ヤフオク 評価 制限。 出品制限やアカウント停止からの復活方法ヤフオク

ヤフオクの入札者制限って効果あるの?

ヤフオク 評価 制限

ヤフオクをもう一度始めるために現状1番ベターな方法としては、下記記事の説明にありますようにを契約してIPを分け、この記事に書いてありますように別人名義で登録する方法です。 ヤフオクIDの出品制限・利用停止になる人が近年増加傾向にあると思います。 私の知り合いも心当たりがないにも関わらず、つい先日に利用停止になってしまったと言っていました。 このような人が増えている背景を考えてみると ヤフオクの「通常取引」を利用して落札者の購入代金を騙し取り、 そしてヤフオクの利用手数料踏み足す悪い人が後を絶たないことがあります。 これは評価をAmazonギフト券などである程度稼いだら通常取引で高額で人気があるものを出品し、 お金を振り込んでもらったらフェードアウトするというものです。 これら詐欺と踏み倒しの横行によって、近年ヤフオクの判定システムが厳しくなったと思います。 この判定システムというのは これまで詐欺や手数料踏み倒しがあったIDの評価や出品形態などの中で 類似の新規ID,出品があったら自動で出品を取り消し、出品制限もしくは利用停止にされてしまい、 下記のようなメールが送られてきます。 こうなると上記の画像に記載されている 2. お問い合わせについての問い合わせフォームから解除願いをするのですが 過去に違反をして停止になった人の場合、その情報が紐付けられてしまうと カスタマーサービスの方から直々に永久停止を通達されます。 結局は万が一自動判定に引っかかった場合でも人の目で確認となった時に 過去停止されたIDの情報と紐付けられなければOKというわけです。 ただヤフオクはこれまで膨大な数のIDを停止してきたと思うので 完全に別人になりきったとしても少しでも怪しく思うところがあれば そのまま停止、ということにもなりかねません。 なのでやはりAmazonのID閉鎖対策同様、 これまでヤフオクのブラックに載っていない完全な別人になりきる必要があると思われます。 私もIDの停止から数度復活を試みた中でいくつか停止になってしまった経験があります。 その経験から新規IDを作った際に気をつけたいことを6つの項目にまとめましたので IDが何度も停止になって困っている人は参考にして頂けましたら幸いです。 氏名・登録住所・登録してあるクレジットカード情報・銀行口座が同じ これは先ほど言ったようにブラックに載っていない別人になりきる必要があるので IDを取り直したいのであれば最も気を使いたい部分です。 IPアドレスが停止IDと合致 停止になったIDにログインした後にそのまま新IDに切り替えてログインすることは絶対にやめましょう。 IPアドレスが停止になったIDと同一になってしまうので すぐにアカウントが自動判定システムで停止になってしまいます。 よって停止になってしまったIDのログインは今後控えるようにしましょう。 新IDを使う際にはキャッシュは必ず削除しておく MACアドレスは他人から見れないのでPCを変える必要はないと思います。 ですが心配な人はパソコンも変えておくこともオススメします。 そして必ずキャッシュは削除しておきましょう。 別人になりきっても停止になってしまうひとは キャッシュが完全に消せていなくて以前停止したIDと紐付けられてしまっている可能性があります 以前停止になって出品していた商品と同じ物を出品する Auctownなど一括で商品を出品してくれる便利な無料ツールがありますが これらを使って一括出品をして停止していたIDと出品商品名や説明が被っていると 停止IDと同一とみなされてしまう可能性があります。 新IDを使って出品をする際には停止したIDと商品をなるべく被らせないようにして あくまでも別人であることを装うようにしましょう。 高額商品というのはいくらぐらいからなのか? という話になるのですが私の経験上から述べますと 2万円以内の商品を5品以内の出品数、出品商品総額で10万以内に留めたほうが良いと思います。 停止システムの基準が公開されていない以上、 あくまでも経験上の主観でのお話しか出来ないのですが 上記以上の出品になりますとシステムに引っかかりやすくなる感じがします。 Amazonギフト券などを買って短期間で急激に評価を上げる 安いAmazonギフトをいくつもヤフオクで落札して短期間で急激に評価を上げることも出来ますが 短期間で急激に評価を上げるというこの行動もシステムの基準にある私は考えています。 なぜなら私もこれに引っかかったし、 新IDをつくっても評価がないと落札されないので評価を上げにくる心理から ヤフオク側はトラップを仕掛けていると思います。 私がもしヤフオクカスタマーだったら絶対にこの基準をシステムに入れると考えますしね。 まとめ 上記を総括すると 別人になりきって時間をかけて少しずつ評価を貯めていく というのが最も安全でベターな方法だと思います。 ヤフー知恵袋を見ると全く心当たりもないのに出品制限・利用停止になったという書き込みが見受けられるので最終人の目での判断だとしても少しでもブラックに載っている情報と合致することがあればIDを閉鎖されることはあるようですね。 やはりヤフオクの自動判定システムに引っかからないようにすることが大事だと思いますので 新規でIDをつくり直す方は是非上記の情報を参考にください! 資金繰りなどで1日でも早く出品を再開しなければならない人はメール下さい 資金繰りなどがあって1日でも早く通常通り出品をしたい! という方も多くいらっしゃると思います。 少々グレーな方法ですが 上手く行けば1日ですぐに出品を再開出来る方法もあります。 この方法は 出品数や金額を気にする必要がなく、 最短で半日ほどでこれまで出品していた大量の商品を出品することが可能です。 私もAmazonとヤフオクのIDが同時停止になったときに この方法をすることでヤフオクは停止から1日で出品を果たすことが出来たので 本当に困っている方は是非利用してもらいたいと思います。 では!•

次の

「ヤフオク!で出品制限になる」レポート ~出品制限されてから解除されるまで~

ヤフオク 評価 制限

もくじ• ヤフオクで利用停止・出品制限にされた時に使えなくなる機能 利用停止と出品制限をされた時は、どのような機能が使えなくなってしまうのでしょうか? 利用停止 出品中のオークションはすべて取り消され、以下の機能が使えなくなります。 出品や入札• 相手への評価• 取引ナビの利用、閲覧• 連絡掲示板の投稿(閲覧のみ可能)• ウォッチリストの追加 出品制限 出品中のオークションはすべて取り消され、以下の機能が使えなくなります。 出品、再出品 ヤフオクで利用停止にされる理由と 解除・復活方法 理由 利用停止になる理由として 「第三者による不正ログイン」が挙げられます。 利用者のアカウントが第三者によって不正にログインされた可能性が出てきた時の、利用者がトラブルにそれ以上遭わないようにするための措置です。 どうやら違反でなく、危険のための利用停止も多いみたいですね。 これは、勝手に落札されたりするのの防止になるので、ありがたいですね! 解除・復活方法• 利用停止になったときにYahoo! からメールが来ているはずなので、そちらを確認します。 その中に利用停止の案内が書いてあり、お問い合わせフォームも記載されています。 そのお問い合わせフォームから運営の方に問い合わせをします。 シークレットIDの登録を行います。 以上の行動を運営とのやりとりで行っていきます。 正しく行えれば、しばらく待てばアカウントが復旧します。 注意事項はアカウント登録時に設定したメールアドレスを削除していた場合、運営とのやりとりがややこしくなるので、その場合は新しくアカウントを作り直すことをお勧めします。 パスワードの再設定方法• ログインページにて「ログインできない」を選択します。 「ログイン方法を再設定する」を選択します。 アカウントを設定した際の「Yahoo! JAPAN ID」「ニックネーム」「シークレットID」「メールアドレス」「携帯電話番号」を入力する画面になるので、いずれかを半角英数字・記号で入力します。 ここで注意ですが、ここで入力する「メールアドレス」ではYahoo! メールのアドレスは使用できません。 アカウント登録する際に入力した携帯電話のキャリアメールのアドレスなどを入力します。 記載した内容が正しければ、登録時に設定したメールアドレスにメールが届くので、それに沿ってパスワードを再設定します。 スポンサーリンク ヤフオクで出品制限にされる理由と 解除・復活方法 理由 出品数の制限の主な理由は 「 出品数が多すぎる」ときに他のユーザーが怪しく見られ、多数の通報された際になることが多いです。 解除・復活方法 対処法としては、登録時のメールアドレスを控えておく・メールアドレスを変更した際は設定時に指定したメールアドレスも変更しておくことでトラブルが起きた際もスムーズに解決ができます。 第三者から何かされた際に起こる場合がほとんどなので、どんな場面に遭遇しても解決できるようにメールアドレスはしっかりと控えておきましょう。 原因を踏まえて手順を踏んで解決しましょう。 出品数が制限された時に届く「出品制限のお知らせ」というメールの中にあるお問い合わせフォームから解除を申請する。 いくつかの質問を聞かれるので、それら全てに答える。 規約に違反していた場合はその旨を謝罪する。 それ以外のやり取りがある場合は、その内容に沿って順に解決する。 メールで解除されたことが通知されるので、これにて解決です。 利用停止と違い、出品制限は解決するのが比較的早く簡単です。 しかし、出品制限は自身に問題がある場合がある場合があるので、気を付けましょう。 ヤフオクでその他違反などで利用停止・出品制限にされる共通の理由と対処法 他にも以下のような違反による理由も考えられます。 確かに、初心者が高額商品を初っ端から出しまくっていると怪しさMAXですよね^^; 評価がある程度上がるまで辛抱強く頑張るか、高額出品は控えるようにしましょう。 金券等の購入で短期間で急激に評価を上げてしまった 短期間で急激に評価を上げてしまうと、怪しまれたり、システムに制限の対象にされてしまう可能性もあります。 例えば、アマゾンのギフト券などを買うと、評価を増やせて、金銭はまるまるamazonで使えますよね。 こういった明らかな評価UPの行為も、 トラブル防止のために制限を食らってしまう可能性があります。 スポンサーリンク 規約違反の行為や違反商品を出品している 定番ですが、メルカリの規定に違反する行為や商品を出品していると制限や利用停止をされてしまいます。 氏名・登録住所・登録してあるクレジットカード情報・銀行口座が同じ ブラックリストに載っているアカウントの情報の何かしらが一致していると、制限を掛けられてしまう可能性があります。 登録情報を完全に別のものにするか、諦めましょう。 IPアドレスが停止IDと同じ IPアドレスが制限をされているアカウントと一致している場合、新しく作成したアカウントも制限にかけられてしまいます。 IPアドレスを変更すると解決するかもしれません。 しかし、IPアドレスは切り替えるのに多少の手間を必要とするので、フリーソフトなどでアドレスを切り替え、停止アカウントのIPアドレスとは別のアドレスを使いましょう。 以前停止になったアカウントと同じ商品を出品した 制限を掛けられているアカウントと同じ商品を複数出品してしまうと、制限を掛けられてしまう可能性がでてきます。 停止アカウントの時のものとは別の商品を出品しましょう。 キャッシュ情報からバレている 新IDを使う際にはキャッシュは必ず削除しておいた方がいいですね。 ブラックリストに入っていることを念頭に置いて対処する場合は、一応キャッシュにも気を付けましょう。 全く関係ないとも言えないので、少しでも復帰できる可能性は上げたい場合はこれらのことも注意しましょう。 まとめ 利用停止が違反によるものだけではなくて良かったです。

次の

「出品制限中」に関するQ&A

ヤフオク 評価 制限

ヤフオクでは入札者制限というものができます。 評価での制限が「総合評価での制限」「悪い評価の割合での制限」です。 そして本人認証での制限もできます。 これが「入札者認証制限」です。 この制限をつけていると、リスクが高い購入者からの入札に制限をつけられるのですが、たまに「入札制限を解除してください」という依頼が来ることがあります。 ヤフオクでの入札者制限は、以前はつけておいたほうがいいと言われていました。 入札者制限の種類 「総合評価での制限」は、新規または0以上の人しか入札できなくなります。 連絡が取れない、入金をしないなど、落札者都合で落札を削除された場合には落札者に対して、マイナスの評価がつきます。 問題なく取引を終了して評価をもらえた場合には、プラスの評価がつきます。 「総合評価の制限」に引っかかる方は、新規でヤフオクを始めてすぐにトラブルがあった方、もしくはきちんと取引を終えて良い評価をもらった回数以上に、トラブルが多かった方ということになります。 ヤフオクの取引ルールを読み、普通にヤフオクを始めた方であれば、まず「総合評価の制限」に引っかかることはありません。 次に「悪い評価の割合での制限」ですが、6人以上の評価を受けている場合に20%以上悪い評価があると入札できなくなる制限です。 これに引っかかる方は、定期的にトラブルを起こしている方ということです。 最後に「入札者認証制限」についてですが、これはモバイルでの本人確認が済んでいる方やYahooプレミアム会員の方など、複数ある認証手段のどれかで本人確認が取れている人しか入札できなくなる仕組みです。 新規でヤフオクで取引をしたい購入者がいた場合、「入札者認証制限」で引っかかることが多いです。 入札者制限のオークション途中での解除 3つの入札者制限にチェックを入れて商品を出品した場合、まれに質問欄から 「入札者制限がかかっていて入札ができません。 解除してもらえませんか?」 という依頼が来ることがあります。 たいていの場合は「入札者認証制限」の購入者さんですが、まれに「悪い評価での制限」などに引っ掛かっているお客さんもいます。 その場合どうするかということですが、受け入れることをお勧めします。 わざわざ質問欄から購入の意思を示してきた方は、きちんと支払いをして取引完了することが多いです。 過去に何度かこの依頼を受けて、途中で制限解除を行いましたが、1件も問題はありませんでした。 始めてこの依頼を受けた時は、「大丈夫なのかな?」と心配していましたが、全く問題なかったです。 実はヤフオクでは入札者制限は、オークションの途中で解除することができません。 まず購入者さんに「オークション途中で制限を解除ができないので再出品する」ことを伝えます。 その後オークションを取り消してから制限を解除して再出品をします。 ヤフオクの入札者制限は必要か? ヤフオクの入札者制限は以前ヤフオクがすごく盛り上がっていた時は「制限した方がいい」と言われていました。 出品者側も強気で、トラブルの可能性があるお客さんは相手にしたくないと思っていたからです。 しかし今はメルカリなど、ヤフオクよりも手軽に取引できるサービスができ始めました。 ヤフオクへの参加ハードルが高くなったため、お客さんの質も上がったように感じます。 私は、最近ではヤフオクの入札者制限はしていません。 入札者制限をしなくなりましたが、特に問題は増えていません。 今のヤフオクには入札者制限は必要ないように感じています。 入札者制限をすることで販売チャンスを逃してしまう気がするからです。 ただ稀に入札後に連絡が取れなくなるお客さんがいます。 そのため、商品説明欄に「3日以内に連絡がない場合には、落札者都合で落札を取り消します」など、期限を設定した上で出品することがお勧めです。 24時間以内など厳しい出品者もいますが、取引連絡は3日以内くらい余裕を持った方が良いように感じています。 自分には厳しく、お客さんには多少ゆるめかな?と思うくらいが丁度良いと思います。

次の