路は 魔の4期生と呼ばれるグループ出身で、特に厳しい教育を受け、たった一人だけ残り続けた。 最後のカリキュラムも難なくクリア。 これまでで、掲げた目標値を達成できたのはただ一人、綾小路清隆だけ。 つまり、 綾小路はホワイトルームでは唯一の成功例であり、ホワイトルーム最強の人材。 ホワイトルーム出身者の現在 ホワイトルーム出身の子供たちは現在、最年長で20歳になる人たちがいるが、 ホワイトルームで育った子どもの大半は心が壊れ、問題を抱えているケースが多く、その後は使い物にならない。 つまり、優れた能力をもとに社会に貢献している、というわけではない。 ホワイトルームの存在意義 ホワイトルームは、生まれた瞬間からの徹底した管理教育によって優秀な人材を育成し、日本を、世界から見ても類を見ないほど大きく成長させることを目的とした施設。 ちなみに、ホワイトルームにはこれまでに多額の投資がされ、その金額は何億では足りないほどらしいです。 綾小路の父親と母親 次に、綾小路の両親について解説していきます。 綾小路の両親についてはまだまだ謎が多いですが、父親はで出てきました。 わざわざ学校まで出向いて綾小路と直接対話を試みました。 結局綾小路は退学しませんでしたが。 父親はホワイトルームを管理している一番偉い人間だと思います。 ホワイトルームによって多くの子供たちに厳しい教育を施し、綾小路のような優秀すぎる人間を育成し、日本を世界的に強い国にしようとしています。 さらに、坂柳有栖の父親であり高度育成高等学校の元理事長が綾小路の父親のことを「 先生」と呼んでおり、綾小路の父親もわりと親しげに話していることから、この2人は元上司と部下の関係性だったのではないかと予想できます。 坂柳の父親は自分の父親から高度育成高等学校の理事長の座を引き継ぐまでは、ホワイトルームにいて綾小路の父親に協力していたのではないでしょうか。 ホワイトルームと関係ない人間なら、綾小路の姿をガラス越しに見るなんてできないはずですよね。 綾小路の父は息子・清隆のことを自分の子どもだと認識しておらず、ただの優秀な個体として認識しています。 冷徹で、親としての愛情は全く注いでいません。 また、母親については登場していませんが、1度だけちょろっと描写されたことがあります。 詳しくはにまとめてあるので、ぜひご覧ください。 綾小路の本気が分かる強さエピソード6選 次に、綾小路の本気が分かる強さエピソードを6つ見ていきましょう。 これまでの各種イベントや特別試験において、綾小路は様々な戦いを見せ読者を楽しませてきました。 そんな中から、2年生編1巻までの内容で特に綾小路のチートっぷりが分かるエピソードを6つ厳選したのでご覧ください。 1年生全員が無人島に行き、決められたルールのもとで 1週間クラス単位でサバイバル生活を送るという内容です。 各クラスに300ポイントが与えられ、そのポイントで物品を購入できたり、島内の特定スポットを占有することでポイントを稼げたり、各クラスでリーダーを決め、他クラスのリーダーを当てられれば大きなポイントが与えられるなど、この試験で大きくクラスポイントが動く内容になっていました。 綾小路たちDクラスは堀北がリーダーであることが龍園たちCクラスにバレ、また、裏で繋がっていたAクラスの葛城にもバレてしまいました。 そんな中、堀北は体調を崩し、試験を辞退せざるを得ない状況に。 最大のピンチに陥ったDクラスでしたが、蓋を開けてみればDクラスの圧勝。 綾小路の策略により、Cクラスの龍園もAクラスの葛城も大きなダメージを負いました。 綾小路はまず、試験開始当初から体調が悪そうだった堀北にさらに追い打ちをかけるように体調を悪化させるような行動を取りました。 堀北は体調が優れないながらもキーカードを保持。 Cクラスのスパイである伊吹と一戦交えるも、本領発揮できず敗北。 そのままキーカードを盗まれる。 そのタイミングを見計らったかのように綾小路はダウンしている堀北を回収し、教師陣が待機しているところまで運び、堀北を退場させます。 そしてこの時、Dクラスのリーダーを堀北から綾小路に変えました。 この特別試験では、原則リーダーを変えることはできませんが、やむを得ない状況になった場合は例外です。 このルールを見て、綾小路はリーダーを堀北から自分にすげ替える作戦を思いつきました。 また、Cクラスは全員退場したと思われていたが、無線機の存在から龍園が残っていることを確信していたため、Cクラスのリーダー龍園を当てることに成功。 Aクラスは葛城のブラフを看破して弥彦であることも見抜いていたため、Aクラスのリーダーも当てました。 こうしてDクラスは他クラスにリーダーを当てられることなく、AとCの2クラス分のリーダーを当て、更にはスポット占有のポイントもあり、 圧勝で1位となりました。 とは言え、いくら作戦のためとはいえ、堀北に無茶をさせるのはサイコパスな要素を感じますね。 この特別試験では主に須藤の活躍が描かれており、綾小路はほとんど何もしていません。 しかし、リレーでは優れた身体能力の一片を見せました。 アンカーを担った綾小路は、同じくアンカーの堀北学に直接対決を吹っ掛け、よーいドンで勝負することに。 堀北学は当時の生徒会長であり、成績優秀、スポーツ万能、人望も厚いという高度育成高等学校の歴史上でも類を見ないほど卓越した存在でした。 もちろん足も速く、陸上部でも勝てる生徒は少ないと思います。 しかも学と綾小路は2歳離れているので、そのハンデも大きいです。 (高校1年生と高校3年生って体の発達具合が全然違いますよね) 結果を言うと、前の走者が倒れて巻き添えをくらって綾小路は負けてしまいましたが、それが無ければ勝っていたと思います。 2人で並走している時も、綾小路は相当なスピードで走っているにも関わらず、まだ余裕があるようでした。 これを機に、綾小路はクラス内で「 影の薄い人」から「 足が速い人」にジョブチェンジしました。 試験の概要は次の通りです。 クラス内で2人1組のペアを組み、それぞれが期末試験に挑む。 2人の合計点数が規定の点数に満たなければ2人とも退学。 問題文は他クラスが作成し、また自クラスも他クラスに対して問題を出題する。 今回はDクラスはCクラスと直接対決になった。 この試験で櫛田と堀北は数学のテストの点数で勝負することになり、 櫛田が勝てば堀北と綾小路は自主退学、負ければ今後堀北に対して妨害行為をしないという話になりました。 堀北は自信満々な様子で勝負に挑みました。 結果的に堀北が勝ち、退学は免れましたが、実は綾小路による気影のアシストのおかげでした。 綾小路は、櫛田が龍園と手を組んでCクラスがDクラスに出題する問題文と解答を入手することを読んでいました。 それを利用して、カンニング行為による退学をさせようと計画していました。 綾小路は龍園に、「 堀北は龍園と櫛田の策を看破しており、このままだと何も準備していないCクラスに退学者が出る」という情報を無条件で提供し、次のことを要求しました。 「 Cクラスが確定させた期末試験の問題文と解答用紙の提供」 「 もしくは櫛田桔梗に提供、あるいは提供予定の問題文と解答用紙の大幅な変更」 これにより龍園は問題を大幅に変更し、綾小路に変更前の解答を提供しました。 綾小路は隙を見て櫛田のブレザーの内ポケットにカンニングペーパーを忍ばせ、いつでも退学させられる準備をしていました。 龍園は問題文を大幅に変えたので、結果的に櫛田の制服に忍ばせたカンニングペーパーは無意味なものになりましたが、これによって櫛田はせっかく暗記した解答も使えず、100点を取って堀北と綾小路を退学させるつもりが逆に負けてしまいました。 櫛田は完全に堀北に勝ったと思っていただけに悔しいでしょうが、全て綾小路の手のひらの上で遊ばされているだけでした。 また、龍園の行動パターンや思考パターンもよく理解しており、結果的に綾小路が龍園を利用することになりました。 あの龍園を利用して堀北を救い、自分も助かるという最高の結果を得て終了です。 7巻では特別試験はなく、綾小路と龍園の直接対決のお話です。 龍園はDクラスで堀北を操っているXの正体を突き止めるためのピースとして軽井沢の存在に気づきました。 軽井沢はXの正体を必ず知っているため、脅して吐かせるために過去の凄惨ないじめを再現しました。 軽井沢を屋上へ呼び出し、まずは尋問。 聞いても聞いても吐かない軽井沢。 しびれを切らした龍園は石崎にバケツいっぱいの水を持ってこさせ、軽井沢にぶっかけました。 この時は12月なのでめちゃくちゃ寒いです。 その後も何度も何度もXの正体を聞くが吐かない軽井沢。 ついには、いじめられていた過去をばら撒くと脅す龍園。 いじめの過去をばらされるか、綾小路の名前を吐くか、選択を迫られるも決して吐かない軽井沢。 綾小路が助けに来てくれるのを信じて待っている様子。 しかし、待てど暮らせど綾小路は来ない。 もうダメかと思ったところでようやく登場します。 しかし、屋上には石崎、アルベルト、伊吹と武闘派の生徒が待ち構えている状況。 龍園はXの正体が綾小路であると知れて満足したが、ここで綾小路を潰すつもりでした。 普通なら綾小路の置かれた状況はかなりピンチですが、当人にその自覚はありません。 それもそのはずで、 綾小路は戦闘能力も異常なほど高く、アルベルトを含めた武闘派の生徒3人を次々とボコボコに。 あっという間に相手は龍園だけになりました。 しかし、龍園は入学式が終わって早々にこの武闘派生徒を振り切った暴力によってねじ伏せた張本人。 恐れを知らない龍園ですが、綾小路との武力差は相当にあったらしく、あっけなくマウントを取られ、ボコボコに。 しかし龍園はそれでも壊れません。 負けた経験はいくつもある。 でもその度に次の作戦を考えて最終的にはいつも相手をボコボコにしてきた。 だから今回も、今は負けても明日か来月か、必ず綾小路を潰すと。 綾小路はそんな龍園に対して無表情で殴り続けます。 ただひたすら殴り続ける。 すると次第に龍園の表情は変わっていき、 最終的に恐怖を感じて壊れてしまいました。 これによって 綾小路は龍園との勝負に決着をつけ、軽井沢も助けて万事解決。 頭脳も身体能力も異常なほど高い綾小路ですが、しかし、 サイコパスレベルも異常に高いのが彼です。 今回、最終的には軽井沢を助けられましたが、そもそも龍園たちにいじめをさせたのも綾小路です。 指示していたわけではありませんが、うまくコントロールして軽井沢の心も壊していたわけですね。 軽井沢が冷たい水をぶっかけられている時も綾小路は綾小路グループのみんなと一緒にケヤキモールでリア充ごっこに勤しんでいました。 (そろそろあいつ、ボコボコにいじめられてるかなー)なんて思いながら遊んでいたのでしょうか。 かなりヤバイ奴です…。 ここでは綾小路vs坂柳の直接対決が実現しました。 11巻の詳しい内容はをご覧ください。 試験の概要は次の通り。 2つのクラスで対決する形式で、綾小路が所属するCクラスは坂柳率いるAクラスと戦うことになりました。 必然的に一之瀬率いるBクラスは龍園率いるDクラスと戦うことになります。 各クラスが勝てそうな種目を自由に選び、5つを提示。 両クラスが提示した計10個の種目からランダムで7つが選出され、戦うことになります。 AクラスvsCクラスでは、 バスケ、タイピング、英語テスト、数学テスト、フラッシュ暗算、弓道、チェスという種目で勝負。 綾小路と坂柳はそれぞれ司令塔という立場で、それぞれの種目に誰を選出するかを選ぶ権利があります。 また、 司令塔の関与というルールがあり、例えば数学テストなら、1問だけ司令塔が答えることができる、というものです。 また、この試験では負けた方のクラスの司令塔が退学するというルールがあります。 しかし、Dクラス以外のクラスの司令塔はみんなプロテクトポイントを持っているため、退学にはなりません。 AクラスとCクラスの勝負は拮抗し、Cクラスはバスケ、タイピング、弓道で勝利。 Aクラスは英語テスト、数学テスト、フラッシュ暗算で勝利。 この時点で互いに3勝3敗。 最後のチェスに命運がかかっています。 チェスでは、プレイヤーが各クラス1名ずつ選出され1対1で普通のチェスをやりますが、 司令塔はプレイヤーに対して最大30分間指示できるという関与があります。 この種目だけ司令塔の関与が大きいですね。 したがって、実質的な綾小路と坂柳のチェス対決のようなものです。 ちなみに、プレイヤーは、Aクラスは橋本、Cクラスは堀北でした。 最後のチェス勝負ですが、 結果から言うとCクラスの負けです。 つまり総合でもCクラスの負けになりました。 しかしこの時、理事長代行である月城がこの勝負に介入していました。 司令塔がプレイヤーに指示を出す際、内容をキーボードに入力し、その情報がプレイヤーのインカムに音声として届くというシステムでした。 最後の最後の場面、坂柳も綾小路も本気を出し合い、常人では到達できないほどの高レベルな戦いをしていましたが、坂柳が決定的な一手を仕掛けます。 その一手に、次の一手を長考する綾小路。 時間もギリギリの中で、なんとか更なる最善の一手を堀北に指示。 この時、月城がシステムに介入し、 別の一手を堀北に伝えました。 その一手は決して悪い一手ではなかったのですが、綾小路が指示した一手ほどではなく、次の坂柳の一手によって敗北しました。 結果的には綾小路が坂柳にチェスで負けたということになりますが、その後学校側の介入を知った坂柳は、介入前の盤面から再勝負し、綾小路は勝ちました。 前半は橋本と堀北の戦いで、堀北の方が優勢だったためフェアな戦いではありませんが、綾小路のチェスの実力・頭脳はあの坂柳をも超えるものでした。 坂柳に「 天才」と言わせたことはすごいことだと思います。 ちなみに綾小路は、フラッシュ暗算でも最後の難問をクリアしていました。 これは坂柳も高円寺も正解していたので、この3人の頭脳レベルは圧倒的に高いですね。 綾小路たちは2年生に進級し、高度育成高等学校にも新しく1年生が入学してきました。 しかも、綾小路と同じ ホワイトルーム出身者が1人潜入しているとのことです。 これも月城らホワイトルーム側の人間の策略ですが、高度育成高等学校にホワイトルームの刺客を送り、綾小路を退学させる狙いです。 2年生最初の特別試験は、1年生と2年生がペアとなる筆記試験。 ペアの合計点が基準点を下回れば2年生だけ退学するというもの。 これはつまり、綾小路はうっかりホワイトルームの刺客とペアを組んでしまうと、刺客が0点を取って綾小路を退学させてしまうということです。 そのため、綾小路は何としてもホワイトルームの刺客が誰なのかを見極めなければなりません。 1年生を吟味し、なかなかペアを決められずにいた綾小路ですが、実は裏で別の特別試験も実施されていました。 「 綾小路清隆を退学させた者に2000万プライベートポイントを支給する」というものです。 これは1年生の一部の生徒にだけ知らされている内容です。 1年Dクラスの宝仙、七瀬、さらに1年Aクラスの天沢が共に協力しあい、綾小路を退学させようと画策します。 彼らの狙いは、概ね次の通りです。 綾小路、須藤、堀北を何かしらの方法で人目がつかない所におびきよせ、宝仙が須藤と堀北をボコボコにする。 そして宝仙が隠し持っていたナイフを自分の足に刺し、綾小路に刺されたとすることで綾小路を退学にする。 ちなみに宝仙が持っているナイフというのは、天沢が綾小路に買わせたものなので、綾小路の所有物になります。 本番前に適当に理由をつけて綾小路宅に入り、こっそり持ち出しました。 綾小路は当然、このような裏試験が実施されていることは知りませんでしたが、天沢との出来事、宝仙の意味不明な行動、そしてナイフの存在など、諸々考慮して、宝仙がナイフを出した時に全て理解しました。 宝仙がナイフを自分の足に刺そうとしたとき、綾小路はダッシュで宝仙に詰めかけそれを阻止し、自分の左の手に刺さるようにして受け止めました。 これには宝仙も驚いた様子。 宝仙達の計画も、綾小路が宝仙に刺されたとなれば全て狂います。 むしろ宝仙は退学必至です。 しかし綾小路は宝仙を退学させず、龍園をボコボコにした時のようにこれからも俺に挑んでこいよ的なことでチャンスをあげました。 宝仙は龍園に似て振り切った暴力を持っていて、須藤をボコボコにできるくらいかなり強いですが、龍園のようなカリスマ性はないですね。 クラスメイトにはずっと好かれない感じ。 石崎やアルベルトのように龍園を慕う存在も現れそうにないので、そういう意味ではタイプが違う暴君です。 綾小路に好意を寄せる女子たち さてここまで綾小路の強さを物語るエピソードを書いてきましたが、ここからはラブコメのお話です。 2年生編1巻終了時点で、綾小路に好意を寄せていると思われる人は以下の4名です。 佐倉愛里• 佐藤麻耶• 一之瀬帆波• 軽井沢恵 一之瀬はハッキリと好意が描写されているわけではありませんが、それでも男子として綾小路を特別視している節がありますよね。 上記の4名について、綾小路との関係性を解説していこうと思います。 佐倉愛里 1年生編で綾小路に、ストーカーから助けてもらってから綾小路に想いを寄せている2年Dクラスの女子。 山内に告白されたりもしていて結構かわいい巨乳キャラですが、引っ込み思案でなかなか自分からアプローチできないでいます。 とは言え、勇気を振り絞って自ら綾小路グループ入りを志願。 今は綾小路と同じグループにいて接する機会は他の女子と比べて比較的多そうですが、恋愛に発展するような流れはありません。 綾小路は佐倉の好意に気づいていますが、気づいていないフリをし続けています。 普通のラノベ主人公とは違いますね。 恐らく佐倉の恋は実らずに終わるでしょう。 どこかのタイミングで告白したとしてもフラれてしまうと思います。 佐藤麻耶 1年生の時の体育祭で綾小路の足の速さを知って以降、想いを寄せていた女子。 ポッと出のモブみたいな立ち位置かと思いきや、最近ちょくちょく出番がある様子。 作中では唯一綾小路にハッキリと告白したことがある女子。 綾小路に想いを寄せている段階から友達である軽井沢に相談したりもしていたが、途中で軽井沢の綾小路への気持ちを知り、しかも付き合っていることも知る。 怒ってビンタまでしたが、最終的にはか軽井沢を許し、和解。 勉強も運動も得意ではないが、佐倉とは違い、男子にも女子にも友達は多いです。 裏では池にビッチとか言われていますが、真偽のほどは不明。 軽井沢のように、綾小路の駒として使えそうな人材ではないと思いますが、かわいいし一般的な女子高生みたいな感じで物語に染まってないところが個人的には好きです。 一之瀬帆波 綾小路には何度か助けられており、特に坂柳にボコボコにやられた時には立ち直るきっかけをもらった。 顔を触られても拒否しないあたり、綾小路に好意を抱いていそうですね。 綾小路は綾小路で、また1年後俺の部屋に来てくれと言うし、彼も何を考えているか分からない状態です。 綾小路と一之瀬がくっつく可能性は限りなく低いと思いますが、一之瀬は綾小路に今後も想いを寄せ続けると思います。 クラスが違うことで色々と不便なこともあると思いますが、逆にそれが一之瀬の恋心に火をつける、なんてこともありそうで少し楽しみです。 軽井沢恵 大本命・軽井沢恵。 無人島試験の後の船上試験で綾小路に秘密を知られて以降、綾小路の右腕として様々な業務をそつなく遂行する。 秘密の関係性を継続する中で、徐々に綾小路のことを意識しだし、最終的には惚れてしまう。 綾小路のことが好きだけど、友達の佐藤も綾小路が好きで、モヤモヤした気持ちを抱えながらしばらく過ごしていたが、ついににて綾小路に告白され付き合うことに。 5巻の詳しい内容はをご覧ください。 晴れて付き合うことになった軽井沢ですが、普通の恋人ごっこができると勘違いしてはいけません。 綾小路は恋愛を学ぶための教科書として軽井沢と付き合うことを決意しました。 ホワイトルームでは学べない、経験できない恋愛について、ここでは学べる。 軽井沢恵と通じて。 しかし恋愛について学習が終わったら軽井沢は捨てられてしまうと思います。 事実、付き合うことが確定してハグしたときも綾小路の表情は無表情でした。 とても初めて彼女ができた男子高校生の顔とは思えません。 しかし、綾小路が高度育成高等学校で色んなことを学ぶ過程で、その考えも変わるかもしれませんね。 卒業までずっと付き合うこともあるかもしれません。 恋人らしいこともたくさんするかもしれません。 本当に軽井沢のことを愛するかもしれません。 そうなってほしいです。 でも綾小路の進路は決まっています。 卒業後はホワイトルームに戻り、指導者としての道を歩む。 つまり、高校生活が終わったら軽井沢とはもう二度と会えなくなりそうです。 その時の軽井沢の心境は想像するだけでめちゃくちゃかわいそうですね。 幸せにしてあげてほしいです。 1年生編終了時点での綾小路清隆 さて、ここまで綾小路の経歴、ホワイトルーム、エピソード、女性関係について見てきました。 だいぶボリュームの大きな記事になってしまいましたが、その分「 ようこそ実力至上主義の教室へ」の主人公・綾小路清隆についてめちゃくちゃ詳しく知ることができる記事になったと思います。 ここからは、1年生編終了時点での綾小路について考えてみたいと思います。 彼は入学当初、目立つつもりは一切なく、ただ普通の学校生活が送れればそれでいいという考えを持っていました。 極めて高い頭脳と身体能力を持っていて、本気を出せばAクラスに上がれるほどの実力を持っているにもかかわらず、それを放棄してただ学校生活を楽しもうとしていました。 しかし、茶柱先生に脅されたり、自分に退学の危機が迫っていたりと、色々な状況があり、実力を発揮する場面も少なくありませんでした。 その過程でクラスメイトの成長を目の当たりにしたり、価値観の違う人間と交流することで自分の価値観も変わったりして、少しずつ考えが変わりましたね。 恐らく、で堀北学に「 生徒の記憶に残る人間になれ」と言われて感化されたことが一番の要因ではないでしょうか。 少ししか絡んでいないのに綾小路の実力にすぐに気づいた人間であり、綾小路も堀北学と別れることを寂しそうにしていたので、先輩として少し尊敬していたのかなと思います。 そして 2年生編からは出し惜しみせず、本気で行くと言っています。 事実、筆記試験では、絶対に高校2年生じゃ解けないような難問が含まれている試験でも本気を出して100点満点を取りました。 これは、ちょっと勉強ができるというレベルではありません。 完全に、実力者として表に出ていくという決意表明ですね。 ということで、2年生編以降の綾小路は様々な局面において本気を出してくれるそうなので、これからの特別試験にも期待ですね。 (高円寺は3年生から本気を出すのでしょうか…。 ) まとめ いかがでしょうか。 とても記事が長くなってしまいましたが、綾小路の過去や強さ、女性関係について幅広く色んな情報を詰め込めたと思います。 やっぱり、 綾小路は 作中でも驚異的な頭脳・身体能力を持っています ね。 対抗できるのは高円寺や堀北学くらいしか思いつきません。 これから始まる2年生編も、ずっと先の3年生編も楽しみですね。 2年生編第1巻までの内容しか書いていないので、今後も綾小路に関する情報が追加されればこの記事も更新していくつもりですので、ぜひチェックしてみてください。 ではまた。

次の

占い師シウマ(wiki・無料占い・占ってもらうには)完全ガイド

よう実 軽井沢 別れる

よく当たる占い師と当たらない占い師の特徴 まずは、当たる占い師さんと当たらない占い師さんの特徴からご紹介していきます。 占いで失敗しないためにも、ぜひ参考にしてくださいね。 当たる占い師さんの特徴:修行や勉強を続けている 当たる占い師さんとは、より多くの相談者を救おうと考えているため、日頃から占いに関する 修行や勉強を続けているという特徴があります。 占術のスキルを上げるために路上鑑定を行ってみたり、相談者を癒すためにカウンセリングの資格を取得したりとその方法はさまざまですが、常に占いの知識や技術を高めようと学んでいます。 そのため占いの的中率は高く、的確なアドバイスをわかりやすく伝えてくれることができるそうです。 当たらない占い師さんの特徴:話を聞かない 当たらない占い師さんは、 相談者の話を聞かないという特徴があります。 占い師さんに不安な気持ちや考えを聞いてほしいのにも関わらず、当たらない占い師さんは全く話を聞いてくれません。 それどころか相談者の考えを真っ向から否定し、自分の意見を押し付ける傾向があります。 威圧的で上から目線の態度をしている占い師さんの可能性が高く、相談者の話を聞かないため、的外れなことを言い出すこともあります。 相談する前に、必ず占い師さんの特徴や人柄は調べておくことをおすすめします。 軽井沢にいるよく当たる占い師【Unia. 】松下真生 まつしたまお 先生 実績 長野県軽井沢にある大人気のタロットサロン Unia ゆーにあ の、当たると評判の 松下真生 まつしたまお 先生がいらっしゃいます。 とても明るく優しい人柄の松下先生。 タロットカードを駆使してどんな悩みでも解決の糸口を見つけてくれると大人気です。 相性・気持ち・未来・時期といった悩みを抱える人からの相談が多く、多くの口コミで良い評価が書き込まれています。 タロット鑑定で悩みを解決しながらも、前向きになれると多くの人から喜ばれています。 ぜひ軽井沢に行かれる際は、Unia. の松下真生先生に相談してみてはいかがですか? 鑑定料金 松下真生先生の鑑定料金は、 20分3,000円、40分5,000円、60分10,000円となっています。 悩みが複雑であったり、相談内容がいくつもあるようでしたら、40分以上で相談することをおすすめします。 軽井沢にいるよく当たる占い師【SIZURUfeeling軽井沢】小林了 こばやしりょう 先生 実績 長野県軽井沢で当たると人気の占い師さんは、 SIZURUfeeling軽井沢の 小林了 こばやしりょう 先生になります。 小林先生は鑑定歴24年のキャリアを誇り、言霊と使った 【心断】という方法で、多くの相談者を救われきました。 全国的に有名な占い師さんの1人で、今でも年間3000人もの対面鑑定を行っているそうです。 これまでに数えれ切れないほどの実績を誇る経験豊富な占い師さんですので、高い的中率を誇ると大人気です。 たくさんのメディアや口コミでも紹介される小林先生です。 全国各地で鑑定をしてくれるそうですので、悩みを解決したい人はぜひ相談してみてくださいね。 鑑定料金 小林了先生への鑑定は完全予約制になっており、 鑑定料金も予約の際の確認になるそうです。 SIZURUfeeling軽井沢のHPをご覧のうえ、鑑定料金をお問い合わせください。 口コミ 軽井沢にいるよく当たる占い師【エンジェルハウス】和実穂 のどかみほ 先生 実績 長野県軽井沢で当たると人気の占い師さんは、軽井沢の母 エンジェルハウスの 和実穂 のどかみほ 先生になります。 和先生は、軽井沢在住の方も観光客からも当たると評判の占い師さんです。 これまでに鑑定してこられた数は、 7000名以上と多く、占いのスキルも知識も高いため和先生の相談すると悩みが解決するとまで言われています。 日本易推命学会正会員という本物の占い師さんのため信頼も厚く、易・四柱推命・手相・人相・気学・姓名判断と、数多くの占術で鑑定をしてくれます。 また、とても優しく親身な人柄も人気が高く、どんなことでも気さくに相談することができますよ。 軽井沢へ行かれる際は、ぜひ和実穂先生に相談してみてください。 鑑定料金 和実穂先生の鑑定料金は、和実穂先生の鑑定料金は、手相+気学+四柱推命の総合鑑定で 20分3,000円・40分5,000円・60分7,000円となっています。 手相のみであれば10分1,000円とお得に相談することができると大人気ですよ。 占いの前後におすすめ!軽井沢エリアのパワースポット 熊野皇大神社 くまのこうたいじんじゃ 長野県軽井沢で人気のパワースポット… 熊野皇大神社 くまのこうたいじんじゃ をご紹介します。 熊野皇大神社は標高1200Mに位置し、長野県と群馬県を跨いでおり、長野県では熊野皇大神社、群馬県では熊野神社として2つの社がある、全国的にも珍しい神社です。 もちろんお守りなども違うことで、ちょっとした観光スポットにもなっているそうです。 ご利益としては、熊野皇大神社の御神木でもあるシナノキが、 【結ぶ・縛る】という語源があることから、開運や縁結びのご利益があると大人気です。 多くの参拝者が出会いや縁結びの効果を感じているそうですよ。 軽井沢に行かれる際は、観光スポットとしても有名な熊野皇大神社へ足を運んでみてくださいね。

次の