メルカリ オファー の 仕方。 メルカリにオファー(値下げ交渉)機能が追加!使い方や注意点を解説

メルカリ「オファー」機能とは ボタンがない?キャンセル方法は?徹底解説

メルカリ オファー の 仕方

メルカリで値下げ交渉されたらどうする? 手元に売上金がどのくらい残るか考える 値引き希望のコメントが入ったら、まずその商品は値下げしていい商品なのかをよく考えましょう。 メルカリの値下げは、だいたい商品の金額の10%までが一般的です。 出品して時間が経っているものや、多少の値引きをしても早く売ってしまいたいものなどは、値引きの交渉に応じてもいいですね。 手数料や送料を引いても売上金はどのくらい残るのか?• 早く売り切ってしまいたいものなのか?• 売れなかったら、手元に置いていてもいいと思うものなのか? 特に初心者の頃は、送料の計算を間違えていて『値引きをしたら赤字になっていた』なんてこともあるかも知れません。 商品の相場もよく確認せず、相手の言い値でむやみに値下げをして売ってしまうと、後から後悔することもあります。 相手のプロフィールを確認する 値引き交渉の前に、まず相手のプロフィールや評価を確認しましょう。 そこで、 安心してお取引できそうだと思えるユーザーだったら、値下げ対応するというのもアリです。 非常識な値引き交渉をしてくる相手に限って、評価が悪いと言うのもよくあることです。 トラブルになる前に、購入してもらう相手を選択してもいいと思います。 メルカリで値下げ交渉OKな場合のコメント例文(テンプレート) 値下げ交渉されたら、どうコメントを返したらいいのか迷ってしまいますよね。 シーン別に例文をまとめてみましたので、良かったらテンプレートとして使ってみてくださいね。 値引き可能な金額を提示してきた場合• 『コメントありがとうございます。 その金額で大丈夫ですので、今から変更させていただきます。 よろしくお願いいたします。 』 大幅な値引き金額を提示してきた場合 思ってもいないような値引き額を提示してきた場合には、お断りするか、こちらから値段を提示しましょう。 出品している値段と購入希望者の提示する値段の間をとって提案するのもいいですね。 『コメントありがとうございます。 ご希望に添えずに大変申し訳ございませんが、大幅なお値引きは致しかねます。 また、ご縁がございましたら、よろしくお願いいたします。 『お問い合わせいただきまして、ありがとうございます。 あまりにしつこい場合には、相手を『ブロック』してもいいでしょう。 ただ、コメント欄は誰でも見ることができますので、非常識な相手であっても、丁寧な受け答えをするようにしましょう。 また、 交渉の途中で返信がなくなるような場合(コメント逃げされたとき)や、値引き交渉が成立しなかった場合やには、今までのやりとりのコメントは削除した方がいいですね。 交渉前の値段で購入してくれる人がでてくるかも知れませんし、「まだ値引き交渉中なのかな?」と思って他のユーザーの方が購入しにくくもなるからです。 値引き金額を提示されていない場合 値引き金額を提示されていない場合には、自分が売ってもいい値段決めて交渉するか、相手にどのくらいの金額が希望なのか尋ねてみましょう。 『コメントありがとうございます。 お気持ち程度のお値下げで申し訳ありませんが、〇〇円でしたら可能ですので、ご検討いただければと思います。 『お問い合わせありがとうございます。 送料や手数料がありますので、あまりお値下げできませんが、お気持ち程度なら大丈夫です。 ちなみにおいくらご希望ですか?』 メルカリで値引き交渉された時の断り方と例文(テンプレート) せっかく自分の商品を気に入ってコメントをくださった方へは、できるだけ丁寧に、不快にさせないようにお返事するのを心掛けたいですね。 『コメントありがとうございます。 こちらの商品は、まだ出品したばかりですので、今のところお値引きは考えておりません。 しばらく様子を見て、お値引きした際には、ご検討頂けると幸いです。 『コメント頂きまして、ありがとうございます。 手数料・送料を考慮してギリギリの価格で出品していますので、そこまでの大幅な値下げはできかねます。 ご希望に添えずに申し訳ありません。 』 メルカリは若いユーザーの人も多いので、最後に可愛い顔文字をつけたりすると、お断りのコメントでも堅苦しくならないです。 また、 値引きしたくない場合には、プロフィールや説明欄にあらかじめ『お値下げ不可』『値引き交渉はしません』と最初から はっきり記載しておく方がいいです。 『単品値下げNG・おまとめ割引のみ』と記載しておくのもおすすめです。 一度に複数購入してもらうことができますし、発送の手間が少なくなり、送料も安くなるのでメリットがあります。 メルカリで値下げ交渉された場合のやり方 お互いに納得のいく金額で交渉が成立したら、商品ページで価格を変更しますが、とっても簡単ですよ! 変更の手順は下記のとおりです。 1.値引き交渉のコメントがあった商品ページの右下にある『商品の編集』をタップする。 2.販売価格を訂正して、『変更する』をタップする メルカリで値下げ交渉した後の注意点 購入は早い者勝ちと伝えておく 値下げをすると、検索順位も上位にあがってきますし、『いいね!』をしている他の人にも通知がいくことになります。 メルカリでは早い者勝ちがルールですので、値引き交渉が成立したからと言って、交渉した人が購入できる訳ではありません。 商品の金額を変更するタイミング次第では、商品の金額を変更するタイミング次第では、値引き交渉をしていない別の第三者が先に購入することもあり、『横取り』と呼ばれています。 交渉してきた購入希望者が「自分に譲ってくれると言ってたじゃないか!」と言ってきて、トラブルになることもあります。 しかし『横取り』は、メルカリのルール違反ではないので、購入した人に発送しないといけません。 仮に出品者が取引をキャンセルすると、出品者にペナルティがつきますので、ご注意くださいね。 『横取り』はよくあることですので、値引き交渉をした購入希望者には、『お値下げはしますが、メルカリでは早い者勝ちがルールですので、なるべく早くご購入いただけると幸いです。 』と断りを入れておきましょう。 また、値引き交渉と金額変更に時間差がある場合には、金額を変更した後コメント欄に『お値段変更しましたのでよろしくお願いいたします。 』と、ひとこと書いておくといいでしょう。 専用は作らない 値下げをすると、さきほど述べた『横取り』がよくあるので、値下げ交渉が成立した時に「専用出品にしてください」とお願いされることがあるかも知れません。 しかし、 『専用出品』は、メルカリのルールに違反していますし、たとえ『専用出品』したとしても横取されることもあります。 最近は、専用を作った出品者に対するペナルティも厳しくなってきていますので、おすすめできません。 値下げは期限をつくっておく 値下げ交渉が成立して、金額を変更しているにも関わらず、コメント逃げしたまま購入しない非常識な人もいます。 』と、コメント欄に入れてみましょう。 メルカリで値下げや再出品のタイミングやポイントは? メルカリで、 値下げや再出品のタイミングは、だいたい1週間くらいを目安にするといいです。 あまりにも時間が経つと、検索順位も下がりますし、季節商品などは売れにくくなったりもします。 値下げのタイミングやポイントは? メルカリで商品の値段をつける時には、値引きを考慮してはじめは少し高めの値段設定からスタートし、『いいね!』があまりつかないようであれば、値下げを検討しましょう。 今のメルカリのシステムでは、商品の値段を10%ほど下げると再出品しなくても検索結果の上位にあがるシステムになっています。 また、『いいね!』がたくさんついている商品を値下げすると、『いいね!』をつけてくれているユーザーに値下げの通知がいきますが、少し時間差がある時もありますので、下記にも値下げしたことを記載するといいです。 具体的な日にちや金額、値下げが期間限定であることなどを強調すると効果的です。 コメント欄に値引きしたことを記載する コメント欄で、 『たくさんのいいねありがとうございます。 』のように書くと、『いいね!』している人に通知がいきます。 タイトルのはじめの部分に値引きしたことを記載する 商品を『いいね!』してくれている人の『いいね!一覧』では、商品タイトルの冒頭の部分しか見えません。 ですので、タイトルのはじめに 【お値下げしました】【〇日まで限定SALE!】【最終値下げ!】などと入れると効果的です。 再出品のタイミングやポイントは? しょっちゅう値下げをしていると、値段が安くなるのを待つユーザーが増えるので、思い切って再出品するのもおすすめです。 しかし、 あまりにも再出品しすぎるとメルカリ事務局から『圏外飛ばし』などの利用制限をうけてしまいますので、再出品する際には、まとめてではなく少し間隔をあけてからするようにしましょう。 さいごに いかがだったでしょうか? 商品が売れるかどうかは、値段設定もありますが、タイミング次第なところもあります。 値引き交渉がまとまらなくて、その後もなかなか売れなかったら、「あの値段で売っておけばよかったかな?」と思ったり、そうかと思えば、値段を高くして再出品したら、なぜかすぐに売れたり・・・。 駆け引きがとても難しいですが、何でも相手の言う通りには値下げできませんので、キッパリ断って次の縁を待つことも必要かな。 と思います。

次の

メルカリにオファー(値下げ交渉)機能が追加!使い方や注意点を解説

メルカリ オファー の 仕方

メルカリでブロックする仕方は? 今後、関わりたくない人をブロック メルカリのブロック機能とは、相手とのやり取りを、元から断ち切ってしまう方法です。 LINEのブロックの仕方と同じというと、イメージしやすいですね。 やたらと「いいね」の付けはずしをする• しつこい値下げ交渉をしてくる など、が多いことに気付きます。 うざいな• 関わりたくない相手だな と思ったら、どんどんブロックを活用して、 面倒な人のコンタクトを避けるようにしましょう。 スマホ、iphone• パソコン 別にブロックの仕方を紹介します。 スマホ、iphone 1. 最終的に、相手のプロフィールページが表示されればOKなので、あくまで一例として考えて下さいね。 ブロックしたいユーザーのコメント履歴へ 3. 相手のコメントを表示させる ブロックしたい相手のアイコンをタップすると…… 4. 相手のプロフィールページ右上の「…」へ 5. これで、特定の相手のブロックが完了しました! パソコン パソコンではブロックできない 関わりたくない相手とのやりとりを避ける、便利なブロック機能。 現時点では、 パソコン版でブロック機能の対応はしていないようです。 つまり、パソコンでメルカリを利用している最中に、ブロックしたいユーザーを発見したとしましょう。 スマホアプリでブロック作業をする必要がある ってことですね。 報復や仕返しされないための5つのポイント 対応やタイミングが大切 関わると面倒そうな相手や、しつこい値下げ要求をする人に購入されたとしたら? ブロックしようとしていた一歩手前で、商品が買われたら、どうしたらいいのでしょうか。 購入手続きが完了しているため、出品者には、取引を進行して、商品を購入相手に発送する義務があります。 ブロックするタイミングは?• 報復や仕返しをされないためには? どうすればいいか考えてみました。 取引中の相手、評価前• ブロックするのは我慢 商品が買われると、取引を進めるしかありません。 キャンセルも無理ではないですが、もめそうな相手なら、あえてこっちからは何もしないほうがいいです。 波風立てず商品を発送して、 取引を終えてしまうのが無難です。 最後まで丁寧な対応を ブロック対象に考える相手なので、取引メッセージの段階でも 「そんなの購入前に聞いてよ~」 と言った具合に面倒ごとがあるかもしれません。 感情的になるのをグッと我慢して、冷静な大人の対応がおすすめです。 とにかく、きちんと丁寧に対応して迅速に発送してしまいましょう。 つけいる隙を与えるとトラブルやもめ事に発展しかねません。 もし、取引段階で不満があったなら正当な評価と、評価コメントで残しておきましょう。 お互いの評価が済んで、 完全に取引終了してからでないと、表示されない仕組みになっています。 低い評価をつけても、仕返しで報復の評価をつけられる心配はありません。 取引終了、評価後• 取引が済んだら即ブロック 取引中にもブロックはできますが、取引は中断されないので、あまりメリットはありません。 それこそ、• もう関わりたくないなと思っても、取引が終了するまで待ちましょう。 取引中の不満は、受取評価に• 取引中に態度が悪かったり• 発送を何度も急かしたり など、自己中心的で困るユーザーですよね。 取引で嫌な思いをしたのなら、評価コメントに事実を隠さず書いてしまいましょう。 他の人の役にも立ちますし、評価後にブロックをしたら、今後二度とやり取りする必要もなくなります。 それでも報復されたら、運営に通報を ブロックしたとしても、別アカウントや家族のアカウントを使えば、商品ページへのコメントやいいねをつけることは可能です。 それを利用して、誹謗中傷行為や荒らし行為をするなど、逆恨みして報復する可能性もあります。 悪質すぎる荒らしや、別アカウントについても、複数アカウント所持は規約違反のため、メルカリ運営に通報してしまいましょう。 また、通報しない場合も、 他のアカウントも全てブロックしてしまえば問題ありません。 ブロック機能で表示されるものされないもの 見れなくなる?• 見れるままだが、相手の機能が制限 正しくは「見れなく」ではなく、ブロックにより相手の機能が制限されます。 ブロックした相手は自分の出品物に、• 購入できない• 「いいね」できない• コメントできない また、メルカリボックスの場合、• 回答とスッキリができない ブロック後に制限されることの詳細はこちら。 でも、残念ながら、 ブロックしても相手から商品は見えているようです。 ただ、直接的な関わりは遮断できるので、安心ですね。 見えなくできる機能が、今後追加されると、なお良いのですが。 表示されないものは?• 閲覧はこれまでどおり全て可能 商品検索で出品ページが表示されますし、ブロフィールも閲覧できます。 表示は?バレる?メルカリブロックのQ&A 相手にはバレる?バレない?• 結論から言うとバレる ブロックされた状態で、• コメント• いいね• 購入 のどれかを行おうとすると 「出品者よりブロックされているため、この商品へのコメント、購入、いいね!はできません」 と、表示されます。 この 表示を見て、相手はブロックされていることに気付くってことですね。 ブロックされた通知は相手に届かない あくまでも、上記に書いたような行為をした時に、メッセージが表示されるだけです。 相手が上記の行動をしなければ、ばれないってことですね。 ブロックの目的は?• コメント逃げ 出品物に、質問が来たので返答したのにも関わらず、何の返事もないって失礼ですよね。 ルーズでいい加減な人という印象を持つため、取引となると面倒かもしれません。 値下げを何度もされた しつこい値下げ要求は、うんざりしちゃいすよね。 少額のものに対して大幅値引きを粘ったり、あと100円どうにかならないかとしこかったり……。 他を当たってくれと思ってしまいます。 悪い評価 悪い評価が多い、または普通評価の評価コメントを読むと、トラブルを起こしがちな相手かどうか、判断することができます。 自己中なユーザーとは取引したくないですよね。 マイルールの多い人 返品不可や、コメントなし購入不可など、メルカリルールを無視して、独自ルールを堂々と掲げている人は、なんだか面倒な臭いがしてなりません。 デメリット 仕返しで報復 他のアカウントを使って• コメント欄を荒らしたり• 購入して悪い評価をつけたり など、逆恨みで酷いことをしてくる人もいるため、十分な注意が必要です。 ブロック返し 相手との関わりを断ちたくてブロックしたので、向こうからブロックを返されても、まったく不都合は感じません。 やられたらやり返す、典型的な人というだけですが、やはりいい気持ちはしませんね。 まとめ メルカリでのブロックの仕方が、意外と簡単で驚きです。 マイルールを掲げている人や、値下げのしつこい人は結構多いので、ブロックし始めるとキリがなさそうです。 ブロック機能自体は、迷惑で関わり合いたくないユーザーを避けることのできる良い機能ですが、使いすぎると売上ダウンにも繋がります。 しつこ過ぎて、トラブルになりそうな人はブロックするといった具合に、程度をあらかじめ決めておくといいかもしれませんね。 ちなみに、メルカリ側からの迷惑メールもブロック可能です。

次の

メルカリでオファーは放置しても大丈夫?断り方や機能が付いたカテゴリー

メルカリ オファー の 仕方

横取りされるリスクが無い!という事が最大のメリットではないか?と個人的には考えています。 使えるカテゴリー 筆記時点では 【インテリア・住まい・小物】カテゴリーに出品されている商品に限ります。 上記以外の商品にはそもそもオファーボタンが付いていません。 なぜカテゴリーを制限しているのかに関しては憶測ですが、 試験的に実装しているのではないか?と考えています。 恐らく、ユーザーの反応や利用率によっては全カテゴリーに実装されるようになると思います。 自動キャンセルの状況 下記の状況の場合は自動キャンセル扱いとなります。 手順1・・・商品ページ下部にある【オファー】ボタンをタップします 手順2・・・オファー画面に移行しますので、【オファー価格】の欄に交渉したい金額を入力し【オファーする】をタップします 手順3・・・出品者からの返答を待ちます 手順4・・・了承されるとオファー機能で購入出来ます 詳細解説 手順1・・・商品ページ下部にある【オファー】ボタンをタップします 手順2・・・ オファー画面に移行しますので、【オファー価格】の欄に交渉したい金額を入力し【オファーする】をタップします オファーと同時にお知らせ欄に以下の様な内容のメッセージが入ります。 以上で交渉依頼は終了です。 提示した金額で購入出来るかどうかは 出品者の判断になります。 金額を了承して貰えた場合は購入したも同然の扱いになりますので、金額に誤りが無いかしっかり確認した上で送信するようにしてくださいね。 間違えて申請した場合 間違えて申請しちゃった・・・そんな時もあるかと思います。 結論から言うとオファーを出した後でキャンセルする事は可能です。 手順としてはオファーした商品ページに移動し下部にある 【オファーをキャンセル】をタップするだけです。 こちらも同様に通知が来ますので確認してください。 出品者の使い方 自分にオファー依頼があった場合にやる事はシンプルです。 内容としては下記の手順となります。 手順1・・・オファーがあると通知が入るので【やることリスト】を確認 手順2・・・商品リストをタップ 手順3・・・オファー価格が表示されますので、内容を確認し問題なければ【オファーの値段で売ります】ボタンをタップ 手順4・・・購入された場合、通常の手続きと同様に取引を行います 注意点としては24時間以内に返答しなければ自動キャンセル扱いとなってしまいますので、了承する場合は返答する時間帯に気を付けてくださいね。 また、交渉途中で合っても先に購入された方が優先されるので、オファーした方以外の方が購入した場合はオファーの返答などの必要はありません。 オファーを利用出来ない状況とは? 利用する上で注意しなければいけない点は2つあります。 1・・・元値の80%以内で交渉する必要がある 提示されてある商品額の80%以内の範囲で交渉する必要があります。 大幅値下げの交渉は出来ないという事ですね。 800円までの範囲でオファー可能 2・・・300円の商品はオファーを送れない メルカリでは最低出品額が300円~となっています。 それに伴い、元値が300円の商品にはそもそもオファーボタンは実装していません。 まとめ 今までありそうでなかった機能・・・ オファーが実装されたことにより値引き交渉が色んな意味で身近なモノになってきましたね。 中には メルカリ=値引き交渉ばかりでうんざり という方もいらっしゃるかも知れませんが、欲しい商品がある場合はこちらの機能も利用してください。 利用する際は ・カテゴリー【インテリア・住まい・小物】に限る ・80%以内で提示 ・300円の商品は利用不可 に注意してくださいね。 それ以外のカテゴリーで値段交渉がしたい場合はコメントから行う必要があります。

次の